« 花便り in 犬山・薬勝寺池・主菓子 | トップページ | 花便り in 小丸山公園 »

花便り in 七尾線・さくら駅

4月15日(火)、石川県七尾へ花見に行きました
まず、目指すは、「七尾線・鹿島駅」 さくら駅としても、TVや雑誌に取り上げられています。
10:00出発。

Img_0387w1000

ピンクのかわいい駅舎

Img_0389w1000

Img_0390w1000

地元の人でしょうか。 おばあさん達も見学に来ておられます
さくらで隠れて見えませんが、写真左でシートを広げて弁当を食べているグル-プもあります。

Img_0392w1000

カメラを持って来ている人が大勢。 
話の内容から、よく撮りに来ている人の横に並びました。
後から来て、前に屏風のように並ぶ人がいたので、「すみません、列車が入ってきたらどいてください。 ベテランの人の横に並びました。ここポイントらしいですよ」 とお願いしました。
「そうですか、並べばいいですね」と言われましたが、いざとなると前に・・・。 そんな人に限って、バカチョンや使い捨てカメラです

Img_0394w1000

この列車は、11:45
これから、1時間後の列車を待ちます。
すれ違いをするので、2列車同時に写せます

Img_0399w1000

駅の周りにテントが張られています。地元の自治会でしょうか
待っている間に、昼食。
焼き牡蠣 4ケ500円。 これは必須です
しっかり焼いてくれます。開けてまだしっかりと・・・
思わず「そんなに焼かないで! ぷりぷりがなくなってしまう」
「保健所からきつく言われているのです。もしものことが大変だから・・・」と、腰がまがっているおばさんが一所懸命焼いてくれました

Img_0398w1000

「赤いかっぽう着隊」の旗のあるところで、おにぎりとイカ焼き

Img_0400w1000

で、私の昼食。 〆て、1100円也

Img_0401w1000

まだ時間があるので、目がうろうろ

Img_0402w1000

鹿島駅の下にバス停も・・・

Img_0406w1000

犬を連れている人も大勢います
そこへ、ツアーバスが到着。 団体さんがこの駅で乗るようです。
私たちも、高原列車に乗ったことを思い出しました

Img_0408w1000

12:45 左から入って着ました。私の居るところを通り過ぎて

Img_0411w1000

停車

Img_0412w1000

右からもう一本の列車が・・・

Img_0414w1000

2つの列車がピタリと並びます
先ほどの人曰く、「あっ、並んでくれた!」
こんな上手くいかないときもあるらしい
運転手さんも気を張っているのですね

Img_0418w1000

ホームを離れていきます。あっという間のロマンチックドラマでした

Img_0419w1000

落ち着いてみると、駅舎に風見鶏

Img_0421w1000

別れを惜しんでもう一枚

七尾線に沿って帰ります。 次の駅は、「西岸」

Img_0422w1000

ここにも さくらがあったので、車を止めます

Img_0423w1000

無人駅。 ホームに出てみました

Img_0426w1000

ホームには、2つの駅の名前。 3つか? 
「湯之鷺」 「西岸」 「小牧風駅」 頭が、??マーク

Img_0425w1000

「のとかしま」「にしぎし」「のとなかじま」 ここにある駅、各駅で撮りました

Img_0424w1000

Img_0427w1000

 で、次の駅が、「能登中島」

Img_0428w1000

列車と会いましたの、発車するのを待って撮りました

Img_0429w1000

これから、七尾・小丸山城へ向かいます

|

« 花便り in 犬山・薬勝寺池・主菓子 | トップページ | 花便り in 小丸山公園 »

季節の樹木・花」カテゴリの記事

コメント

姫さん
七尾線って、長い間、乗っていない、
こんな桜の絶景な駅があるなんて。
レポート、感謝です。

投稿: imaichi | 2014年4月17日 (木) 05時44分

姫さま
まあまあドラマの中にいるようです。
ドラマは流れるように続いています。
ありがとう。

投稿: 森のくまさん | 2014年4月17日 (木) 08時59分

imaichiさん
七尾線は、一度間違えて乗っただけです。
この沿線上は、いつも車ですから・・・

投稿: 姫 | 2014年4月17日 (木) 16時55分

森のくまさん
列車だけで言いますと、氷見線となんら変わりません。
まわりの景色って大切です。
大勢集まるのですから・・
乗客も増えますし・・・

投稿: 姫 | 2014年4月17日 (木) 16時59分

プラットフォームに桜を植えたのですね。ピンクの駅舎ですか。可愛い駅ですね。PRが行き届いています。とても楽しい駅の旅にご一緒させてもらいましたよ。何かに載っていたの?

投稿: 清姫 | 2014年4月17日 (木) 17時16分

姫様
目ざといですね。桜駅とは!鹿島は昔(今はどうなったか分かりません)大門町と姉妹都市(姉妹町ですね)でした。町民運動会に50人くらいで参加されていました。
桜駅のある美しい町ですね。
最初の写真から見事です。列車を待つ時間を有効に、美味しいお昼ごはんに当たりましたね。何か事故があると「町が責任を取れ」とか言われるのでこの牡蠣焼き当番のおばさんは頑張っておられたのですね。
バス停、犬のいる風景、どれもいいですね!二台の列車のデートを撮るために大変なご苦労でしたね。「撮りテツ」でもエチケットをわきまえていない人もいるわけですね。
ほんの瞬間をとらえるのでしょうが、それが醍醐味なのでしょうか・・・。
どこから見ても綺麗な風景!うまく考えられましたね!
ありがとう。

投稿: なは | 2014年4月17日 (木) 18時14分

姫ちゃん
 能登鹿島駅は宮本輝の小説で有名になったのです。
 夢のあるおとぎの駅ですね、海の近くで上下の電車が並ぶなんていいですね。
 小説を読んで直ぐに訪ねました。
ロマンの駅ですね。

投稿: たくちゃん | 2014年4月17日 (木) 20時30分

清姫さん
知らなかったですか。
写真の仲間は、一人行き、2人行きです
ニュースにもなりますし、旅雑誌にもよく出ています
いつから、行きたいと思っていたところです

投稿: 姫 | 2014年4月17日 (木) 22時52分

なはさん
そうだったのですか。姉妹都市ね
のんびりしたいいところです。
なはさんは、よく繋がりがありますね。
この間の、浦山といい・・・
犬の写真いいでしょう。お気に入りです

投稿: 姫 | 2014年4月17日 (木) 22時58分

たくちゃん
どんな小説ですか。
桜が出てくるのですか。
それにしても、フットワークがいいですね

投稿: 姫 | 2014年4月17日 (木) 23時01分

姫さんの
 フットワークもいいですね!景色と言い、人と言い、日本の原風景が残っています

投稿: どんちゃん | 2014年4月18日 (金) 00時35分

姫様
能登鹿島駅=さくら駅、レトロな風景と、ロマンチックな列車の
すれ違い、素敵なシャッターチャンスがさすがです。
七尾線は、線路沿いを車で走るばかりで、乗ったのは、
もう数十年前。
その頃も桜はあったのでしょうね?

投稿: ヒマ子 | 2014年4月18日 (金) 15時26分

どんちゃん
いい所でしょう。
今年、天候に恵まれ、よく花見に出かけました。
20日で見納めかも・・

投稿: 姫 | 2014年4月18日 (金) 23時12分

ヒマ子さん
私も常に車です。
この日も、車です。
乗ったら、写真撮れませんし・・
桜も季節が違えば、気がつきませんね

投稿: 姫 | 2014年4月18日 (金) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花便り in 犬山・薬勝寺池・主菓子 | トップページ | 花便り in 小丸山公園 »