« 16回ミニ同窓会 神子原・古墳の湯・きときと舎 | トップページ | ちっちゃな話-121 »

ミニ同窓会 喜多家・喫茶

4月20日(日)、16回 ミニ同窓会をしました
神子原道の駅→ 羽咋の枝垂桜→ 喜多家→ 古墳の湯→ きときと舎 このコースは、どんたく姫で行った後、マリーマリー大坪さんと行ったところ。
他の所も候補にあがったのですが、いった事のない所は、自信がありません。かといって、道を覚えているわけでもありませんが・・・
私としては、3度目。 その度にアップしているので、覚えている人もあるかもしれませんが、凝りもせず書きます

案内状には、『桜を鑑賞 ―プチ宴会― したあと、のんびり風呂に入ってきませんか。 そして、ちょっぴりの教養を・・・』 と書きました
ちょっぴり教養を高めるための
【加賀藩 十村役とむらやく喜多家
十村役とは、他藩でいう大庄屋に相当するもので、加賀藩の村支配を代行する村役人の頂点にたつ役職
加賀藩は外様大名。 徳川に遠慮して、関所や代官所を置かなかった。 それを代行するものとして、十村役をおき、百姓からの徴税、一揆防止、相談役、代官所などを兼務

Img_0687w1000

この門は、古く、鎌倉時代のもの

Img_0682w1000

Img_0646w1000

当主から、説明をうける面々

Img_0648w1000

↓入り口が4つ。 それも、左側が前にでていて、右に行くに従って奥まっていく。 それには理由あり。 左から
殿様 お付の武士 役人 平民(それも村役だけ。一般は裏の勝手口
こんな所にも格差をつけてあったのです

Img_9776w1024

↓入ったすぐの部屋。 役人の7つ道具(?)

Img_0650w1000

↓使者の間 殿様に会うために待っている所
    飾ってある道具を大写しにすると

Img_0651w1000

ピクニックセットと笑わせてくれる
正式には .「道中湯沸し旅箪笥」です
中に炭も入っていてお茶や酒を温めることができる
いつもは説明しないのですが、たくさん来ていただいたので・・・

Img_0667w1000

↓こういうやかんもすっぽり入っている

Img_0669w1000

↓調詞所・・格子の向うがお白洲
 小式台・・武士が入る玄関

Img_0654w1000

↓大式台・・藩主だけが入る玄関。籠に乗ったまま入るので広く取ってある
 写真は、藩主の部屋。 質素。 これも目をつけられないよう思んぱかっての事。 この時代、唯一の楽しみはお茶なので、炉を切ってある

Img_0660w1000

↓武者隠しの間・・藩主を夜通し守る隠し部屋

Img_0663w1000

↓御手水 湯殿 ユニットバス 
湯殿といっても殿様は浴衣を羽織り、その上からお湯をかけるだけ。 ドラマで見ますね。 手水は、夜この上に便器を置いて用をたした。 家来が次の宿へ持っていくので、それはない。 笑ってしました

Img_0664w1000

↓殿様の部屋の釘隠し。 兎です。 他の部屋に鶴もありました

Img_0672w1000

↓宝物殿・・昔は米蔵だった。底が抜けたので直したら重文にならなくなってので、宝物殿に建替え

Img_0677w1000

前にあった池。 僅かな花筏だったので・・・

Img_0678w1000

↓金箔で出来た家紋 宝物殿にて

Img_0679w1000

↓スミレが庭にたくさん生えていました

Img_0685w1000

↓この写真をよく見てください。 一段下がった所に建っています
目立たないように、2mくらい下がっています。 外様大名として息を潜めて暮らしていたように感じます
しかし、いざとなれば、要塞の役目も担っていたのだとか

Img_0686w1000

↑↓土地柄、ここは砂地。 水はけがよく下がっていても暮らしに支障はなかったようです

Img_0683w1000


写真では伝えられませんが、大きな木は「いちい」
水分を多く含んでいるので、火事に備えたもの。 お寺の銀杏と同じ役目ですね

Img_0665w1000

↓台所・・ほかで作って、ここでは暖めるだけ。 つまり、チンする
学問は覚えられませんが、面白い言葉だけしか覚えられません
これだけ聞いただけで疲れました

Img_0674w1000

石川県羽咋郡宝達志水町北川尻ラ1番地1 
       喜多家窓口 TEL(0767)28-3199
開館時間 〔3月~11月〕午前9時から午後4時45分まで
       〔12月~2月〕午前9時から午後3時45分まで
                 ※入館は閉館時間の45分前まで 

休 館 日   毎週 火曜日(祝日の場合は翌日)。年末年始。
        5月6日、12月29日~1月3日は休館です。
              
アクセス   JR七尾線宝達駅からタクシーで5分
         能登有料道路 米出ICから1㎞、車で3分
          JR七尾線免田駅から徒歩30分

駐 車 場   30台

入 場 料   大人500円【団体(20名以上)1名400円】
         子供200円【団体(20名以上)1名100円】
          ※ただし、就学前の者については無料

【喫茶 ジョンブル】
この喫茶店は、喜多家と駐車場を同じくしている
入る前に、「疲れるから、出てきたらここへ集合。 コーヒータイムにしよう」 と言ってあった。 喜多家を出るとき、「あそこはカラオケだよ」 と聞いた。

Img_0688w1000

入り口の花

Img_0690w1000

中は広いが雰囲気は、バーと言った感じ。 歌っている人もいたが、疲れた体にコーヒーが一段と美味しく感じた

Img_0692w1000

交通費も含めて、これだけ遊んで、食べて、〆て5000円也
どこへ行っても、全員初めての人ばかり。 
どこもよかったと大満足という感想。
企画したものにとってこんな嬉しい事はない

|

« 16回ミニ同窓会 神子原・古墳の湯・きときと舎 | トップページ | ちっちゃな話-121 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
喜多家、聞いてはいますが、行ったこと
なしです。教養を高めるいい機会でしたね。

投稿: imaichi | 2014年5月 4日 (日) 05時53分

姫さま
気候もいいしあちこちお出かけに持って来い。ミニ同窓会、さぞかし賑々しかったでしょう。声も聞こえてきます。

投稿: 森のくまさん | 2014年5月 4日 (日) 08時35分

imaichiさん
聞いてもすぐに忘れてしまいますが・・・
そのときは、感心して聞いてきます

投稿: 姫 | 2014年5月 4日 (日) 12時28分

森のくまさん
今、出かけるのはいいですね。
お祭も多いですし・・・
昨日、能登に行っていました

投稿: 姫 | 2014年5月 4日 (日) 12時30分

立派な十村の家、よく維持しておられますね。さすが加賀藩、石川県です。説明もしてもらい、今回が一番詳しかったかな?入場料も要るのですね。申し込みをしたのですか?よくお世話されます。満足してもらい、よかったね。

投稿: 清姫 | 2014年5月 4日 (日) 13時12分

清姫さん
個人の家ですから・・
大概、維持できなくて、県とか市に譲り渡されますね。
皆さん、喜んでくださるので・・
今度はどんなのにしようかと考えています

投稿: 姫 | 2014年5月 4日 (日) 13時55分

姫様
貴女の説明がありまして、なるほどちょっと見には豪農かな?と思いますが、なかなか流石、十村役のお屋敷ですね。
丁寧な紹介とはっきりと美しい写真で、立派に保存してあるお屋敷の内部が良くわかります。
案内の方もユーモァたっぷりですね。「百聞は一見に如し」でいい見学でしたね。皆さんが喜ばれるのも全くごもっともです。
喫茶店もハイカラです。皆様お疲れでしょうに楽しそうな表情です。
ご苦労様でした。こんな会費でいいの?

投稿: なは | 2014年5月 4日 (日) 18時06分

姫さん
お花見、お弁当ランチ、温泉、歴史探訪そしてディナーと充実した一日。姫さんがいないと出来ないツアーですね。
皆さん次回を楽しみにしていらっしゃることでしょうね。

投稿: 風子 | 2014年5月 4日 (日) 20時46分

姫ちゃん
 喜多家で江戸時代の加賀藩の農家様子を勉強しました。
 徳川幕府に対し外様大名の自己防衛と農村の管理を相当研究して治めていた様子に感心しました。
 どんちゃんのおかげです。

投稿: たくちゃん | 2014年5月 4日 (日) 21時43分

姫様
教養ある方々ばかり、歴史探訪もコースに入った同窓会が
すごいです。
皆さんが喜ばれるのも、うなずけます。

投稿: ヒマ子 | 2014年5月 4日 (日) 22時23分

なはさん
まだまだたくさん説明を聞いたのですが、すぐに忘れてしまって・・・
説明が面白いでしょう。こんな所だけ覚えています
あなたが聞けばもっと深く面白く聞けると思います

投稿: 姫 | 2014年5月 5日 (月) 00時25分

風子さん
このコースは、バラエティに富んでいていて気に入っています。
風子さんもここ回られるといいですよ
風呂あり、氷見で〆とするのはいいとおもいます

投稿: 姫 | 2014年5月 5日 (月) 00時29分

たくちゃん
上手くまとめますね。
端的に言えば、全部モーラされて・・・
さすが、勉強しているだけの事はあります
ここ、どんちゃんが気になると言っていたところでしたね

投稿: 姫 | 2014年5月 5日 (月) 00時32分

ヒマ子さん
あらら・・
私自身、「きょういく」ところがあってよかったわ です

投稿: 姫 | 2014年5月 5日 (月) 00時35分

姫さんご一同さん
 社会勉強を組み込んだツアー好評のようで何よりでしたね。喫茶店での淑女は満足きった表情ですね。
 現在の当主の軽妙な洒落にも疲れも吹き飛んだのでは?
 壁に懸かっていた槍の一つは現在のさすまた。
 額の作者は訪ねて来た山岡鉄舟の作
 武者隠しの間は茶室風で唯一色壁
 湯殿はユニットバスのはしり
 など、思い出しましたよ。

投稿: どんちゃん | 2014年5月 5日 (月) 09時56分

どんちゃん
 が気になるところ、としていきましたね。
今回は、3組も見学に来ている人が居ました。
説明は当主にお願いしました
山岡鉄舟の文はメモしてきたのですが、額を撮ってくるのを忘れてしまって。
たくさん撮っているようでも、抜けているのがありまして・・

投稿: 姫 | 2014年5月 5日 (月) 12時39分

姫様
「さすまた」で思い出しました。最近の学校には「さすまた」があって変質者などが入ってきたら「やあー」とやっつけるという二ユースを見たことがあります。
武者隠しの間の壁の色は、単に照明が当たっているのかと思いました。ずいぶん用心深く細工してあったのですね。

投稿: なは | 2014年5月 5日 (月) 22時48分

なはさん
「さすまた」、現代も生きているのですね。
袂を巻くというのもありまして・・・
その名前が思い出せないのです
武者隠しの間、狭い所で寝ずの番、一番綺麗で落ち着く色にしてあったのですって。

投稿: 姫 | 2014年5月 5日 (月) 23時40分

姫様
外様大名の藩は,藩をつぶされないように大変な気づかいだったのでしょうか、こんな話を聞くとご苦労が偲ばれますね。
100万石の家来と家族を路頭に迷わさないように・・・だったのですね。
十村役のお屋敷の内部は立派です。

投稿: なは | 2014年5月 6日 (火) 18時07分

なはさん
苦労が偲ばれますね。
それにしても、策士がいたのですね

投稿: 姫 | 2014年5月 6日 (火) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16回ミニ同窓会 神子原・古墳の湯・きときと舎 | トップページ | ちっちゃな話-121 »