« 白山林道 to 白山比咩神社 10/2 | トップページ | 夕日 to SL »

中宮温泉 to あんころ 10/2

「伏木生涯学習推進協議会・伏木校下公民館連合協議会合同研修会」 一行には収まりきらない長い名前の研修会(日帰り旅行)に、夫と参加した。
どんちゃんが生涯学習の会長をしているので誘われた

【コース】 伏木福祉会館前→白山スーパー林道→中宮温泉(昼食)→白山比咩(ひめ)神社→圓八のあんころ→伏木福祉会館前
今日は、太字の所を紹介します

中宮温泉(昼食)
中宮温泉は、白山林道を降りて、間もなく右に曲がります
山間の道を登ると、中宮温泉駐車場。
お世話になる「にしやま旅館」から、迎えのワゴン車。
「急な坂道ですので、足の弱い人は乗り換えてください。 強い人は徒歩で・・・」 もちろん車に乗った。 どれだけ離れているかも分からないまま・・・
が、大抵はバスがそのまま旅館に横付けになる。

Img_4654w760

後から分かったことだが、この坂を登り、上にあるのが「にしやま旅館」 並んで、3軒の旅館があった。
「旅館の前の駐車場が狭いので、U ターンできないので、バックで登ります」 すると、乗客の一人 「崖から落ちないでね」
すかさず、私がフォローした 「大丈夫だよ。 若いし慣れているから・・・」
あなたのおっしゃることは、ご無理ごもっとも。 とても正しいことです。 しかし、それは一言多いです。 言わなくて十分気をつけているはず! 追い討ちをかけることを言ってはいけない。
私は、これで一生の殆どをいらいらしてすごした。

Img_4651w760

にしやま旅館に着くと「日本秘湯を守る会」の提灯が下がっていた

Img_4633w760

秘湯らしく、調度品は山の獣。この部屋にはないが、熊の敷き物が2枚敷いてあった

Img_4649w760

みんなでランチ。

Img_4629w760

岩魚の塩焼き、ぜんまい・厚揚げインゲン人参の煮物
漬物3種(やまうど・大根・守口漬のような)
山菜の天ぷら(イタドリ・アザミ・ヨモギ) 写真撮り忘れ
ごはん、味噌汁     白山百膳 2625円也

Img_4628w760

風呂も入ることが出来ます。 露天風呂

Img_4631w760

大浴場 露天も木の浴槽
胃腸にいいそうだ。 一番に行って写真を取り、入ってきた
やわらかい湯質で暖まり、とても気持ちがいい

Img_4635w760

腰掛けもたらいも木製 この写真タウン誌のようで自分では気に入っている

Img_4638w760

シャンプーリンスなども揃いシャワーもついている

Img_4637w760

飲むこともできるし、入れ物があれば持って帰ることも出来る
地方発送も可。 18ℓ 1500+送料 ペットボトル 300+送料

Img_4644w760

薬師の湯・猿乃浄土の湯 矢印が書いてあったから、誰でも入れる外湯かな。 聞いてこなかったけれど。

Img_4652w760

    白山国立公園 中宮温泉 日本秘湯を守る会会員 
            にしやま旅館
   〒 920-1324 石川県白山市中宮温泉 
         ℡ 076-256-7219

.  ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

圓八のあんころ
あんころ餅は数多くあるけれど、圓八のあんころが一番好き。
竹の皮に包まれ、天狗のトレードマークが付いている。
食べると、竹の香りが何んともいえなくいい。
予定には書いてなかったが、本店に寄るという

Img_4684w760

店でもらったパンフレットによれば
松任といえば「あんころ」とすぐ出るほど親しまれている圓八のあんころだが、竹の皮の包装に挟んだしおりに、このお菓子に由来が書いてあるのをご存知だろうか。
天文2年(1737年)6月のことだそうだ。村上家2世の主が42歳の時、何を思ったか、裏庭に羅漢柏(槙科)に苗木を植え、「わが願いが叶ったら、大きく茂ろ」と深く祈り翌日の夕方、妻子を残して行方不明なったという。妻子は生活苦に悩まされたが、その年の秋の真夜中、妻の枕元に天狗の姿になった夫が立ち「私は京都の鞍馬山でてんぐについて修行している。今お前に教えることがある。これこれの作り方でもちを餡で包んで食べれば息災延命、商売繁盛となろう」と告げて姿を消した。
これが圓八のあんころの起こりである。以来270年余り、我が家の庭には今も羅漢柏の木が茂り天狗堂のほこらが鎮座している

Img_4682w760

もちろん、あんころは買いました 1台のバス、全員が買うのですからなかなか順番が回ってきません。ケースの前に人だかり。 あいた時みたら、こんなにいろんなお菓子が並んでいましたが、見ている暇もありません。

Img_4683w760

「あんころジェラード」 あんころの餅が底に1個。餡のアイスクリームです。 280円也  甘い餡が何時までも喉のところにあり、お茶を飲んでも引かず、SAでコーヒーを・・・。 それでやっと収まりました

Img_4686w760

よかったところは、初めて行った、中宮温泉と圓八のあんころかな

|

« 白山林道 to 白山比咩神社 10/2 | トップページ | 夕日 to SL »

旅行・地域」カテゴリの記事

風呂」カテゴリの記事

コメント

姫さん
中宮温泉、松任のあんころ、
今じゃ、かなり前の記憶を呼び
戻してもらい、レポートを懐かしく
よみました。ありがとさん。

投稿: imaichi | 2013年10月10日 (木) 04時20分

姫さま
秋の行楽地にピタリ。お天気もよく、いい機会でしたね。あんころやさんも町の中にあり、
品豊富。2年前ツアーで行きました。

投稿: 森のくまさん | 2013年10月10日 (木) 09時11分

姫様
どんちゃんのにもありましたが「中宮温泉」なんて尊い名前が何処から来ているのか興味津々でした。名に相応しいいい温泉ですね。写真と解説で、ゆかしいところと感心しています。猿とお風呂に入る、と言う想像は愉快です。想像だけですが・・。
「えん八」のあんころの由来は面白いですね!あごを落として読みましたよ。
松任のあんころはこれだったのですね。美味しいわけです。綺麗なお菓子がいっぱいありますね。
あんころのジェラードなんて思いも付かないです。今日みたい暑い日に食べればうまい!でしょう。

投稿: なは | 2013年10月10日 (木) 16時52分

姫様
数年前、白山スーパー林道をドライブした帰り道、
わたしも中宮温泉「にしやま温泉」の立ち寄り湯してきました。
秘湯にふさわしい、良いspaでした。

中宮温泉の帰りが、「圓八」でしたか┐(´-`)┌
観光コースに入っているんですね~
本店は、松任へ行くたびに寄って、あんころを買います。
そのまま冷凍しておけば、いつでも解凍しておいしく食べられます。

投稿: ヒマ子 | 2013年10月10日 (木) 21時11分

姫ちゃん
 中宮温泉レトロで秘湯とは嬉しい温泉ですね。
 露天温泉の大好きな私好みです。
とりあえず目標の温泉です。

投稿: たくちゃん | 2013年10月10日 (木) 21時48分

imaichiさん
どちらも行ったことがるのですね。

投稿: 姫 | 2013年10月10日 (木) 23時00分

森のくまさん
天気に恵まれ、コースとしてはいい所です。
ここも思い出に残っている所ですか

投稿: 姫 | 2013年10月10日 (木) 23時15分

なはさん
白山国立公園の中ですから、白山神社の中宮という事かしらね
昔、湯治湯だったというのでづが、交通機関も発達していない時どのようにいて行ったのかしら。
今では、便利になりまして。。と言っておられました。
能の世界みたいな話です。

投稿: 姫 | 2013年10月10日 (木) 23時21分

ヒマ子さん
白山スーパー林道は、何度も何度も行っているのですが、中宮温泉は初めてでした。
あることも最近知ったばかりです。
松任、地元ですものね。
今となれば、包装高価でおしゃれです

投稿: 姫 | 2013年10月10日 (木) 23時25分

たくちゃん
たくちゃんも行っていないところがあるのですね

投稿: 姫 | 2013年10月10日 (木) 23時26分

コメント欄がなぜか出にくかったです。
いつか欅平の名剣温泉を覗いた時も、日本秘湯を守る会の提灯が下がっていましたね。中宮温泉は大きな広間があるのですね。お風呂も設備が整って…。
圓八のあんころ、昨年の同窓会の帰りに寄りました。中学生があんころ作りの体験に来ていましたよ。

投稿: 清姫 | 2013年10月11日 (金) 17時16分

姫さん
一里野温泉から中宮温泉に行ったことがあります。
この木の内風呂覚えています。
友人はお父さんの病気に効くと、よく温泉水を汲みに行っていました。
姫さんは甘い物苦手なんですね。私は大好きで困ります。
圓八のあんころイオンモールでも見かけたような…?

投稿: 風子 | 2013年10月11日 (金) 23時58分

清姫さん
そうでしたね。欅平に「名剣温泉」というのがありましたね。
みんなで除き込んでいましたっけ。
今年もトロッコに乗ります
秘境ですから、近代的な建物・施設を期待してもためですが、トイレが洋式がついていまして、それなりの施設は整っています。

投稿: 姫 | 2013年10月12日 (土) 03時06分

風子さん
風呂の梯子とは、風子さんらしいですね。
一理野温泉は、中宮温泉と近いのですか
中宮温泉の水は汲みに行くと無料のようです。
成分の書いてあるのはどこにもなかったですが・・・。

投稿: 姫 | 2013年10月12日 (土) 03時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山林道 to 白山比咩神社 10/2 | トップページ | 夕日 to SL »