住まい・家具・インテリア

高岡銅器メッセ in イオン

11月15日(金)、映画「かぐや姫」 の試写会の券を貰らい、清姫さんと待ち合わせ。 ほかに用事があったので、3:00に家を出た。
用事を済ませ、イオンへ。 しかし、この中のJTBでも用事があったので、これも済ませても、時間があった。

.メインストリートにドーンにこんなものが・・・
何だと思いますか
.
Img_6408w1000
.
横から見ると・・・
.
Img_6409w1000
.
前から見ると・・・
そうです。 仏像です。 どれだけの重さがあるのだろう
見ても書いてなかったです
.
Img_6410w1000
.
その代わり、といっちゃ何ですが、仏像の下にこんなものが・・・
  サザエさん一家と記念撮影しよう  マスオさんは主張中です
  高岡銅器メッセ 2F イオンホール にて開催中
何のことだろう !!
さっそく、興味深々で2Fへ
.
Img_6411w1000
.
2Fへ行くと、お相撲さん。 北の湖 だって・・!
.
Img_6416w1000
.
これが入り口。 11月15日~17日(金・土・日)の3日間
入場無料
.
Img_6435w1000
.
会場に入り、目はサザエさん一家を探す
奥のほうに並んでいた
.
Img_6418w1000
.
これを写してから、ゆっくり会場をまわる
「ああっつ!」 「ああっつ!」 2人で恥ずかしいほど声をあげてしまった。 なんとこんな所で、風子さんにぱったり!
.
Img_6419w1000
.
会場では、実演コーナーがある
ちょど、やすりで研磨をしているところ
「写真とってもいいですか。 顔もいいですか」 「だめ、見るに耐えない」 といいながらも、撮らせてもらった
KK 浦島美術銅器 代表取締役 浦島俊秀(号 紫星)氏
.
Img_6429w1000
Img_6427w1000
.
ここにある作品は、何に使うかわかりますか。 3種です
低いのがお香入れ 中(もち手のついているように見えるのが)お香を焚くもの 高いのが一輪挿し ですって。 昔と違ってカラフルです。
実演で、この一輪挿しを作っておられました
香水入れのように、いくつも飾ると面白いかも・・・
.
Img_6422w1000
.
下記の文字をどう読みますか
“カロエ 高岡” “カロ 工(こう)高岡” かな・・・・なんて言っていると、浦島さんが手招き、「カロエ を2つと1つに分けてごらん!」 
オー 加工か !! 分かるとインパクトがあり、なんと機知に富んでいることか・・・。
「加工高岡」 銅器には、大きく分けると、研磨業・仕上げ業・着色業・溶接業の分業で成り立っているのです
.
Img_6432w1000
.
鵜が首を伸ばしているような形。 新しいデザインです。
置物ではありません。 ダンベルなのです
「持ってみてください」 「触ったらいけません、と書いてあるよ」
「触ったらだめでも、持つのはいいよ !!」 と笑わせてくれます
持ってみました 持ちやすいです もちろん大きさによって重さが異なります。 今までのものは器械的というか、マッチョな感じがしますが、使っていない時もスマートに置いておけます
.
Img_6423w1000
.
奥で目を引いたのが、これ !!
題名は、「かたり箱」  仏具と並んでいます
この中に、仏さんを入れるのでしょうか。
このままでも、十分雰囲気はあるのですが・・・
生活形式も変わり、仏間がありどーんとした仏壇を置ける家が少なくなりました。 これなら、洋間にもおしゃれな部屋にもマッチします
見た感じも、抹香臭くなくていいですね。 
こういう所も変化しつつあります
.
Img_6420w1000
.
もうクリスマスの飾り付けです。
さすがにまだ、クリスマスソングのBGMではなかったですが・・・
.
Img_6415w1000
.
お店も、クリスマス用品がずらり
.
Img_6412w1000
.
暗くなって外へ出ると、イルミネーションが光っていました
.
Img_6439w1000

| | コメント (18)

かたかご幼稚園

かたかご幼稚園が新築された。
わが子たちもこの幼稚園に通った。長女は2回卒業生だ。 
あれから、約半世紀、増築・改築をしながら今日に至った。

先日、中を見学させてもらった。

Img_3754w760

正面玄関は、バリアフリー
玄関の前は、まだ整備中。 なので、今は未使用

Img_3755w760

正面玄関の突き当りには、幼稚園の教育方針が掲げられいる
  Pluy     ・・・ あそびにいっしょうけんめい
  Lesson  ・・・ けいこにいっしょうけんめい  一生懸命×3
  Rule   ・・・・・ きまりにいっしょうけんめい

絵のデザインは、園児 フラミンゴ カモメ オタマジャクシ かな

Img_3759w760

正面玄関の横の壁は滑らかなカーブを描き、新館図書などの展示。 すぐそこで読めるように椅子を用意してある

Img_3736w760

要の所は、カーブで角がないよう工夫され。

Img_3735w760

手前は多目的ホール。 階段は、下の部分を広くし、読み聞かせなどのステージになる。

Img_3747w760

2Fまで吹き抜けになって、冷房や暖房が全体にいきわたるよう、天井にプロペラ。 突き当りが音楽室。

Img_3746w760

大型客船の撮影したには、この音楽室

Img_3741w760

階段を登ると見えてくるのが、トンガリ帽子の可愛い建物?
実は、非常階段     蛍光灯は常夜灯

Img_3738w760

1Fのトイレ 年少さん 見守るのにドアがついていません。
2Fnoトイレは、ドアがあります

Img_3739w760

大や小 お漏らしいたときのシャワー室もあります。

Img_3748w760

ベランダから、渡り廊下、非常階段と続きます
陽の当たりかたが面白いと思いまして・・・
フェンスの代わりの柵です。ここも丸です

Img_3749w760

穴からのぞいてみると・・・

Img_3750w760

子供が喜びそうな表示です。
「だれでもトイレ」 ドラえもんを連想します

Img_3753w760

つままは、万葉集に出てくる植物です 万葉の里にふさわしい

Img_3762w760

Img_3761w760

エレベーターのボタン。 体を横にしてみてください
行き先のボタンを押す時は、下の→ボタンですよね。
いたずらしたりして危ないので、子供が届かない位置にもつけ、
両方同時に押さないと反応しないように工夫。
それがです。 
子供は学習能力が高く、先生のやっていることを観察。 
友達協力し、上のボタンはだっこで高くし、足りなければ人形を使って叩いている、んですって・・・ !!

Img_3752w760

図書室 可愛い書棚でしょう。
もっと魅了的なものをつけてあります。 右の下。
お茶で言えば、「にじり口」みたいなもの。
子供は、こんな所が大好きです。

Img_3732w760

小学校も見えます。 「1年生になったら・・・」 夢も膨らみます

Img_3733w760

伏木の歴史も見ることができます。
この屋根瓦を見て、何を作っていた所か分かりますか。
瓦屋です。 伏木にはたくさん瓦を作っている工場がありました
土が取れなくなって、今は一軒も残っていないのです。
瓦を焼く「登り窯」もあるそうです。

Img_3744w760

4時ごろだったでしょうか。 
幼稚園なのにまだ子供達が残っています
延長保育の子供たちです
いまは、3歳に満たない子供も受け入れて・・・

Img_3760w760

元気に漢字の読み方の練習です。
カードには、漢字で名前が書いてあり、全員で大きな声で読みます
名前の呼ばれた子は「はい」と手をあげます。
それが、リズム良く、進められています。
真剣なまなざしです
幼稚園の指導方針である「一生懸命」さが、達成されいる光景です

Img_3740w760

| | コメント (22)

エアコンのメンテナンス

夏に向けて、エアコンのメンテナンスをしました。
6月半ばのことです。
初めての事とて、興味津々 !!
「餅は餅屋」 といいますが、上手い事されるものです

エアコンにカバーがされます。 何が始めるのやら・・・
下に目をやって・・・

Img_1187w1024

カバーから、ホース。 バケツにためるようです。
赤い絨毯は汚さないよう、持ってこられました。
ここで、やっと、袋が三角になっている理由に気づきました

Img_1188w1024

3台のエアコンをメンテナンスします。
これは、違う袋。 ホースがビニールの筒。
つまり、袋と筒が一体になって、こぼれない事になっています
手ぬぐいで、後ろの壁を汚さないように気遣って・・・

Img_1189w1024

セットしたら、水を通します
水はモーターであげています。

Img_1190w1024

それから、洗剤。 しばらく浮き上がらせてから、

Img_1191w1024

もう一度洗浄。

Img_1192w1024

最後に、戻します。
1台、9800円。 2台目から、8800円

設置してから、11年。初めての洗浄でした。
いま、自動的に洗浄するエアコンも出ていますが、汚い汁が回っているだけでまだまだ改良の余地があるので、購入は、時期尚早とのことでした。

Img_1193w1024

台所のエアコン、緑のランプが付くので電気は来ているのですが、涼しくならない。 送風だけ。 その内止まってしまう。 
取り付けて会社に電話すると、点検方法を教えてくれる。
電話での誘導で夫は、あちこち見ている。
「コンセントを一度抜いて、しばらくして入れてみてください」
「アッツ、動いた !!
と、喜んだのもつかの間、元の木阿弥。
業者に来てもらうより仕方がない !!
外の、何かを交換していかれました。
今は、快適に動いています。
掃除屋さんのために言いますが、掃除したのとまったく関係がありません。10年以上経つと、すべてのものに、あちこちガタがきます

感じのいい人だったので、今度は、床掃除を頼みました。

       掃除の救急車 大矢武人
          金沢市畝田中 4-1-23
            090-2124-7955

| | コメント (18)

滑川・行田公園’13

6/17(月)、「今日、昼の「あまちゃん」みたら、行田(ぎょうでん)公園いくから・・・ついでに風呂にも入ってくる」 一人で行くつもりで言った
しばらくして、「とうちゃんも一緒に行く?」 と一応聞いてみた
意に反して、「行く!」 あれ~。

車の中で、「初めて富山に来たアナウンサーかの~、こうでん公園と言っていた。どこの事かと一瞬思った・・・」
で、仮名をつけました

最近何度も滑川へ行っているので、少しは地理が分かるようになっている。 8号線で、「ここを曲がる」 というのに、すーっと行ってしまう夫。 分からなくなり、ナビをつけました。
迷ったおかげで、面白く楽しい家を見つけました。
         それはまた、次の機会に・・・・

さて、行田漢字変換はあります公園
西しょうぶ園は、満開。 今が一番良いころだと思いました
他の所(南・北・東とあります)は、まだです。 これから咲くのです。

Img_1281w1024

行ってから、チラシを見ましたら、
花しょうぶ祭」 22~30日(土~日)とありましたから、本番はこれからです

Img_1285w1024

Img_1289w1024

Img_1290w1024

Img_1293w1024

滑川のゆるキャラ「キラリンちゃん」 女の子で~す
ホタルイカのモチーフ。 キラリンちゃんのかまぼこもあるそうですよ
「キラリンちゃん、暑いのにご苦労様。よく頑張りました」 と声をかけて、さよならをします。

Img_1294w1024

この公園は、行田沢清水の湧き水があり、多くの木々の中を散歩するのにとてもいい所なのです。 行く時は、必ず一回りしていたのですが、後の予定もあり、菖蒲だけで切り上げました。
これから、道の駅・ホタルイカミュージアムへ行きます。
だから、海岸沿いの道です。 漁師町で道幅が狭い。雰囲気は新湊に似ています。 その通りの家々に飾り物が・・・ 祭の幕も吊ってあり、「もしかして、お祭じゃない?」

Img_1296w1024

ほんの少し向こうに、神社が見えます。檪原神社とあり、鳥居の突き当りが海です。神社は、右横にありました。を調べると、レキ・リャク・くぬぎとあり、「くぬぎはら神社」というのかな、と思いました。
住む土地が違えば、習慣もいろいろです。

Img_1297w1024

全部ではありませんが、屋根も違います。

Img_1298w1024

道を迷ってみるのも面白い発見があります。

| | コメント (16)

台所水道蛇口

10日ほど前、急に水圧が強くなった。
いつもの要領で水を出すとはねて、前がべたべたになり、まわり中飛び散った。 「きょう、水圧が高いね」 「そうだろう、おらも思った」と夫。 そんな会話をしながら、流しの中を見ると、こんなものが落ちていた。 「何だろう」と思いながらもそれを棚に上げて、その日は終わった。
次の日も、同じ事になった。 水道局が気が付いて(誰かが電話するだろう)、もう直っていると思ったのだ。
その次の日、やっと「もしかして・・・」

Img_4341w640

蛇口をひっくり返してみると・・・・・。  
また、「もしかして、ここに、はまっていた物ではないか・・・・」
入れてみると、ぴったり。 「やれやれ」と、水を出してみるとすぐにまたポロリと落ちてしまった。

Img_4342w640

初めの構造は分からないが、突起の部分がほとんど欠けたのではないか。 で、ひっかかる所がなくて、落ちるのでは・・・・。

Img_4344w640

ここだけ直せばいいのかと思ったら、メーカーでは下から全部取り替えなければならないとの事。 また、5~6万はかかる。
「ちょっと 待って!」 レバーの上げ方によって量が変わるから、少し上げればいい。 今やっとそれに慣れました。
今月から、水道料が少なくなるでしょう。 
しかし、問題もあります。 篤志です。 量の加減ができません。
孫のためなら、エンヤコラしましょうか。
どれだけ料金が少なくなるか、見てからにしましょうか。
 -蛇口綺麗にしてから撮ればいいのに、見苦しくてすみませんー

| | コメント (14)

電気メーター取替え

積算量計
8月最終日に、電気メーターの取替えがあった。

Img_3147w640

積算量計に有効期限があるのを初めて知った。
事前の「電気メーター取替えのお知らせ」という黄色の紙が配られていた。
取替え費用は、無料です。
メーターでは計量された値が基準値に収まっているかを、10年に一回、検査を受けることが計量法で定められているのだそうです。
北陸電力から依頼を受けた業者がおこなっています。
持ち帰って検査に合格すれば、このメーターは、他の家に取り付けられることになります。 ということは、このメーターは、どこの家のだったのでしょう。
検査に合格すれば、このシールが貼られます。 このシール1枚、なんと2,200円とか。 国へ払います。 北陸電力さん持ちです。
しかし、これもしっかり電気量に加算されているのでしょうね。

Img_3148w640

| | コメント (18)

3人官女

格安に値段でお雛様を手に入れた、という話を書いたことがある。
このお雛様を何人もの人に紹介し、一緒に行って手に入れ、それぞれの人に大変喜ばれた。
私自身の付いていっては、なんだかんだと次から次、買った。
そのとき、男の子は人気がないからとおまけに貰った史丁。
6月の玄関飾りとして飾っている。
先日、中学校の親友、スイコ(下の名前でお互いに呼び捨てにしている)が来て、玄関飾りから、お雛様の話になった。
初めは 「顔の付いたものはいらない」とか「お雛様持っている」とか言っていたが、帰り際、「やっぱり欲しくなった」 というので一緒に行く時間を打ち合わせようとしたら 「任せた! 買ってきて!」

Img_8549w640

「内裏様を買ったら、3人官女か5人囃子、そのほかおまけに付いてくるけど・・・」 「付いてきてもいらない。内裏様だけでいい」 「じゃ、3人官女もらってもいい?」 というわけで我が家のお嫁に来た。

スイコは、自分のお雛様を持っているのに買うというので、シックで高級感のある物を選んだ。 他のものと一味違う。 彼女は大変喜んでくれた。 

Img_8965w640

スイコが床の間に飾ってあるのをみた友達が「欲しい」というので、また全権大使で買いに行った。 やはり、内裏様だけでいいという。 かくして、また3人官女が我が家にやって来た。

友達は、年上でお雛様を持っていないという。 で、赤くて可愛いものを選んだ。 これもいかにも高級な感じがする。

Img_8961w640

大きいのと小さいの。 だいぶ差がある。
3人官女ばかり、何にするのだ!! ときっと皆さんは思うだろうね
1~2年は、場面に応じて入れ替えて楽しみ、後はまた考えることにしよう。 外国へお嫁に行くのもよし。

Img_8967w640

この木目込み人形もいただいた。実は、顔にブツブツの斑点があったが、ぬるま湯で気長に拭いてみるときれいな顔になった。 
多分、史丁。 と右大臣左大臣。 これも可愛い。
これで、玄関飾り、ことかかないだろう。 が、アイデァが浮かぶかどうかだ。

Img_8952w640

分けていただいた方に、どのように使っているのかパソコンを持っていって見てもらった。 大変喜ばれ「こんなマメで大事にしてくれて・・・」と木目込み人形をくださったのだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

6回 ミニ同窓会-2 開智学校

ミニ同窓会(9月26日)、2つ目の見学地は 重要文化財「旧 開智学校」

Img_2140w900

開智学校について パンフより

<明治6年(1873)5月に開校され、校舎は明治9年4月に新築されて昭和38年(1963)3月まで90年間使われていた。わが国で最も古い小学校の一つです。和風と洋風の入り混じった擬洋風(ぎようふう)建築です。昭和36年3月23日、建築文化史上貴重な遺構であることから、近代の学校建築として最初の重要文化財に指定されました。
道8年1月から、良く9年8月にかけて、女鳥羽(めとば)川のほとり(現中央1丁目)から現在地へ移転し、保存修理を行いました。現存する校舎は、新築当初の形に近づけて復元したものです。
40年4月、旧校舎は教育博物館に生まれ変わり公開されています>

Img_2142w900

<開智学校の設計施工は、松本の大工棟梁 立石清重(たていしせいじゅう)が手がけました。約1万1千円におよぶ巨額な工事費のうち、およそ7割が松本町全住民の寄附によるものです。開智学校は小学校教育を第一の使命としましたが、そこにとどまらず中学校、状学校、師範学校などの諸学校、さらに博物館や図書館などの釈迦教育施設に至るまで、その発祥の母体となった学校です>
松本は、昔から教育に熱心な所なのですね。

Img_2141w900

2F建ての校舎は、龍・鷹・雲・牡丹など彫刻で彩られています。
色も可愛く華やかに・・ 洋風の建物と言っても、特徴があって、一度見たら忘れられない建築物です。

Img_2145w900

一室には、昔の教室が復元されています。
私も、こんなの使っていましたよ。懐かしい。
しかし、60人でしたから、こんなにゆったりしていませんでしたが。

Img_2153w900

柵の向うは、講堂。今でいえば、多目的ホールみたいなものでしょうか。 そして、そこがオシャレになっているのです。

Img_2152w900

天井が一部高くなって。シャンデリア、彫刻も施してあります。
窓の一部は、ステンドグラス。

Img_2149w900

そして、廊下の明かり。 花柄になっているのは天井に張り付けた模様。真ん中のものが下がり電燈が付いています。 どこも、豪華絢爛、高級なホテルのようです。
松本町民の7割が寄附したというのですから、教育にかける情熱がうかがえます。そんなに大きくもない学校、全員が通えたのでしょうか。

教育博物館ですから、いろいろあるのですが、昔の教科書も展示されていました。
先輩たちは、一年生の国語の教科書には 「サイタ サイタ サクラガサイタ」だったといい、もう少し先輩は、「コマイヌサン ハイ」
では、私たちの教科書は・・・ 残念ながら誰も覚えていないかった。 最初に習ったのは、カタカナではなく、ひらかなだったのは、覚えているのです。 もう少し後輩は「まことさん はい」だったと思う。 昭和16年生まれ、覚えている人がいたら、教えてほしいのです。

Img_2154w900

隣接して、今の開智小学校が建っていました。 旧開智学校に似たデザインになっています。

Img_2125w900

後ろの図書館のガラス張りに 開智学校が映っています。

Img_2138w900

Img_2137w900

松本の名所を双六にしたものが売店にありました。
入場料 300円。

Img_2144w900

明日、一泊で三河・遠江方面へいきます。
コメントは、帰ってから書きますので、よろしくお願いします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ウォシュレットレットの修理

我が家は、建ててから9年になる。 そろそろどこかの修理が必要になってきた。 
3年ほど前から、ウォシュッレットのリモコンを押しても、水量・勢いともに一定ではなく、効くときと効かない時があった。 終いには、届かなく事もしばしば・・・。
夫は、男だから(当たり前か)あまり必要がないらしく、「直そう」と言っても「待て!」ばかりでいっこうにらちがあかない。
業を煮やして、行きつけの電気屋に相談した。 すると、
「コンピュターは治らないから、取り換えればどうか。立ったら、蓋が開くので・・」 「いくらくらい?!」 「10万くらい」
これじゃ私も二の足を踏んだ。

Img_0141w640

きみまろ じゃないが、あれから ぅん年、もう限界。
しかし、あれだけのことで10万円は納得がいかない。
「TOTO」の本社へ言えばいいのではないか。
インターネットで調べて、電話した。
「給水タンクのフィルターを見てください」 「調べました。異常なかったです」 「それでは、修理代が発生しますが、近くの業者に連絡してもいいですか」 「お願いします」 「近くの業者から、連絡をさせます。ありがとうございました」と、丁寧な対応。

しばらくして、連絡がきた。 
「今時間があるのですぐに伺ってもいいですか」
掃除をする間もなくすぐに・・。

Img_0115w640

中は、山のような線でつながれている。
「ノズルを取り換えれば大丈夫と思いますよ」

Img_0117w640

30分くらいの作業。
「形が古いので部品がなくなってきています」

今度、だめになったら取り換えなければいけません。
修理代 13.000円でおつりが来ました。
何でも聞いてみるものです。
代金の分担。
夫曰く「使用頻度によって払う。お前 10.000、残りは、俺」

| | コメント (12) | トラックバック (0)

座椅子

Dscf3272w640

膝が悪くない人には関係にない話だが、正座がままならい私にとって、座椅子は、生活をしていく上で必須アイテムです。

これで、足を投げ出して座ります。 足を投げ出していると、机に向かって作業をするのも困難なので、パソコンをしたり書いたりするときは、膝を立ててその上でやります。

ところが、これだけ背もたれが斜めになっていると、作業ができないのです。後ろに、座布団を挟んだりしながら、体を起こすよう調節するのです。 ところがところがです。 少し体を動かすとずれ、まして、一度立つとまた調節。それでも、心地よい所になかなかフイットしません。 ずっと、イライラしながら使っていました。

Dscf3274w640

こういうのはあるのを知っていたのですが、“大きすぎるかな”と遠慮していました。 スーパーで使えないエコポイントは、減らずに持っている。
せっかくなので、それで、座椅子をジャスコで買いました。 基準は、背もたれが、6段階あり、これだけ立てることが出来たから。
値段も倍くらいで、そんなに高くはありません。

これは、買ってよかったです。
座る所が、回転する機能が付いている(この機能はどうでもいいのですが)ため、その分高くなっているのです。 腰掛の感覚です。 今まで、立つときは、横の机に手をつき補助として使っていました。 夫からは、机がずれると注意を受けていたのです。

前に「レントゲン」のところで書いたと思いますが、ヘルニアもどきになったときは、痛くて動きが取れませんでした。
治療を受けて、だいぶ良くなったのもありますが、立つときは、手すりが付いているので、両方の手の補助もできるので、フットワークがとてもよくなったのです。

身体障害者の補助器具のようなものです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)