« 伏木曳山祭 けんか山’14 | トップページ | 信州・高山村の桜 -1 '14 »

燭光能 「藤」 in 端龍寺'14

5月17日(土)、前田藩の菩提寺、端龍寺で、利長忌の法要と能が奉納された。 pm2:00からと聞いていたので、なはさんを誘って、時間に間に合うように行った。

山門、何か様子が違うぞ!

Img_1555w1000

山門から、唐門まで5色の幕が張ってある。

Img_1556w1000_2

唐門をくぐると、赤い絨毯

Img_1557w1000

高い柱が立っていて、
『妙観察智 奉供養(写真を大きくして見てください。たぶん供養だと思いますが、手書きパットにもない文字です) 前田利長公常公追恩忌 維持平成二十六月吉祥日 當寺三十一世 泰山道宏謹建立』
 とあります

Img_1558w1000

住職世代交代の式があったらしい。
こんなのがあるのなら、こちらの方を見ればよかった。
毎年20日に、法要があるのに今年、どうして日が違うのかな、と疑問をかすめたのだが・・・

Img_1559w1000

翌日、新聞に大きく報道されていた。

Img_1630w1000

交代式にふさわしく、いい日でした

Img_1623w1000

中では、利長しのび 幽玄の舞
燭光能 氷見ゆかりの「」上演

Img_1563w1000

囃子 飯島六之佐 上田博 住駒幸英 瀬賀尚義

Img_1575w1000

地謡 寺田茂 米島和秋 高野秀幸 高田哲 浅谷之信 
    岩村邦夫 やぶ俊彦 山崎健

Img_1576w1000

シテ 広島克栄 ワキ 苗加登久治 後見 大沢永健 前田長孝

Img_1579w1000

【あらすじ】
都から来た僧が、北国の名所を廻ったあと善光寺詣でをしようと信濃の国に向かう途中、藤の名所の多枯(たご)の浦に着きます。
僧が、松と交わって見事に咲いている藤を見ながら一人吟じていると、どこからともなく美しい女が現れ、その歌はこの藤にふさわしくないと僧をとがめます。
そして古い歌こそここで詠むべきと語った後、自分が藤の花の精であることを明かして姿を消します

多枯の浦の藤にまつわる話を聞いた僧がその夜・・・・・※

Img_1603w1000

この後が、後シテが出できます。 
前シテは、里女。 後シテは、藤の精
今回は、半能なので、後シテが出てくるところから物語りは始まります

Img_1596w1000

※ 藤の花の下で仮寝をしていると、藤の精が姿を現します

Img_1597w1000

そして仏の功徳により花の菩提になったことを告げ、

Img_1598w1000

美しい舞(序の舞)を舞って見せますが、

Img_1611w1000

春の短い夜の明けるころ、

Img_1614w1000

Img_1615w1000

朝霧とともに消えうせます

Img_1617w1000

|

« 伏木曳山祭 けんか山’14 | トップページ | 信州・高山村の桜 -1 '14 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

姫さんと
 同じ!新住職普山式の新聞を見て、出たかったな!と思いましたが、体が一つゆえ、
無理難題!
 お誘いを受けながら蝋光能も出れず、ブログで追体験させてもらってます。

投稿: どんちゃん | 2014年5月19日 (月) 00時24分

姫さま
いい雰囲気。そこで観る聴く能はいいでしょうね。いつか機会があればいいです。

投稿: 森のくまさん | 2014年5月19日 (月) 08時33分

姫様
なんと美しい!目の前でお能が演じられているような気がします。
いい場面をたっぷりと見せていただきました。笛の音が聞こえてくるような、鼓や太鼓や謡が再現されるような気がします。
蝋燭の灯が揺れる中で見えたり見えなかったりまさに幽玄の世界でした。和オーケストラと共に、すてきでしたのをまた素敵に見せてもらって有難う。
誘っていただいて有難う。

投稿: なは | 2014年5月19日 (月) 17時56分

早いアップで嬉しいです。マークにも見せてあげました。彼もmusicだけ聴いていたと言っていますから。ホントに冠と面だけ、ときどき隙間から全身像が…。でも、何度も聴く「藤」、言葉も節回しも覚えているからあの世界に浸っていましたよ。1,2枚写真を使わせてくださいね。

投稿: 清姫 | 2014年5月19日 (月) 18時22分

姫さん 
能音痴の私でも雰囲気が伝わってきます。

投稿: 茶々姫 | 2014年5月19日 (月) 21時19分

姫ちゃん
 姫ちゃんのおかげで今年も幽玄の世界を堪能することが出来ました。
 「藤」は氷見の藤とは知りませんでした。
こんな話が出来きるとはすごいですね。
 能と精は親戚なんですね。
衣装がすごかった。

投稿: たくちゃん | 2014年5月19日 (月) 22時24分

どんちゃん
普山式、知っていれば早く出かけたのに・・・
ジャズ、そっちぬけで・・・
来年また声をかけます

投稿: 姫 | 2014年5月19日 (月) 23時57分

森のくまさん
興味ありますか。
薪能、どうですか

投稿: 姫 | 2014年5月19日 (月) 23時58分

なはさん
毎年、もうちょっとだけ、明るかったらいいな~
出演する人も見えないからよろけそうになるのかもしれません
来年また行きましょうね

投稿: 姫 | 2014年5月20日 (火) 00時00分

清姫さん
あなたが写真欲しいといっていたので・・・
どれでもお使いください。
使ってないものも山ほどあります
冠に「藤」がついています。
暗くてよく見えませんでしたね。
マークに見てもらって、QQQ!

投稿: 姫 | 2014年5月20日 (火) 00時05分

茶々姫さん
「暗いな~」と・・・?

投稿: 姫 | 2014年5月20日 (火) 00時07分

たくちゃん
あら! 物知りのたくちゃんが・・・?
でも、冠に紫の藤がついていました。
たしか「白藤」神社といいますが・・・

投稿: 姫 | 2014年5月20日 (火) 00時09分

姫様
来年また誘ってください!生きてるつもりです。
見えるか見えないかでしたが、その場にいるだけで感激です。

投稿: なは | 2014年5月20日 (火) 18時01分

なはさん
了解しました。
お互い、生きているよう頑張りましょう

投稿: 姫 | 2014年5月20日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伏木曳山祭 けんか山’14 | トップページ | 信州・高山村の桜 -1 '14 »