« 冬至の日に | トップページ | 美女の会 '13 »

ちっちゃな話-101

ちっちゃな話 101
―≪押入れの改造≫≪炭のはいったお菓子≫≪老人ホームのX'マス飾り≫≪≫≪≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

押入れの改造
いま自分の部屋としてすんでいるのは、元母の部屋だった。
入退院、リハビリの施設入居など繰り返し、今では介護度4になった。
こうなれば、帰ってくる見込みはないと思い、今年、自分の部屋にした。 生涯のうちで、自分の部屋がもてたのは初体験
テレビを見るのもイライラしないで済む。
自分としては、とても嬉しい!

が、長い間、空き部屋になっていた。 当然のように当分使わない物を取りあえずいれたつもりが、ずっとそのまま。 完全に物置化している。 もちろん、母の荷物もそのままになっている。
そこへ、当座に必要なものだけ持って入り、自分の部屋とした。 
荷物はそのままに・・・
自分の座るところさえあれば、周りは気にならない

しかし、いつまでもそのままというわけにもいかないので、押入れだけ片付けて、整理しやすいように改装をした

Img_7345w1000_2

昔ながらの2段仕切り。
それに、可動式の棚をつけた
夫曰く 「これで、片付くかのう~。お前の性格では、同じことだと思うよ!」 おっしゃる通り !!  出来上がって5日。 未だに活用していない。 どこに何を入れるか思案中。
すべて片付くのはいつになるのか。
自分の部屋だ! 何をしていようが、文句を言わせない!
これが、自由の真骨頂(大いに?)!! 

Img_7347w1000_2Img_7348w1000_2

炭のはいったお菓子
どんちゃんのブログに、「菊屋」 という饅頭の話があった

Img_1015461_32981717_131_2

黒いのは、「炭」 が入っているからだそうだ。
コメントに、「炭の味がしますか」 と書いた。
すると、どんちゃんがわざわざ1個だけ、「食べてみて」 と届けてくれた。 自分の部屋に置き、写真を撮ってから食べようと思っていた。

Img_1015461_32981717_141_2

私の部屋のテレビは、BSが入らない。
楽しみにしている韓国ドラマ「馬医」が、日曜日9:00からBSで入る
その時間だけ、テレビを交代する。 すなわち、夫が私の部屋で見ることになる。 終わって、帰ると饅頭がない!
「もしかして、ここにあった饅頭たべた?」 「いただきましたよ」 「あちゃ~、写真も撮ってないのに・・・」
隠しておいたつもりが、油断もすきもない。
だから、未だに、「炭」 はどうなったか不明!

ちなみに夫は、ねずみ年です
だから、写真はどんちゃんのブログからです

老人ホームのX'マス飾り
母が入所しているのは、守護町にある「あえの風」
いつとは決めていないが、ときどき訪問する
オムツはこちらで用意するという契約なのです。
何もかも、世話をしてもらうと自分に言い訳をしていかなくなるのではないか、そういう自分が怖いと思っての契約です

Img_7332w1000

このホームにも、季節に合わせて掲示されます。
多分、職員の方がほとんどやっておられるのではないかと思いますが、入居している人たちも参加しているようです
今月は、当然X’マス飾りでした

|

« 冬至の日に | トップページ | 美女の会 '13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
今朝も、ちっちゃな話で、元気を
もらった気分、ありがとさん!!

投稿: imaichi | 2013年12月24日 (火) 05時40分

姫さま
自分の部屋、自分の城。機能的に見えますね。
隣のホームもいつも可愛く飾られています。
出来る人は参加して作品になるようです。
ねずみには気をつけてね。我が家はねずみの夫婦。

投稿: 森のくまさん | 2013年12月24日 (火) 09時06分

imaichiさん
元気が何より!

投稿: 姫 | 2013年12月24日 (火) 17時07分

我が城、万歳ですね。これだけ細かく仕切ると悩むだろうな~。大ざっぱな収納が便利ですよ。ま、重ならないから取り出しは便利でしょうが。
饅頭、写真も味見もできなかったなんて可哀想…。

投稿: 清姫 | 2013年12月24日 (火) 17時08分

森のくまさん
くまさんなら、広いところ独り占め。
狭い家は、周りに必ず誰かがいる。
前まで、自分のいる所、と思っていても、通り道になって・・・
出入り口が3箇所。 広い割りに置き場がなかった。
どこのホームもこんなものですかね
「おないどし」なんですね

投稿: 姫 | 2013年12月24日 (火) 17時15分

姫様
とうとう「101」になりましたね!どの話もちっちゃくはなく、面白いです。
片付け下手の競争なら私は負けません。こんな所で自慢してもダメですかしら?
貴女の押入れ、今後どうなるか?お楽しみです。多分上手く利用される、なぜなら「あれだけの玄関飾りが出来る人ですから」日頃から整理していないと、あれだけの品物は出てこないでしょう。
旦那様は「炭のお菓子」は自分のために有る、と思われたでしょうね。こっそり隠す方法を姫さんはご存じない!お味は如何でしたか?とインタビューをしてください。
姫ちゃんはやっぱり偉い!「オムツを持って行く」は相当面倒でしょう!あえて、面倒な事を自分に課す、エライ!です。
「家は仏教で」と言う人が居無くてよかったです。年を取ると頑固な人が居ますよね!えっ!自分のこと?

投稿: なは | 2013年12月24日 (火) 17時40分

姫様
待望の自分の部屋、あれこれ迷いながら整理するのも
楽しいものですが、寒い季節はイヤですね。
家じゅうに、私のものが満杯状態の押し入れです、我が家は・・。

投稿: ヒマ子 | 2013年12月24日 (火) 17時46分

姫さん
xmas今年はケーキを用意いて先ほど食べました。姫さんも楽しい集まりや孫守りでクリスマス楽しまれましたね。
年末のお掃除もボチボチされてますね・・・あ~私はいつものお掃除で終わりそう。台所だけは終わりましたが。
旦那さん、楽しい方ですね。

投稿: よっしー | 2013年12月24日 (火) 20時19分

姫さん
 の押し入れが玄関飾りのようになるのではと期待しております。
 墨饅頭、鼠が悪いんじゃなくて、家族分しかない小箱とは言え、二人分を持参すべき拙者が悪うござんした。次回は鼠に食べられても姫さんの分が残るようにしやんす。
 完全看護とは言え、患者さんや入所者は家族の来訪がどんなに待ち望んでおられるか、施設や病院のスタッフは心得ています。その点姫さんは愛あふれる家族だと好評でしょう 

投稿: どんちゃん | 2013年12月24日 (火) 21時29分

姫さん
玄関飾りは工夫してあり見るのが楽しく見とれていました。あるものをうまく使うアイデアには感心。おみやげいろいろありがとう。

投稿: 茶々姫 | 2013年12月24日 (火) 22時05分

清姫さん
重ねなで置けるので便利だと思ったのですが・・・
棚の移動が、結構大変!
真っ黒な饅頭でしょう。気になります

投稿: 姫 | 2013年12月24日 (火) 23時40分

なはさん
未だに片付いていません。
棚があまりにもぴたっとなっているので、移動するのも大変力が要ります
荷物を入れながら高さを決めなければ・・・
聞いても、もにゃもにゃではっきりしないので書きようがないのです
守護町は、出たついでに寄ってくるには、端から端までという感覚。
出直しても変わりないような遠さなのです。
六家は、遠くてもついでに寄られたのですが・・・

投稿: 姫 | 2013年12月24日 (火) 23時50分

ヒマ子さん
どうしても、荷物があふれますね。
ヒマ子さんのように趣味が多いと特になります。
私の場合、散らかしているだけ。
整理したり捨てるのが苦手です

投稿: 姫 | 2013年12月24日 (火) 23時53分

姫さん
自分のお城ができてうらやましいですよ。
私のお城はダイニングテーブル。
なんとなくここに座ってしまいます。
今日はクリスマスイブですね。
うっかりしていましたが、郵便受けを見ると、クリスマスカードが!嬉しい!

投稿: 風子 | 2013年12月24日 (火) 23時53分

よっしーちゃん
我が家は何もなしです。
ケーキも買いませんだし・・・
特に大掃除はしないことにしています。
掃除も気の向くまま・・・

投稿: 姫 | 2013年12月24日 (火) 23時57分

どんちゃん
どういたしまして!
家族分しかないなかから、1個だけでもいただいたのを感謝しています。
今度は、取られてもいいように・・との心遣いありがとう。
なんか、このごろ、行くごとに寝ています。
ばたばたと音が立っているのに気がつかないほどです

投稿: 姫 | 2013年12月25日 (水) 00時02分

茶々姫さん
こちらこそありがとう。
あの、赤い袋、夫も楽しんでいました。
玄関飾り、よくぞ見てくださいました

投稿: 姫 | 2013年12月25日 (水) 00時05分

風子さん
遅くなってすみません
落ち着く場所があれば、いいのですが・・
一緒にいると常にTVが入っていて、そのうちチャンネルをかちゃかちゃか、いつもいらいらしていました
クリスマスカードですか。
書いたこともないし、貰ったこともないです

投稿: 姫 | 2013年12月25日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至の日に | トップページ | 美女の会 '13 »