« 高岡山町筋 天神様展 '14 | トップページ | 冬の植物園-1 »

高岡山町筋 菅野家と天神様展

1月25日(土)、山町筋の天神様展に行ってきた
難しく言えば、山町筋重要伝統的建造物群保存地区(土蔵造りの町並み)、その中でもひときわ立派な商家・菅野家がある。
平成6年、重要文化財の指定を受けている。

【菅野家の歴史】 
明治初期、5代目伝右衛門が北海道との通商などで家業を広げ財を成した 明治22年には、高岡銀行を設立、同36年には高岡電灯を創立する一方で、財界にも進出して、木津家や荒井家と並んで高岡政財界の中心として活躍した

Img_8070w1000_2
.
 屋根・・鯱や雪割をつけ、雷紋を施した箱棟
 2階・・観音開きの土塀を備えた窓
写真を大きくして(写真をクリックすると大きくなります)見てくだされば、屋根の様子がよく分かります
.
Img_8067w1000
.
 釉薬をかけた煉瓦の防火扉と石柱
.
Img_8068w1000
.
 塀のすかし模様は、お香の記号
中に入ると、暖簾があり、『源氏香 香之図』 とありました
.
Img_8055w1000
Img_8054w1000
.
家全体を写した写真を見てください。 紫色のポスターのようなもの、これに お香の記号があります。 山町筋のロゴとして使われています
.
Img_8057w1000
.
酒井抱一画 「天神様」とあります
人物像を読んで驚きました 大きくして読んでくださいネ
.
Img_8058w1000
.
物知らずの私も見た事あるぞ !!
新聞広告で・・・
.
Img_8093w1000
Img_8094w1000
.
下世話な話でした
.
Img_8062w1000
Img_8063w1000_2
.
Img_8061w1000
.
Img_8064w1000
.
Img_8056w1000
.
Img_8066w1000
.
本間のシャンデリア3個、隣の小さめの部屋は2個。 
いずれも同じデザイン
.
Img_8060w1000
.
仏壇が、立派。 1間(180cm)はあります。 扉を開けるともっと広がります。 災害のとき仏壇を出しやすいように、後ろは壁ではなく襖になっているそうです
.
Img_8059w1000
.
何気なく飾ってあった、棟方志功の版画と荻原井泉水の俳句と俳画
.
ここだけが、入館料が必要 150円
菅野家は、居住しておられるそうです

|

« 高岡山町筋 天神様展 '14 | トップページ | 冬の植物園-1 »

イベント」カテゴリの記事

富山・高岡」カテゴリの記事

コメント

姫さん
菅野家、重要文化財の指定もあるよう
ですが、高岡では一見に値しますよね。

投稿: imaichi | 2014年2月 1日 (土) 05時50分

姫さま
知らないこと多いこと。香の記号とは。
丁寧なアップありがとう。

投稿: 森のくまさん | 2014年2月 1日 (土) 07時16分

imaichiさん
近くにいても始めて入りました。
こんなことでもないとわざわざ行きません

投稿: 姫 | 2014年2月 1日 (土) 10時53分

森のくまさん
香道、その道、その道に入ると、いろいろあるのでしょうね。
私も始めてみましたよ。
どこでも、見て歩かなければ判らないことだらけです

投稿: 姫 | 2014年2月 1日 (土) 10時57分

姫さん
近くにいて天神様はみたことがないのです。すごいものがありますね。菅野家の息子さんは知っているのですが。山町街の催しがあると見にいくのですが。土蔵のまちは昔よく火災があったと聞いていもす。

投稿: 茶々姫 | 2014年2月 1日 (土) 11時14分

姫ちゃん
私も昨秋、同窓会の帰りに風子さんの案内で菅野家を見学しました。元気な、菅野家のお嬢さんの説明でした。塀の源氏香のことも聞きましたが、中に暖簾があったのですね。コレ、面白いですね。
酒井抱一の広告よく見ますね。以前A紙の新聞小説に登場していましたよ。主人公の師としてだったかな?

投稿: 清姫 | 2014年2月 1日 (土) 11時46分

姫さん、こんにちは。
酒井抱一、姫路城主の弟、ということだけでもすごいのに、尾形光琳などど並ぶ画家とはこれまたすばらしいですね。
確かに天神様、クラシックで趣があります。
さいごの、荻原井泉水、はじめて知りました。ひなびた感じで面白いですね。

投稿: みきこ | 2014年2月 1日 (土) 14時41分

姫様
一緒に居たのに、何時の間にこんな素晴らしい写真を沢山撮ったのですか?と言いたくなります。
あの暗い部屋の棟方志功の版画、荻原井泉水の俳画など見事に撮れていますね。
酒井抱一が素晴らしい画家である、と言う事はテレビの「なんでも鑑定団」でたまに出ますので見知っていました。
菅野家には凄いお宝がありましたね。
いっぱい見せてもらってありがとう。

投稿: なは | 2014年2月 1日 (土) 17時27分

姫さんの
 取材も分かりやすく「ブンジョ」並み否それ以上!
 酒井抱一の広告は複製品であの価格!本物なら目が飛び出るでしょう!
 揃いも揃った!さすが菅野家ですな!

投稿: どんちゃん | 2014年2月 1日 (土) 18時29分

姫様
高岡が誇る重要文化財ですね。
詳しい説明と画像で初めて知りました。
高岡には観光する場所がないと、つい言ってしまいがちですが、
貴重なものが沢山あることを、地元の人間が知らなくては
なりませんね。

投稿: ヒマ子 | 2014年2月 1日 (土) 19時56分

姫さん
菅野家は何回か行きましたが、当番の方によって得意分野があり、説明の力の入れどころが違うので面白いです。
人まねじゃなく、自分の言葉で興味あるところを説明しようと思うからでしょうね。
何回も行くのに棟方志功の版画と荻原井泉水の俳句と俳画全く気づいていませんでした。
姫さんの注意力に脱帽!

投稿: 風子 | 2014年2月 1日 (土) 20時45分

姫ちゃん
 高岡の山町筋は歴史が違いますね。
戦火にあわなかったので良い物が残っていますね。
 高岡の先人はすごいですね。
 武生は仕事で毎週いっていました。
紫式部の町です。
 前田利家もいました。
古い歴史の町です、古府の町内もあります。
「おろし蕎麦」絶妙の辛さ美味しい蕎麦があります。
 すばらしいレポートです、感心しました。

投稿: たくちゃん | 2014年2月 1日 (土) 21時12分

茶々姫さん
電車どおりではなくこの道を通勤路にしていました。
近くのものは、平生車を止めてまで、見学しませんから催しものは、人の足をとめます。
菅野家は、防火対策がばっちりとられていました

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 13時22分

清姫さん
こんなところは、人の勢いでいきますね。
暖簾、入ると目の前にありましたよ。
案内がなかったのでどこまで見ていいのやら・・
造りなどよく見てきませんでした

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 13時26分

みきこさん
説明がなければ、「いい絵だな」くらいで終わりです。
読んで驚きました。
ますます、すごいお金持ちだったのだなと思います。
低次元ですみません

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 13時30分

なはさん
目に留まったものを何でも撮っておきます。
といいても、肝心なところを忘れていたりするのですが・・・
なはさんと一緒にいたら、知識が広がります

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 13時34分

どんちゃん
 にお褒めに預かり・・・
ここにあるのは、本物なのでしょうね。

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 13時40分

ヒマ子さん
地元の人が知って、全国発信。
そのためにも、こんなイベントが必要ですね

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 17時17分

風子さん
外人さんのガイドでですね、
それだけ、説明するところがたくさんあるということなんでしょう
俳人の方は知りませんでしたが、なはさんの指摘です

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 17時21分

たくちゃん
先人の文化や功績、そのばで見ながら聞くと納得します。
残すべきはしっかり保存しないといけませんね

投稿: 姫 | 2014年2月 2日 (日) 17時33分

姫様
菅野家に「上村松園」の美人画もありましね。
この酒井抱一の絵を売る新聞記事は何時の頃の物でしょうか?珍しい物を見つけられましたね。
天神様がいろいろあって美しいので何度も見ています。

投稿: なは | 2014年2月 2日 (日) 17時45分

なはさん
そうそう、土人形の上に額として飾ってありましたね。
本物かな?
よく見る絵でした
新聞広告は、天神様を見に行った日かその前後だったと思う

投稿: 姫 | 2014年2月 3日 (月) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高岡山町筋 天神様展 '14 | トップページ | 冬の植物園-1 »