« 篤志 to ドラえもん電車 to きときと市場 | トップページ | お盆イベントー1 »

横浜の孫たちがやって来た

8/12 月、横浜から家族4人、車でやってきた。
婿のまさよしは、2泊して、一人車で帰り、孫2人と娘は19日に帰ることになっている
3人の家族が7人になり、人口密度が高くなっている。
ランチは、日本海寿司や、マリーマリーにでかけ、夕食になってもあまり食欲が無い。

まりかは高校生、はるかは中学生。 この子達も、3歳から料理を仕込んだ。今も手伝ってくれる。 これだけになると、任せられる部分が多く、ずっと付いていなくてもよくなった。
献立は私が考え、やり方を大体教えればいいので、写真の撮り忘ればかりで・・・ その上、出来上がったものだけでも後から撮ろうと思っていたのまで忘れる始末!

Img_2753w760

 この日は、帆立の炊き込みご飯、ハンバーグ、切り干し大根
だったと思う。
ハンバーグは、メガパックを買って作って冷凍していた物。
デミタスソースを使って、煮込みハンバーグにする。
1個では、足りない人のために、鮭も焼く。

Img_2759w760

 次の日昼食に、作ったこともないのに、夫が張り切って、「冷やし中華」を作ってくれた。 「ゆで卵、どうして作るんだ」 3回説明してやっと理解。
私のに殻が残っていたが・・・ うっかり混ぜてしまってから写真を撮るものだから、汚い色になってしまいましたが、美味しかったのです。

Img_2799w760

↑ 次の日の夕食、都会では刺身はまずい。 だから、「まぐろ」 は冷凍で日持ちするのであれだけ話題になる。 私たちは、まず 「まぐろ」 なんて買わない。
これは、「ぶり」 大きいとはいえないが・・・。
夕方買いに行くと、お盆だから、3割引き。 普通は半額。
普通の値段で買って、家の冷蔵庫に保管しておくか、スーパーで保管してもらっているかだけの違い。 これでも、まだ新鮮。 富山弁でいうなら、きっときと!
一折、2人分。
煮しめは、まりか。 アサリのお汁は、はるか。
トマトは、隣から貰った捥ぎたて。

Img_2842w760

そして、篤志が来た。
篤志がが来ると恒例、炒り卵チース入り to うどん
まりかと並んで・・・
まりかは、豚肉と野菜炒め

Img_2844w760

篤志の嬉しそうな顔 !!

Img_2848w760

うどんは袋をひっくり返しながら、上手に出す。

Img_2849w760

うどんはお汁代わりになり、揚げ物の既製品、冷奴とあわせて、夕食になった。

Img_2850w760

食べ物は毎日あるのですが、写真のあるのだけ。

|

« 篤志 to ドラえもん電車 to きときと市場 | トップページ | お盆イベントー1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
お孫さんが作ってくれた料理の
夕食風景、和やかで、美味しそう!!

投稿: imaichi | 2013年8月18日 (日) 05時38分

お姉ちゃんたちが来て嬉しそうな
あっくん!
幸せが伝わってきますね

投稿: りんどう | 2013年8月18日 (日) 07時14分

姫さん
 家族の幸せはいろいろあるけれど、調理からはじまり、食卓を囲んでの食事は格別ですね!アッ君の得意げな表情が全てを表しています。
 ご主人まで張り切られてしたこともない「冷やし中華」に挑戦!やるじゃない!とニンマリ!
 台所にたてない小生、この話は細君の前では禁句!そら、OOちのご主人もやってらっしゃるじゃないのと言われるのがオチ故

投稿: どんちゃん | 2013年8月18日 (日) 08時28分

姫さま
大勢で食べれば美味しい、まして孫ちゃん達が作ってくれる。ばばは献立・食材・・・頭はフルに回転。

投稿: 森のくまさん | 2013年8月18日 (日) 08時34分

まりかちゃん達、大きくなって、もう大人ですね。孫ちゃん総動員の夕食作り。広い台所で並んでお料理。献立考えるのも大変だ!

投稿: 清姫 | 2013年8月18日 (日) 09時15分

姫さん
えっ!あっ君こんなに大きくなったの!と思ったら踏み台の上でした。
素晴らしい笑顔で皆を幸せにしてくれますね。
うちの夫、唯一でつくれるのがゆで卵。
ゆで卵大好きなんです。
皆で食べる食事は大変だけど幸せいっぱい!

投稿: | 2013年8月18日 (日) 10時00分

姫様
いいですね!娘がない私は「どんなに幸せかしら」と羨ましい限り、でも育てなかったのですから仕方ないです。
二人とも可愛らしくて料理を素直になさるのは、やはり姫様の教育の賜物ですね!
あっ君も凄いですね。玉うどん袋からだすのは難しいのですよ、手つきがお手のもの、チーズ入りの炒り卵もいい手つき、
「すべて世はこともなし」旦那様まで張り切って!
そうですね!あっ君の笑顔は全ての幸せを語っていますね。
お金は湯水のようにですね・・・。

投稿: なは | 2013年8月18日 (日) 14時47分

姫様
お孫さんたち総出のお料理作り、和やかでお幸せな様子が、
伝わってきます。
おばあちゃんが立てた献立をすべて作ることができる、
素晴らしいお孫さんたちですね。
あっ君の笑顔、とってもかわいい(*^-^)

投稿: ヒマ子 | 2013年8月18日 (日) 21時06分

imaichiさん
いまいちさんには分からないと思いますが、作ってもらうほうが大変なんですよ。

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時27分

りんどうさん
何時も一人でやっているのに、賑やかで楽しかったのでしょう。
できるところお姉ちゃん達に見せたかったのかも・・

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時30分

どんちゃん
そう言わずやらなきゃ!!
大坪さんに言わせれば、「できないというのは、やらないだけ!」
たくちゃんに弟子入りしたらいいよ。

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時33分

森のくまさん
お宅も同じでしょう。
やらせる献立、これ考えるの大変ね。

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時35分

清姫さん
孫も居ないのに、よく分かっていらっしゃる!
自分でやる献立とやらせる献立は違うのです。
だから、苦慮しています。
ここへ、篤志が加わるともっと・・・です

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時44分

風子さんかな?
踏み台も今では高すぎる感があります。
この半分の高さのを欲しいのですが・・・
作ってくれる気もなく・・・
こんな笑顔を見ていると可愛いな、と思います。

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時52分

なはさん
そうなんですよ。諭吉さんに羽が何枚も付いて飛んで行きます。
イベント続きですから・・・
しかし、これが幸せ、というものなのでしょうね。
私たちも、いつまでやってやれるか分かりませんが・・

投稿: 姫 | 2013年8月18日 (日) 23時57分

ヒマ子さん
自分たちで作る、といっても、説明と補助が必要です。
これでもなかなか大変なんですよ。
しかし、頼ってくれているうちが「華」なのでしょうが・・・

投稿: 姫 | 2013年8月19日 (月) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 篤志 to ドラえもん電車 to きときと市場 | トップページ | お盆イベントー1 »