« 紅葉狩り 高岡古城公園 | トップページ | 工 春雄 小説作品 »

ちっちゃな話-95

ちっちゃな話 95
―≪ペットボトルを暖める方法≫≪あなたはどっち・・?≫≪母の愛は海より深し≫≪≫≪≫≪≫―

いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

ペットボトルを暖める方法
毎月、第3水曜日はメロウ(シニアネット)の日です。
10:00~15:00 まなび交流館(昔、二上青少年の家) 3Fで活動をしています。 そのリーダーが、imaichiさんです。
富山からも来ておられます
昼食600円で申し込めば、まなび交流館で用意してくれます。 揚げ物やハンバーグは既製品で、美味しいというわけではありませんが便利です。 昼食を食べた後、3Fロビーで一休みです。
お茶やお菓子を用意してきてくれるのが、富山から来ているトータスさん。

Img_6509w768

暖房の吹き出し口を見ると、お茶がくくられています。
トータスさんの仕業です。
「これは何・・?」 「冷たいから暖めている・・!!
「ははは・・・、これは、ブログにおいしい !!
「紐はどこにあったの・・?」 「この部屋、縛ってあった紐を解いて使った」 かくて私たちは、暖かいお茶とお菓子をデザートにすることができました。
こんな、面白い事をする人が居るメロウクラブ、シニアなら誰でも入る事ができます。 コースで教える教室ではありませんので、自分のやりたい事を教えてもらえる所です
全員、オールマイティではありませんが、得意分野はそれぞれです。
興味のある方は、試しに来てみてください
12月には、1泊の忘年会もあります

あなたはどっち・・?

Img_5975w750

これも、宇奈月・欅平のお土産にあったものです
あなたは、どちら派・・・?
  じっくり考える !!   ノー天気で行く・・・ !!
私は・・・? 皆さん一斉に答えます。 「ノー天気 !!!!

Img_5974w750

母の愛は海より深し
93歳の母のぬりり絵です。
寝たきりではありませんが、車椅子生活です
ベースメーカーもつけているのですが、起立性貧血症のため、立つと息苦しくなるのです。 だから、立つ事はもちろん、歩く事も困難です。 
介護度4 の認定を受けています。
今、「ケアホーム あいの風」 という施設にいます
そこで、リハビリの一環として、ぬり絵があるのです
「子供みたいにこんなものさせて・・!」 と不満げです。
「今、大人もぬり絵をする時代だよ。立派な本も売っているし、私もやっているよ」 「・・・・?」 「髪の毛、いろいろな色を使ってきれいにしたの?」 「そう!」
本を買ってもって行かなければならない。

Img_2651w760

その母が、先日、下痢と嘔吐で入院した。 ホームの先生(看護士)は、「水分も不足していると思うので、点滴すればいいのではないでしょうか」 の連絡だった。 こんなときは、ホームから送ってもらえるので、伏木病院で落ち合うことに・・・
土曜日だったので、当番の先生が見てくださり、ホームの先生と同じ判断。 でも 「念のために、様子を見るために一晩入院すればどうですか。 明日、日曜日ですが鈴木先生(主治医でホームまで往診にきてくださっています)当番で出られますので・・・」 空き部屋がないと個室になった。 一晩だけならとOK。
ところが、鈴木先生は、「軽い肺炎を起こしている」 と、本格的に入院になりました。 点滴をしたら、本人はいたって元気。 入院の必要があろうか、と思われます。
私が病院からの帰り際、「看護婦さん、忙しいから、迷惑をかけないで帰りなさい」。 いつまでも、母は、母です。 
もうすぐ、後期高齢者になる娘は、いつまでたっても母の信用はありません。 いままで、認めてもらった事がないように思います。
足掛け、16日間入院して、前よりいっそう顔色もよく、元気になって退院してきました

|

« 紅葉狩り 高岡古城公園 | トップページ | 工 春雄 小説作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
メロウ倶楽部のPRを、ありがとさん!!
興味ある御方は、是非一度ご来訪を、、

投稿: imaichi | 2013年11月27日 (水) 05時44分

姫さま
ぬり絵はきっと愛する娘を思ってかかれたでしょう。あなたはどっち?もちろん「下」です。

投稿: 森のくまさん | 2013年11月27日 (水) 08時43分

お母さんの記事、久しぶりですね。
“いつまでも、母は、母です。”
姫さんの実感の籠った言葉に感動させられました。

投稿: ヒマジン | 2013年11月27日 (水) 11時11分

姫様
タイトルを見ただけで吹き出しています。
ペットボトルが括りつけてある図も見ただけで、説明がなくても笑い転げます。でも、説明を読むと、ご苦労なさっている方に頭が下がります。
わたし!勿論、ノー天気で生きています。
「五戒」にしても「うれしいな」にしても上手いこと書いてあります。
「母の愛は・・・」のところの「看護婦さん、忙しいから・・」は貴女がお母上に言われた言葉かと勘違いしました。
私も息子にものを言う時は気をつけましょう、と学びました。

投稿: なは | 2013年11月27日 (水) 16時51分

姫様
ペットボトル、名案ですね。
ブログのネタにいただき!で、笑ってしまいました。
私は”ノー天気”で、毎日過ごしてますが、それでいいと
思ってます。
お母さま、お元気になられて良かったですね。
いくつになっても母は母、娘は娘ですね。

投稿: ヒマ子 | 2013年11月27日 (水) 20時08分

姫ちゃん
 お母様も高齢で大変ですね。
音楽を良く教えてもらったので、音楽だけは優秀な成績でした。
 音大に進む予定でしたが音痴なのでやめました。
 今でも音痴です。
メロウの会の人も優秀の方や優雅な方がいますね。
 昼休みは楽しいですね。

投稿: たくちゃん | 2013年11月27日 (水) 20時22分

姫さん
 のご母堂と同じでした!病気であろうとなかろうと、母は母、息子は息子でした!
 ペットボトルを温める裏技は、年の功ですね!今のうちにいろいろ教わっておきましょう!

投稿: どんちゃん | 2013年11月27日 (水) 23時04分

imaichiさん
私のくらいでPRにならないかもしれませんが、おおくなるといいですね

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時02分

森のくまさん
ぬり絵、そういうことにしておきましょう
どっち? くまさんは、いつもポジテブですから・・・

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時03分

ヒマジンさん
施設は、至れり尽くせりです。
家では、あれだけ面倒をみれません。
夜中も、オムツを3回かえてくださいます。
食事も食べやすいように工夫されています。

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時36分

なはさん
面白いことを考え付く人がいるものでしょう。
私も噴出しましたよ
老婆心、いつも一言多いです。
どこも一緒でしょうが・・・
「太陽」になるためにも、ひとこと気をつけなくっちゃ・・・!

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時42分

ヒマ子さん
ペットボトルの件、ヒマジンさんから聞きましたか。
「ぬるい」 冷たいよりいいです。
私も「太陽」であり、美女の会の会員でもありますから、超ノー天気です
ペースメーカーも入っていますし、これからも元気で過ごせるでしょう

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時50分

たくちゃん
メロウへ久しぶりに来ましたね。
あなたが居て驚きました。
ゆっくり、していけばよかったのに・・・

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時53分

どんちゃん
いずこも同じ秋の夕暮れ です。
夫もよく腹を立てていました。
私がまだ勤めていたとき、よくしてもらいましたが、今では、いっさいかかわりません
ペットボトル、どこかで使ってみて下さい

投稿: 姫 | 2013年11月28日 (木) 14時58分

いまどきの塗り絵、何とまあ可愛らしいこと!
ウチの近所にも、お母様のようなコメントを言いながら、いきいきサロンやデイケアに行くお年寄りがおられましたっけ。昨年亡くなられましたよ。肺炎、気をつけてあげてくださいね。ひとまずよかったですね。我が娘も、お母さんに褒められたことは一度もないと、よく言いましたよ。

投稿: 清姫 | 2013年11月28日 (木) 22時01分

清姫さん
そういえば、子供のころの絵とは違いますね。
どこも、似たり寄ったりが・・・
肺炎が命取りになる、とよく聞きますね
褒めるの、今からでも遅くないですよ

投稿: 姫 | 2013年11月29日 (金) 01時42分

姫様
反省しますよ。息子達にどんな言葉を発っしているか?
金沢翔子さんのお母さんのように、子どもを庇護するだけと思わないで、生きている事を大いに喜ぶ、褒める、認める、ということが必要かも・・・ね。いつまでも親として「立ちはだかる」のでなくて・・・。
「この子がいて幸せ」と思いたいです。一切条件や文句をつけないで・・・。

投稿: なは | 2013年11月29日 (金) 16時25分

なはさん
子供達が、どう思っているのか聞いたこともないですが・・・
決して、いい親ではないはずだと思っています
一切口を出していないはず・・・と思っているのですが。
それが、物足りなく不満だったりして・・・
何が正しかったのか
いまから、どううしようもない!

投稿: 姫 | 2013年11月29日 (金) 17時47分

姫様
姫様の子どもさん達は「お母さまに感謝しておられます」だって子どもさんたちを引き連れて来て下さるのですから・・・。
しかも、お料理などを教えてくださるお祖母さまなどいらっしゃんませんよ!感謝して喜んでおられますよ!
すごい関係です。親子、祖母、祖父とお孫さんたち・・。素晴らしいです。

投稿: なは | 2013年12月 1日 (日) 17時22分

なはさん
そうでしょうか。
博史に手がかかるので、一人ではどうしようもないらしいです。
それで、しゅっ中連れてきます。
たまに来るのは、私も楽しいのですが・・・
帰ると、ほっとします。
近くに、一人娘が居てよかったと思っています

投稿: 姫 | 2013年12月 2日 (月) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉狩り 高岡古城公園 | トップページ | 工 春雄 小説作品 »