« 映画・武士の献立の店 旬彩テーブル | トップページ | 映画「かぐや姫」 「永遠の0」 »

ちっちゃな話-102

ちっちゃな話 102
―≪サンタ袋≫≪篤志と魚をさばく to 娘の思い出≫≪こいしたい≫≪500円玉≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

サンタ袋
茶々姫さんの年賀状を作ってあげた。 仕上がったので自宅のポストに入れてきた。 明日、さっそく彼女が訪問。

オシャレな彼女に似合わない袋。 
「サンタ袋だよ! 赤い袋がいいと思って・・・」

Img_7533w1000

あけると、1個1個包んである。 「サンタ袋だかね」 楽しい包装。
笑ってしました

Img_7534w1000_2

包み紙を取ると・・・
長いも、かぶら、りんご、大根、じゃがいも、とろろ昆布、干し柿
夫もおかしいと笑っています
それに、お礼の商品券まで。

Img_7535w1000

後日、「足りなくなったので、また10枚刷って・・・」
持って行きました。 すると、彼女の調理済みの煮魚、天婦羅、かぶら寿司など、いただきました。
すごいお得 !! 「こんなに貰えるなら、来年からずっと頼んでね」といいました。

篤志と魚をさばく to 娘の思い出
久しぶりに篤志も来た。 連絡があったので、いつもなら さばいて貰ってくるのですが、今日はそのままで買ってきました
まず、うろこ取り やってみせて、篤志の番
 「青いところも白いところも取ってね」と魚をあっちへ返したりこっちへ返したり・・・ 包丁の角度をつけるのが難しいから。
猫が顔洗うようになでているだけ。 が、「よし、うまくいった!」 その間、えらが気になる。

Img_7540w1000

頭を落とすのを見せる。 「これお魚の血?」
焼き魚にするので、2枚下ろし。 横でしっかり見ている。
「お魚に骨あるんだよね」
2枚おろしにするとき、篤志と一緒に包丁を握ります
「あっ、骨がある!」 包丁を通して感覚で判ったようです
ここは、写真を撮れません
塩を付けています。
前に、しめ鯖を作ったのを覚えていたらしく、白くなるまで付けてくれました。 調理によって加減を教えても理解できないので、「おー、うまくいっている」

Img_7542w1000

その間、博史、じいちゃんの晩酌の相手をしています
裂きイカ、豆腐、大根の漬物まで・・・
こういったものは、篤志は食べません。

Img_7539w1000

娘は、「まるで私の子供のころの光景だ!」 といいます。
その頃は、子育ての真っ最中、晩酌は食事のとき。
つまみは、刺身や珍味といわれるもの。
夫は、娘を横に座らせて、それをご飯の上に載せて食べさせていました。 学校へ行くようになり、給食食べられません。
呼び出しを受けました。 5時間目が始まっても、まだ給食が机の上に置いてありました。.  まるで、拷問です。 私も担任から叱られました。
「お腹がすいたら食べられるかもしれない と朝食べていかないんですよ。 本人も努力していますし、これ以上、私にどうしろとおっしゃるのですか。 土曜日は給食がないからと喜んでいきます」
その後、拷問はなくなったようです。

こいしたい
TVのクイズ番組から
10代は、「こいしたい あいしたい」 ですが、30代になるとどうなるでしょう。 ○のなかに同じ文字を入れてください
「あ○○たい あ○○たい」
よく考えてください。 正解は、後ほど・・・
ヒント・・・ 30代で、早、こんなこというの

「こしいたい あしいたい」=「腰痛い 足痛い」

500円玉

Photo

日本の500円玉と500ウオン韓国硬貨の比較です。
ウオンは、日本の1/10の価値ですから、一時自販機で詐欺が横行したようです。 最近は形状・重さが同じでも電気伝導度の違いを見つけて跳ねるとのよし。 地方では滅多にないことのようですが、お気を付けあそばせ・・・・です。
トータスさん(ペットボトルを暖房機にくくりつけ暖かくしていた人)からのメールです

|

« 映画・武士の献立の店 旬彩テーブル | トップページ | 映画「かぐや姫」 「永遠の0」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
今朝も、ちっちゃな話、ありがとさん!!
歳末に、元気をもらいました(^^)

投稿: imaichi | 2013年12月29日 (日) 05時44分

姫さま
・あしいたい、こしいたい。
我が家の小学生はわたしのヒマを見つけては
足・腰をもませます。いかがかと思いますが
そのうち、何倍かで返してくれるでしょう。

投稿: 森のくまさん | 2013年12月29日 (日) 10時12分

imaichiさん
元気が何より!
このまま、いい年末をお過ごしください

投稿: 姫 | 2013年12月29日 (日) 14時37分

森のくまさん
小学生にして、あの気持ちよさをしってしまったのですね

投稿: 姫 | 2013年12月29日 (日) 14時39分

姫様
お魚を捌くあっ君の表情は真剣そのものですね。
危なっかしいことも、上手に体験させる姫様は、
凄いおばあちゃんだと思います。
博史君は、おじいちゃん大好きかな?。
・こしいたい、あしいたい、誰が考えたのでしょう、面白いですね。

投稿: ヒマ子 | 2013年12月29日 (日) 17時20分

姫さん
snow降りましたね~寒かったですね。
私は今年は仕事も週4日程度になり・・・息子も大学になると2限目からが多くすっかり朝寝坊になりました・・・
あっくん、fishお魚さばくこと覚えていくのね~私は切身しか買わないなぁ~いいことですよ。魚も覚えていきますよ。
給食・・・うちの上の息子もそうでした。嫌いなものはないのだけど時間がかかって。保護者会のたびに言われましたよ。

投稿: よっしー | 2013年12月29日 (日) 19時35分

姫さんクリスマスプレゼント貰ったんですね。
開けるときはワクワクしますね。

息子、急にお正月に帰れなくなったと連絡が入ったので大好物の蟹を送ったんですが
上手に捌けるかしらと気にしています。
魚よりずーっと簡単なのですが。
あっ君のように小さい時から教えるべきでしたね。
晩酌のおとも、ご主人も昔を懐かしんでおられるかもしれませんね。

投稿: 風子 | 2013年12月29日 (日) 21時09分

姫様
貴女が言われると何でも可笑しい!笑いました。茶々姫様も茶目っ気たっぷりですね。一つずつ包むなんて・・・!楽しいプレゼントでしたね。
あっ君に魚を捌かせるなんて、やはり姫ちゃんは一桁、人間が違う!教えるの上手い!やるあっ君も偉い!嫌だ、と言わないのが偉い!真面目にやってるあっ君可愛いです。
博史君も可愛い!お祖父ちゃんは相手がいてさぞ嬉しいでしょうね。何でも食べて偉いね!
給食、食べ物を強いるのは拷問です。でも、昔小学校では有ったよう、先生には逆らえなくて可哀相です。
韓国の500ウオン、そっくりですね。言われるまで気が付かなかったです。何でもこうしてアップして教えてね。
楽しかった!

投稿: なは | 2013年12月29日 (日) 22時01分

茶々姫さんらしい心のこもった贈りものでしたね。年賀状が楽しみです。私も今年は手こずりました。予想もつかない出来事が…。ブログに書くから読んでね。
SAちゃんの給食の話、よく聞きましたね。これが原因だった?酒の肴が好きで給食が口に合わない?
あっ君、もう、私より上手ですね。脱帽です、教えるあなたにも。

投稿: 清姫 | 2013年12月30日 (月) 00時49分

ヒマ子さん
真剣な顔だけはしていますね。
できていませんが本人は楽しそうでした。
スーパーに並んでるのは、こういう鵜風に解体されている、と分かればよし!です。
博史は、いつもじいちゃんと一緒です。
「こしいたい、あしいたい」は、2文字を反対にしただけで、ぜんぜん違う言葉になるのが面白いと思いました

投稿: 姫 | 2013年12月30日 (月) 01時46分

よっしーちゃん
やはり、降ったら寒さが違いますね。
大雪にならねばいいですが・・
とりあえず、お正月は大丈夫なようですね。
体が楽になって、よかったですね。
おせちは作りますか。
私も、平生は、裁いてもらってきますよ。
内臓の始末しなくていいですから・・・
給食は、それぞれ思い出がありますね

投稿: 姫 | 2013年12月30日 (月) 01時54分

風子さん
初めてのクリスマスプレゼントです。
どんなものでも、嬉しいです。
好きなものは、見ているから、見よう見まねができます。
多分、あの手のものは、向こうのおばあちゃんは出さないと思うのです。
すごく健康志向ですから・・・

投稿: 姫 | 2013年12月30日 (月) 02時01分

なはさん
見ているだけ、下手でも、子供のころの記憶が大人になって役立つことが多々あります。
これを、願っているのですが・・
横で、あれくれ、これくれ、と言っているのですが、2人とも楽しそうです
ウオン、気をつけていても、使ってしまいそうです。
これを、おつりに貰っても判らないでしょうね

投稿: 姫 | 2013年12月30日 (月) 02時08分

清姫さん
器械だから、自分の力でどうしようもないというのがありますね。
どんなことがおきたのでしょう、読むのが楽しみ!
給食、悩みましたよ。
篤志にも思い出作り。
私が障子張りがわかったように・・・

投稿: 姫 | 2013年12月30日 (月) 02時14分

姫様
あっ君が魚を捌くのを教えてもらってやっているのよ、とまごなはに話したら、「えっ、天才!」と驚いています。
まごなははあっ君や横浜のお嬢ちゃん達ほどは全然出来ませんが、「お酢わい」を作ったり煮物を作ったりして「おばあちゃんのを見ていてから」と言います。
貴女の教育はとても大事なことです、と思います。
昨日は書き忘れましたが「こいしたいーこしいたい」は可笑しいです、いや、名言です。貴女の発想で「おもしろ辞典」が出来そうです。

投稿: なは | 2013年12月30日 (月) 17時44分

なはさん
何にもなっていませんが、多分自分がした気分になっているでしょう。
ここが肝心!
クイズ、難しすぎるのも判りませんが。これくらいが丁度いい!

投稿: 姫 | 2013年12月30日 (月) 23時42分

姫さん
 1)年賀状手伝って珍品いただけるなんて、誰でも引き受けますよ。だけど一品一品包装されるなんてんて憎い演出!それだけ心が篭もっていますね
2)あっ君大学の一芸入試に受かりますよ。魚のさばきができれば合格と本当にありましたよ
3)どこかの保育園や幼稚園でも食べるまで残されています。他の子ども達が次の遊びに夢中になっているのを横目でみながら。このエピソード話題提供に使わせていただきあmす!
4)ひろちゃんも晩酌の味堪能の顔ですな。給食の時間にどうなられますかな?
5)60代、70代は過去形になりますね

投稿: どんちゃん | 2014年1月 1日 (水) 20時35分

どんちゃん
1)ものより、アイデァですね
2)そりゃ、篤志のために一生懸命教えなければいけませんね。
3)嫌いなものは、どれだけ残されても・・
  いやな思い出だけが残ります
4)父親は、底なしほど飲みます。
  血筋でしょうね

投稿: 姫 | 2014年1月 1日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画・武士の献立の店 旬彩テーブル | トップページ | 映画「かぐや姫」 「永遠の0」 »