« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ちっちゃな話-97

ちっちゃな話 97
―≪11月からトンボ玉≫≪柚子・味噌・菓子≫≪金ちゃんなべやきうどん≫≪11/30朝日Be版 数独≫≪≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

11月からトンボ玉
トンボ玉を作るには、ガラスをバーナーで溶かしながら形成します
夏は、暑いのでお休みをしています。 あまり熱心ではないということですが・・・
涼しくなったら、すぐにでも行けばいいものを、予約を取るのが伸び伸びになって、やっと行きだしました。
私は、1回1回の予約ですが、教室として通っている人がほとんどです。 その中の一人、お菓子作りが趣味というか、とても上手な人がおられるのです。 今までも何度かいただきましたが、今日は、「キャラメルシフォン」です。
紅茶と一緒にいただきました。

Img_6973w1000

今年の、一作目です。 小さいビーズもつくり、繋げてネックレスを作ります

Img_6986w1000

柚子・味噌・菓子
トンボ玉の先生が、自宅に柚子がたくさん生ったから・・・
と持ってきてくださいました。
皆さんに好きなだけ取ってもらい、残ったのを貰ってきました
小さい柚子です。 「姫柚子」というのですって・・・

Img_6966w1000

で、柚子味噌を作りました。 先生にも製品にしてもって行きました

Img_6967w1000

お茶の主菓子「柚子」です さわだや さん製菓です

Img_6499w768

金ちゃんなべやきうどん
アルミホイルで、直接火に掛けられるものです。
このタイプは、だいぶ前から出回っているのを知っていたのですが、ガス対応のものばかりと思っていました。
ですが、気が付きました。 IH対応のものもあるのです。
よく見ると、上のほうに、「ガス&IH 調理器具対応」とあります
どんなものか、買ってみました

Img_6982w1000

アルミホイル容器の段があるところまでお湯または水を入れます。
水だけを温めていると、軽いので、中央に置いたのですが、振動でずれてしまいました

Img_6984w1000

沸騰したら、うどんを入れ、2分間そのまま。
時間がきたら、うどんをほぐして、さらに1分にます。
その間に、揚げと出汁を入れます
ゆで卵は、自分のおまけです
簡単にできて便利でした。 が、味は・・・?

Img_6985w1000

11/30朝日Be版 数独
今日は、★ 5 です
よかったらお楽しみください

Img_6989w1000

答 5+9=14 でした

Img_6990w1000

| | コメント (20)

ちっちゃな話-96

ちっちゃな話 96
―≪11/28 初雪≫≪伸謡会≫≪ソーラーパネル≫≪≫≪≫≪≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

11/28 初雪・・?
今日は、寒かったですね。
とうとう、冬将軍です。 2回目の雪ですが、初雪の日は出かけていて、会えませんでした。 だから、私にとっては、初雪ということで・・・
Img_6981w1000
.
伸謡会
少し、古い話になります。 11月17日(日)、謡の発表会がありました。 主宰は、車 信代先生。 私が習っている、瀬賀 尚義先生の妹さんにあたるので、出させてもらっています。
Img_6503w768
.
楽屋には、心配りをされた抹茶やお菓子
Img_6502w768
.
生け花までされています
Img_6501w768
.
信代先生は、謡や仕舞はもちろん、大鼓を打たれます
舞台は居囃子で、左から、車信代・住駒俊介・瀬賀尚義の各先生方
Img_6504w768
.
大鼓は、「カーン」という乾いた高い音がでます。
そのために、湿気を嫌います。 ですから、楽屋では皮を乾かすために、夏でも炭火を焚き、乾かします。直前に、このように組むのです
その点、鼓はむしろ湿気を必要としますので、乾かさないのです
Img_6506w768
.
わたしは、「葵上」のワキと蓮調連管の笛に、出演しました
.
直会には、60人くらい出席。 そのときの「折」です
漬物は、米ちゃんが自分で作ってきてくださいます
Img_6507w768
.
直会には、万歳がつき物。
万歳の仕方について、米ちゃんの甥子さんから習っているところ。
揚げるときは、中を向けて・・・
前や外に向けない。
福が外に出て行く。
そうなのか・・・。 目からうろこでした。
Img_6508w768
.
ソーラーパネル
最近屋根に、ソーラーパネルをつけている家をよく見かけます。
パネルの大きさは、一定かどうかわかりませんが、この家は、6×4=24枚ついています。 聞くところによると、家の電気をまかなって、まだ余るので売っているとのこと。
北陸は雪が多いので、年間を通じれば、どうなのでしょう。
工事費も高そうなので、本当に採算があうのでしょうか。
もっと、詳しく聞きたい
Img_6491w768

| | コメント (14)

工 春雄 小説作品

工 春雄(通称たくちゃん)は、北日本新聞カルチャースクール・やさしい文章教室に通っている。 その文集「くるみ」に掲載された文です
彼は、、今回から、「今 畜生」と言う名前で投稿

   我みられんが為に非 生きんが為にあるなり 
                                 今 畜生

書庫の薄明かりが届く先に、桐箱があった。箱を開けて軸の紐を解いて驚いた。そこには「玉葱と百合根」の絵が描かれてあった。不明になっていたため、探していた白樺派の作家、武者小路実篤の作品だった
.
武蔵野の面影が残っている雑木林の中に武者小路実篤の自宅があった。書斎で下敷きに半紙を置き、「我みられんが為に非 生きんが為にあるなり」 と書き、玉葱と百合の球根も描いてもらった。
.
Dscf0625
.
わたしは、武者小路実篤の文学における足跡を知らなかった。
初めて訪問したのは高校生のときだった。
白樺派の画家が武者小路実篤に用事があり、両親と私が付いて行った。
東京、京浜線仙川駅は駅前がまばらで、小路を抜けると青々とした麦畑がつづいて、空には雲雀が天たかくさえずっていた。 10分程歩くと坂道になっていて、降りたところに小川があり、流れの先は雑木林になっていた。
ベランダが池に面しているヨーロッパ風のコンクリート造りの家だった。
玄関は2間ほどで廊下があり、書斎と和室になっていた。
先生は快く会ってくださった。鯉に餌をやりながら池の周りを一緒に楽しく散策した。
.
父は、絵画を収集していた。 桐の箱に入れて大切に保管していたが、箱に作家の署名と印がないと、作品の価値が落ちるので、箱書きが必要だった。
東京に進学した私に、父は箱書きの用事を託したので、先生の家へ訪問の機会が多くなった。
先生に、人生について、生きることについて話を聞くことができた。
.
Dscf0628
Dscf0629
.
3
社会にでたら生きる為の試練が待っていた。学生時代をのんびりすごした結果が、過酷なサバイバルだった。
就職できたのは、業界4ランクの自動車メーカーの販売会社だった。研修が終わると営業の配置になった次の日から販売ノルマが日々の生活を束縛していた。
経済力のあり売れる地区はベテランか実績のある社員、新入社員と販売業績の悪い社員は条件の悪いところで販売活動をさせられた。
ブランド名が高い車は、よいお客を確保していた。
車を売ることが大変だったが、友人、知人に買ってもらい、縁者への販売が尽きた。
大きな川は淀んで流れている向こう岸は下町だった。この地区はマチ工場が多く現場の作業員か職人がほとんどだった。 工場主と息子に売り込むしかなかった 買う条件は現金でお願いしていた。
車は少しずつ売れるようになっていた。私は、車が売れるようになったので、遊びや無理な交際をして、かなり金遣いが荒れていた。 それはバブルと呼ばれた時代で、長くは続かなかった。 そのころに結婚して、3歳の男の子と1歳の女の子がいた
車の売れ行きが悪くなったが、生活と遊び、交際は三重を張っていたので少なくすることができなかった。 それ以上に厳しくて、つらいのは車を買ってくれた人からの代金を回収することだった。
..
Dscf0638
.
ローン販売もないころだった。 銀行、信用金庫が頼りだった。 お客の車を買う人は金融機関があいてにしないような人になっていた。 割賦販売が条件のお客だった。 はじめのころは現金で払ってくれるが、支払いの回数がすすむとお金が入らなくなった。  この金を補うのに気がついたら、町金、消費者金融から金を借りていた。
この苦しい状況に、成績の悪い同僚が自殺した。 通夜と葬儀にでると、押さない女の子を抱いた奥さんとめがあった。 そのとき自分も電車に飛び込むのではないかと考えていた。次に妻と子供のことが目に浮かんでいた。
これではいけないと思った、見栄を捨てよう、両親と友人に相談して、地獄から抜け出ようと決心していた。
もうすでに、町金から脅かし、消費者金融から催促が激しくなっていた。
この苦しみが同僚を自殺に追い込んだのだと実感した。
両親と友人の援助で借金の目途がたった。
父からは農業を手伝いながら、つぎの職を探すようにとの条件があり、受け入れて、退社し、実家に帰ることにした。
妻は都会に未練があるようだったが、現状を包み隠さず話をしたので判ってくれた。
.Img_6225aw750
.
田舎の森も田畑、雑草までも春風になびいていた。全てがいきていると感じて胸が熱くなった。
子供のころ手伝っていた農業をやり直す気がわいてきた。
「生きることからはじめよう」 この先は、そのとき考えよう

| | コメント (16)

ちっちゃな話-95

ちっちゃな話 95
―≪ペットボトルを暖める方法≫≪あなたはどっち・・?≫≪母の愛は海より深し≫≪≫≪≫≪≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

ペットボトルを暖める方法
毎月、第3水曜日はメロウ(シニアネット)の日です。
10:00~15:00 まなび交流館(昔、二上青少年の家) 3Fで活動をしています。 そのリーダーが、imaichiさんです。
富山からも来ておられます
昼食600円で申し込めば、まなび交流館で用意してくれます。 揚げ物やハンバーグは既製品で、美味しいというわけではありませんが便利です。 昼食を食べた後、3Fロビーで一休みです。
お茶やお菓子を用意してきてくれるのが、富山から来ているトータスさん。

Img_6509w768

暖房の吹き出し口を見ると、お茶がくくられています。
トータスさんの仕業です。
「これは何・・?」 「冷たいから暖めている・・!!
「ははは・・・、これは、ブログにおいしい !!
「紐はどこにあったの・・?」 「この部屋、縛ってあった紐を解いて使った」 かくて私たちは、暖かいお茶とお菓子をデザートにすることができました。
こんな、面白い事をする人が居るメロウクラブ、シニアなら誰でも入る事ができます。 コースで教える教室ではありませんので、自分のやりたい事を教えてもらえる所です
全員、オールマイティではありませんが、得意分野はそれぞれです。
興味のある方は、試しに来てみてください
12月には、1泊の忘年会もあります

あなたはどっち・・?

Img_5975w750

これも、宇奈月・欅平のお土産にあったものです
あなたは、どちら派・・・?
  じっくり考える !!   ノー天気で行く・・・ !!
私は・・・? 皆さん一斉に答えます。 「ノー天気 !!!!

Img_5974w750

母の愛は海より深し
93歳の母のぬりり絵です。
寝たきりではありませんが、車椅子生活です
ベースメーカーもつけているのですが、起立性貧血症のため、立つと息苦しくなるのです。 だから、立つ事はもちろん、歩く事も困難です。 
介護度4 の認定を受けています。
今、「ケアホーム あいの風」 という施設にいます
そこで、リハビリの一環として、ぬり絵があるのです
「子供みたいにこんなものさせて・・!」 と不満げです。
「今、大人もぬり絵をする時代だよ。立派な本も売っているし、私もやっているよ」 「・・・・?」 「髪の毛、いろいろな色を使ってきれいにしたの?」 「そう!」
本を買ってもって行かなければならない。

Img_2651w760

その母が、先日、下痢と嘔吐で入院した。 ホームの先生(看護士)は、「水分も不足していると思うので、点滴すればいいのではないでしょうか」 の連絡だった。 こんなときは、ホームから送ってもらえるので、伏木病院で落ち合うことに・・・
土曜日だったので、当番の先生が見てくださり、ホームの先生と同じ判断。 でも 「念のために、様子を見るために一晩入院すればどうですか。 明日、日曜日ですが鈴木先生(主治医でホームまで往診にきてくださっています)当番で出られますので・・・」 空き部屋がないと個室になった。 一晩だけならとOK。
ところが、鈴木先生は、「軽い肺炎を起こしている」 と、本格的に入院になりました。 点滴をしたら、本人はいたって元気。 入院の必要があろうか、と思われます。
私が病院からの帰り際、「看護婦さん、忙しいから、迷惑をかけないで帰りなさい」。 いつまでも、母は、母です。 
もうすぐ、後期高齢者になる娘は、いつまでたっても母の信用はありません。 いままで、認めてもらった事がないように思います。
足掛け、16日間入院して、前よりいっそう顔色もよく、元気になって退院してきました

| | コメント (20)

紅葉狩り 高岡古城公園

11月25日(月)、高岡古城公園の紅葉狩りに行ってきました
長雨で、やっと晴れた連休の23・24日(土・日)は遠出をしていたのです。 で、25日は降りそうな曇り空。 ちょっとした用事がいくつかあり、回った後、思い立って、公園へ回りました。
車を体育館前に止めて・・・
紅葉は盛りなのに、こんな日なので、駐車場はガラガラ
梅園の周りと、中ノ島だけ、ちょこちょこと・・・

写真だけお楽しみください
なお、写真をクリックすると、画面いっぱいに広がり、迫力ある映像になります。 よかったら、大きくして見てください また、縦の映像にしますとクリックしてもそれ以上大きくならない設定になっていますので、あえて、横にして入れています あしからず !!
.
【体育館近く 動物園までの道で・・・】
.
Img_6899w1000
.
Img_6907w1000
.
Img_6908w1000
.
Img_6910w1000
.
【中ノ島を見下ろすようにして・・・】
.
Img_6914w1000
.
Img_6918w1000
.
Img_6919w1000
.
【中ノ島へ降りる階段に立ち止まって・・・】
.
Img_6922w1000
.
【中の島にて・・・】
.
Img_6930w1000
.
Img_6931w1000
.
Img_6938w1000
.
Img_6943w1000
.
Img_6948w1000
.
Img_6949w1000
.
Img_6950w1000
.
【梅林後ろの土手より・・・】
.
Img_6951w1000
.
.Img_6957w1000
.
Img_6955w1000
.
Img_6960w1000
.
Img_6965w1000
.
射水神社の裏のほうへも行きたかったのですが、雨がポツリと来てしまいましたので、早々に退散しました

| | コメント (24)

ちっちゃな話-94

ちっちゃな話 94
―≪寿司一≫≪銀杏飯≫≪カラフル大根≫≪≫≪≫≪≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

寿司一

Img_6492w768

16日(土)、大門で待ち合わせで、午前中柿取りに行って、帰り、「昼食を一緒に」と約束をしていた。
大門在中のなはさんのチョイスで、「寿司一」へ。
回らない寿司は久しぶりです。
ランチタイムの看板を見てください。 900円です

Img_6496w768

盛り合わせ、にぎりとも同じです。
盛り合わせには、かっぱ巻きが入っています。
私の注文したのは、にぎりです 8貫に味噌汁・サラダつき
しゃりがいい硬さ・いい味加減で、美味しかったです

Img_6494w768

こんなマッチがありました。 寿司専門用語一覧 です
「なみだ」 「づけ」 「たま」 「ぎょく」 「きず」 「いた」 「やま」 「だんご」 「さがや」 「じんがさ」 など知らなかった言葉が並んでいます

Img_6498w768

食べ切れなかった人のための包装紙
こんな包装紙もしばらくぶりで見ました

銀杏飯

Img_6387w750

銀杏の出回る時期になりました
大粒の銀杏がありましたので、買ってきました
うるち米2合 もち米1合 塩と昆布を入れて焚きました

カラフル大根
八ケ岳で売っていた大根です。
赤い大根は、「赤とんぼ」 紫の大根は、「あかね」と名づけてありました
実は、写真を撮っておいたはずなのですが、どこへ行ったやら・・・
撮りなおした時は、すでに口の中。
「赤とんぼ」は、「あかね」より、すらり としていたのです。
この丸みを帯びたものは、昨日、新谷さんからいただいたものです。 わざわざ遠くから買ってこなくても、こちらにもあったのです

Img_6510w768

大根の保存に、シンクのゴミ袋を使用しています
穴が開いているので、中で汗をかかなくてすっきり保てます

Img_6511w768

口に入ってしまった大根「赤とんぼ」
大根おろしにし、しらす干しと混ぜ、酢の物風
きゅうりは、夏に冷凍保存したもの
しゃきっとした食感はないですが、味をつければ色合いよく盛り付けができます

Img_6388w750

| | コメント (20)

秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間-5 入笠山

「秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間」
この長っらしい名前のツアーに参加した。
時は、10月26日(土)より、1泊2日
阪急トラピックス、茶々姫・なは・案山子・清姫・私の5人

2日目の日程
ホテル8:00→ 軽井沢チーズロール工房→ 清里駅(高原列車)→ 山野辺駅→ 八ケ岳チーズ工房(昼食)→ 入笠山ゴンドラ→岐路
.
Img_5649w750
ゴンドラ乗り場へ行くと、カラフルなテントがずらり。 これはほんの一部中央だけ写しています 何かのイベントがあります 横文字を読めればすぐに分かるのですが・・・
.
Img_5650w750
ゴンドラへ乗るために、こんな階段をいくつも登らなければならない。 ここでダウンしそう 励ましてくれたのが、仲良し兄弟。 やっと届く足で、手を引かれて登っています
.
Img_5651w750
登りきったところに、マウンテンバイクがずらり。
「今日はこのイベントか!」
何度滑走したのだろう。 どろどろです
.
Img_5652w750
ここからも、浅間山が目の高さに・・・
下では見えなかった、後ろの山も見えます
.
Img_5656w750
マウンテンバイクもゴンドラに乗せます。 
一つに2台のバイクと本人
バイクだけなら3台、本人は後車のゴンドラで・・・
人間だけなら、8人乗り
.
Img_5664w750
急な斜面を、吊り上げるようにして進みます
乗車(なんというのだろう)時間、?? 結構長い時間乗っていたような気がします
.
Img_5655w750
頂上の駅舎 左のゴンドラが下りてくるのが分かります
ここで、マウンテンバイクに乗った若者3人に出あいました
「今日は、何回降りたの?」 「3回」 「これから何度の予定?」
「もう疲れたので、これで終わり」 「怪我しない?」 「何度も・・・!」と力強い返事が返ってきた。 「怪我しても治ったらまた来るのね。若いときしかできないから、楽しんでね」
.
Img_5668w750
入笠山 いりかさやま と読んでいましたが、違っていました
にゅうかさやま とルビがふってありました
入笠山登山口 とあります そこから見る眺望です
.
Img_5669w750
紅葉は・・・というと終わっているようです
落葉松の葉は落ちてしまっていました
.
Img_5671w750
.
天気がよく気持ちがいいので、ベンチで少し休みます
そのベンチ、スノーボードを利用しています
R を描いたベンチにはかわいい柄が彫られ彩色してあります
.
Img_5670w750
.
帰りのゴンドラを乗るとき、熱いタオルのお手拭のサービス
降りたところで返すようになっている
Img_5673w750
.
ゴンドラから下を見ると
Img_5667w750
.
Img_5659w750
.
下には、急な斜面悪路を疾走していくバイクが・・・
こんなところを滑走していく道があったのか
唯眺めているだけでは分かりません
いろんなスポーツがあるのもです
.
Img_5666w750
.
ゴンドラのチケットの中に、ソフトクリーム50円引きの券が入っていたので買いに行ったが私の前で品切れ。 
同じところに野菜も売っていました。
かぼちゃと「ヤマト瓜」 炒め物・漬物100円 と書いてありました
ほかに、「赤とんぼ」 「あかね」 と命名されている大根
買いましたよ。 
.
Img_5676w750
バスに乗ると、トマトジュースプレゼント 
「風たちぬ」 そういえば、軽井沢で病気療養でしたね
Img_5680w750
.
帰りは、安曇野スイス村道の駅で休憩
Img_5682w750
.
そして小谷道の駅
Img_5683w750
.
高岡に帰ってきたのは、8:00すぎだったかな
駅南のココスで、夕食。 思い思いに注文です
Img_5684w750
.
車を一晩止めていたので、皆さんを乗せて送り届けます
清姫さんは自転車で来ていたので、土産物だけ届けました
今回も楽しい旅行でした。 次はどこへ行くかな・・・?!
.
この旅行、ハプニングあり
なはさん・・・直前になって嘔吐・下痢あり。 来られないかと思ってい
       たが、朝、元気に登場
清姫さん・・帰ってきてから、自転車で転び、怪我

| | コメント (22)

秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間-4 高原列車

「秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間」
この長っらしい名前のツアーに参加した。
時は、10月26日(土)より、1泊2日
阪急トラピックス、茶々姫・なは・案山子・清姫・私の5人

2日目の日程
ホテル8:00→ 軽井沢チーズロール工房→ 清里駅(高原列車)→ 山野辺駅→ 八ケ岳チーズ工房(昼食)→ 入笠山ゴンドラ→岐路
.
ホテルを出るとまもなく、浅間山の噴火でできた、「鬼押し出し」 を通ります。 手前に木立もあり、雰囲気だけでも。。。と写しましたが、流れてうまくいかず・・
.
最初に寄った所が、チーズロール工房
2Fに大きな食堂があるようです
私達が、昼食を食べたのも、ほかのチーズ工房でした
.
Img_5622w750
.
軽井沢食べ歩き券500円 3個は、旧軽井沢で使い、
最後に貰ったのが、ミニチーズソフトクリーム
チーズが入っているため、ねばーっとしていて溶けないのです
トルコアイスクリームもこんな感じ
Img_5623w750
.
店の中はこんな感じ
皆さんは奥まで入ってお買い物
私は、入り口で 「お買い得袋」 を目ざとく見つけて購入
しこたま買った人も、後で見つけてまた購入
飛ぶように売れて、奥から出して来られました
Img_5621w750
.
JR小梅線 高原列車に乗るため、清里駅
Img_5625w750
.
蒸気機関車懐かしいですね 
確か、D56 きれいに磨かれて展示されています
古城公園にもありますが、荒れ放題のような気がします
Img_5624w750
.
駅舎で、みんなが、『見える!見える!」と言っている。 浅間山だけと思っていましたが、「富士山が・・・」というので、「富士山なら話は別 !!」
Img_5626w750
.
清里プラットホーム 標高1.174m とあります
看板をみてください  清里の次が野辺山 野辺山が日本で一番高いところにあるJRの駅ですって!
Img_5629w750
.
一駅だけ高原列車の気分を味わいます
Img_5634w750
.
乗車時間 8分 どうっていうことはないですがね
Img_5635w750
.
野辺山駅到着 かわいい感じの駅 開いているようにデザインされた出入り口は開放的 この青空と似合います
以前、野辺山の測候所へ行ったことがあります。
大きなポラボナアンテナをつけた建物がいくつもあり、それが移動可能。 小さいものも何十基もありました。 磁気を観測するところです
Img_5638w750
.
駅舎の中
Img_5637w750
.
どこだったか忘れましたが、谷が深いところ。
バスは、観光のため徐行
Img_5639w750
.
これから、八ケ岳チーズ工房で昼食です
高い塔が建てられ、上には出前の姿でしょうか
あまり高ので、私のカメラ最大望遠(5倍)でこれだけにしか撮れません
Img_5640w750
.
昼食はオプションで、「ほうとう」
河口湖でたべましたが、好きではなかったので、頼みません
ほかの4人は、食べていましたが、私はこの中にある喫茶店で休みました
Img_5642w750
.
暖簾のようなもの、何だとと思いますか
チーズです 「カチョカバロ」 というものだそうで、スライスして焼いて食べるのものだそうです
Img_5644w750
.
茶色はスモークしたもので、このようにして売られていました
欲しいな! と思いましたが、あまり高価なので思いとどまりました
Img_5646w750
.
おなかも膨れ、これから、「八ケ岳高原」 へ向かいます

| | コメント (16)

秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間-3 ホテル

「秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間」
この長っらしい名前のツアーに参加した。
時は、10月26日(土)より、1泊2日
阪急トラピックス、茶々姫・なは・案山子・清姫・私の5人

1・2日目

【ホテルグリープラザ軽井沢】
450室もある大きなホテル。 私達は、コネクション館の部屋

Img_5553w750

ヘヤノナンバープレート 各部屋ごとに絵が違っている

Img_5564w750

部屋の中は、2F建て。急な顔段の上にはベットルーム

Img_5565w750

茶々姫・なは、清姫・案山子・私と部屋がわかれて・・・
ホテルに着いたのがまだ日が沈まない先
のんびりしてから、夕食バイキングルームへ

Img_5555w750

品揃えは豊富。 上記はチョコレート 下にあるものに付ける
にぎり寿司、ステーキなどはその場で作ってくれる

Img_5559w750

中華料理も沢山 洋食・和食何でもござれ!
デザートの品も多く、アイスクリームもあり
うどん・蕎麦が一番人気だったような・・・

Img_5557w750

食事後、風呂へ・・・
どこへ行くにも広いのでたくさん歩かなければならない
ここだけで、散歩日課(やっていないが)が事足りる

2日目
ホテルで気持ちよくお目覚め・・・
空は明るい。 写真日和
朝食の前に散歩

Img_5583w750

Img_5566w750

ホテルの前
白い壁ですが朝日を浴びて、黄色く輝いています

Img_5567w750

Img_5568w750

Img_5569w750

ホテル周辺の紅葉です
写真だけお楽しみください

Img_5576w750

Img_5586w750

Img_5599w750

Img_5604w750

Img_5609w750

Img_5606w750

Img_5614w750_2

軽井沢教会

Img_5616w750

何度も朝食を誘われたが、「食べるより写真を・・・」
時間があったら食べることにした
が、8:00出発 まだ時間はたっぷりあったので、パンと珈琲、おかずをちょっぴり

Img_5617w750

出発のため玄関に出ると、浅間山がくっきりと・・・
今日もいい日になりそう・・・

Img_5619w750

これから、清里駅へいきます

| | コメント (20)

秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間-2 旧軽井沢

「秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間」
この長っらしい名前のツアーに参加した。
時は、10月26日(土)より、1泊2日
阪急トラピックス、茶々姫・なは・案山子・清姫・私の5人

1日目
【旧軽井沢】
上田城を出た後、旧軽井沢を目指します
途中にあった、今流行の、リサイクルショップの上に大きなふくろうが・・・
.
Img_5497w750
.
バスの中で配布されたのは、旧軽井沢のマップ
それには、食べ歩き券500円分がついています。 オプションです
フランスパン・アップルコロッケ・おやきの3種
ミニチーズソフトクリームは、後から行くチーズ工場で・・・
.
Img_5495w750
.
観光駐車場にとめると、目に付くのは、旧軽井沢駅舎
.
Img_5501w750
出さなければならない封書、高岡駅も富山駅もポストがなく、軽井沢でやっと投函できました
.
Img_5532w750
.
このレトロな喫茶店、前に行ったとき入りたかったのですが、時間に追われて入れませんでした。 こんどこそ、「早く帰ってきてここに入ろうね」 ・・・・
.
Img_5534w750
 
といいながら、散策
Img_5502w750
.
トリックアート美術館 
最近このアートは何度か見る機会がありましたが・・・
いつも同じものなのかな
.
Img_5503w750
.
ここで、券を出してアップルコロッケをゲット
りんごの味がします。当たり前か・・・!
甘くてお菓子みたいです
.あとから、おやき・フランスパンの順にゲットしましたが写真はありません
.
Img_5505w750
.
風見鶏 といいたいのですが、正式にはなんというのかな
ウサギが旗を持っているのです
.
Img_5506w750
.
人力車2台居ましたよ
Img_5509w750
.
鎌倉彫なら有名ですが、「軽井沢彫」 というものをご存知だろうか
.
Img_5512w750
.
絵柄は、「さくら」 です
椅子にもブックエンドにも・・・
小物なら箸置き・ペンダントなども
Img_5513w750
.
高原なので、山の恵みのお土産が多いです
ジャムのお店
Img_5514w750
.
蜂蜜の店 ミツバチハッチもいますよ
Img_5529w750
.
牛乳の店 こういった店が何軒もあるのです
Img_5531w750
.
ハロウイン前だったので、飾りつけもそうなっています
この上が食堂街のようでした
Img_5510w750
.
.ジブリの店 中は撮影禁止
キャラクターものがたくさん並んでいました
Img_5525w750
.
集合15分前に、冒頭の喫茶店 「珈琲歌劇」 に到着
Img_5540w750
.
席に座り、注文したが、出すまで15分かかるといわれ、やはり飲めませんでした。 雰囲気だけ見てきましたが・・・
Img_5536w750  
駐車場の周りの垣根、ドウダン躑躅が紅葉しています。
利長ドラえもんと一緒に・・・
我が家のドウダン躑躅は、今、紅葉がきれいです
Img_5543w750
.
これからホテルに向かいます

| | コメント (20)

秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間-1 上田城

「秋彩の軽井沢・八ケ岳高原列車・南アルプス天空遊覧 2日間」
この長っらしい名前のツアーに参加した。
時は、10月26日(土)より、1泊2日
阪急トラピックス、茶々姫・なは・案山子・清姫・私の5人。

1日目
高岡8:00→ 上田城→ 旧軽井沢散策→ ホテルグリーンプラザ軽井沢
【上田城】
上田城へは、この橋をわたる。 面白い支柱。 ○○ハ○○カッコは横に見てください)、目・髭・鼻・口 のようになって、人の顔に見えます。 絵文字になっていて、二の丸 なのだそうだ。
.
Img_5459w768
.
橋の下を見ますと・・・
今は、遊歩道になっていますが、電車の線路があり、左少し高くなっているところが、プラットホームだったそうだ
欅の落ち葉が一面にあった
.
Img_5460w750
.
橋を渡るとすぐに東虎口櫓門。 ここの枝垂桜を見たことがあるが、それはそれは美しい。 夜ともなれば、ライトアップされるそうだ。 それがまた、この世のものと思えぬ美しさだとか。
まもなく、おもてなし隊。 真田幸村と筧十蔵。 真田十勇士が居るそうだが、お目にかからなかった
真田幸村がジャニーズ(ちょっと上かな)のようにかっこいいのです。ガイドそっちのけで見ていました。 こりゃ、若い子にもおばちゃん、ババにも人気だぞ!
後ろの並木は、桑の木。 昔蚕を飼っていたそうです。
.
Img_5463w750
.
よく見てください。 桑の木とは感じが違うでしょう。
植木用に改善し、枝垂れ桑 になっているのです
.
Img_5466w750
.
桑並木を通り過ぎると、真田神社
.
Img_5468w750
.
上の写真、左に旗の立っている所に樽のようなものがいくつも置いてあります。 なんとこれが茶室ですって・・・! 覗いてみると、2畳のたたみ、違い棚も見えました。
.
Img_5470w750
.
拝殿のよこには、兜
.
Img_5471w750
.
拝殿
.
Img_5472w750
.
神社を回りこむと真田井戸  本丸唯一のもので抜け穴になっていたという伝説あり
.  
Img_5474w750
.
西櫓(県宝) 外が板張り、軒下が漆籠(ぬりごめ)初期城郭建築
武者窓、矢狭間、鉄砲狭間もあるそうだ
.
Img_5475w750
.
西櫓の横にあった建物
Img_5477w750
.
ガイドについて前のところだけ見学 帰り、
突き当りが北櫓 最初通った東虎口櫓門に併設されている。
.
Img_5479w750
.
上田城の紅葉
.
Img_5480w750
.
二の丸橋の写真にも写っていますが、平和の鐘
昔は、上田城下町の人々に時を知らせる「時鐘(じしょう)」
.
Img_5485w750
.
城の向かいのお土産屋さん 猿飛佐助の彫刻が前に・・・
.
Img_5488w750
.
2Fに上がれば、親子の鎧
Img_5492w750
.
Img_5493w750
.
テーブルにも、真田十勇士 と真田3代 の絵があります
.
Img_5494w750
.
城の周りの街路樹です。 街路樹としては珍しい とちの木
.
Img_5491w768
.
これが、とちの実 です。 なぜか、どんぐりも一緒です
八ゲ岳へ行ったとき、自由にお取りください、とあったのでいただいてきました
.
Img_6155w750
.
これから、旧軽井沢へ行きます

| | コメント (16)

柿拾い ?  柿取り ?

なはさんのお友達のところへ、柿取りにいった。
実は、昨年もいったので、「今年、いつ行く?」とずうずうしく聞いた
なはさんが、日を設定してくれたのが、月曜日(今日)
しかし、予報によると雨。 土曜日(11/16)なら晴れるので、急遽、日を変えて連絡が来た

茶々姫さん、Turi さんを迎えに行って、大門アオキで待ち合わせ
集まったのが、なは・エモさんの5人
なはさんの友達が、家分からないだろうから・・・とわざわざ迎えに来てくださった 車を連ねて向かう。
.
Img_6440w768
.
柿がたくさん実をつけている、と思ったら、残しておいてくださった
.
Img_6441w768
.
ここは、元果樹園としての土地。 梨を植えていたが、手間がかかり虫もつくので、全部きってしまったのだとか。 柿だって手入れが必要だが、梨ほどでもないのだそうだ。
.
Img_6442w768
.
エモさんが、木に上がり落としてくれる。 子供のときから木に登っていいたんだと! この年になっても、昔取った杵柄。 要領もいいしうまいものだ!
.
Img_6443w768
.
私達は、下で落としてくれた柿を拾う
まるで、「猿蟹合戦だね」 と笑う
.
Img_6450w768
.
昨日降った雨の露がまだ残っている
.
Img_6458w768
.
もぎたての柿をみんなで剥いて食べる。
美味しかったこと!!!
.
Img_6459w768
.
キューイもふさふさに生っていて、「たくさん摘んで行ってね」
これも、いただいてきました
キューイには、オスの木とメスの木があるのです。
両方ないと、実は生らない
.
Img_6457w768
.
ないかの実と花がここだけにあります
.
Img_6460w768_2
.
エモさんに習って、私も取らせて貰いました。 初体験です
「竹の先が見える位置で構えて・・・ 入ったら、グッとあげる。 まだまだ揚げ方が足りない。 グッと揚げたら、回す!」
.
Img_6466w768
.
取れましたよ !!!!
グッと揚げるということは、割れ目の下の部分に固定する ということだったのです。 指導がよかったので、その後、何度も取ることができました
.
Img_6473w768
.
今日の収穫。 みんなで分けました
車のトランク 一杯です
.
Img_6461w768
.
なはさんのお友達は、「お茶を用意したから、のんでいって・・!」
何も持ってこないで・・・といわれていて、正直者(?)ばかり。
しっかり、好意だけを受けてきました
.
Img_6475w768
.
彼女の前庭。 白八重の紫陽花がまだ元気に咲いています
ピンクのは終わりを迎えていますが、生け花としてもまだ使えます
.
Img_6482w768
.
すすきが、ピーンと立って輝いて見えました
.
Img_6486w768
.
彼女の家の玄関飾り。 紫陽花が使われいました.
.
Img_6489w768
.
感謝の気持ちを述べ、暇(いとま)をしました
これから、みんなで昼食をたべて、お茶へ行きます

| | コメント (18)

手作りバック by カーテン布

今まで使ってきたバックが汚くなったので、自分で作りました

カーテン布です。 オダケホームのリホームキャンペーンに行ったとき、「自由にお取りください」と籠の中にカーテン布の見本になっていたものが入っていたので、2つ貰ってきました。
多分、版落ちになった布なのでしょう

肩掛けカバン。 私は、「幼稚園バック」と呼んでいる
 ・ 大きさの基本は、A4版の用紙が入ること。
 ・ ポケットをつけて、整理しやすくすること

Img_6402w750

 ↑ 完成品 前垂れをつけて、中やポケットを隠しています

Img_6403w750

 ↑ マチと紐を続けています 
   たくさん入れて重いので、別布にすると、そこから取れ
   やすいのです

Img_6404w750

 ↑ ・ 中に仕切りを作り、入れた紙がくちゃくちゃにならないよう
    クリアーファイルも入れています
    ・ 裏地には、昔、浴衣を縫おうと買った反物がそのままに
     なっていたので、利用しています
   ・ 小物整理のためポケットを付けました 
         タックを取ってたくさん入るようにしました

Img_6406w750

 ↑ 目隠しの前垂れ 
    裏にファスナーをつけて、大きなポケットに・・

Img_6407w750

 ↑ マチと紐は、同じ幅になっています
   紐の中央を折って、ミシンで止め、半分の幅に・・・

Img_6405w750

 ↑ 取り出しやすいように、中仕切りも作りました
   が、これは、失敗。 
   仕切りのマチを大きく倍くらいにすればよかった
   それに、同じ色だと分かりにくいので、違った色で作り直さな
   ければならない

| | コメント (21)

高岡銅器メッセ in イオン

11月15日(金)、映画「かぐや姫」 の試写会の券を貰らい、清姫さんと待ち合わせ。 ほかに用事があったので、3:00に家を出た。
用事を済ませ、イオンへ。 しかし、この中のJTBでも用事があったので、これも済ませても、時間があった。

.メインストリートにドーンにこんなものが・・・
何だと思いますか
.
Img_6408w1000
.
横から見ると・・・
.
Img_6409w1000
.
前から見ると・・・
そうです。 仏像です。 どれだけの重さがあるのだろう
見ても書いてなかったです
.
Img_6410w1000
.
その代わり、といっちゃ何ですが、仏像の下にこんなものが・・・
  サザエさん一家と記念撮影しよう  マスオさんは主張中です
  高岡銅器メッセ 2F イオンホール にて開催中
何のことだろう !!
さっそく、興味深々で2Fへ
.
Img_6411w1000
.
2Fへ行くと、お相撲さん。 北の湖 だって・・!
.
Img_6416w1000
.
これが入り口。 11月15日~17日(金・土・日)の3日間
入場無料
.
Img_6435w1000
.
会場に入り、目はサザエさん一家を探す
奥のほうに並んでいた
.
Img_6418w1000
.
これを写してから、ゆっくり会場をまわる
「ああっつ!」 「ああっつ!」 2人で恥ずかしいほど声をあげてしまった。 なんとこんな所で、風子さんにぱったり!
.
Img_6419w1000
.
会場では、実演コーナーがある
ちょど、やすりで研磨をしているところ
「写真とってもいいですか。 顔もいいですか」 「だめ、見るに耐えない」 といいながらも、撮らせてもらった
KK 浦島美術銅器 代表取締役 浦島俊秀(号 紫星)氏
.
Img_6429w1000
Img_6427w1000
.
ここにある作品は、何に使うかわかりますか。 3種です
低いのがお香入れ 中(もち手のついているように見えるのが)お香を焚くもの 高いのが一輪挿し ですって。 昔と違ってカラフルです。
実演で、この一輪挿しを作っておられました
香水入れのように、いくつも飾ると面白いかも・・・
.
Img_6422w1000
.
下記の文字をどう読みますか
“カロエ 高岡” “カロ 工(こう)高岡” かな・・・・なんて言っていると、浦島さんが手招き、「カロエ を2つと1つに分けてごらん!」 
オー 加工か !! 分かるとインパクトがあり、なんと機知に富んでいることか・・・。
「加工高岡」 銅器には、大きく分けると、研磨業・仕上げ業・着色業・溶接業の分業で成り立っているのです
.
Img_6432w1000
.
鵜が首を伸ばしているような形。 新しいデザインです。
置物ではありません。 ダンベルなのです
「持ってみてください」 「触ったらいけません、と書いてあるよ」
「触ったらだめでも、持つのはいいよ !!」 と笑わせてくれます
持ってみました 持ちやすいです もちろん大きさによって重さが異なります。 今までのものは器械的というか、マッチョな感じがしますが、使っていない時もスマートに置いておけます
.
Img_6423w1000
.
奥で目を引いたのが、これ !!
題名は、「かたり箱」  仏具と並んでいます
この中に、仏さんを入れるのでしょうか。
このままでも、十分雰囲気はあるのですが・・・
生活形式も変わり、仏間がありどーんとした仏壇を置ける家が少なくなりました。 これなら、洋間にもおしゃれな部屋にもマッチします
見た感じも、抹香臭くなくていいですね。 
こういう所も変化しつつあります
.
Img_6420w1000
.
もうクリスマスの飾り付けです。
さすがにまだ、クリスマスソングのBGMではなかったですが・・・
.
Img_6415w1000
.
お店も、クリスマス用品がずらり
.
Img_6412w1000
.
暗くなって外へ出ると、イルミネーションが光っていました
.
Img_6439w1000

| | コメント (18)

インドカレー「ガンディ」

ストアー「まるしん」の開店のとき、イベントとしてきていたのが、インドカレー「ガンディ」。 そのときのことを、おとといアップした。
本店が、高岡市佐野(156号線)、アラピアの横にあると聞いたので、戸出の歯医者へ行った帰り、寄ってみた。
帰りは、反対車線、分離帯があるので入れるか心配したが、右折ができるようになっていたので、入ることができました。
後ろに、アラピアの建物が見えます。
.
Img_6396w750
.
店先には、ランチ 680円の大きな看板。
値段的にも嬉しい価格
.
Img_6400w750
.
week day のランチセット A・B・C とある
メニュー大きくして見てください。 分かるようで分からないカタカナの名前が並んでいる。 とりあえず、「ナン」 が付いているものを・・・
“全部に付いているよ” では、看板にもあったし、一番安い680円の A ランチで行こう
.
Img_6397w750
.
カレーは、チキン・キーマ(ミンチ肉が入っているとのこと)・豆・ほうれん草の中で選ぶ。 
辛さは、5段階。 まろやか・普通・ちょい辛・辛い・チョー辛 
ちょい辛を選んだが、結構辛い
飲み物は、ラッシー(?)・チャイ・ウーロン茶の中から選ぶ
.
Img_6398w750
.
 で、来たのがこれ !!
「ナン」 を、カレーにつけて食べると、これだけでおなか一杯になってしまった。 サラダは全部食べたが、後は半分残してしまった。
上にちょんと乗っているものは、シークカバブ(日本人は、シシカバブと言った方がいいかも)とチキンティッカ。 
どちらも私に口には合わないようだった
.
Img_6399w750
.
15年ほど昔に遡るが、中国・ウルムチまで、飛行機で行った後、ウイグル自治地区の天山(テンシャン)山脈(西遊記で有名)の麓を通り、キルギス国境まで行った事がある
そのとき、あちこちで、「チャイ」 を飲んだ。
懐かしくて、「チャイ」 を頼みました。
しかし、国によって味が違うのですね。
悪くはないが、匂いがきつい。 「何が入っているのですか」 とウエイトレスさんに聞くと、「聞いてきます」
中の調理人 インド人が2人。
「これだと言っています」 と見せてくれたのが、自分の着ているTシャツの模様。 写真写して来ればよかったと後悔しています。
Dalchini とあります。 木屑のようでしたが・・・
私は横文字に弱いので、・・・・。 彼女も読めないようでした
今度行ったときは、「ナン」 だけにしよう!

| | コメント (16)

ちっちゃな話-93

ちっちゃな話 93
―≪暖簾の工夫≫≪杏ベースト≫≪バックの仕切り≫≪一休さんの家≫≪つもりちがい十か条≫≪山茶花≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

暖簾の工夫
友達の家に行くと、暖簾が次々変わっている。
たいてい、着物のリホームである。
すごく汚れていた着物、友達が捨てると言ったから貰ったという
今回のリホームの工夫。
写真を大きくして見てください。4枚の布をボタンで留めてある事
はずすと、1枚1枚の布になり洗濯しやすい。たたむにも始末がいい

Img_4851w760

「そうか、つながなくていいんだ !!」 と納得した私。
和服の布を4枚縫って、突っ張り棒に通しただけ。
ここは、母の部屋だった。 施設に入ってからは、物置となった。
そこへ、私が荷物を少しだけ持って入った。
外に面しているので、わやわやになっているのが、外から見える
 ―よほど気をつけてみないとわからないのですが・・・―
これだけでも、床に置いているものの、目隠しができるので重宝している

Img_5169w760

杏ベースト
友達から、杏をペースト状にしたものをいただいた。
ジャムでもなく、味ががついていない、ただのペースト。
「ありがとう」 といただいたが、さて、何に使おうか ?!
しばらく、そのまま持っていたが・・・
ふと思いついたのが、肉と一緒に焼くこと
酸っぱさが、さっぱりした味になり、夫には好評 !!

Img_3186w760

バックの仕切り
バックの中に、重いくらいに入れている。
最小限度アイテム、手帳・携帯・カメラ・ナンプレ(待ち時間にどこでもできるように。これを持っているとどれだけ待たされても腹が立たない)・計算機など、まだまだある。
探すのにすぐ出てこないくていらいらするときがある。
仕切りがあれば、立てて入れることができるだろうと、

Img_5168w760

どこででも折れる仕切り版を買って入れた。
しかしですね~。 どこででも折れるということは、バックに入れていても折れるということで・・・
あっという間にぐじゃぐじゃになってしまいました。
だから、今、バック、製作中

Img_5167w760

一休さんの家
一休さんはどこに住んでいた人でしょう
絵本に、このような家が描いてありませんか。
ここら辺の家とは屋根が違います。 間取りまで分かりませんが・・
前の小屋も演劇の大道具のようです
「夕顔の里」の近くです

Img_6125w750_2

つもりちがい十か条
戒め。 欅平のお土産売り場にありました
写真だけ撮らせてもらいました
{ 薄いつもりで厚いのが面の皮 }
ちっとも戒めになりませんでした

Img_5970w750

山茶花
雨の日が続いています。 雨の中で撮ったのですが、雰囲気が出ていませんね。 我が家の山茶花です。 白が先で、赤はもうしばらくしてから・・・

Img_6394w750

| | コメント (14)

ストアー「まるしん」 開店toナン

11月4日(月)、朝どんちゃんから℡。
「まるしん、今日、10:00開店するよ」 「まるしん って?」
よく分からないまま、行く。 どんちゃんは、もう来ていて、写真も撮ったあとだった。

Img_6167w750
.
看板に、"買い物代行サービスはじめました” とある
.
Img_6169w750
.
雨上がり。 傘を持っている人が多い
.
Img_6168w750
.
通常、伏木十間道路と呼ばれている145号線。 
山自動車の隣です
.
Img_6177w750
.
中に入ると、もち類
.
Img_6172w750
.
おつまみ類
.
Img_6175w750
.
ジャム コーヒーも並んでいます
.
Img_6176w750
.
これらは、買い物を頼む人が、必要とするものだろうか。
ほとんどが、趣向品である。 たまには欲しいだろうが・・・
キャベツとにんじん、イモ類は箱ごと積み上げてありましたが・・
これで、買い物代行ができるのか不思議でしたので、聞いてみました。 社長と呼ばれた人が対応してくれました。 が、何と若い! 高校生かと思いました。 それで、先ほどの質問の先に、「若い社長さんね。 いくつ?」 と思わず聞いてしまいました。 「これでも、33歳です」 横から、丸進の御曹司です。
さて、先ほどの質問ですが、隣のスーパーアルファさんと提携してそこで用意します。 とのことでした。 これで納得。 ほかにも、いろいろな店と提携しているのでしょうね。
.
Img_6173w750
.
“多彩なカフェメニューをお試しください” とあり、1杯 150円
こんな、談話スペースもあります。 喫茶代わりに使ってもいいか聞くのを忘れましたが・・・
でも、多分介護用品などを借りるとき、相談するスペースなのかも
.
Img_6171w750
.
このパンは、100円で、飛ぶように売れていました。
どこかの障害を持っている人たちが働く、授産施設と言ったかな、そこの商品らしい。
.
Img_6170w750
.
外では、イベントが開かれています。
私の目は、「ナン」に釘付け。
.
Img_6199w750
.
インド人が焼く本格派 !!
餡入りとチーズ入りがあります。 どちらも 350円 
手元を見ています。 奥に団子のようなものがあるでしょう。
あの中に、餡やチーズを手際よくいれ、麺棒で伸ばします
.
Img_6189w750
.
適当な大きさになったら、熱くした釜の壁面に、ペタンと付けます
手にほかのものも一緒に持っているでしょう。 布で丸く作った枕のようなものです。 熱くないように・・・と、真ん中を押さえてくっつけるので、ひっこむ。 ハンバーグを作るとき火が通りやすいように、真ん中にくぼみを入れる、あの要領かと思います
.
Img_6180w750
.
釜の中には、炭火が入っています タンドール窯 といいます
周りにこげができれいるのが見えますか。 そのままでひっくり返しません
.
Img_6182w750
.
私の頼んだのが、「チーズ入りナン」
先ほどの、店内テーブルで食べました。
焼きたて! 美味しいのなんのって・・・!!  
すべすべと食べてしまいました
.
Img_6192w750
.
相席をしていた人は、プレーンナン+カレー 500円
カレーに漬けて食べるのですって・・!
.
Img_6193w750
.
美味しいナンの店は、156号線 アラピアの横
インドまかないカリーの店 「ガンデイ
高岡市佐野 1497  Tel 0766-21-0234
テイクアウトも可能  年中無休 11:00~22:00
ほかにもたくさんメニューがあるよ
.
Img_6198w750
.
ほかにも、能登ミルクのブース
後ろから顔を出せるものもあり、横から撮らせて貰いました
.
Img_6194w750
.
肝心のレンタル介護用品。 並んでいるのは、ステッキと歩行補助用品だけ。 棚にはカタログが並んでいました。
今のところ、必要はありませんが、近い将来お世話になるかもしれません。
どんちゃんがいやに詳しいと思ったら、開業にあたり、いろいろ相談に乗っていたらしい。 幼稚園の前に、こういう施設にも勤めていたのです。

| | コメント (14)

紅葉狩り道中 白川→天生峠

紅葉の季節になり、晴れると2人で、「紅葉狩り」に忙しいです。
11月1日、有峰に行って生きました。 8日(金)、菅沼 → 白川 → 天生峠と回ってきました。

道中

菅沼を出て、白川へ移動。 木の陰に看板が立っています。
桂湖へ4Km と書いてあります
桂湖へ行きたいと思ったのですが、あきらめて・・・.

Img_6249w750
.
看板の付近の風景です
.
Img_6258w750
.
横・縦に撮って見ました
.
Img_6261w750
.
白川郷で食事をし、3:00ごろ岐路につきます
.
Img_6367w750
.
曇りか雨になったら、 ―途中でぽつりと来たのです― そのまま来た道を帰り、晴れていたら、天生(あもう)峠を通って帰る、ことにしていたのですが、晴れたので天生(あもう)峠を通ることにした。
.
Img_6374w750
.
ここは、3度来ているが、白川方面からは初めて。
白川郷を一望できる展望台から降りないで、右に曲がると30分くらいで着く。 入り口の方は、きれいな紅葉だが、登るにしたがって、枯れ木、または少し葉が残っている程度。
.
Img_6369w750
.
Img_6372w750
.
だんだん陽が陰り、山間には当たらなくなってきた。
ここに日が当たっていれば、いい風景なのだが・・・
ダテカンバの白の木と紅葉した葉は上品に見える
.
Img_6376w750
.
峠を過ぎ、だいぶ経ったころ、光芒が山を包んだ
.
Img_6382w750
.
Img_6383w750
.
法面工事中の看板が・・・
ほうめん工事と読むものだから、何のことか分からず・・・
のりめん と読まなければならなかったのです。
のりめんなら分かります。 常に耳学問の私。
はははのモノしらず知らずでした
.
Img_6385w750
.
帰宅は、6:00少し前、夕食を作る時間に間に合ってしまいました
残念!

| | コメント (14)

紅葉狩り 白川

紅葉の季節になり、晴れると2人で、「紅葉狩り」に忙しいです。
11月1日、有峰に行って生きました。 8日(金)、菅沼 → 白川 → 天生峠と回ってきました。
.
白川合掌造集落
.
ここが合掌造の家3軒まとめて撮れるので、一番のスポットです
.
Img_6288w750_2
.
 ↓ 真ん中の家です。
   涼しげなひょうたん。 同じ色の服を着た犬
   本物ですよ。 よく見ると老犬でした
.
Img_6279w750_2
.
 ↓ 目を左に移すと案山子が4体。
    若者が一緒に写真を写しています。
    白い服の子が案山子のまねをして・・・
.
Img_6281w750_2
.
 ↓ 背景の山も紅葉しています
.
Img_6276w750
.
Img_6308w750_2
.
Img_6292w750_2
.
 ↓ コスモスがまだ咲いていました
.
Img_6319w750
.
Img_6290w750
.
 柿もざくろも実りの季節です
.
Img_6315w750
.
飛騨といえば、「さるぼぼ」 暖簾にお菓子 ストラップ 人形 ハンカチなど、ありとあらゆるものがお土産として売っています
.
Img_6324w750
.
最近、ココログの設定が変わりまして、試行錯誤しています。
使いやすくなったところもありますが、総じて不都合なところが多々あります。 その1つに、いままで、縦の写真、長すぎるので縮めてアップ(写真をクリックすると元の大きさにななり、その上拡大できたのです)していたのですが、できなくなりました。
そこで、縦の写真を横に入れることにしました。
そうすることによって、写真をクリックしてもらうと、画面いっぱいに広がり、迫力ある映像になります。
よかったら、下の写真ででもお試しください
.
Img_6303w750
.
同じ家ですが、アングルを変えて撮っています
.
Img_6295w750
.
Img_6268w750_2
.
街中をぬけて行きますとドライブインが並んでいる所にでます
ここで、食事をすることにしました 「基太(きた)の庄」と読みます
昼食時なので、観光バスが4台止まっていました。
混んでいそうなので、しばらく外で待ちます
ぞろぞろ、出てくるのを待って入りました
.
Img_6345w750
.
囲炉裏があり、まわりにいろいろ飾ってあります。
真ん中にあるのは、岩魚。 乾燥させてある本物。
.
Img_6349w750_2
.
蕎麦・うどん類は、750えん 定食は、2200~1400円
ここなら、「蕎麦」がおいしいだろうと、「なめこ蕎麦」 にしました
夫は、「とろろそば」 を頼んでいます。
汁がくどく(濃い)てね~。 寒いところは普通なのかな。
食べ終わったら、口の中がむずむず。 どうも繋ぎにとろろを使っていたのではないかな、と思います。
.
Img_6351w750
.
ドライブインの周りの風景がなかなかいいのです。
.
Img_6335w750
.
小屋より小さい合掌造り風のものは、消火栓です
その左横に 今まで円形に田植えをしている絵になる風景があったのですが あとを継ぐ人が居なかったのか 今では荒れ果てています
.
Img_6346w750
.
 ↓ もう一度、街中を通り、山の上に見える展望台へ行きます
.
Img_6333w750
.
Img_6357w750
.
展望台から見た白川郷全体図です
全部同じ方向を向いて建っています
.
Img_6361w750
.
菅沼で、「白川へ行って、帰り同じ道を帰る? 天生峠を通って帰る?」 と夫が聞いたので、「このまま晴れていれば天生峠、曇ればそのままかえる」と答えていた。 晴れていたので、天生峠を回ることにした。 が、時間も時間、行っても陽がさしていなければ、写真にならない。

| | コメント (16)

紅葉狩り 菅沼

紅葉の季節になり、晴れると2人で、「紅葉狩り」に忙しいです。
11月1日、有峰に行って生きました。 8日(金)、菅沼 → 白川 → 天生峠と回ってきました。

156号線、庄川沿いを走ります。 ここは、ほんのり紅葉が始まった程度。 ゆー楽(風呂)を過ぎると、赤い橋・大渡橋(おわたりはし)がある。 橋を渡らないで、そのまま左岸を行きますと、菅沼集落の着きます。 細い道もあります。

道中

Img_6204w750
.
  ↓ 犬ころ草でしょうか。 光っていました
.
Img_6206w750
.
  ↓ 途中の景色 
今回、縦の写真が多いので、横にして入れました
写真をクリックすると、縦に入れたものより、大きく見ることができます
.
Img_6214w750
.
平村で、トイレタイム。 ここで借りました。
夫が独身のころ、この土地に務めたことがあり、中に入った細い道もよく知っています。  「こんなところにトイレがあるの?」 「任せておけ!」 と着いたのがここでした。
.
Img_6216w750
.
菅沼合掌集落
菅沼合掌集落、世界遺産です
この集落は、国道から見下ろすことができます
紅葉が真っ盛り。 のはじめかな。
.
  ↓ 入り口、しょっぱなに見るところです。
そして、ここが一番きれい。 防火用水があり、合掌造りが水に映ります
.
Img_6220w750
.
  ↓ 蓮の紅葉は見られませんでしたが、
     落ち葉でこれも風情があります
.
Img_6223w750
.
  ↓ 生活感あふれる情景 
    大根の収穫でしょうか
.
Img_6225w750
.
  ↓ 中に入りませんでしたが資料館です
イベントのときは、この前で「こきりこ」などの踊りがあります
.
Img_6227w750
.
  ↓ カウンターで何を・・・。 岩魚を焼いている絵が貼って
    ありましたが、確かめず写真だけ
.
Img_6236w750
.
  ↓ お土産屋さんもあります  かわいい小物達。 
    おばあさんが集まって作っておられるのだとか
.
Img_6238w750
.
Img_6239w750
.
  ↓ 最後に、先ほどの防火用水の横にある、
     食堂兼お土産屋さん
.
Img_6243w750
.
  ↓ 集落を出て、対岸から見た、菅沼集落です
.
Img_6246w750
.
これから、同じ合掌造り集落・白川へ回ります
.
Img_6246w750
.

| | コメント (22)

葛の会 ’13

11月4日~4日(木~日)、高岡美術館・地下展示場にて、「葛の会」洋画展がありました。 この会には、たくちゃんが所属しているので、見に行って来ました。
金曜日にいきましたら、たくちゃんが居なくて、越谷先生が受付に座っておられました

Img_6166w750
.
たくちゃんは、2点出品。
↓ 「モナミ」 という裸婦の絵
  黄色を基調に淡い色で仕上げてあります。 2体は分かります
    が、中の1体がどう繋がっているのか凡人には分かりかねます
.
Img_6158w750
.
もう1点は、 ↓「おでかけ
  かわいい女の子が、肩掛けかばんをかけています。 この絵を
  何人もの人が描いていましたから、モデルさんなのでしょう
.
Img_6162w750
.
↓ 講師の 越谷 なつみ先生の絵 「終雪
  絵が先なのか、題が先なのかわかりませんが、ぴったりの
  題名だと思いました。
  寒色で表現し、下のほうに温かみのある色。
  厚みがあり、まだ暖かい服装(服も靴下も)の質感まで出てい
  ます。バックの色合いまで計算し尽くしておられるのでしょうね
.
Img_6164w750
.
もう先生に顔を覚えられてしまっています。 「忘れ物をしないでね」 と言われてしまいました。 前に行ったとき、カメラを忘れてきたのです。 そのとき、お世話になりました
「先生、今日も写真撮ってもいいですか」 「いいですよ。 でもこれより、1Fでやっている「作家連盟のを撮ってきて・・・」
高岡市美術作家連盟展も見にいってきました。
なつみ先生の絵の前に監視員の人がおられたので、「先生に許可をもらってきたのですが、撮ってもいいですか」 とききましたら、「ここは正式な所ですから、だめです」 といわれました。
そうですよね。市展でたかが自分のを撮るのさえ、名前を書かなければなりませんから・・・
.
Img_6159w750
.
↑ 「夜物語」 吉野紀子さん
   きれいな絵でしょう。 明るい葉が浮き出て見えます
   着物の柄にしたい!
.
Img_6165w750
.
19人、36点の絵です。 +越谷先生
どの絵も、長年たずさわった人の手によるものでした
.
Img_6161w750

| | コメント (16)

ちっちゃな話-92

 ちっちゃな話 92
―≪喫茶「海岸通り」にて≫≪モモンガの服≫≪郵便局で・・・≫≪車のナンバー≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

喫茶「海岸通り」にて
11月6日(水)、今月もまた、「6・6会」 を海岸通りで・・・
「6・6会」とは、6年6組の集まり。
この年になると、病気の話、薬の話で盛り上がっていた
1日におきに透析をしているもの、怪我のためにリハビリを欠かせないもの、成人病のために薬を欠かせないもの。
私も、1日3回飲んでいる。 と言っても、アレルギーの薬が主で、よく忘れる。 「どうしてか知らないけれど、薬余っているので、今回はいらない」 という時もある。
毎日飲んでいる彼、「高い薬、大事に飲んでいる」 と言うものだから、爆笑。 私と同様よく忘れるらしい。

Img_6201w750

海岸通りにも、高岡で売り出し中の昆布スイーツがある。
いつもコーヒーだけを飲んでいるのに、「昆布マフィン」(これで合っているかな。横文字は自信がない)を食べた。 赤く描いてあるのはカモメ。 「うまく描けなかった」 と持ってきた女の子。 フルーツは何を表しているのか聞くのを忘れました。
暖かくて、おいしく食べ応えがあります。

Img_6150w750

ところで、マンスリーコンサート、12月は 8日(日) 14:00です
土曜日でも、18:00でもありません

クリスマスコンサートもあります
これは、21日(土) 18:00からです

Img_6149w750

モモンガの服
よく行く喫茶「Sama sama」にアジア系の小物が売っている。
半額セールだったので、この服を買ってきた。
着て、夫に見せた。 「モモンガの服やの~」
そして、友達にその話をしようと思って見せたら、先に言われてしまった。 「モモンガ!」

Img_5440w750

郵便局で・・・
今、喪中の葉書を出す時期。 見本が何種類も置いてある。
その横に、本のように分厚いものが積み重なっていた。
それには、あのひとに、こころを届ける お線香たより「翠麗」
とある。
香典をもらったら、これを送るのだそうだ。 絵の描いたセロファンをはがすと住所が書けるようになっていて、直接送ることができる新商品。
地方によって習慣が違うので、わが在所では果たして売れるだろうか。 こんな簡単なものをお返しにできれば、楽なのだが・・・

Img_6200w750

車のナンバー
またまた、このナンバーを見てください
302 に 22-22 ぞろ目もいいとろです。
希望購入なのでしょうね

Img_6202w750

| | コメント (16)

10/12 マンスリーコンサート in 海岸通り

ずいぶん昔の話になります。 10月12日(土)、伏木の喫茶「海岸通り」で、マンスリーコンサートがありました。
入場料は、1.500円。 ワンドリンク付で、約2時間楽しめます
この日は、Hiroyuki Mini コムラさんの3人
それぞれの冒頭に自己紹介文を載せました

Hiroyuki

若いころにほんの少しだけバンドを経験して以来20年間まるっきり音楽活動から遠ざかっていましたが、昨年から自作曲を人前で歌うようになりました
日々の何気ない出来事を大切に歌います

オープニングは、沢田研二 時のすぎゆままに
続いて、22歳の別れ 神田川
いままで、よく耳にする歌でしたが聴きなれない歌を歌います
 ♪彼女とデートしたのは雨の日 素敵なテストランに行こうとし
   たが、肉まんいいわと彼女が言った
   小さな幸せを胸に抱いてこれから生きていきましょう♪
といった内容だった。
あとから、自作の歌で、彼女は今の奥さんなのだと!
「この歌を聴いて奥さんの反応は?」 「まだ聞かせていません。 恥ずかしいので、物置で練習しています」

Img_4992w760

 チューリップの心の旅  ユーミン卒業写真
高校生の子供も居るという彼は、暖かい感じの人でした

Img_4994w760

mi ni

沖縄出身ではなくて実は長野の山育ち。 19の春に三味線と出会って以来、様々な沖縄の唄に魅せられて今日に至ります
恋の歌・悲恋の歌・祝い歌・教訓歌・遊び歌・土地賛歌、各地の民謡と時々昭和歌謡。 沖縄の風が吹くはずです

沖縄民謡を歌う mini さん衣装も調えて・・・
オープニングは、19の春
続いて、芭蕉風  アサタヤユンタ・・労働歌  秋の踊り

Img_4996w760

テンサゲの花・・ホウセンカのこと。 鳳仙花の花をつぶして爪を染める遊び。 爪を染めつ用に親の言うことを心に留めなさい という教訓歌
童髪 憧れのハワイ航路 花

三振は、水牛を指にはめてはじくのそうだ。
あまり大きな口をあけないで歌う彼女は、高くきれいな声の持ち主でした

Img_4998w760

コムラ

「歌うセールスマン」
洋の東西を問わず、ポピュラーソング・オールディーズバラードを歌いまくる
ビートルズ・カーペンターズはたまた永ちゃん&森進一の大ファンの変なオッチャン !?

オープニング曲は、ビートルズ、イッツイットビー・イマジン
続いて、カーペンターズ、青春の輝き
キャロルキング? ワンダフルツゥナイト ソングフォユー

Img_5000w760

ビートルズ、マリネ エックバートン、朝日があたる 
ハリーベラホンテ、ダニーボーイ 
アンコール曲 ビートルズ、スタンドバイミー

横文字の歌は聴いたことがっても曲名がね~
どう書いていいのか・・・ ??  です
音だけで書いているので違っているのが多々あると思いますが、ご容赦!

Img_5001w760

最後に、店長も加わって・・・
アリス、夢さびし街角  夕焼け小焼け

Img_5005w760

尾崎きよひこ、また逢う日まで
Hiroyuki さんの格好を見てください
尾崎きよひこのもみ上げまでつけての熱唱でした

Img_5004w760

12月にもマンスリーコンサートがあります
楽しいですよ
一緒に聞きませんか

| | コメント (6)

先輩と宇奈月温泉 黒部渓谷

ホテル渓仙の企画 「秋の新川地区 探勝の集い」―黒部渓谷の紅葉と富山湾の神秘、地場産業の見学 に大学の先輩と一緒に参加した

一夜明けて、10月31日(水)、朝食をたべて、

Img_5889w750
.
ホテルの車で黒部渓谷鉄道宇奈月駅前へ
トロッコ電車に乗ることになっている。
その前に、記念写真。
写真を大きくしていただければ分かりますが、
全長20.1km  トンネル41個  橋21個  とあります
.
Img_5892w750
.
最終の見学地は、トロッコ電車で行く黒部峡谷の旅
宇奈月から、終着駅・欅平まで、1時間20分。
宇奈月の標高224m  欅平599m 全長20,1km
黒部川に沿って、どんどん山中へ分け入る。
.
Img_5893w750
.
↑ 宇奈月駅をでて、すぐに見えてくるのは、「やまびこ橋」。
  新と旧がある。当初は旧の所を通っていましたが、今は新を
  トロッコは通ります。ポスターで見かける写真は、旧から写し
  たものです。
.
Img_5895w750
.
↑ <宇奈月ダム 宇奈月発電所
.
Img_5899w750
.
↑ 新柳河原発電所 ヨーロッパのお城をイメージして作られた
.
Img_5900w750
.
↑ 柳橋停留所 所々にすり替えができる停留所があります
.
Img_5907w750
.
↑ 深い山の中にも所ところに橋が架かっています。
  猿専用橋もあり、手すりがないのです。
  いつもは、この話を聞くだけで猿が通るのを見たことがなかった
  のですが、写真をよく見てください。 橋の奥のほうにいましたよ
  サーカスの人とか鳶職とか、チャレンジする人はいませんかね
.
Img_5909w750
.
↑ 仏石 仏石谷と黒部川の出会い付近の岩場に立っている、
  石仏に似た形の天然の岩。
  体を横にして見てね
.
Img_5913w750
.
↑ 後曳橋 黒薙駅を出るとすぐに後曳橋(青い橋)を通ります。
   高さ60m 沿線中最も高い所。谷を見下ろすとあまりの高さで、
   後へ引き返そうと思った。それで、この名がついたとか。
   この奥にも黒薙発電所があります。
.
Img_5919w750
.
↑ <出平ダム トロッコが遅いといっても、タイミング良く撮る
   のは難しい。放流されている所が撮れませんでした。
.
Img_5920w750
.
↑ 出六峰 垂直にそびえる岩山。写真にありませんが、下は
   いつもはエメラルドグリーンのダム湖。
   ですが、今日は色が違って見えました
   ダイナミックな尾根の対比が見事
  雄大すぎて、カメラには収まりきれません。
.
Img_5927w750
.
↑ 黒部川第二発電所 直線的な外観が特徴。
  「富山の建築百選」のも選ばれています。
.
Img_5930w750
.
↑ 小屋平駅で帰りの電車とすれ違いました。何となく、どちらも
  手を振っています。ほほえましいです。 
  ここにもダムがあります
.
Img_5935w750
.
電車の案内役は、女優で富山県出身の室井滋さんです
おしゃべりをしているようなトーンでの解説、ここが好きでどうしようもないという愛情が出ているように思われ、とても親しみを持ちます
.
Img_5936w750
.
欅平けやきだいら)到着
紅葉を見に来たはずですが、わずかに色づいているだけ。
ちょっと、がっかり。
渓谷を遡って、高い所まできたつもりですが、ここで標高599m
以外に、低いのです
.
Img_5942w750
           人食い岩
.
ここでの見学地は、名剣温泉まで。
その奥へ行くと祖母谷(ばばだに)温泉という所もありますが、通行止め。 遠いので はなから行く気はないのですが・・・
もう一つは、下に下りて、猿飛狭。 ここは遠いし降りるのも大変
.
Img_5957w750
.
諸般の事情で、名剣温泉まで散策
.
Img_5959w750
.
途中、かろうじてだいぶ紅葉している所が一箇所のみ
.
Img_5960w750
.
名剣温泉は、「秘境の湯を守る会」にも入っておられる。
時間があれば、風呂にも入ってみたいもの
.
Img_5962w750
.
ホテルで貰ってきた昼食の弁当。
幅が広くて、持ち歩くのも大変。
ふりさげげて歩いたので、中身も元気に遊びに出てしまっている
.
Img_5968w750
.
そうそう、欅平の駅の下には、足湯があります。
ここまで降りるのは、膝や腰の痛いものには至難の業
上から眺めただけ
.
ホテルへ帰ってきたのが、14:30ごろ
ホテルの車で、高岡まで。
ランブルでコーヒーを一緒に飲み、16:00の電車で帰っていきました

| | コメント (18)

先輩と宇奈月温泉 YKK・埋没林・蜃気楼

ホテル渓仙の企画 「秋の新川地区 探勝の集い」―黒部渓谷の紅葉と富山湾の神秘、地場産業の見学 に大学の先輩と一緒に参加した
彼女は、大学の先生をしていた。 旦那さんは、化学専攻で京都大学地球物理の西村進先生と組んで、温泉の地層を探る仕事。 そこに出ると分かれば、三菱重工など大手会社が掘削するのだそうです
そのだんなさんが倒れられ、15年間看護にあけくれていた。 ケアーマネジャーに施設を勧められ、今は体が楽になったので、15年間取り戻そうと、遊びにあせっている・・と笑わせてくれる

昨日は2人で、金沢を散策。 高岡駅南のホテルで彼女は1泊。
翌 10/30日(水) 9:30 駅南にホテルから迎えの車が来ることになっている。
砺波から出た車は、高岡・小杉を経て、宇奈月へ
一方、富山方面を回ってくる車もある

ホテルに着くとまずは、昼食  この弁当

Img_5837w750
.
昼食を済ませた後、地場産の見学へ
.
 ≪YKKセンターパーク
.
Img_5845w750
展示室で一通りの説明。 質問したが答えられませんでした
その後、YKK専用の車に乗り、会社の市以内を案内してくれるのが、TVに映し出されるチャック
そして時々降りて、ちょっとだけ見せてくれる
.
Img_5843w750
.
すべて撮影禁止。 かろうじて「5人の像」だけ。
このことについて、知っている人も多いでしょうが、改めて、ちっちゃな話にでも・・・
見学については、団体ならば申し込みが必要。時間も決まっている 個人で勝手に見ていく場合は、何時でも可。 しかし、広い敷地各工場は回れない。
.
Img_5838w750_2
.
 ≪魚津埋没林博物館
.
Img_5846w750
.
忘れるほど昔、一度だけ来た事があるような・・・
写真に納まりきれない杉の根。 暗い部屋で巨大なプールのようなところに納められている。 
元を正せば、ここにあったものを周りをコンクリートで囲んでしまったとか。 ということは、これだけではなく、巨大杉の森だったということか・・・? 
今わずかに残っている沢杉のように・・・
これで、2本分だそうだ(写真は一部だけです
.
Img_5859w750
.
乾燥した杉根もありました
.
Img_5862w750
.
複雑な根の一部を撮ってみると・・・
左 恐竜の頭  右 首が長く、なんとかザウルスに似ていませんか
.
Img_5863w750
.
それにもう一つ 親子3人(?)のオットセイ
.
Img_5866w750
.
シアターでは、蜃気楼のメカニズムの説明の映写
よく分からなかったので蜃気楼の写真と説明で判断してください
というのは、像が上にできている、下にできてると言われても判断がつきませんでした。見慣れないものにとって、同じに見えるのです。
.
Img_5870w750
Img_5873w750
Img_5874w750
.
蜃気楼道の駅
魚のコーナー、お土産コーナーと別れています
.
Img_5877w750
.
お土産コーナーに、「じゃんとこい市」とあります。
「じゃんとこい」 とは、むぎや節の囃子言葉。
南砺市ならいざしらず、不思議に思いました
私も海の近くに住む。 特に求めたいものもなく・・・
.
Img_5878w750
.
   ≪ホテルの夕食
ホテルの夕食。大広間だが、テーブルはグループごとに分かれている。 だから、私達は2人。 夫婦で何組も来ておられます。 仲良く話をしてる夫婦、一言も口を利かない夫婦、観察していると面白い
.
Img_5881w750
  ・ 炊き合わせ 車えび・椎茸高野博多・小芋・陸蓮根・銀杏麩・木の芽
  ・ 前菜         烏賊紅葉和え・胡麻酢あみ茸・蟹養老寄せ・天蟹味噌
.
Img_5883w750
  ・ 焼き物 鱒糀焼・紅白生姜・紅芋茶巾
  ・ 造り   間八・鯛・甘海老・妻色々
.
Img_5884w750
  ・ 里芋宝楽蒸し 菊花きのこ餡
.
Img_5885w750
  ・揚げ物 天婦羅 海老・じゃが芋包み揚げ・キス・青唐
.
Img_5886w750
  ・ 酢の物 〆秋刀魚と榎木の和え物
.
Img_5887w750
  ・ご飯  富山こしひかり
  ・汁   菊花つみれ・若布・三つ葉
  ・漬物 2種
.
Img_5888w750
  ・デザート パンナコッタ(ゼラチン寄せ
.
どのご馳走も手を抜かない料理。 どれをとってもおいしい!
刺身の妻、大根は桂剥きで手作業です。
桂剥きは、料理の基本。 新聞の上に置いて、字が見えなければ合格しません。 食物科の先輩も寮で練習をしていました。
下の肥えた彼女、ここの料理が大そう気に入って、来年春のイベントにまた来るという。 その前に、今年11月に、どうしても和倉温泉に来たい とも・・・
北陸を気に入ってもらって大変うれしいことです

| | コメント (16)

先輩と金沢散策

姫路から、大学時代の先輩がやってきた。
卒業して以来、一度、私が姫路に出張したとき、30分くらい会っただけで、今日に至る。
北陸は初めてだという彼女。 金沢を見たいというので、同行。
明日は、宇奈月温泉に行くことになっている

金沢散策 1つ目は、【兼六公園】

Img_5750w750
.
中でも有名な徽軫(ことじ)灯籠
遠方の客なので2人でばっちり写真に納まりました
.
Img_5755w750
.
兼六公園には、公園だけを管理する庭師さん達がおられます
法被を着て、雪つりの準備です
縄をビニールにくるんで、すでに付けてありました
.
Img_5757w750
.
   ランチは公園内・ひさご池に面している、三芳庵
.
Img_5759w750
.
   中から見るとこんな感じ
.
Img_5760w750
.
   ランチは、「夕顔弁当」  1.500円くらい
.
Img_5762w750
.
    別盛の団子と弁当
.
Img_5766w750
.
   左端 金沢郷土料理 治部煮
.
Img_5768w750
.      
     日本最古といわれる噴水
.
Img_5769w750
.
今の時期、花はなく、紅葉も今ひとつ
姫りんごのような実がなっていた
苔の上に落ちた実が宝石のよう
.
Img_5770w750
Img_5771w750
.
2つ目の散策は、【東茶屋】
町並みを見ただけで、茶屋町とわかるはずだが、彼女は、「ここは・・?」 姫路には茶屋町がないらしい。 でも。真面目な彼女が知らないだけなのか・・・
.
Img_5772w750
.
  国指定重要文化財となっている「志摩」の内部
.
Img_5774w750
.
Img_5778aw750
.
Img_5786w750
.
Img_5788w750
.
今回はじめて、ロッカーが設置。
すべての荷物をここへ入れる。管理が厳しくなっていた
カメラは可
Img_5790w750
.
   素足は不可。 なので靴下まで販売されていた
.
Img_5789w750
.
お店を散策 金箔扱ったみ店
.
Img_5791w750
.
   バックもカステラも金箔
.
Img_5792w750
.
   蔵の中も外も金箔を張り巡らされている
.
Img_5794w750
.
     またまた、散策
.
Img_5797w750
.
Img_5804w750
.
         だんだん暮はじめ・・・・
         周りに明かりが入った
.
Img_5820w750
.
Img_5811w750_2
.
突然、騒がしくなり、あっという間に撮影が始まった
男性2人 女性1人 見たのは一瞬。 後はバリケードが張られてしまった。 「あれ、ダイゴと松田龍平じゃない?」 「ダイゴって・・?」 「竹下登首相の孫の・・」 「・・・??」 「もう一人・・?」 「松田優作の子の・・」 「・・・??」
女性のほうは、誰かわからなかった。 何しろ2人を判別するだけで精一杯。 ほんの一瞬の出来事だった。
12月10日、10:00からオンエアーだそうだ。
.
Img_5816w750
.
    おいしい中田のきんつばも買いました
.
Img_5818w750
.
これで、高岡まで帰ります。
明日は、一緒に宇奈月温泉です
.
Img_5828w750
.
私達が乗る時間近くに入ってきた列車
かわいい絵柄とともに、和倉温泉と書いてあります
.
Img_5835w750
Img_5833w750
Img_5834w750
.
普通列車乗り込み、出発。 ホームアナウンス「津幡ー 津幡ー」
津幡駅を発車。 その間、喋り通し。 
ホームアナウンス「高松ー高松ー」
あちゃ、こんな駅知らないぞ! 七尾線だったんだ!
ここで降りて乗り換えなくっちゃ! でも、駅員さんがいないと困るぞ! 駅さんがいるのを確かめて降りた。
「相談があるのですが・・・。 北陸本線と思って、乗り違えてしまいました。 どうすればいいですか」
「津幡まで戻って、乗り換えてください」
親切に時刻を教えてもらって、無事高岡に到着。
. 
Img_5836w750
.
めでたし!めでたし! の珍道中でした。

| | コメント (20)

紅葉狩り 有峰-2

昨日の続き。 といっても、3・4日の分同時に入れていますので、昨日の分 有峰ー1 の写真も見てくださいね。

11月1日(金)、有峰湖へ、「紅葉狩り」に行ってきた。
昨年は、26日に行ったときは、最高の日でしたが、今年は遅くに行った感じが免れません。 目的のところのもみじは、もう散ってしまっていました。

Img_6072w750
.
Img_6080aw750
.
標高の高いところは、すでに落葉しています
有峰林道として有料のところは、遅かったようですが、
.
Img_6082w750
.
帰り、岐阜県神岡方面 反対は、平湯・安房トンネル方面へ通じる、東谷ゲートを抜けるとここが最高にきれいなところでした
左側の小道を覗くと、赤いもみじが見える。
降りて歩いてみると
Img_6084aw750
.
変化にとんだ木々。
.
Img_6093aw750
.
生えつくばるように根を張ったもみじ
.
Img_6095w750
.
朽ちて鍵の手のようになった枝ぶり
.
Img_6090aw750
.
多彩に色なすもみじ。 ここだけでも、来た甲斐があると思える風景だった
.
Img_6098w750
.
しばらく行くと、遠景がいい風景に出くわす
.
Img_6099w750
.
Img_6101w750
.
Img_6104aw750
.
少し位置を変えて、何枚も撮ってみた
.
Img_6105w750
.
山を降り、里山風景が見え始め・・・
「山之村牧場」 
Img_6124w750
.
肉・乳製品工房 蕎麦うち体験 手作り バーベキュー や
レストランとあったので、ここでコーヒーでも飲んで一休み、と思ったが、人の気配はせず・・・
.
Img_6112w750
.
近くに、喫茶レストラン「夕顔の駅」 があったので、ここで一休み
.
Img_6126w750
.
行き帰りに、サルの群れをみました。 カメラを出し構えるまで逃げてしまって、写せません。 かろうじて逃げ遅れていた背中を捕らえました
.
Img_5989
.
帰ったのは、6:30 残ったおかずもあるし、ご飯とお汁だけ簡単に作って食べました

| | コメント (18)

紅葉狩り 有峰-1

11月1日(金)、昨日の予報では晴れていたので、有峰へ紅葉狩りに行くことに決めていた。 しかし、明けてみれば、曇りマークに変わり最高とは行かないが、後になるとよけい天気周りがよくないので、出かけた。

富山県側、亀谷温泉より入る。
通行券は、普通車 1800円

Img_5991w750
.
           有峰ダムと有峰湖   
紅葉しているものの茶色ばかりで綺麗とはいえない
.
Img_5992w750
.
有峰湖の展望台から、左をみると・・・
いいでしょう
.
Img_5993w750
.
はじめに目指したのは、有峰記念館
手前の支柱には、「天の夕顔の道」 「北越高原」とある
正面に見える山は、「薬師岳」
.
Img_5996w750
.
有峰記念館のなかの「レストラン有峰」で昼食
私は、「醤油ラーメン」 夫は、「山菜蕎麦」
オネエ言葉の男性が対応。
おいしそうに見えるが、ゆでるお湯がぬるかったのか、お湯の量が不足なのか、さらしてないのか、ぬめっとしていておいしくない。
.
Img_6018w750
.
レストランから見える風景
.
Img_6019w750
.
この記念館の周りの紅葉が好き!
しかし、今回は行くのが遅かったので、盛りは過ぎていた
.
Img_6009w750
.
この2枚、撮っただけ
.
Img_6003w750
.
その後、湖を左に見ながら進む
以下、写真だけお楽しみください
.
Img_6026aw750
.
Img_6043w750
.
Img_6054w750
.
Img_6062aw750
.
Img_6064aw750
.
Img_6070aw750
.
有峰ー2 もあります

| | コメント (8)

ちっちゃな話-91

 ちっちゃな話 91
―≪車つながりで・・・≫≪11/2(土) 朝日Be版数独≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

車つながりで・・・

 ・ 喫茶「海岸通り」にて

2日(土)、源ちゃんが忙しいのが一段落して、時間が空いたらしく、久しぶりに会うことにした。 こんなときは、「海岸通り」が便利。

Img_6152w750

「海岸通り」のある人の車です(匿名希望さん)。
昨日、11月1日に新車が納車!
希望ナンバー取得して 『 8.88 』
このナンバーは、香港では、幸せ・家内安全・無病息災・商売繁盛() 全てに通ずるめでたく縁起のいいナンバー!
ナンバー付で納入されたものをみると、『 な 』 がついて・・・
続けてみると 「 な・8.88
一昔、ふた昔以上前の せんだみつお のギャグ !!
「なははは」  何とお気楽なナンバーでしょう・・・

Img_6151w750

 ・ トレーラーの車輪

側面スタンションを6本装着
平行して走っていたので全体像は撮れませんが・・・
前の車2つ上がっているのがわかりますか。
搭載荷物が少ないときは、上げ
多くなったら、量にあわせて車を下ろすのでしょうね。
こんなことに初めて気がつきました
合理的に作られているのに驚きます

Img_5686

 ・ ワイパーが物干しに・・・

10月下旬、旧軽井沢へ観光に行ったとき、我々のバスの横に止まっていた観光バス。 待ち時間を利用して、少しでも干そうとしているのでしょうか。
さすがプロの運転手。 私には思いつかないことです

Img_5544w750

 ・ 車の付属品

多くの荷物があるときのために、こんな付属品があるのですね。
雨の日は困りますが・・・

Img_1920w760

11/2(土) 朝日Be版数独
★ 5 です
よかったた、お楽しみください

Img_6153w750_2

         答 1+4=5

Img_6156w750

| | コメント (20)

売薬資料館 to 伏木文化祭

月末は、忙しかった。
 ・ 伏木文化祭・・10/25~10/27(金~日)
          そのために、24日は搬入・飾りつけ。 
          25日は1日当番
 ・ 軽井沢・八ヶ岳旅行・・10/26~10/27(土・日)
 ・ 紅葉狩り・馬場島・・10/28()
 ・ 金沢散策・・10/29()
 ・ 宇奈月温泉・・10/30~10/31(水・木)

立て続けに家を空けていました。
朝開いたら見れるように、いなくても、予約で記事がアップできるようにしていたのですが、最後の一日、31日の分記事を書く時間がありませんでした。
そのため、「病気ではいか、家のものに何かあったのではないか」 など、心配をかけてしまいました。 一言書いておけばよかったと、反省しています。 5日間 まとめて書いていましたので、気が回らず、申し訳ありませんでした
.
売薬資料館

10月20日(日)、第13回 ミニ同窓会の日。 生憎の雨。
晴れたにこした事はないが、計画のすべてが建物の中。
10時、伏木駅前集合だが、自主的に駅舎の中。
参加者;男 6名 女 12名 計 18名の大所帯になった

今日の企画をざっくりいうと、呉羽山で学習とランチ

伏木駅 → 土人形工房で絵付け体験 → マリーマリー会席膳のランチ
売薬資料館 → 伏木駅

これで、ミニ同窓会の〆になる

Img_2196w7601
.
企画展がありまして、「薬と歌舞伎」。 売薬版画 だそうです
ここにアップしたのは、ほんの一部だけです
.
Img_5359w760
.
富山の売薬さんは、江戸時代後期から、佐奈座間菜おまけをお客さんに配っています。 t区に喜ばれた売薬版画。 この時代は歌舞伎が盛んで、団十郎や尾上菊五郎が人気があったようです
.
Img_5361w760
.
歌舞伎の演目の中で、薬や薬物が登場するものがあります。
薬と毒は紙一重。 病を治したり招いたりします。 それが歌舞伎の話を進める重要な役割をし、薬を使う人間の心情を浮き彫りにしています。
今回の企画展は、薬・毒薬が出てくる歌舞伎を描いたものを取上げています
. 
Img_5363w760
.
そのほかの配り物もあります
.
Img_5357w760
.
上は、輪島塗の飯がいなど、お金持ち向き
下は、ごく一般向き
.
Img_5358w760
.
これらのお土産は、この小折にいれて運びました
.
Img_2198w7601
.
一番下が、かけば帳など、商売道具
続いて、お土産
新しい薬
代えた古い薬 など、別々の小折に収まられています
.
Img_5367w760
.
伏木文化祭
10/25~10/27(金~日)は伏木文化祭がありました
.
Img_5436w750
.
わたしは、写真で参加しました
・秋桜・あきざくら 桜の花と紅葉したもみじを同時に撮ったもの
祈り お地蔵さんがずらりと並んだもの
の2点
.
Img_5441w750
.
ほかに、習字や絵画 手芸品 生け花などはもちろんありますが
なかでも、気に入ったものを紹介します
.
Img_5442w750
.
↑ ↓ 両方とも陶器です 蛙 ふくろう お多福・鬼
     ともにかわいい
.
Img_5443w750
.
似顔絵
.
Img_5450w750
.
布団に入った幼子
.
Img_5449w750
.
降り畳んだ布も使って・・・ パッチワークというのでしょうか
.
Img_5445w750
.
籐芸 売っているのと同じくらい上手です
.
Img_5447w750
.
たくさんの作品が展示され、上手すぎる作品を楽しみました
土・日は、出かけることになっていますので、金曜日、一日中
当番をしました

| | コメント (14)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »