経済・政治・国際

JET国際祭

JET世界祭』があるという。
私が理解したところによると、JETとは、「外国語招致事業」。 それに携わる、英語教育補助、県や市の国際機関の通訳・翻訳・外国の情報収集員として働く人たちが国の文化を紹介するお祭りが、JET世界祭というらしい。

Img_5406w640

 このブログに登場する風子さんが、ボランテァで参加しているので、清姫さんを通じて、私も誘われた。
しかし、私は横文字がさっぱりわからない。どんな簡単な物でも拒否反応を起こしてしまう。
しかし、『祭』とくると、おもしろそうだ。

2月19日(日)、ウイングウイング3Fのロビーで待ち合わせた。
会場は4F。 入った途端、むせ返るような人込みがあった。
中で゙、バックグランドミュージック()でギターの演奏。
ここで風子さんにあったが、忙しそうなのですぐに分かれた。

Img_5407w640

私たちは、ホールへ入る。
舞台では、各国の出し物が次々と行われている。
これは、ベリーダンス。 この後国際大学の合唱があった。

Img_5409w640

ゆっくり見ている暇もなく、横目で見ながら「国際カフェ」へ。

Img_5411w640

手作りの各国のお菓子がずらり。この中(中国・・サチマ、アメリカ・・チョコレートブラウニーズ、イタリア・・アマレッティ、フランス・・サブレ、イギリス・・スコーン、ロシア・・リンゴ入りブリヌイ)から、2個選び、

Img_5412w640

飲み物もいろいろ(ロシア・・ストロベリー茶、スリランカ・・キャラメルフレーバ茶、韓国・・もろこし茶・柚子茶、中国・・ジャスミン茶)選べる。これは無料。
私は、中国のサチマ(上の写真手前)とロシアのリンゴ入りプリヌイ(下の写真右)、スリランカのキャラメルフレーバ茶を選んだ。
サチマは食べなれた味、プリヌイは初めてだがゼリーのようだった。お茶はスリランカの物は全然知らないので選んだ。確かにキャラメルの味。

Img_5419w640

24か国参加だそうです。富山県のもこんなにたくさんの国から来ておられるとは。驚きです。もっと驚いたのは全員、日本語がぺらぺら。
だから、どのブースへ行っても、楽しくおしゃべりが出来てよかったですよ。しかし、問題があります。次のブースで話していると、前のブースで聞いたことはすっかり忘れてしまって・・ だから写真だけでお楽しみください。詳しく知りたい人は、下のUSLをクリックしてください。風子さんと清姫さんのブログです。
http://blog.goo.ne.jp/sakasita1292
http://blog.goo.ne.jp/67kiyoh/e/855676be96fe8d46faa24a83ebc587a2#comment-list

ネパール

Img_5428w640

ジャマイカ

Img_5429w640

フィリピン

Img_5434w640

ボリビア

Img_5437w640

南アフリカ

Img_5444w640

026

Img_5426w640

最後に、お茶室へ行きました。遠州流だそうです。
ここは、裏千家が多く、藪の内や表は少ない。遠州というのは、初めてです。もっとも、私は膝が悪く座れないので、入りませんでした。

Img_5447w640

隣の部屋では、琴の生演奏が行われていました。

Img_5450w640

風子さんに後日、「体験コーナー行って来た」と聞かれましたが、知らなくて残念でした。

T201202202041 

これは、富山新聞に載っていたものだそうです。私は、話に夢中で、撮られているなんて気が付いていません。清姫さんは分かったそうですが、新聞記者とは知らなくて、どこを撮っているのやら・・と思っていたそうです。 USLは、その新聞です。よかったらクリックしてください。

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20120220204.htm

| | コメント (19) | トラックバック (0)

南極観測船「しらせ」-2

昨日、南極観測船「しらせ」を見学に行った話を書いた。
「しらせ」は、9月12日(月)寄港し、13日(火)のpm5:00に出港する。

物好きにも、5:00の出港に合わせて、また出かけた。何しろ近い所だかね。 「せっかく親切に説明してもらったのだから、手を振ってあげなくては・・」 と私の弁。
しかし、扉が閉まっていて、桟橋には入れない。隣接している公園に車を止め、物見台に上がる。20人くらいは来ていたかしら・・?

Dsc_0005w900

水先案内船が2艘で、岸壁から離す。

Dsc_0008w900

離れた所で、1艘が後ろから回り込んでくる。

Dsc_0010w900

1艘は隠れて見えないが、「しらせ」を挟むように伴走する。
ここまで来ると自力で動いている。

Img_1919w900

白灯台と赤灯台の間を抜けると、外港になる。

Dsc_0013w900

カモメもお見送り。 私たちも懸命に手を振った。 船でも振っておられるのがわかる。

Dsc_0015w900

白灯台を抜け、

Dsc_0019w900

赤灯台を抜け、

Dsc_0021w900 

外港へ・・・。 みるみる小さくなっていった。

「しらせ」 
  長さ×幅×深さ×喫水 138m×28m×15.9m×9・2m
  巡航速力  15ノット(28km/h)
  最大速力  19.5ノット(36km/h)
  軸 出 力   30.000馬力
  推進方式   デェーゼル電気推進
  推 進 器   固定ピッチプロペラ2軸

| | コメント (16) | トラックバック (0)

南極観測船「しらせ」-1

9月12日(月)、南極観測船「しらせ」が、伏木万葉埠頭に寄港した。 13日(火)の5:00に出港することになっている。 2日間、内部見学ができるので、13日、見学に行った。

Img_1892w900

快晴で、海の水が船体に反射して、きらきら光っていた。

Img_1894w900

海上自衛隊 砕氷船 しらせ」とある後ろの橋から入り、前の橋からおりる、一周できるようにコースが作ってある。

Img_1900w900

階段を上まで上ることもできた。 後ろのあるボートは作業船で2艘。
南極で屋根もないのに、こんな寒い所で作業をしているのか・・

Img_1899w900

周りが包まれているのは、救難用だそうです。
上に上がると、乗船するために待っている人が長蛇の列。 この人たちはほんの一部です。待っている間、自衛隊グッツが売ってあったり、冷たい水があったりする。 募集のパンフレットも・・・。 このテントは、形式だけのような手荷物検査場です。

Img_1902w900

上から見た、救難船と作業船。 向こうには、能登半島が・・

Img_1923w900

船尾にあるへりーポート。 南極の氷が人気。暑いのでほとんどの人が触っている。 お昼頃でしたが、10時から2個目、とのことでしたが、半分ほどになっていました。

Img_1910w900

南極の石」は、2個飾ってある。 3年前にも「しらせ」が来たとき、これがあった。 調査用に初めころ採収したもので、もう禁止になっているというから同じものでしょう。
横で見ていた人「軟らかそうやのう~。これじゃ、墓石もならん」

Img_1905w900

歴代の南極観測船の模型。
3年前に寄港した「しらせ」は、「旧しらせ」として、舟橋にいるそうです。 ちなみに、「ふじ」は名古屋、「宗谷」はお台場・船の科学館、「海難丸」は、秋田県伊香保市に展示されているとのとこでした。
初代「海南丸」の艦長・白瀬中尉は、ロス海まで行ったが、南極地点には到達できなかったが、その名前を湛えて、白瀬海峡と名付けた。 その海峡の名前から、南極観測船の名前にした。 船には人な名前はつけないのだそうです。
こんなおもちゃみたいな船で、よくぞそこまで・・・。 この船は、勝海舟・坂本竜馬の世界です。
「5003」というのは、船体番号で特に意味はなく、旧しらせは、「5002」。 私が乗った少し後に、「今、乗船5003人目の人が乗られました」と放送があり、式典が行われていました。記念品何だったのだろう。 惜しかったな~。

Img_1908w900

操舵室(運転席)から見た風景。白灯台と建設中の橋が見える。

Img_1929w900 

<砕氷のしくみ>
1 連続砕氷
 氷厚約1,5mまでの氷は、強力な推進力で連続的に砕氷して前進
2 ラミング(チャージング)砕氷
 氷厚約1,5m以上の氷は、一旦艦を200~300m後進させ、最大馬力で前進し、氷に 乗り上げ、艦の自重で氷を砕く

少し知識があれば、質問すると専門家が答えてくれる面白い所です。乗務員179名、観測隊員など80名、とあります。 今は、一般公開に回っているのは、乗務員だけでしょうね。

この日は暑かった~。 2時ごろ帰宅。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

衆議院選挙<ち>

30日(日)は、衆議院選挙でしたね。9:00すぎに行ってきました。P1130116w540 終えて出てくると、出口調査をやっていました。頼まれたので、もちろん協力しました。今回は、投票率が73,75%と高かかったためか、列をついていました。

NHK(開票はNHKを見ていた)では、出口調査を元に、民主300議席は確保できるだろうと言っていた。いままで、聞かれたことがなかったのでどこでやっているのだろうと思っていました。

開票が進むにつれて、民308 自119 公10 共2 社2 国3 無8  計480 民主党の躍進すごいですね。世の中、どう変わるのでしょうか。自民は、大物がたくさん落選しました。それにしても、議員さんも若くなりましたね。どれをとっても、驚いています。

今日の「富山弁かるた

P1120910v540ちんちんぼんぼ いろんだ柿を もいでおる

翻訳すると「肩車して 色づいた柿をも ぎ取っておる」となります。

「ちんちんぼんぼ」これも、TV番組県民ショーで初めて知りました。呉西では「さるぼんぼ」という人が多いです。私は、どちらかというと「肩車」と言っていました。  「いろんだ」というのも、初めて聞きます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)