« あさひ紅茶はよくダシが出て・・楠亭・かんぽ | トップページ | おやべグルメフェスタ »

大門曳山祭

10月13日(日)、公民館の掃除当番が当たっていた。
8:00から行い、帰ってきたら夫が、「今日、大門の祭だよ」
1日、新湊の祭に行った時のパンフに、射水市の祭 3つまとめて書いてあったのです。 サンディ毎日の2人、暇に任せてでかけます

Img_5020w760

和田川(庄川に合流)にそって、山車が4台並びます

Img_5025w760

大門神社の前でお払いと出発式が行われていました

Img_5029w760

小さめの山車ですが、立派なものです
なにしろ、初めて見る山車です。
紹介は、高岡や伏木の山車を思い浮かべて書いていますので、あっているかどうか疑問です。
それに写真も1つの山車をまとめて撮ればいいものを、あちこち撮るものだから、どれがどれだったか分かりません。
大門は大通りを車で通るだけ。 旧町は入ったことありません。
枇杷首町だけは分かりますが・・・
並んでいる順は、枇杷首、西町、中町、田町。
大門在中のなはさんに聞きますと、常に、西にある町から同じ順で並ぶのだそうです

Img_5030w760

 ↑ 先頭の鉾留は、釣鐘。 車輪が2つ。 
 ↓ 高岡御車山の二番町にもありますが、珍しいと思います
   よく見ると後ろに補助輪が付いています

Img_5031w760

 ↓ 2番手の鉾留は、千枚

Img_5032w760

 
 ↓ 前へ突き出たサスマタのような竹は、巡行するとき電線を持
    ち上げるもの。 各山車に付いています

Img_5035w760

 ↓ 3番手の鉾留は、胡蝶

Img_5037w760

 ↓ カラクリ人形のようです
  動いてなかったので、どう動くのか分かりませんが人形が3体

Img_5033w760

どの山車も彫り物素晴らしい。

Img_5039w760

3つの山車は車が4個 
 ↓胡蝶の山車の黒漆に人影が写ります

Img_5042w760

↓ 4番手の鉾留は、打ち出の小槌
   太鼓をたたくカラクリ人形

Img_5034w760 

出発式が終わり、方向転換。
 ↓ しんがりの打ち出の小槌の曳き手です
    前の車を持ち上げ、

Img_5047w760

 ↓ 車が上がっているのが分かりますか

Img_5048w760

 ↓ 持ち上げるのを補助するために、後は全体重を山車にか
    けます

Img_5044w760

これから巡行です 大門大橋(庄川)を渡ります
枇杷首だけが、庄川の向うにあるのです
釣鐘の山車が枇杷首、 先頭でわが町内に入ります

Img_5050w760

この橋を通るたびに 「何と立派な頑丈な歩道橋が付いているのだろう」 と思っていたのです。 山車を通すためだったのですね

Img_5068w760

胡蝶の羽、螺鈿のようなステンドガラスのような・・・ きれいです
上の蝶を見てください。 透けて見えます。 光や見る方向によって違います
高岡・伏木の蝶は金色なので この素材を見ていると、比較的新しいものではないかと想像するのです。

Img_5054w760

4基揃って橋を渡ります

Img_5069w760

Img_5070w760

写真を見ていただくと分かりますが、車道の左右に歩道橋が付いているのです。 

Img_5060w760

写真はこの橋から撮っています

Img_5063aw760

橋の欄干にこんな飾りが付いています。 それも、4つ違うものが・・・。 「なんで、違うものが付いているのだろう」 と疑問に思っていました。 ここは歩いたことがありません。 横目に見ながら通り過ぎていました
山車を見たとき、すぐに疑問が解けました。 山車の鉾留だったのです。 車まで付いています
余談ですが、大門は凧揚げ大会でも有名なので、欄干の模様は大凧になっています

Img_5067w760

祭男の半纏です どういう訳か和田川を挟んで手前におられました

Img_5027w760

宮には「神輿」が飾られ、町内には「やらやら」(名前は勝手に書いています)がありました
なはさんの話によると、夜は提灯山になるのだそうです。

Img_5022w760

何も分からないまま、見たことに想像を交えて書いています。
間違いがあれば直しますので、よろしくお願いします

そろそろお昼時、これからクロスランド小矢部へグルメフェスタに行きます

|

« あさひ紅茶はよくダシが出て・・楠亭・かんぽ | トップページ | おやべグルメフェスタ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

姫さん
大門の曳山、ン十年ぶりです。レポート
懐かしく拜見しました。ありがとさん。

投稿: imaichi | 2013年10月18日 (金) 05時58分

姫さん
大門の山車山はじめてみました。見どころをしっかりとらえてあるのでよくわかりました。なかなか立派なものですね。

投稿: 茶々姫 | 2013年10月18日 (金) 07時15分

姫さま
隣町でありながら見たことはありません。
何たる丁寧なレポートでしょう。
あの橋はいつも何気なく車で通ります。
山車さまの橋でもあるのですね。

投稿: 森のくまさん | 2013年10月18日 (金) 09時14分

大門の曳山祭りは、
見たことがありませんでした。
それにも増して大門大橋の疑問が解けて、
楽しく拝見致しました。

投稿: ヒマジン | 2013年10月18日 (金) 10時59分

imaichiさん
見たれたことあるのですね
伝統の祭ですから何時見ても大体同じですが・・

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 11時16分

茶々姫さん
大門大橋でなはさんとすれ違いました。
祭だというのに、大伍さんと映画を見に行くんですって・・・
山町でなかっら、関係ないものね

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 11時20分

森のくまさん
山車が通るとき、車道車止めになるのだろうと思っていました。
あれだと、渋滞しなくていいですね
もう、遠くへいけないので、近間でちまちま遊んでいます

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 11時25分

ヒマジンさん
 も、疑問に思っていましたか
 ・・・一見にしかず! でした

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 11時29分

姫様
大門に山車があるなんて、今まで知りませんでした。
立派なものですね~
大門大橋の歩道を山車が通って行くって、
他では見られない風景ですね。
祭りの様子が良くわかりました。

投稿: ヒマ子 | 2013年10月18日 (金) 15時30分

高岡の御車山に、山車の種類がよく似ていますね。やはり、安土桃山時代の物でしょうか。
秋祭りはいいですね。能登の帰り、キリコ会館に寄り、能登の各種祭りの写真を観て来ました。それぞれ趣向が異なり、面白いですね。

投稿: 清姫 | 2013年10月18日 (金) 17時18分

姫様
平成3年までここに住んでいて、家もお宮さんの直ぐの所にありました。でも、お祭りは義母の言うとおりに「ご馳走つくり」で忙しく、(お客が多かったので)山車を見るのはお客が静まってからで、夜の提灯山ばかりでした。
こちらに来たらお祭りが違いますので、あの日、大門のお祭りをすっかり忘れていました。正力橋の歩道を歩いておられる貴女を見つけて驚きました。
丁寧な紹介ありがとう。私、これで初めてつくづく眺めました。これから少し歴史的なことなど聞いておきます。

投稿: なは | 2013年10月18日 (金) 17時39分

姫さん
 山車は街の中を巡るものとばっかり思ってましたから、この大門の田舎道や土手沿いや歩行者用橋をしずしず回る山車の光景は、日本の原風景ですね!
 高岡の山車を真似て造ったと言われているだけ、どことなく高岡の山車に似ています。
 いくら毎日サンデーとは言え、取材魂に敬服します。取材記者よ見習え!と。
 この後、クロスランド!そのエネルギーはどこに蓄積されているのか?

投稿: どんちゃん | 2013年10月18日 (金) 21時17分

姫ちゃん
 大門の祭りの取材とはさすがですね。
小ぶりの山車も優雅ですね。
 大門の市場調査で枇杷首の読み方と場所がわからず、苦労しました。
 高岡だと思っていたら大門でした。
正力松太郎の家の大きさに驚いたことを思いだしました。
 それにしても詳細に観察して撮影をしましたね。

投稿: たくちゃん | 2013年10月18日 (金) 22時23分

ヒマ子さん
新湊では橋を渡りますが・・・
大門では、同じ橋でも歩道橋ですから贅沢に作ってありますね
他にはないでしょうね

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 23時02分

清姫さん
鉾留といい、2つのだけの車といい、よく似ていますね。
しかし、安土桃山ではないでしょう。
もしそうなら、文化財になっているはず
なはさんなら、分かるかも・・
祭はいいです。
祭三昧をしたいですね。だれか、一覧表持っていないかな

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 23時08分

なはさん
おみやさんへ行った時、ここら辺になはさんの家があったのだね、と話していました。
私も、自分の所の花山、見なかったです。
最近、やっと見に行くようになりました。
でも、歩いたら遠い。
私も、びっくりしましたよ。でもよく見つけてくれましたね
今度、提灯山見に来ます。案内してね

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 23時14分

どんちゃん
出発式と出発する所だけを見ていましたから・・
枇杷首を回って、また橋を渡って帰ってから、旧町内を回るのだと思います。
今度は、枇杷首側でします。
すると、土手を山車が行くのを撮れるのではないかと思います。
何しろ初めてで要領が得ませんでした
取材、そんな大げさなものではありません。
ただの祭り好き。物見高いだけ。
クロスランドのあと、まだ時間がある。 どっかないかな、でチューチップ公園へいきました。
めい一杯、上手に遊ぶでしょう

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 23時21分

たくちゃん
庄川のこっちだからね。
高岡だと思いますよね。
呼び方も、素直にそのままでいいかしら、違った呼び方かな、と勘ぐったりするようななまえです。
詳細かどうか分かりません。鑑賞する力が不足ですから・・・
たくちゃんなら、もっと違う見方になると思います

投稿: 姫 | 2013年10月18日 (金) 23時39分

姫様
琵琶首、その通り読めばいいのですが、この名前の由来も何処かで聞かなくては!
姫様の丁寧な上手な山車の紹介を大門のどなたかに知らせておきましょう。
喜ばれるでしょう!

投稿: なは | 2013年10月19日 (土) 17時43分

なはさん
「枇杷首」って面白い名前です。
面白名前にランキングされるかもしれませんね。
由来が分かったら教えてください。
それに、誰かに読んでいただくと間違っている所を指摘されるかも知れません

投稿: 姫 | 2013年10月19日 (土) 20時13分

姫様
叔父(夫の父の弟、何でも知っていた人)も夫も居なくなって、でも、誰かに聞いて見ます。それから、来年は提灯山も見ましょう。(鬼が笑うけど)
それにこんな綺麗な写真、町の誰かに見せてあげたいです。
何か知っている人なら教えてもらえます。

投稿: なは | 2013年10月20日 (日) 15時06分

なはさん
火祭りの日も教えてくださいね。
楽しみましょう

投稿: 姫 | 2013年10月20日 (日) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あさひ紅茶はよくダシが出て・・楠亭・かんぽ | トップページ | おやべグルメフェスタ »