« 花便り in 小丸山公園 | トップページ | 花便り ライトアップ in 福光・城端・新湊 »

犬山まつり '14

だいぶ前の話になります。 
「桜便り」が忙しく、伸び伸びになっていました。 
犬山祭』に行ってきました。 祭の事は全然知りませんでした。
実は、写友会で撮った、高岡駅オープンの写真(写友会で、市議会だより・高岡商工会議所ライブラリの写真を撮っています。私のは、なんの役にもたたないのですが協力だけはしています)を、商工会議所へ持っていったとき、このチラシを見つけました。
締め切りは、4月1日。 終わっていましたが、もし余裕があるなら、と申し込んで見ました。 たっぷり余裕があったようです。 快く承諾していただきました

Img_9821w1000

4月5日(土)、高岡商工会議所 7:00出発

Img_9822w1000

白川郷を通ったときは、この雪。 帰りにはありませんでしたが・・

Img_9823w1000

離れた駐車場です。 ガイドさんに連れられて城近くまで。
意外と急坂。

Img_9982w1000

建売でしょうか。ピンクの可愛い壁色の家もあります

Img_9826w1000

広場には、山車が13基。 高山の山車と似ています

Img_9869w1000

何しろ初めて見ます。 予備知識もありません。
ただただ驚いていました

Img_9859w1000

―写真が小さくて迫力に欠けますので、大きくしてご覧ください―
    大きくするには、カーソルを写真に当てて、左クリックします

Img_9867w1000

体育館の2階から、見ますとぎっしりの人出です

Img_9873w1000

そこでは、物産展が開催され、ギャラリーは休憩所にもなっています

Img_9891w1000

Img_9894w1000

広場の脇にある、「針綱神社」のお祭

Img_9887w1000

Img_9841w1000

山車の幕の中には、豪華な衣装を着けた子供たちが座ります

Img_9899w1000

町内によって違うようです

Img_9922w1000

稚児行列。 
神様の稚児なので、地に足をつけない。 肩車でいきます

Img_9852w1000

Img_9854w1000

宮司さんの祝詞

Img_9864w1000

袴かと思っていましたが、紋付を腰に巻いているのです
500万円もする衣装だそうですよ

Img_9865w1000

Img_9856w1000

造りは同じようなのですが、1基 『浦島』 というのがありまして・・

Img_9919w1000

言われは、看板を読んでください

Img_9920w1000

どの山車にも複雑なからくりが付いています
藍色の幕が取り払われ、カラクリ披露が行なわれま

Img_9937w1000

これは、言わずと知れた「浦島太郎

Img_9939w1000

玉手箱の受け渡し。 とくとご覧ください
輪の中へ確実に入れなければ・・・

Img_9941w1000 Img_9946w1000 Img_9947w1000

後ろを向いて、面をつけて・・・ これもからくりで・・・
このとき、煙も出る仕掛けです

Img_9953w1000

もう一つ
唐子が、四角い箱を持って、回ります
台の上に置くと、箱が開いてお姫様が・・・
最後に箱が閉じます

Img_9901w1000_2 Img_9902w1000 Img_9903w1000 Img_9909w1000_2

大黒様のも・・。 能管の囃子に合わせて動きます
この、からくりが長い。 3基分だけ見たら疲れました

Img_9931w1000 Img_9837w1000_2

カラクリ披露が終わった所から、町に繰り出します

Img_9955w1000

カラフルな袋を被いた行商人ななる子供たち

Img_9958w1000

広場を出て、町に行きました。どこからか太鼓の音
お獅子かと思ったら、韓国の太鼓?

Img_9886w1000

Img_9966w1000

祭は、香具師で昼食とします
祭り会場へ着いたら、すぐに別行動。
集合時間は、3:00。 駐車場へ行くことになっています

Img_9970w1000

喜多方ラーメン。 B級グルメでグランプリを取ったそうだ

Img_9971w1000 Img_9972w1000 Img_9973w1000

丸く焼いた麺。 それにトッピング・タレ(醤油・豚骨・塩)、好みのものをかけてくれます。 喜多方のグランプリとくれば、どんなに美味しいかと期待しましたが、いまいち所か今3ほど。 最後は食べられなくて捨ててしまいしました

Img_9976w1000

初めてであった店。 『甲冑工房』

Img_9977w1000

Img_9979w1000

お土産に買ったものは、『鮎かまぼこ』

Img_0363w1000

集合時間まで15分。 このまま駐車場へいけば、十分間に合う。
それがですね。 降りてきた坂が違っていたので、道を間違えてしまってあせりましたよ! 必死に歩いて、汗と冷や汗、5分遅刻。
息をきって到着。 温かく迎えてもらってめでたし、めでたし!

そうそう、夜になると提灯もつけるようですよ。
ポスターを写してきました。 城端の提灯のようです

Img_9890w1000

|

« 花便り in 小丸山公園 | トップページ | 花便り ライトアップ in 福光・城端・新湊 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

姫さん
犬山祭り、聞いてはいたけど、なるほど
規模が大きいですね。三層の山車、初めて
見ました。

投稿: imaichi | 2014年4月19日 (土) 05時58分

姫さま
珍しい山車、三階建の山車。カメラにうまくおさまりましたね。雪景色からさくらまで
一日のできごと。なんてまあ。

投稿: 森のくまさん | 2014年4月19日 (土) 09時05分

imaichiさん
犬山祭、どこかで見られましたか
せめて、TVで見たことがあれば、予備知識もあったのですが・・・

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 10時40分

森のくまさん
私たちにとっては珍しい!
どーんとした山車が、(特に伏木)主流ですから・・・
きゃしゃで美しい!

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 10時43分

13基の山車の写真、凄いですね。
5分遅刻でも
優しく迎えられて良かったですね。
姫さんの仁徳ですね。

投稿: ヒマジン | 2014年4月19日 (土) 11時26分

姫様
雪景色からど派手なお祭り、桜まで,見ごたえがありました。
こんな凄いお祭り、今まで二ユースでも見たことがないです。
必死に隠していたのでしょうか?この山車には物語があるのですね、しかもうんと手の込んだ。
浦島の説明を読みましたが随分古いものなのに知られていないのは不思議!山車も衣装も意匠を凝らしてある点でもご自慢でしょうに・・・・。
貴女、写友会のために貢献したからこんな素晴らしいお祭りが見られたのですね。私も「犬山祭り」を紹介してあげる,といわれてもこれほどのものとは想像も出来ませんでしたよ。
今日、市展で貴女の「天女の舞」を見てきました。素敵でした。すべてありがとう。

投稿: なは | 2014年4月19日 (土) 17時58分

姫ちゃん
 犬山日帰り5,000円得しましたね。
こんな立派な山車、衣装こんな素晴らしい祭りなら名古屋にいた時見ておけばよかった。
 来月に名古屋の会社のOB会で犬山の同僚と逢うので詳しく話を聞こうと思っています。
 お得を見付ける名人ですね。

投稿: たくちゃん | 2014年4月19日 (土) 21時37分

姫様
立派な山車、ほっそりとした姿は、高山の山車と
似てるような気がしますが・・。
観客数も、高山祭に匹敵するほどですね。
からくりも手の込んだものですし、子供たちの
衣装も立派ですごいですね。
素晴らしい、珍しいお祭りを見せていただきました。

投稿: ヒマ子 | 2014年4月19日 (土) 21時50分

姫さんは
 ついていますね!犬山祭りツアーに参加できて!こんなに豪勢だとは思いませんでした。子どもの衣装も凄い!京都の影響だと思いますが、いつの時代にできて、どうしてこのようになったのか興味津々です。

投稿: どんちゃん | 2014年4月19日 (土) 22時12分

ヒマジンさん
これが、どれもすごい!
来年、ぜひ、2人で行ってください

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 23時16分

なはさん
私が思うに・・・
織田信長の地元。 遠慮なくいい物を競って点くのかなと思います。それに比べ、前田藩は、遠慮しながら・・・
山車の数も・・
このチラシ、ほんと偶然に見つけました。
行かなければ見つからないものね。
はや、見てくれたの?
ありがとう!

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 23時22分

たくちゃん
若いときは、周りに目が行かないもの
そんなに遠い所ではないので、ちょこちょこと行ってくればいいですよ。
個人的いくなら、夜も居たい!

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 23時40分

ヒマ子さん
高山に比べるととても見やすいです
たくさんに見えますが、人の間を通り抜けることが出来ます。
高山は、狭い所でぎっしり、動きが取れません
ぜひ、2人で行くといいですよ

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 23時43分

どんちゃん
高岡や伏木は、山車の概要を書いたパンフレットをくれますがないのです。
聞きましたら、資料館にあるといわれましたが、そんな所まで行く気にはなれず・・・
どんちゃんなら調べられるのではないですか。

投稿: 姫 | 2014年4月19日 (土) 23時47分

姫様
そうですね!信長のお膝元ですから贅沢できたのですね。もっと宣伝してもよさそうなのに・・・。
随分珍しい山車ですのにね。
貴女が紹介してくださらなかったら知る人がないくらいですよね。知らせないのは惜しいです。

投稿: なは | 2014年4月20日 (日) 17時12分

なはさん
想像で言っています。
本当の所は・・・???
ツアーがあったからこそ、知ったわけで・・
ちょこちょこと行ける、お祭の企画がたくさんあればいいですね

投稿: 姫 | 2014年4月20日 (日) 23時46分

4/5は、犬山城の花見かと思ったらこのお祭りだったのですね。これは珍しい、豪華な祭りです。山車は背が高くて珍しい、からくりも凝っていて、行商する子どもや稚児行列の子どもの衣装が立派。犬山は裕福な町だったのでしょうか。たくさんの写真で楽しませてもらいました。ありがとう。

投稿: 清姫 | 2014年4月22日 (火) 13時55分

清姫さん
これ、早くに分かっていれば、お誘いしたのですが・・・
何しろ、締め切ってから分かったので、人に言っている暇がなかったです。
しかし、これほど豪華なものとは知らなかった。
これも分かっていれば、無理にでも誘っていたと思うのですが・・・
どこで、切ろうかなかったので、一気に入れてしまいました

投稿: 姫 | 2014年4月22日 (火) 21時27分

ふと…検索して見つけました!
我が町内の、浦島を大大的に、取り上げてもらって、嬉しい限りです!

そこで、一つとてもマニア的なお話しを、教えましょう!
我が町内、新町のからくりの時に、演奏する曲は、天女の舞 ‼︎ とも呼ばれていますよ!

是非とも、また、犬山祭りに来て下さい。
ちなみに…私は、からくりで、乙姫を担当してますよ!機会が、合えば、もっと詳しく説明いたします!

投稿: 乙姫 担当者 | 2016年1月 4日 (月) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花便り in 小丸山公園 | トップページ | 花便り ライトアップ in 福光・城端・新湊 »