« 先輩とマリーマリーへ | トップページ | 和倉温泉 虹と海 »

土人形の絵付け ―ふくろう―

12月11日(水)、姫路に住んでいる先輩が、和倉温泉へ来たいとやってきた。 まずは、マリーマリーでランチ。
「どこでもいいから連れていって!」 というので、自分が楽しかった「土人形の絵付け」へ。 「ここは、何するところ?」 「土人形って・・?」 という先輩。
百聞は一見に如かず・・・ 自分で確かめて!

私は、前に干支の馬をしたので、今度はコレクションしている、ふくろうにしました。 私の選んでいるのを見て、彼女も、うくろうに。

Img_7229w1000
.
白くなっている、ふくろうを貰います。
自分で考えられない人のために、見本もあり、その中から、簡単そうで暖かい色を選びました
.
Img_7230w1000
.
先輩の真剣なまなざし! はじめにしては上手でしょう
それもそのはず、習字の達人です
寮に一緒に居たとき、(私が、18・9歳 番茶も出花のころです)、今思えば、万葉仮名でサラサラと書いていました
.
Img_7231w1000
.
出来上がり !!  目に注目 !! いい仕上がりではないので、ピンボケにしたわけではありませんが、後ピンになってしまいました
.
当然、見れば判るものと思っていましたが、
どんちゃんのコメントを読んで、書き足します
左が、見本。 右が、私の作品
ピンボケに撮れてよかった~
.
Img_7233w1000
.
見本のふくろうたち
.
Img_7232w1000
.
早く仕上がり、先輩がゆっくり描いている間、作っておられるのを見ていました。 下の球は,何だと思います? 鈴球ですって。 大小あって、大きいものに大きいものを小さいものに小さい球を・・・
.
Img_7235w1000
.
木の型がありまして、
.
Img_7237w1000
.
粘土を平たく伸ばし、
.
Img_7241w1000
.
型に押し付けるようにし、抜きます
半分ずつ作り、鈴玉を入れて合わせます
.
Img_7240w1000
.
最後に、紐を通す穴をあけ、完成
乾かしてから、下地に白のアクリル絵の具を全体に塗ります
.
Img_7242w1000
.
分担作業で行われ、絵付けをしている人もいました
.
Img_7243w1000
.

|

« 先輩とマリーマリーへ | トップページ | 和倉温泉 虹と海 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
 の隠し玉ですね!土人形の絵付けに喜ばれたでしょうね!姫さんの作品はいつ紹介してあたりますか?
 鈴玉の製作工程もちゃっかり取材!撮影禁止って書いてなかった?

投稿: どんちゃん | 2013年12月17日 (火) 23時58分

どんちゃん
そんなに上手だった? 見本がどれか判らないほど・・・
メガネをはずして、よくみてください。
色数も少ないので、私のほうがとても早く終わってしまって・・・
暇なので、工房の人と話をしながら写していました。
女性ばかり、私たちが持っているバックも話題になりました

投稿: 姫 | 2013年12月18日 (水) 02時04分

姫さん
いろんなトコがあるんですね(^^)
体験もできて、楽しそうな(^^)

投稿: imaichi | 2013年12月18日 (水) 05時42分

姫様
フクロウ、可愛いいですね。
ちょっと失敗しても、白の絵の具で消せば、また描き直せるんですよね。
型造りや鈴玉の工程も見てると楽しそう!(o^-^o)

投稿: ヒマ子 | 2013年12月18日 (水) 16時30分

姫様
日頃の研鑚が役に立ちますね。何処へ案内しょうか?そう、土人形だ!とね。
体験ってただ見るより楽しいし忘れないし作品が残ります。
貴女のふくろう、ご立派です。見本のふくろうの目は不思議?潤んでいるのかしら?
先輩のは、青いふくろうなのですか?幸せの「青い鳥」ですね。
鈴球、土鈴はこうして出来上がるのですね。いい音がします。
貴女のバックはさぞ好評だったでしょうね。

投稿: なは | 2013年12月18日 (水) 16時39分

姫さま
おしゃべりもいいけど「ふくろう」のおみやげ付き。作ってみたくなりました。

投稿: 森のくまさん | 2013年12月18日 (水) 17時15分

姫ちゃん
 ふくろうの絵つけ楽しそうですね、よくできています。
 雰囲気が姫ちゃんに似ています。
土人形の作りかた、面白いですね、土鈴はいろんな大きさにつくってあるのですね。
 物作りの観光思いでになり、作品が残るからいいですね。
 自分の作品を大切にします。

投稿: たくちゃん | 2013年12月18日 (水) 20時22分

imaichiさん
メロウのイベントにでもいいですよ。
きっと、みんな喜ぶと思うよ

投稿: 姫 | 2013年12月18日 (水) 20時53分

ヒマ子さん
 も、体験済みでしたね。
土台も作ってみたいですね。
乾かさなければならないので、今は体験はできないそうですが・・・

投稿: 姫 | 2013年12月18日 (水) 20時57分

姫さん
しばらく留守にしていましたので 久しぶりに開きました 玄関にまた幸せを呼ぶものが増えましたね。また会いにいきます。

投稿: 茶々姫 | 2013年12月18日 (水) 21時22分

姫さんには少しも無駄な時間はありませんね。
待ち時間にも何か面白い物を見つけられますね。
絵付けは楽しいですね。
数年前お雛様の時期に高岡大和横で出張お雛様の絵付け体験がありました。

投稿: 風子 | 2013年12月19日 (木) 00時53分

なはさん
2回目は、要領がわかるので迷わずできます。
あなたのいう潤んでいる目は、私のでした。
偶然にできたものです。
好きな色が、まったく違うのです。
鈴玉で、鈴ではなかったのです。
ほー、でした
バックは、バラの花が付いたお揃いのものです
まだ、見せていませんか

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 01時52分

森のくまさん
いつも絵を描いているくまさんなら、上手に仕上がりますよ。
おすすめです。結構楽しいです

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 01時54分

たくちゃん
ただ見て歩くより、この方が思い出になると思いまして案内しました
天候が悪かったり、失敗したりは、よくないことの方がが思い出になったりますね
お正月に飾りますか

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 01時57分

茶々姫さん
東京楽しかったですか。
また聞かせてください。
写真撮ってきましたか

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 01時59分

風子さん
暇だったら、自然に目が行きました
はじめに、見たのが鈴玉。
何かわからなかったので、聞きました。
それをきっかけにおしゃべりになりました

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 02時02分

これも丁寧なアップで、楽しみました。前回はなんとなくワヤワヤだったようで…。
材料や、手順などじっくり見させてもらいました。ここは面白そう。いつかぜひ誘ってください。

投稿: 清姫 | 2013年12月19日 (木) 11時40分

姫様
見本と姫様の作品と間違えるくらいですから、姫様は「もう作家の域に達していますね」
バック、この間見せてもらった「皮の赤い薔薇」が付いているのですね、納得!

投稿: なは | 2013年12月19日 (木) 16時57分

清姫さん
あまりに、大勢で・・・
ほかにもたくさんおられてのです。
少ない人数で、つんま~っとやるのはいいですね
マリーマリーとセットでどうですか

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 23時02分

なはさん
書き違えたのです
そうです、あのバラのバックです

投稿: 姫 | 2013年12月19日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先輩とマリーマリーへ | トップページ | 和倉温泉 虹と海 »