« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

ちっちゃな話-82

 ちっちゃな話 82
―≪9/14 土 マンスリーコンサート≫≪ハートソング≫≪店長の愛車≫≪マリーマリーさんスタッフ募集≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

9/14 土 マンスリーコンサート
9月14日(土)、喫茶「海岸通り」でマンスリーコンサートがあります。
今回出演は、3名。 
「常務」・・・店長によればとても上手な方ですって
「CHIKA」・・・初めての片で未知数
「KIYO」・・・前に聞いたことがあります。優しい歌声で私がお薦めします

Img_2612w760

「海岸通り」 の地図と住所・℡番号です。大きくしてご覧ください

Img_2613w760

ハートソング
シンガー英樹、楽屋姫のボーカル。 3回 海岸通りに出演。
必ず2ステージ行われる、人気のシンガーです
東日本大災害地応援コンサートで目標100万円。 もう少しで溜まりそう・・・・なので、ファイナルステージを「海岸通り」でやられます。
入場料は無料ですが、義捐金をお願いしています。
皆様のハートを是非お寄せください。
マンスリーコンサートは14日(土)
続いて、次の日、15日(日)ハートソングコンサート

Img_2610w760

店長の愛車
「海岸通り」、店長の愛車です。
ナンバーまで披露していいのかな~
では、なぜナンバーなのかって・・・?
この車は、「インサイト
勘のいい人はお分かりでしょう。
もう一つ上を行くならば、ホンダ
ゆっくり考えてね

Img_2614w760

マリーマリーさんスタッフ募集
何度もアップしているお店です。
料理が半端でなく美味しくて、盛り付けが素敵です。
「富山薬膳料理」が、おととい KNB 「いっちゃん」で取り上げられていました
その店が、スタッフを募集しておられます。
できることなら私が行きたいほどですが、条件の明るい・運転できるというのだけ揃っているので・・・

Img_3135aw760

料理が好きな人は、【料理を習う】つもりで行けば、どこの店へ行くよりいいのではないかと思いますよ。
店長の大坪さんは、さっぱりした男のような性格の人です。
興味ある人は、問い合わせてみてください。

| | コメント (26)

鮎の庄 「川金」

お茶は、8月夏休みをしている。 毎年、1ケ月も会わないのは寂しいので、食事会をしている。
今年は、「川金」へ鮎を食べに行こうとまとまった。
と、いうのは、誕生日祝に、夫が、「川金」でお土産に鮎を買ってきたことに始まる。 ブログにも、「誕生日なんかあったか」と思っている夫、ない事に『鮎』を買ってきた。 と書いている。
集まったとき、「美味しかった?」と聞かれ、「美味しかったよ! 塩加減もちょうど! 『鮎や』のは、白くなるほど塩が振ってあって・・・。 だだみんな、「川金」の鮎と言わんわ!」 「じゃ、ぜひ、行こう!」という事になったわけです。

8月21日(水)、当日、私の車に4人乗り合わせ、中田から一人、総勢5名。 『川金』に、11:00少し前に到着。 店は11:00~ しばらく、前で待つ

Img_2936w760

↑ 「川金」本館 宿泊もできます
   手前に低い屋根が見えますが、

Img_2935w760

 ↑ ここで食べます。
   夫の話では、掘っ立て小屋のよな処だったそうですが、
   今年新しくなったのだそうです。

Img_2937w760

 ↑ ここが玄関 「鮎の庄」とあります

Img_2939w760

 ↑ 入るとすぐ、鮎を焼いています、 開店前にこれだけ焼き
    あがっているのですね。

Img_2942w760

 ↑ ここに個室が並んでいます。

Img_2944w760

 ↑ 窓から見える庭 兼六公園にある、ことじ灯篭と同じものが

Img_2950w760

 ↑ ちょろぎ・・・つまむものが着いていて全員で食べます
   最初に運ばれてきたのは、鮎の南蛮漬け

Img_2951w760

 ↑ 鮎の霙和え ・・・大根がほとんど

Img_2953w760

 ↑ 刺身 鯉のアライ to 鮎

Img_2952w760

 ↑ 器がまた素敵

Img_2954w760

 ↑ 3点出た後に、

Img_2955w760

 ↑ 焼き鮎 これが出たときは、みんな「ワ~ッ」 大変な喜びよう 
   火鉢に中に炭火が仕込まれて暖かいまま食べられます。 
   1人3尾。難をいえば、蓼酢がまずくて、1尾美味しく食べられ
   ませんでした。 後2尾はそのままたべたら、美味しかった!

Img_2957w760

 ↑ 最後のご飯、これがまたまた美味しいご飯で・・・・
    味噌汁にも鮎が入っていました

Img_2958w760

 ↑ デザート 沖縄の果物シークワーサーのプリン
   少し酸味が効いてさっぱり美味しくいただきました。

Img_2959w760

 ↑ つわものどもの夢の跡 ―こんな所に使うのかな―
   こんな、部屋でいただきました。
   食事は、2500円。 
   部屋代を取られることを知りませんでした。 1人600円

人気の店で長い間待っていなければならない、と聞いていたのですが、開店直後に行けば、待たずに、部屋代なしで入れそうです。

| | コメント (20)

マリーマリーがKNBに・・・

「8月28日(水)、マリーマリーKNBの取材があるよ。面白くな~い」とどんちゃんから連絡。 「行くの?」 「仕事でいけないから、是非取材してきて!」
大坪さんからも、ぜひどうぞ!
で、物見高い私は、行きました。
KNB 「いっちゃん」で、ライブ放送だそうだ。
どんなことをするのかと思い、4:30からの放送なのに、1時間前に着き見ていました。 本番さながらのリハーサルが何度も行われています。

Img_3132w760

マリーマリーから見える景色も映し出されていました

Img_3134w760

本番。 1F~2Fへ 2Fで撮影が行われていましたが、行けなかったので下で、カシス紅茶を飲んでいました。

Img_3137w760

この時間帯のTVは、めったに見た事がない。
出かけるとき、録画しておきました

Img_3141w760

放映は、マリーマリーの可愛らしい建物から・・・

Img_3143w760

本番の撮影を私も写していました
「ここに居てもお邪魔じゃないですか」 「大丈夫です」 と言われたはずなのですが・・・ 大坪さんが忙しいのを知ってか知らずか、お客さんは私一人。 ばっちり写っていました

Img_3144w760

薬膳ランチ」の紹介でした

Img_3146w760

こんなにたくさんあるのに、「山芋蒸し」と「赤ずきの酢の物」の紹介だけでした。 山芋は、滋養・強壮に効果があるのですって・・・

Img_3149w760

富山薬膳とは
<新鮮な富山の食材を使用 栄養や安心・安全に配慮しながら、古くから健康面で効果があるとされている食材を加えたもの> だそうです

Img_3148w760

紹介された野菜。 話題にあったのは、「赤ずき」
食材としては、30品目以上を使っているとの事。
1日、30品目も難しいのに、1食で30品目以上とは、恐るべき献立名手大坪 !!

Img_3152w760

お茶・・・青紫蘇の干したもの+ほうじ茶

Img_3154w760

カレーも薬膳だそうですよ。 米・・・十穀米

Img_3155w760

スパイスは、上・・・生姜・カレースパイス 下・・・けんさきなんばなつめ

Img_3156w760

Img_3158w760

薬膳料理は、1,500円 前日までの予約が必要。
1回だけ食べて、元気になるわけでもないだろうが、食べてみたいもの。 韓国ドラマ「チャングム」などで見ると、薬膳で病を治していたのですから、効果は絶大なのでしょうね。

| | コメント (20)

ちっちゃな話-81

 ちっちゃな話 81 
―≪8/27火 雨晴の日の出≫≪マーク・セフトン洋画作品展≫≪鶏肉と里芋のあんかけ≫≪≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

8/27火 雨晴の日の出
ベットに入ったが、寝付かれずいつまでもごろごろしていた
どうせ寝付かれないのだったら、久しぶりに朝日でも見に行って来ようかな、と思って空を見上げると、下弦の半月、満天の星空。
「これは、いけるかもしれない」 山の方向には雲が・・・
朝日は、時の運。 いって見ないとわからない。
新聞によると日の出 5:15 朝焼けを撮るのだったら暗いうちから行かなければならない。 少し明るくなると消えていくのです。
着いてみると、やはり雲が大事な所にかかっていた。

Img_3084w760

 ↑ ↓ 4:45 赤くなっているいる所から上がるのではなく、もっと右へ徐々に移動し、すでに山から上がります。
夏早くは、しばらく海から上がります

Img_3085w760

久しぶりに行ったら、どの位置かはっきりしない。
ちょうど、同級生がいたので教えてもらって撮影場所を移動。

Img_3100w760

Img_3101w760

 ↑ ↓ まだ、日の出前 雲の形が面白い。
     子象に見えませんか。 何かを追いかけている・・・

Img_3102w760

30分遅れて日の出です。
厚い雲に覆われて、遅くなりました。
立山連峰の稜線かかすかに見えます。
悪い状況の中ですが、岩の中を通る光を狙いました。

Img_3108w760

太陽がもう少し上がり、また右に移動。
女岩の木の中に入りました。

Img_3118w760

帰り道、トクサについた朝露が光っていました。

Img_3127w760

おかげで、今日 椅子に座ったまま、何度も意識を失っていました

マーク・セフトン洋画作品展
マークは、清姫さんの娘・小姫のハズバンド
同じ絵ですが、前に 「丸清」 で作品展をされたものをアップしたことがあります。 今回は、北陸銀行清水支店で改めてあったものです
マークの挨拶は、下記の写真を大きくしてご覧ください
    (写真をクリックすると大きくなります)

Img_2932w760

Img_2930w760

Img_2931w760

Img_2933w760

Img_2934w760

「好きな絵を投票してください」 と用紙と投票箱が設置されています。 私は、ニューヨークをイメージした作品に投じてきました

A285a8390af2deb02ff28eb41c845ed41

鶏肉と里芋のあんかけ
献立も考えず、鶏肉だけを買ってきた。
さて、何にしょう・・・?! と思いながら下処理だけ。
 ・鶏肉に塩コショウをまぶし揉み込む。

Img_3082w760

何か合わせるものがないかと冷凍庫をあさる。
里芋・枝豆・きくらげがあった。
冷蔵庫には、レタスの青いところ・人参 色合いもまずまず。
いつものありあわせ料理です

 ・ 鶏肉は表面だけ焼く
別皿の移し、同じフライパンで
 ・人参・里芋を油が回る程度いためる。
炒めたものを鍋に移し、
 ・ 水・出汁(あごだし・・飛魚)・塩コショウ・色が着く程度の醤油
味が浸みて来たころに
 ・ 溶き片栗を入れる
 ・ 枝豆・レタスを入れる
 
煮上げたら、すぐに火をきる

| | コメント (24)

6・6クラス会 '13

小学校は、6年間通じて、6組だった。 つまりクラス替えがなかったのです。 6年間も一緒にいれば、男女問わず、どの友達の家にも遊びに行った。
誰でもそうでしょうが、どの学校より結びつきが強い。
だから、小学校のクラス会が一番楽しい。

なので、1年ほど前から、「6・6会」 と称して、毎月6日16:00に、喫茶 「海岸通り」 で近くのもので会合を開いている。 そこで、「今年、クラス会をしよう」 と盛り上がった。 幹事も集まるメンバーで、割り振り。

いよいよ、8月11日(日)、「氷見っ子」で1泊。
迎えのバスに乗るもの。 直接現地に行くもの。 男7名、女9名。

Img_2676w760

遠くは、千葉・京都から・・・ 総勢16名。
開会宣言の後、一番遠くから来た人が乾杯

Img_2678w760

食事がだいぶ進み、あまり酔わない先に・・・と記念撮影。
見た目、若い人はいますがぜ~んぶ、同い年 !!
4月生まれと3月生まれが居て、1歳違うと盛り上がっていましたが、全部 竹馬の友。 やんちゃ坊主と可愛い女の子でした。
みんな旧姓か、それも呼び捨て、ちゃんづけ。
中学校以上は、「さん」。 ここに親しさの違いがあります。

Img_2691w760

京都から駆けつけた、「かご」。 この服が一番似合っています。
インドのお坊さん。このまま托鉢に出てもいいくらいです。
私だけがそう思っているのだと思ったら、感じ方はみな同じ。
これで、大笑いで話題の中心に・・・
彼の人生計画がしっかりしていて、若いときは京都4条川原町で「手打ち 讃岐うどん」の店を出していたが、会社なら60歳で定年と店をたたみ、今は田舎暮らし。 希望する人には、打って出しているとか。
「これからの人生、インドへ修行に・・・」 と笑わせてくれます。

Img_2692w760

例によって、余興のゲーム。 「怠力・痴力・狂養検査

Img_2706w760

ボールを的に当てて点数を競う。 相手は変わりばんこ。
終わったら記念撮影。

Img_2724w760

男同士なら 「離れて! 離れて!」 と声が飛ぶ
わざとか、不慮か頭に当てて 「痛い !!! 」
「お前、わざと当てたやろう !! 」 周りはただ可笑しくて・・・

Img_2697w760

優しい男性は、ぐーっと近くまで・・・
「好きな所へくっつけて・・・」

Img_2719w760

「ムービーで撮れよ!」

Img_2727w760

スローモーションで近づいて・・・・

Img_2726w760

高得点の人には商品授与 下の売店で買ってきた「氷見うどん」

Img_2732w760

最後に、幹事長の労をねぎらい、表彰状
どの顔も「楽しくてならない」という表情でしょう

Img_2738w760

この後、部屋へ集まり、2次会。

翌日の日の出。 
うっすらでしたので、写真を触ったらこんなのになってしまいました

Img_2743w760

朝食風景

Img_2746w760

用事があってすぐに帰るもの
阿尾城址・番屋を回るもの
私たち同室だった4人、遠くから来ている人が担任の先生に会いたいというので、私の車で福岡の先生宅まで・・・
実は、「ぜひ来たい」 とのことでしたが、前日に体調不良で・・・と連絡があったのです。 だから、心配していたのですが、86歳になられた先生は、思ったよりお元気で、大歓迎してくださいました。
先生の写真、撮ってくるのを忘れてしまって・・・
汽車時間まで、しばらく間があったので、喫茶「トワイス」で休んでから、高岡駅、それぞれの家へ送り届けました

| | コメント (22)

どんたく姫 アラピアに行く to 花火

8月初旬、どんたく姫+πパン(高校の担任の渾名)で、アラピアで風呂に入り食事もしてきました。 その時、ロビーにたくさんの商品が積み上がっていました。 よく見ると、『18日(日)大抽選会』 とあります
「どうせくるなら、こんな日に来たいね」 と どんちゃん。
「来る!」 と断言的な私。 「来ても、当たるか?」 と たくちゃん。
「日ごろからの行いからしても必ず当たる!」と私。
「特賞、加賀屋宿泊ベアー券、2枚当たったらどうしよう? 1枚余るね」 「誰を誘おう?」 と大盛り上がりだった。

で、18日 当日。 抽選に参加するには、午後2:00まで入らなければない。 どんちゃんが私、たくちゃんの順に迎えに来てくれて、30分くらい前到着。
下駄箱の鍵を渡すと、番号札が渡された。
3桁、100番から始まって、私たちは下記の札。

2013_0818_133935p1020654

すぐ風呂へ入るには、時間が足りないので、抽選会場にそのままいることにした。 まばらだった会場が、どこから人が集まってくるのかと思うほど埋め尽くされた

2013_0818_135456p1020655

階段にもお雛さんのように同じ服装の人たちがぎっしり。

2013_0818_135625p1020656

この中に たくちゃんがいます

2013_0818_145403p1020665

2013_0818_145353p1020664

子供が選ばれ、ガラポンをまわす。 下2桁が読み上げられ・・・
例えば、「68」 なら、168,268,368、・・・・が当たりという事になる

2013_0818_140910p1020662

5等から順に読み上げられるが、不思議なことに3人とも呼ばれないのです。 まっ、特賞狙いですから・・・
でもでも・・・ 呼ばれないのです。 みんなで加賀屋へ行く予定が崩れ去りました。 来年こそは・・・ !!!  夢を托そう !!
幸いにも、空クジなし だったのです。 それぞれ、希望したものが違います。 
どんちゃん トレットペーパー、たくちゃん 台所洗剤、私 花火

2013_0818_145111p1020663

これだけの人数、一斉に風呂へ入ったら大変だぞ! カラン3人で1個位かな? なんて勝手に想像していたら、そうでもなく、一人でカラン4個使えるほど。
みなさん、朝から来て、もう風呂にも入り、のんびりしておられたようです。

私たちは、軽い食べ物と飲み物を飲んで一服。
帰るころは、まだまだ日差しが強く、せっかく風呂に入ったのに、寝がけにシャワーをしました

アラピアで貰った花火。 すぐに役立ちました。
篤志と花火です。 大きい孫たちは興味なし。
初めてする花火、おっかなびっくり、腰が引けています。

Img_2875w760

点いたら、嬉しそうな顔!

Img_2873w760

そうなると、もうじっとしていません。 持って走り回っています

Img_2876w760

景品の花火、ほんの少ししか入っていません。
すぐに終わってしまいました。 が、これくらいで丁度です

| | コメント (18)

ちっちゃな話-80

 ちっちゃな話 80 
―≪朝日Be版 8/24 夏の数独特集≫≪23日土砂降り to 綿の木≫≪8/23 豪雨で床下浸水≫≪ウォーターサーバー≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

朝日Be版 8/24 夏の数独特集
ナンプレ、特集として6問ありました。
その内、1・3・5問は、答えが載っていましたので貼り付けました
興味のある方は、写真を大きくしてお楽しみください

Img_2975w760

Img_2977w760

2・4・6問は懸賞問題。 大きく掲載。
私の解いた答えを書きました

Img_2978w760

Img_2979w760

Img_2980w760

Img_3005w760

   2問。 ★3   答 8+9=17

Img_3003w760

   4問。 ★4  答 2+5=7

Img_3000w760

   6問。 ★5  答 4+8=12

23日土砂降り to 綿の木
23日、よく降りましたね。 
我が家の被害は、せっかく30cm程伸びた、綿の木が横になってしまいました。 可愛そうなので支柱を立ててやりました。
それと、樋が落ち葉で詰まって、溢れました。

Img_2999w760_2

8/23 豪雨で床下浸水
高岡が、207mm 史上最多だったとか。

Img_3006w760

高岡市角に住む、友達の姉さんの家が、床下浸水です。
お店をしておられるので道とほぼ同じ高さになっているのです。
膝の下まで水が入ってきて、大変だったとか。
前にも、そんなことがあったのです。

友達の姉さんですが、私も「ねえちゃん」と呼んで親しくしてもらっています。 何回もあるので、出かけるついでに、ねえちゃんの顔を見に行ってきました。
その前に酒屋さんに・・・
ワインのところへ行くと、「赤ワインに含まれるポリフェノールの一種が認知症の抑制に効果がある」と書かれていました。
友達も姉ちゃんも私も、決して認知症ではない(と思っている)が、抑制効果があるならば、見舞いには、酒よりワインがいいでしょう

Img_2981w760

ウォーターサーバー
7月初旬、なはさんとイーオンへ、映画「風立ちぬ」を見に行ったとき、富士山の水の宣伝をしていた。
何気なく寄ると、このサーバーが無料。 12Lの水2個も無料。
1700円で2ヶ月ごとに水が送られてくる。
要らなかったら止めることもできる。との事。
私の飲み物は、コーヒーと水。 で、立山とか能登島まで水を買いに行っている。 (風呂へ入れば無料ですが・・
だから、このウォーターサーバーをいただきました。

Img_2797w760

今月12日に、婿のまさよしに設置してもらって、19日まで、1本なくなってしまいました。
青いところから冷たい水、赤い所からお湯が出ます。
それも、美味しい水が・・・
とても重宝しています。

| | コメント (20)

お盆イベント-5 おまけ

横浜から来た孫たちが、19日(月)、帰る。
大人たちの予定は、富山空港へ送りがてら、篤志を保育所へ。
給食から参加させる、とまとまっていた。
車に乗せ、いざ出発のとき、「飛行機を見てから保育所へ行くよ」
と、行って聞かせたら、「電車に乗らないのなら行かない!」と降りてきてしまった。
しかたがないので、私が一緒に電車に乗ることに・・・
そして、夫は保育所まで「休む」むねを伝えに行ったという。

11:00ごろ、一番暑いさなか、電車に乗るため米島口停留場。
車を止めると、「クラフトを買う」 という。 ライトレールと猫電、1枚ずつ。 300円で200円の乗車券付き。
高岡へ行っても暑いだけで面白いものがないので、越ノ潟方面。 いつもの 「きときと市場」 特別面白いわけではないが、涼しい。
東新湊で降りて、徒歩10分くらい。

行けばコースが決まっている。 自販機でまずジュースを買う。
「おばあちゃんと一緒に飲むから大きいのを買う」 上手いこと言うでしょう。 そして、中へ入って、すぐにアイスクリーム。 今日はチョコレートです
垂れてこないように、私は外側を食べました。

Img_2892w760

「あっくん、うどんかラーメン食べない?」
「ラーメンにする!」
「ここは、どう?」

Img_2901w760

篤志の目の位置に麺の種類が表示されていて、早速物色。
「あっくん、これにする!」 と選んだのが醤油ラーメン

Img_2894w760

Img_2895w760

冷ますための取り皿は使わない。 そのまま食べる。
いつもは、全部食べる食べる篤志も大きなアイスでおなかが膨れていたらしく、1/3 くらい残してしまった。

Img_2898w760

よく行くのに、この店には気がついていない。 不思議に思って聞いてみると1週間くらい前にオープンしたばかりとか。
壁にはこんな額が・・・
店の名前は『ごろ太ラーメン』 その、『ごろ』についての、説明。
どんなラーメンなのか、分かったが、何度読んでも 『ごろ』とは、何なのか分からなかった。
言いたいことは分かるが、果たして日本語として成り立っているのかな。
写真を、大きくして検証してみてください。

Img_2893w760

「うんこしたい!」と篤志。急いで連れて行ったが「ひっこんだ!」
心配しながらの帰り道、面白い顔の石を見つけました。

Img_2902w760

停留場で、もうすぐ電車が来る! という段になって、「うんこしたい!」 こんな所でどうしようもなく、高周波の会社の守衛さんに頼み込んで、トイレを借りる。
帰ってくると、もう電車が行ってしまっていた。
「黄色の電車、『お先に~』 と行ってしまったね」 と篤志。
電車は、15分おき。 そうこうしている間に、猫電 が来た。
今日は、行きも帰りも、猫電 でした。

Img_2906w760

米島口に帰ってから、また電車の車庫で一遊び。
Coca Cola の電車を「お薬電車」と名づけている。

Img_2908w760

車庫の中を見てください。 新たに、ドラえもん電車が作られています。 赤のライトレールを改装したのか新しく購入したのかは聞きませんでしたが・・・

Img_2910w760

これで大満足で、4:30じいちゃんに送られて帰っていました。
これで、お盆イベント、終わりました。
炎天下、歩いて車庫で遊んで、私はぐったりでした。

| | コメント (14)

お盆イベント-4 新湊道の駅to面白グッズ

横浜から来た孫たちが、『白海老ドロップ』が欲しいという。
友達に、土産として考えているようだ。
それなら、『新湊道の駅・カモンパーク』がいいといって連れて行く

Img_2840w760

お盆でいつもにもまして多くの人出。
外で、この暑いのに、縁日 と称して、金魚すくいをやっています
また、自分の不用品らしきものを並べている人もいます

Img_2841w760

なにしろ、暑い! そんなもの見る気ににもならず、中へ入りました。 2人は、物色中。 白海老ドロップへ直行かと思いきや他の品物も手に取り丁寧に見ています。

Img_2836w760

それぞれに、白海老ドロップと白海老煎餅お買い上げ。
支払いは、当然のように私。

Img_2834w760

帰省客を目当てに、ニューオオタニホテル鱒寿司が、特別コーナーを設けて、たくさん売られています。

Img_2838w760

面白グッズ を見つけました
大きな煎餅。 白エビシーちゃん 裏に富山県地図と新湊の位置。 
印刷されたものらしい。
えびせんべいにダイレクト印刷!(可食インク使用)
写真文字も絵も、まるごと 食べられます とありました。

Img_2832w760

指ありソックス 今度は、鼻緒まで印刷してありました

Img_2837w760

| | コメント (18)

お盆イベント-3 ソーメン to 手巻き寿司

横浜の娘に、「ソーメン、1箱あげようか?」 といったら、「面倒だからいらない」 という。 しかし、孫たちはソーメン好き。 「この子達が作れるように教えるから・・・」
婿のまさよしは、14日、一人だけ車で帰っていく。 娘と孫は、19日飛行機で帰る予定。 重いものは、車に乗せていかなければならないので、家で使っている「揖保の糸ソーメン」 と 「すがきやだし汁」 を持たせた。
で、早速昼食は、そーめん。
1人、100g2束+αの予定。 人数分。 家で大きな鍋といっても、ないので2つの鍋に分ける。

Img_2851w760

くっついて、超太麺が混じっていても愛嬌。 それも勉強のうち

Img_2853w760

・ 麺つゆは、すがきやだし汁をそのまま水で薄める。
甘みをつけたい場合、少しの水に砂糖を入れてチンする。が、
  最後まで暖めないで、砂糖が溶けた頃を見計らって止める。
   その中に、だし汁と水を足してと同じように作る。

Img_2854w760

その間、薬味として、さらし葱・冥加・炒り卵・トマト(全部まりか作
2回も練習したので、帰ってもできるでしょう

Img_2855w760

夕食は、篤志も加わって・・・
「今日何にする?」 「手巻き寿司はどう?」 というわけで、
3人の孫を連れてスーパーへ。 刺身を買いたいので、夕方、氷見大阪屋。 氷見の名にかけて夕方、高岡の店より早い時間に、新鮮なものでも半額になる。 (近くのスーパーは、2~3割引き)
早い時間に普通のお金で買って家庭用の冷蔵庫に入れておくより、スーパーで預かってもらっている上に半額で買えるのだから、大いに利用すべき。 が持論。
卵12個入り98円だったし・・・
買い物は、まりかとはるかに大体任せていた。
刺身を早くから入れて、後のを買いまわっていたので、帰りの車で、一言アドバイス。 「メインを先に決めて、付けあわせを買うと無駄なものを買わなくて、いい方法だが、刺身の場合、最後に入れるように・・・」
帰って早速夕食の用意に取り掛かる。
篤志は、恒例、炒り卵。

Img_2861w760

出掛けに夫にご飯4合炊いておいて・・・。
出来上がったご飯は柔らかくべったり。 文句も言えず、まりかが寿司飯作り。

Img_2865w760

ここで問題発生。 篤志 「押し寿司にする!」
で、1本だけ押し寿司に変更。 きゅうりも篤志が切ったもの。

Img_2871w760

忙しくて、途中の経過写真撮れず・・・
テーブルもわやわやにして、食事とあいなりました。

Img_2872w760

年齢の違う孫の手伝いは相手をするものが大変です。
刺身だけはたっぷりありました。

夫は簡単に「自分たちで作らせれば・・・」といいますが、人数が少なければいざ知らず、8人分は無理。
【自分で作って見られませ !!! 】

| | コメント (24)

お盆イベント-2 家族でマリーマリー

8/17土、家族でマリーマリーでランチです
夫1人、娘2人、孫3人と私。 篤志はお父さんと海へ行っていて、欠席。 下の娘が、博史だけを連れて、現地で合流。
アートプレート会席を予約していたので、2Fへ。
綺麗に盛り付けられている膳を見せたいし食べさせたい!
今日のテーマは、何なのかとても楽しみです。

Img_2801w760

6人で予約していましたので、3人3人に分けて盛り付け。
したがって、これで3人分。
テーマは、「花火

Img_2802w760

茄子が大輪、パブリカ・落花生・かい紫が小さい花火でしょうか。

Img_2805w760

    ソーメン寄せ  大写しにありませんが、隠元のベーコン巻

Img_2806w760

南瓜のほうずき。 青い皮の部分を上手に利用してあります

Img_2807w760

     かぶら(花かぶら)と赤ずきの酢の物

Img_2809w760

これだけ、黒漆の台に載せられています。
これからは、1品ずつ

Img_2814w760

      さしみ

Img_2816w760

         茶碗蒸し    胡麻豆腐

Img_2819w760

    ぶりの照り焼き

Img_2820w760

 てんぷら・・・すり身揚げ、しいたけ、四角豆

Img_2823w760

 つけもの・・・茄子。牛蒡、胡瓜

Img_2826w760

しのぎ・・・紫黒米  お澄まし・・・白きくらげ、手毬麩、三つ葉

Img_2829w760

 デザート・・・アイスクリーム

Img_2828w760

お品書きとあわせてご覧ください

Img_2831w760

最後は、カシステーで締めくくり。

大人は、綺麗な料理に大満足。高校生のまりかも「わ~綺麗!」
中学生のはるかは好き嫌いが多く あれもだめこれもだめ で2/3位しか食べない。 まだ子供です。 彼女はファミレスの方がよかったかも・・・
博史は起こされて連れてこられて・・・なのか、知らないおばさん、従兄弟がいたためか、ずっとご機嫌斜め。
少し慣れてきたころに、ぶりの照り焼きが出てきた。 一口食べて、「美味しい! 大人の味! まだ食べる !! 」
これで、ほっとした。 
他にもお客さんがおられ、ご迷惑だったでしょう
「泣く子と地頭には勝てぬ」 ごめんなさい!

どこへも寄らないで、帰宅。
おとうさんと海へ行っていた篤志が来ることになっている。
一晩 泊まりの予定だったが、結局2晩泊まっていった。

| | コメント (18)

ちっちゃな話-79

 ちっちゃな話 79 
―≪高校野球≫≪ナンプレ to ハリーポッターの梟≫≪インスタントスープ≫≪虫の声≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

高校野球
昨日の新聞に 【富山一ベスト8】の見出しが一面を飾った。
それも、タイトルは横。縦より横の方が見出しとしては上位だという
それくらい、富山は1回戦ボーイだった。
都会の方では私立高校が主流だが富山ではほとんどが県立をめざす。 だから・・・という訳でもだいだろうが、ここまで来れたのは、珍しいいことなのだ
記憶に残っているのは、プロ野球の坂東と村椿の対戦。

Img_2929w760

今日、富山第一高校と宮崎延岡高校の対戦。

Img_2915w760

終盤をテレビ観戦。
富山一のエース宮本。 ダルビッシュのような顔立ち。

Img_2917w760

富山一の応援団。 1塁側。

Img_2918w760

延岡のエース。 これが高校生?落ち着いたおじさん顔

Img_2919w760

富山一 ランナー1・3塁。 審判が試合継続を止めたにもかかわらず(気がついていなかったのだと思う)、延岡が続行。結果アウトで点数が入らない。 審判が寄って協議の結果、ランナーをおいてやり直しとなった。 これはチャンス !! しかし、結果は同じ。

Img_2922w760

逆転を許したが、富山一が有利な試合運び。
同点にされ、延長戦。 結局、相手チームに点を入れられ、4-5 で惜敗。
よくぞここまで・・・!!!
お盆過ぎまで楽しませてもらいました。

Img_2923w760

ナンプレ to ハリーポッターの梟
ナンプレ、最近このシリーズを買っている。 
難解ナンプレ」 252問 ワンコイン。 1問、2円。
たいていバックに中に入れている。 バックに入れるには厚くてかさばるのだが、マスの大きさが丁度いい。 といのは、見ただけでは数字が決定しない時、予想される数を補助として入れておかなければならない。
これを持っていると、どれだけ待たされても腹が立たない。

Img_2928w760

これを解くための必須アイテム。 鉛筆とノック式消しゴム
鉛筆についているマスコットはハリー・ポッターのふくろう

Img_2926w760

鉛筆にもハリー・ポッターと印字があるのですが・・・見にくいですね。
魔法で解けても面白くないのですが、私の頭に魔法がかかって良くならないかな。

Img_2927w760

映画を見たとき、グッズで売っていた物を買いました。
忘れていたのですが、最近TVで3話目の【炎のゴブレット】を見ていて思い出し、探したらありました。

インスタントスープ
なはさんから頂いたインスタントスープです。しじみの出汁ですから、とても美味しいのです。 この日は、直接お椀に作らないで、鍋で作りました。 インスタントと分からないように・・・
ははは・・・。 手抜き、ばれているかな。

Img_1924w760

虫の声
お盆の週は、最高気温37度が出るなど暑い日続きです。
しかし、季節は確実に変化をしています。
昼は蝉が鳴いていますが、夜静かになると虫の音が聞こえます

| | コメント (18)

お盆イベントー1

横浜から孫たち一家、12日に来るまでやってきた。
都会に住んでいると、美味しいお魚はない。
で、13日(火)の昼食、日本海寿司へ。

お盆の間は、ランチメニューがない。
ランチがあれば、味噌汁もコーヒーも無料で付いてくるのでよかったのだが・・ 商売がうまいね~。
まさよしは、「ふくらぎ」 (ぶりの一歩手前)が美味しいといって、立て続けに注文。

Img_2752w760

見る見るうちに皿が重なっていく

Img_2748w760

私は、寿司ばかりだと飽きてくるので、すり身揚げやソーメンも注文。 しかし、どちらも味が濃すぎて・・・

Img_2750w760

「あさり」の味噌汁も珍しく、一人が注文すると全員取っていた
大満足で帰宅。
次の日、まりかにお汁の実を選ばせたら、これだった。

Img_2747w760

15日、3人を連れて、久しぶりに我が家の墓参り。
お墓参りセットを持ってきた。 はじめ、はるか。 蝋燭に火が着かない。 「見せてみ~」とまりか。 やはり、点かない。 次に娘。 「点かないね~」 マッチだからだめなのかと、ライターを持ってきて、私。 どれだけ経っても点かない。

Img_2760w760

乗用車ならすれ違い可能という、処に車を止めていた。
そうこうしているうちに・・・・・
向うから、市のゴミ収集車が入ってきた。 すれ違い不可。
お参りもそこそこに、車をバックさせた。 割りに長い距離
ゴミ収集車の方は、ほんの少しバックすればいいのだが・・・
いつも同じ所を回っているのだから、墓があるの百も承知だろう
今日は、15日。 皆さんここへ止めて、墓参りをする、特別な日。
ほんの少し、入ってくるのを待っているか、バックしてくれればいいものを・・・  ごみ収集車は偉いのですね。 バックしてくれる気配はぜんぜんありませんでした。

Img_2769w760_2

ほんの少し、お参りに行っただけで、暑い !  暑い !
で、「海岸通り」へ。

Img_2762w760

孫たちは、コーヒーを飲まないが、娘はコーヒー好き。
一度、連れて行きたかった。
座席を、列車のビュッフェのようにしてもらって、外を眺めながら・・

Img_2767w760

若者や家族連れで賑わっている、国分浜

Img_2768w760

水上モーターボート(名前は怪しい)で水煙を残しながら何台も沖へ出て行った。

Img_2766w760

私も若かったら乗って見たいもの。
私たちの頃、こんなものに乗れるのは、加山雄三か石原裕次郎くらいだった。

| | コメント (20)

横浜の孫たちがやって来た

8/12 月、横浜から家族4人、車でやってきた。
婿のまさよしは、2泊して、一人車で帰り、孫2人と娘は19日に帰ることになっている
3人の家族が7人になり、人口密度が高くなっている。
ランチは、日本海寿司や、マリーマリーにでかけ、夕食になってもあまり食欲が無い。

まりかは高校生、はるかは中学生。 この子達も、3歳から料理を仕込んだ。今も手伝ってくれる。 これだけになると、任せられる部分が多く、ずっと付いていなくてもよくなった。
献立は私が考え、やり方を大体教えればいいので、写真の撮り忘ればかりで・・・ その上、出来上がったものだけでも後から撮ろうと思っていたのまで忘れる始末!

Img_2753w760

 この日は、帆立の炊き込みご飯、ハンバーグ、切り干し大根
だったと思う。
ハンバーグは、メガパックを買って作って冷凍していた物。
デミタスソースを使って、煮込みハンバーグにする。
1個では、足りない人のために、鮭も焼く。

Img_2759w760

 次の日昼食に、作ったこともないのに、夫が張り切って、「冷やし中華」を作ってくれた。 「ゆで卵、どうして作るんだ」 3回説明してやっと理解。
私のに殻が残っていたが・・・ うっかり混ぜてしまってから写真を撮るものだから、汚い色になってしまいましたが、美味しかったのです。

Img_2799w760

↑ 次の日の夕食、都会では刺身はまずい。 だから、「まぐろ」 は冷凍で日持ちするのであれだけ話題になる。 私たちは、まず 「まぐろ」 なんて買わない。
これは、「ぶり」 大きいとはいえないが・・・。
夕方買いに行くと、お盆だから、3割引き。 普通は半額。
普通の値段で買って、家の冷蔵庫に保管しておくか、スーパーで保管してもらっているかだけの違い。 これでも、まだ新鮮。 富山弁でいうなら、きっときと!
一折、2人分。
煮しめは、まりか。 アサリのお汁は、はるか。
トマトは、隣から貰った捥ぎたて。

Img_2842w760

そして、篤志が来た。
篤志がが来ると恒例、炒り卵チース入り to うどん
まりかと並んで・・・
まりかは、豚肉と野菜炒め

Img_2844w760

篤志の嬉しそうな顔 !!

Img_2848w760

うどんは袋をひっくり返しながら、上手に出す。

Img_2849w760

うどんはお汁代わりになり、揚げ物の既製品、冷奴とあわせて、夕食になった。

Img_2850w760

食べ物は毎日あるのですが、写真のあるのだけ。

| | コメント (16)

篤志 to ドラえもん電車 to きときと市場

8/7 篤志が泊りがけでやってきた。 と言っても、インフルエンザで高熱。 38℃の熱でさすがの篤志もぐったり。 時々起きてきては、すぐに横になっている。
それでも、大好きな 「いり卵は作る」 と作ってくれたが・・・
夜中、それ以上に熱が上がり、起こして解熱剤の頓服を飲ませた

子供は、元気です。 朝起きたら、すっかり熱が下がってしまって、
いつもの篤志です。

相変わらず、「万葉線に乗る」
昨日なら、高岡が七夕で連れて行きたかったのですが・・・
8日ではね~。

米島口に車を置き停留所へ行こうとすると、「ドラえもん電車買う」
新発売される聞いていたので、何時だったか 「ドラえもん電車が出るんだって。 出たら買ってあげる」 と言っていたのを覚えていたらしい。
事務所にはいると、ドラえもんグッズがぎっしり並んでいた。

Img_2619w760

これが、「新発売のドラえもん電車」 だと・・・・
「これではなく、クラフトのをください」
「それは作っていないので、これだけです」
「エッ・・」 クラフトだと思い込んでいた私はびっくり。
おそるおそる 「これ、いくらですか」 「2100円です」
「ガ~~ン」 クラフトなら300円で、200円の乗車券が付いている

Img_2623w760

でも、自分から買ってあげると言っているし、いまさら高いからだめだともいえず・・・・   お買い上げ !!!
孫のためなら、財布の紐も緩みます。
商品を入れてもらった袋を持って、ピース !!

Img_2621w760

そして、ドラえもん電車に乗って、

Img_2625w760

越ノ潟方面  きときと市場へ
この暑いのに、10分ほど歩き。 小さく見えるのが篤志

Img_2628w760

ここへ来るといつものコース。 300円のアイスを2人で食べ、
私は、魚を買わずに野菜を買う。

Img_2629w760

今回始めてみた、ひらめの稚魚。

Img_2634w760

自販機でジュースを買い、来た道を帰る。
「おばあちゃん、暑い?」 「暑いよ、あっくんは?」 「お山から吹いてくる風があるから、暑くないよ」 
確かに、少しの風はありましたが・・・
誰に習ったのか、しゃれたことを言います。

Img_2640w760

帰ったら、電車に夢中。

Img_2642w760

華奢なパンタグラフ、あっという間に壊れてしまいました

Img_2643w760Img_2644w760

高価なだけあって、車両が取り外し可能。 蛇腹が曲がります。
レールを買えば、走らせることも出来ます。 しかし、それにはたくさんの部品が必要ですがね

| | コメント (18)

ちっちゃな話-78

 ちっちゃな話 78 
―≪料理 厚揚げを使って・・・≫≪納涼祭≫≪西瓜の種≫≪スギの花 実≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

料理 厚揚げを使って・・・
家族3人、厚揚げを1枚買えば、余ってかえる。
で、2つの料理を作った。
 まず、厚さを半分にする。 片面豆腐が出ている
  ① ・厚揚げを裏表焼いて、柚子味噌で食べる
  ② ・ 残りを短冊に切り、ひじき・人参と一緒に炒める
      ・ 甘みが少々効かせた味付け(砂糖・味醂・酒・醤油
      ・ 弱火にして味を落ち着かせる

Img_2316w760

切り干し大根と紫蘇 砂糖醤油で味付け

Img_2317w760

こずくら(鰤の子供)、刺身用にした柵取り
夕方行くと半額になっているものを2パック買って、昨日は刺身で食べ、1パックは酢漬けにしておいたもの。 ついでに、タマネギをスライスして、これも酢漬けにしていた。
今日は、それを合わせただけ。
窓辺で育てている山椒、とてもとても重宝です

Img_2318w760

後は、IHでは絶対作れない出汁巻き卵とショルダーベーコン
ブロッコリーを茹でるついでに、トマトを湯に通して、湯剥きしたもの
南天を添えました

納涼祭
8/10(土)、夕方 スーパーへ行こうと玄関を出ると、隣の奥さんにパッタリ。 「どこへいくの?」 「盆踊りの準備に・・」 「盆踊りって?」 「今日、町内の納涼祭だよ」 「あっ、今日だった?」 「ビンゴのカード来ているでしょう、それ持っておいでよ」
ビンゴのカードが来ているのは、知っていたが、日には意識が無かった。 昔、婦人会があった期間に役員を一度だけしたときだけ参加した。
行くとなったら、既製品を買ってこよう! と決めてスーパーへ。
ちょこちょこと用意して出かけた。
盆踊りが始まっていて、隣の奥さんも踊っておられる。

Img_2652w760

どんなものがるのかな? 壁側には自治会の売店がならんで・・

Img_2653w760

しかし、殆ど売り切れで、焼き鳥とフランクフルト、飲み物が残っているだけ。 5本200円の焼き鳥を買いました。

Img_2655w760

子供たちのコーナーもあり、的射

Img_2657w760

ヨーヨー吊り 無料の氷水

Img_2659w760

たくさんの人が出ていましたが、知っている人はなく、早々に引き上げました。 ビンゴゲームまで待てなかったので、隣の奥さんにあげてきました。
30分も居たかしら?

Img_2660w760

西瓜の種
西瓜は、種を取ってから上品に食べますか。
私は、そのまま食べて、口の中に残った種だけを出している。
つまり、ほとんど西瓜と一緒に飲み込んでいる
なので、種なんてまじまじと見たことが無い。
てっきり、黒いものと思っていた。
模様があるのです。 そして、それが個性的 !! 

Img_2754w760

スギの花 実
スギでもいろいろ種類があるのでしょうが・・・
これは、花でしょうか、実でしょうか。
この映像は、7月下旬に撮ったものです。
同じスギの木ではありませんが、5日前にまだこの花をつけているのを見ました。

Img_0983w1024

| | コメント (16)

マンガで見る謡曲「枕慈童」

私は、定年退職する前から、『』を習っている。
この、『枕慈童まくらじどう)』 を習ったのは、始めの頃だったと思う
というのは、謡本には、何も書いていない。
始めのころは、注意書きをたくさん書くので、「あまり書くと後から見難くなるよ」 と先生から言われ、コピー本を作っていた。
今、改めて、『枕慈童』を習っている。 が、10何年も前の事、何も覚えていないので新鮮な気持ちでやっている。
若い人が謡を習い始め、全員で、これをどこかの会で発表・・・・
と、いうことになるだろう。

『謡本』を見たこともないという人がいると思いますので、一部を載せました。 これを見る限り、文字も読みにくいし、言葉も難解。 まして、筋になるともっと分からなくなる。

Img_2756w760

それを、現代風にアレンジしながら、マンガで見るととても分かりやすくなり、今まで、毛嫌いしていた人も、興味をもたれるのではないかと思います

プロローグ
王に仕えていた侍童が、ある日、王の枕をまたいでしまい、罰として山に捨てられることになった。 王はあわれまれ、枕に2句の「偈」を書いて、侍童に与えられた。
「偈」()というのは、仏徳を讃えた詩のこと

Img_2661w760

① 中国の酈県山(れつけんざん)の麓に霊水が流れ出るので、
        その源を調べるよう勅命が下り、

  【登山家(魏の文帝に仕える臣下ワキ))が酈県山への登山道
   を調べて、いく準備をしています】

Img_2673w760

② 勅旨が酈県山に赴き、山中に一軒の庵を見つけます

  【深い山道、くたくたになりながら見つけたはずですが、舞台を
   一回りすれば着いたことになります】

Img_2663w760

③ 様子を伺っていると、中から侍童が現れ、

Img_2664w760

④ お互いに、こんな山奥に居るのは化生の者だと怪しみます

Img_2758w760

  【謡本は、人間に化けたそのものは、誰だ! 名を名乗れ! 
   と言われ、枕慈童(シテ・主役)が、名乗るところの部分です】

Img_2665w760

⑤ そこで、慈童は、周の魏王に使えていた慈童だと名乗り、

  【この絵が、一番面白くて笑ってしまうでしょう ?!
   「お控えなすって・・・! 帝釈天で産湯をつかり・・・・ 
   といきそうです】

Img_2666w760

⑥ 勅旨が周は700年も前だと不審がると、

  【周~魏 700年、勅旨が計算しています。歴史が分かりやす
   い絵ですが、こんな計算している所はありません】

Img_2667w760

⑦ 魏王から賜ったという枕を見せ、

Img_2668w760

⑧ ここに書かれた)を菊の葉に写しておくと、その上に
        たまる露が不老不死の薬となり、

  【この絵も面白いでしょう。 菊の葉印不老不死薬 酈県山工場 
   声を上げて笑ってしまいました】

Img_2757w760

  【「」というのは、お経の文字。
   謡本で言えば、楷書で書いてあるところ】

Img_2669w760

⑨ それによって、700年も生き伸びていると話します

Img_2670w760

⑩ そして、舞をまい、菊水を汲んで勅旨に勧め、自らも飲み、

   【そういえば、菊水というお酒がありますね】

Img_2671w760

⑪ 700歳の寿命を君に捧げ、

  【瓢箪に入れた不老不死の薬、皇帝へのお土産に、どうぞ! 
   と差し出す絵も笑えます。700歳の寿命を君に捧げ・・・が、
   こんな表現になるのですね】

Img_2672w760

⑫ やがて、庵の中に入ります

こうして見ると、難解な謡も単純・簡単明瞭。
私は、こういうのがあって、やっよこさ分かります。

| | コメント (22)

エアコンのメンテナンス

夏に向けて、エアコンのメンテナンスをしました。
6月半ばのことです。
初めての事とて、興味津々 !!
「餅は餅屋」 といいますが、上手い事されるものです

エアコンにカバーがされます。 何が始めるのやら・・・
下に目をやって・・・

Img_1187w1024

カバーから、ホース。 バケツにためるようです。
赤い絨毯は汚さないよう、持ってこられました。
ここで、やっと、袋が三角になっている理由に気づきました

Img_1188w1024

3台のエアコンをメンテナンスします。
これは、違う袋。 ホースがビニールの筒。
つまり、袋と筒が一体になって、こぼれない事になっています
手ぬぐいで、後ろの壁を汚さないように気遣って・・・

Img_1189w1024

セットしたら、水を通します
水はモーターであげています。

Img_1190w1024

それから、洗剤。 しばらく浮き上がらせてから、

Img_1191w1024

もう一度洗浄。

Img_1192w1024

最後に、戻します。
1台、9800円。 2台目から、8800円

設置してから、11年。初めての洗浄でした。
いま、自動的に洗浄するエアコンも出ていますが、汚い汁が回っているだけでまだまだ改良の余地があるので、購入は、時期尚早とのことでした。

Img_1193w1024

台所のエアコン、緑のランプが付くので電気は来ているのですが、涼しくならない。 送風だけ。 その内止まってしまう。 
取り付けて会社に電話すると、点検方法を教えてくれる。
電話での誘導で夫は、あちこち見ている。
「コンセントを一度抜いて、しばらくして入れてみてください」
「アッツ、動いた !!
と、喜んだのもつかの間、元の木阿弥。
業者に来てもらうより仕方がない !!
外の、何かを交換していかれました。
今は、快適に動いています。
掃除屋さんのために言いますが、掃除したのとまったく関係がありません。10年以上経つと、すべてのものに、あちこちガタがきます

感じのいい人だったので、今度は、床掃除を頼みました。

       掃除の救急車 大矢武人
          金沢市畝田中 4-1-23
            090-2124-7955

| | コメント (18)

どんたく姫 in アラピア

『どんたく姫』 どんちゃん+たくちゃん+姫 が集まった時の名前。
どんちゃんの命名です
その どんたく姫+有角先生(高校の担任)で、アラピア へ
どんちゃんが買ってきたのか、招待券なのか・・他のものは無料です。 こんないいことは素直に「ありがとう」と受けます。
4:00 どんちゃんが迎えに来てくれ、たくちゃん宅へ
先生はアラピアの近くなので・・・

Img_2452w760

青い空?海?にトレードマークのイルカさんが飛んでいます

Img_2451w760

すぐ、風呂へ
脱衣所に、こんなものが・・・
爪きり台です

Img_2453w760

透き通っていて、1枚では分からないかと思って、側面も写しました
使ってみました。 なかなかの優れものです。
斜めの所に足を乗せ、指の部分を箱の中にいれます。
頑張らなくても(床の上だと、膝も痛い、腹も苦しい)軽く切れます。
その上、飛び散らない! 欲しいほどの優れもの

Img_2454w760

上がったら、始まっていました
気が利いているどんちゃんは予約してありました。
座席の札まで。 まだ、玄関にも歓迎の所に名前がありました

Img_2456w760

焼肉 to 会食 各2つ
私は、「会食膳」を注文していました。

Img_2455w760

会食膳は、可もなく不可もなく・・・
鉄火巻きは、イーオンのスーパーで買った(恵方巻、今日食べるのだと騙されて買ったことがある)、味の付いていない、べちゃとした寿司飯と同じもの
先生が、こんなに食べられないといわれるので、焼肉のお手伝いをしました。これが美味しかった。

Img_2463w760

ロビーにありました。 18日(日) 来た人に「大抽選会」

Img_2469w760

商品が並んでいます。 特賞 加賀屋ベアー宿泊券・扇風機
どうせ行くなら、この日がお得。 特賞が当たるかもしれない!

Img_2468w760

のんびりして帰るころは暗くなっていました。

Img_2471w760

いつもなら、庄川の土手を走るのに、庄川の花火大会で通行止めになっている。 イーオンのところに差し掛かると、花火が見える
「車、止めよう!」 「止めよう!」 思いは同じ !!

Img_2514w760

Img_2484w760

Img_2485w760

Img_2487w760

かすかに家があるのが分かりますか。その向うで上げているのです
だから、低いのは撮りにくいです。 こういうのに限って連続で上げているのです。 悔しいけどどうしようもなない!

Img_2480w760

手持ち、光が揺れて面白い ? 作品。 
意図的に揺らす 一眼レフだと焦点を合わせないでシャッターを押し、一瞬にあわせると面白い作品、目先の変わったものになります

Img_2481w760

思いがけず花火の見学までできて、とてもラッキーな日でした

| | コメント (26)

ちっちゃ話-77

 ちっちゃな話 77 
―≪網戸と殿≫≪料理・茄子のベーコン巻≫≪プレゼントの脇役≫≪≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

網戸と殿
ヒマ子さんのブログに、玄関に網戸を入れたという話がありました
今時の網戸は、蛇腹になっているのですね

○私からのコメント
    我が家も玄関が北側です。
    夏は、戸を閉めないで網戸だけ閉めています。
    玄関は、我が家では一番涼しい。
    なので、夫はよく玄関に座っています。
    なので、夫拝観は、夏場、無料です。

○ ヒマ子さんからのコメント
姫様
>夫拝観は、夏場、無料です。
恐れ多くて、拝観できません。お殿様ですもの

今頃網戸?って言われそうです。
もう玄関の網戸は当たり前のことですものね。
でもここ数日は、北風が吹かずがっかりです。

○姫から皆さんへコメント
   なぜ、ここで姫になったのか
   なぜ、殿なのか、初めての訪問の方は分からないと思います
   私のナンドルネームが、姫なのです。
   それを踏まえて読んでくださると、笑えるのではないかと・・・
   ちなみに、「姫」「殿」はトイレに書いてあります

料理・茄子のベーコン巻
前田ママから野菜をたくさんいただきました。
籠に乗せきれず、袋に入ったままのもあります
このほかに、くずのじゃが芋だけど・・・と小粒にも肥料袋に半分ほど入ったのをいただきました。 もちろんおすそ分けをしましたが、まだまだあります。

先日の「みなと祭」に私たち写友会で、いろいろの品物を袋に入れ、「宝つり」のゲームをしています。 その時、野菜も出るので、茄子を買いました。

Img_1923w760

それらを使って、「茄子のベーコン巻」です
茄子は縦割り。 安定よくするために下を少し切り落とします
軽く塩コショウ、ピーマン・トマト(湯剥きしています)・チーズを載せ

Img_2605w760

ベーコンで巻きます

Img_2606w760

包んで、10分ほど焼きます
で、献立は、
【茄子のベーコン巻・唐揚げ串 付け合せ、サニーレタス・ブロッコリー・トマト】
【はちめの煮付け、山椒の葉】
【お汁代わりに、ソーメン揖保の糸】

Img_2607w760

別の日に、少しバージョンを変えて作りました。
米茄子・・・大きいので輪切り。 水分が少なく甘い 
ピーマン・トマト・スライスチーズ1/4 ベーコンで巻くようにします
前と同じように焼きます
アスパラも巻きました

Img_2618w760

仕上がってみると、ベーコンが縮んで、上に載せたものがこじんまりとしていました。 味付けによって異なりますが、醤油をたらして食べると美味しいです。

プレゼントの脇役
ただの袋でプレゼントをもらうより、こんなのが何気なく付いていると、バージョンアップにもなるし、貰ってとても嬉しい
ネクタイピンのように、挟んで留められるようになっています
ブローチとしても使えそうです
二重になった超は200円。 一色は100円でした。

Img_1194w1024

| | コメント (12)

ちっちゃな話ー76

 ちっちゃな話 76 
―≪綿の種≫≪雑草の名前は ?≫≪蔵の戸≫≪クロスランドの花壇≫≪ ≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました

綿の種
綿の種をどんちゃんからおすそ分けされました
なんでも、マリーマリー関係で、綿を栽培し製品を作っておられる人がいらっしゃるとか。 そこからたくさん頂いたので・・・と。
種まきする注意書きも一緒に。 それには、5月に撒く、とありましたが、貰ったのが7月半ば過ぎ。 綿が水をはじくので、1晩水に浸けて・・・

Img_2273w760

発芽率が悪いということでしたので、全部、プランタンに植えました。

Img_2450w760

今の所、4個発芽。 せめて秋まで大きくなるといいのですが・・
それまで元気なら、また家の中で育てなければなりません

Img_2449w760

雑草名前は ?
いろいろ聞いていたけれど、清姫宅へ久しぶりに行きました
清姫宅は左。 大きな建物は幼稚園。 そこは只今工事中。
グランドだった処に新築しています。
問題は、手前。 ここは、昨年まで家が建っていました。
平地にしたとたん、これだけの雑草です。

Img_2516w760

たいていの場合、最初に生えるのは、葛・イヌコロ草・蒲公英とか・・・
広島もあの惨事の後、最初に生えたのが、と聞いています
しかし、下記のような草。 付近にもこのような草は無いようです
「飛んで来たものではなく、家の下で長年埋まっていて建物が無くなった途端、一気に生えたのではないだろうか」 と、分からないものと知らないもの・まったく知識のないもの3人の集まりで得た結論です
この雑草、3種類あります。 もし名前が分かる人がいたら教えてください

Img_2279w760

 ↑ ↓ 同じもの

Img_2280w760

Img_2282w760

 ↑ ↓ 同じもの

Img_2285w760

Img_2288w760

 ↑ ↓ 同じもの

Img_2287w760

 ↓ これは清姫宅 庭。 紫陽花がまだ咲いていました

Img_2517w760

 ↓ 我が家の近く。 葛の葉が伸びて電線を覆い隠しています

Img_2616w760

蔵の戸
この蔵は、最近行った 「売薬資料館」のものです。

Img_2210w760

蔵の戸は重い。 レールに工夫がありました。
ころ太』が敷かれてありました。
ピラミッドの石を運ぶ時もこの方法。
大きな丸太の上を引いて行ったとか
テレビで吉村先生が、現地の力自慢の人が入って実験しているのを見たことがあります。 詳しいことは忘れましたが、長い間かかって、少ししか進みませんでした

Img_2211w760

蔵の扉を開ける取っ手です。 家紋でしょうか

Img_2212w760

クロスランドの花壇
5日は暑い日でクーラーをガンガンかけて走ります
クロスランド(小矢部)へ入るアプローチの花は、暑さにもめげず綺麗に咲かせています。 あまりに綺麗なので車を止めて写します。
清姫さんは、「暑いから車の中から写す」と言っていましたが、すぐに出てきてしまいました。 それくらい綺麗なのです。
写真にしてしまえば、一部。 綺麗さは十分に伝わらないとおもいますが・・・ これが長く続いているのです。

Img_2568w760

Img_2562w760

畝も綺麗に手入れして、色の配置・花や高さの配置もいい。
花だけでなく、草も役割を遺憾なく果たしています

Img_2566w760

Img_2567w760

たっぷり水も与えられているようです。
何人の人で手入れされているのでしょう。
本当に管理が行き届いているのです。

Img_2564w760

ガーデンをしている人は、これだけでも見る価値があります

| | コメント (20)

クロスランド小矢部

8/5 (月)、清姫さんを誘って、おとぎの森へ、「エジプト不思議アート展」を見に行った後、時間はたっぷりある。
クロスランド小矢部のタワーの展望台に 『Cafe』 ができたと新聞に載っていたのを覚えていたので、そちらの方へ回った。

このターワーは、どこからでも見える。 見えすぎて、どの道から行ったらいいのやら・・・ できた時は、何度もタワーに近ず離れず、くるくる周りを回っていました。 今度も一週してしまいました。
この炎天下、車から降りるのも躊躇するほどです。

Img_2573w760

この展望台まで、エレベーターで上がります
「上で、Cafe やっていますか」
「それは、期間限定で、10日間だけだったのです」
私らしいチェックのしかたです。細かい所は飛ばします
「残念! でも、せっかく来たのだから登るか」
「400円です」 出そうとすると、
「まさか、シニアではないでしょうね。60歳以上の・・」
「しっかりとした高齢者です」
「見えませんでした。 まさか! では、200円です」
考えてみると、接客のノウハウですね。見えないわけが無い !!
これで、嬉しくなり笑いが起きるのですから・・・
世の殿方も学んでください。 アハッ !!

Img_2571w760

展望台まで、100m。 どこまで登ってきているか、エレベーターに1mごとに、表示が出ます。

Img_2591w760

『恋人の聖地』 桂由美 とあります。 桂由美さんのデザインなのでしょう。 ハートには、名前入りの鍵がぶら下がっています。
夜になったら、イルミネーションになるようです

Img_2578w760

丁寧に、下にもハートの敷物 手作り感満点です
他にもハートマークがあります。

Img_2585w760

100m 上から見下ろしとこれまたハート !!
ここで結婚式を挙げる人もいるのでしょうね

Img_2581w760_2

目を遠くに向けると、散居村だった面影がたっぷり残っています

Img_2587w760

登るときは気が付きませんでしたが、鯉のぼりが、横鉄塔一段おきにずっと掛けてありました
なお、タワーは平成6年建設です

Img_2592w760

ミニSLのレールが敷かれています。駅も信号機も付いているのです。 ホームの飾りは時計です。 音楽が鳴ると同時に、煙が上下します

Img_2601w760

上から見た、「恋人の聖地」 ミニSL駅を通して見ると、このような形になっています

Img_2603w760

毎日は動いていないようで、運行の日程が書いてある看板がありました。 9/15・16 (日・月の祝日)にミニSLフェスタがあります。 大人300円、子供200円。
9/23 (月) 「しげちゃん」こと、室井滋さんの講演があります

Img_2599w760

アメリカのヘリはが展示されています

Img_2574w760

乙女に返って、こんなこともして遊んできました。
たいした事のない写真、ぺシャンとしました
これで、高齢者に見えないでしょう ?! やっぱり、無理か !!

Img_2595aw760

展望台でお茶をしようと思っていたので、おとぎの森では飲まず食わず。 だけど、Cafe が無くて、残念。 イタリアレストランが隣接しているので入ろうとしたら、休憩時間。
仕方がないので、売店で、私はアイス、清姫さんはホットケーキ

Img_2604w760

高岡に帰って、清姫さん宅の近く 「トワイス」 で本格的コーヒーにしました。 ここは、私が好きなコーヒー店、5本の指に入ります

| | コメント (16)

古代エジプト不思議アート展 in おとぎの森

清姫さんを誘って、『古代エジプト不思議アート展』へ行ってきました
7/20 ~ 8/30 まで、おとぎの森で開催中です。 入場料500円
初日には、吉村作治先生のトークもあったようです

このようなトリック絵は、以前、新川文化会館へ一人で見に行ったことがあります。 どれだけ触ってもいいし、写真も撮り放題。 
それに比べると、小規模の上、写真だったので、写真を撮るといらないもの(照明や向こうの景色など)が反射して面白くありません。

そのことを除くと、見る方向によって立体的も見えるのが不思議で面白いですよ。

Img_2522w760_2

入り口から今にも飛び出しそうです。
左の方から見れば、平面ですが・・・

Img_2536w760

地下から階段を登ってきているようでしょう。本物の階段は子供が2人、下にある足の所だけです。

Img_2539w760

これはよく分かりませんでした

Img_2540w760

正面から見ると、馬の前足が異様に大きく描いてあります

Img_2547w760

これも平面ですが、らくだの手綱を引いて、可愛がっているように見えますし、後ろのらくだは、「こちらも可愛がって・・・」と、お尻をツンツンしています

Img_2550w760

今時浦島太郎? イルカに乗った少年、ならぬ・・・

Img_2548w760

同じ絵でも、アイデアによって、面白い写真が撮れます
食べられそう・・・   首根っこをつままれて・・・

Img_2549w760

Img_2529w760

立体のものもあります。ツタンカーメンですが・・・
上から見たもの  実は円錐形の鏡がついているのです。

Img_2530w760_2

赤い紐は、どちらが長い?  実は・・・
ものさしで計ってみてください。 目の錯覚に驚かされます

Img_2531w760

下、3枚は同じ絵です
まずは、左から撮ったもの 一直線上にあります

Img_2526w760

全体の形が分かるようにしながら、右から撮ってみました

Img_2527w760

最後は、正面から 道に見えるのも曲者です

Img_2528w760

これだけの写真を見せられても、納得行かないだろうと思います
何しろ不思議な世界です。 入場料も安いですし、お薦めします

| | コメント (16)

伏木港祭 '13

8月2~3日(金・土)は、『伏木港祭』 です
毎年、「写友会」 で、「宝つりゲーム」をしています
家にある、浮遊品を出したり、友達に頼んだりして集めています
会員の中で畑を持っている人の、農作物の出品もあります
1回、100円。 それ以上の値段になるよう、袋詰め作業を、1日に集まってします。

当日、6:00~ ですので、準備があるため 5:00 すぎには着いています

1日目・2日
準備が終わるか終わらないうちに、にわか雨。それも土砂降り。
予想していている人は傘を持っている人が多い。
子供が、家のくぼみに入って雨宿り。

Img_2322w760

Img_2323w760

通り雨だったようで、しばらくしたら晴れてきた。
水溜りに、香具師の明かりや人の姿が写り、写真はチャンス。

Img_2329w760

Img_2331w760

Img_2335w760

歩行者天国でビアガーデン。 テーブルや椅子に水がどっさり
台拭きで拭くというより落とす。 それが、ザーッと音がする
待ちかねているお客さんは自分で拭いて座り、あっという間に満員

Img_2324w760

私たちのお店です。
紐の先に、宝? が付いています。
人気のお店なので、子供も大人もひっきりなしです。
130点ほどの商品、8:30 頃になくなってしまいました

Img_2337w760

若者のバンド演奏もあります。 ロックが多かったような・・・

Img_2422w760

.   ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2日目・3日
着ぐるみ「うみまるくん」 
旗には、「海のもしもは118番」とあります

Img_2426w760

7:00~ 北前船を先頭に、伏木帆柱起こし祝唄踊町流し

Img_2430w760

踊の先頭は、源ちゃん 

Img_2433w760

各学校 町内婦人会など

Img_2434w760

可愛いでしょう! 暗いところで動くのでカメラぶれになっていますが、この写真は外せないです。 3人兄弟のようでした。

Img_2439w760

かって伏木港を行きかった北前船を参考にデザインされた船。 
「伏栄丸」 と名づけられました
氷見の船大工・番匠光昭さんが製作。 
長さ2,5m 帆を立てた高さ2,8m
このみなと祭で、初めて披露されたものです

Img_2442w760

舞台では、民謡・民舞競演会が行われています
観客も大勢さん。
私たちは、この間ずっと、昨日に引き続き「宝つり」のお店をしていました。

Img_2445w760

2日間も大変ですが、楽しくもあります。

| | コメント (18)

伏木港祭 '13 ―花火―

8月2~3日(金・土)は、『伏木港祭』 です
花火は、2日、20:00~
小さい町ですから、30分だけのショー
仕事をしながらですので、上げている近くまで行けず、伏木支所の後ろで撮っています。
それも、手持ちで・・・

Img_2346w760

Img_2362w760

Img_2387w760

Img_2391w760

Img_2383w760

ピンボケ写真ですが、色合いが綺麗だったので・・・

Img_2404w760

Img_2405w760

Img_2415w760

Img_2419w760

Img_2420w760

花火は、シャッターを切るタイミングが難しいです。

| | コメント (14)

富山薪能 ’13 宗八・船弁慶

7月31日(日)、富山祭の一環として、薪能がありました。
毎年、県民会館で行われていましたが、今年は、「富山能楽堂

Img_2277w760

清姫さんの家に集合、彼女の車に乗り合わせて、3人で行きます
時々行く能楽堂ですが、薪能の提灯、松明が新鮮。

Img_2290w760

本物ではなく、電気なのですが光を柔らかく赤くするために、赤い綿が入っています

Img_2292w760

私たちは、「火入れの儀」が始まる、まえ二番から見ました。
舞囃子で、宝生流 『放下僧(ほうかそう)』
  放下とは、僧形や侍姿で漂泊した遊狂の雑芸人。
  その姿に身をやつし、兄弟で親の敵を取る物語。
  歌詞が面白く、リズムの運びよいので、これが好きだという人が
  多い
もう一番は、やはり舞囃子で、観世流『雲林院
  伊勢物語に取材した夢物語。
  二条后との恋物語など、業平が生前を思い返して舞い遊ぶ様
  を表現

Img_2294w760

火入れの儀 6:00~ 舞台のしたには祭壇が設けられ、
 富山のお偉いさんによって行われます

Img_2296w760

その後、「狂言」 「能」 各一番ずつ

和泉流 狂言「宗八」
 元料理人のにわか坊主 to 還俗したての新米料理人
 2人は、金持ちに召抱えられます
 主が留守中に読経と魚料理を命じられ、
 お互いに不慣れを見かねて、教えあいます
 鯛の捌き方を教えながら読経を習うもの to 読経を教えながら捌
 き方を習う宗八
 そこへ主が帰宅。 できない事を見られてしまい追い込まれます
生臭坊主。 元来、お寺と魚は相容れぬもの。 なのに、屈託なく境界を越えて職業を変える ところが面白い
        清水宗治 野村祐丞 鍋島憲 後見 荒井亮吉

写真が撮れないので・・・

宝生流 能 「船弁慶」
 兄頼朝に追われ、都落ちをする義経一行。
 淀川を船で下り、大物の浦へ出ます。
 弁慶ゆかりの宿に休み、義経の許しを得て、静御前に帰るように
 いいます。 これから先の難路を思えば、女人を連れての旅は無
 理と判断。 また、人の口もはばかられての処置でもあり・・・
 義経自身からも別れの言葉を告げられ、再会を願って涙し、門出
 の祝宴に白拍子を舞います。       (中入り)

Knd_fbk

ここまでが全般

    静御前 宝生和英  義経 渡辺真之介(子方・・子供) 
    弁慶 殿田謙吉

静御前と義経の別れの場面 見せ場で涙する所ですが・・・
姿から見ると母子の別れのように見えます。
なぜ、義経が子方の設定なのか・・・?!
佐nさん、前この「船弁慶」を見たことあるが、真っ黒の顔をした可愛い子とふくよかでいかつい感じの静御前の取り合わせが、とても違和感があったとの事

中入り) シテが静御前から悪霊に変わるため楽屋で着替えをします。 その間つなげなければいけません。
間狂言(あいきょうげん)が入ります。 しかし、狂言をするわけでなく、これまでの事の次第を狂言師の方が語ります。 大抵のものは、舞台にワキが残っていますので、少しだけ、ワキの台詞があるのです。
今回は、狂言師(荒井)が小道具の船(上の絵を見てください。竹に白い布を巻いただけのもの)を運び、ワキとの掛け合いが多くあり、退屈しないようになっていました

Images_2

これからが後半

 静への未練絶ちがたく、発ちしぶる義経を励まして、弁慶は船を
 出させます。 
 六甲沖で風が変わり、雲行きが尾怪しく、波が騒ぎ・・・・
 船中動揺するうちに海上には平家一門の亡霊が浮かび、
 平知盛を先頭に嵐とともに義経に襲い掛かります
 果敢に太刀を構える義経をかばい、弁慶が必死に祈ります
 甲斐あって、悪霊は退散します 

Images

悪霊の動きが激しく、若い人でないとできない動作がいくつかあります。例えば、空中で胡坐をかいてそのまま降りて座るなど
さすが家元、一つ一つの動作が美しい。 衣装も素晴らしいのです
写真が撮れたら、紹介できるのに・・・

いい雰囲気のまま、夜の空港へ・・・・

| | コメント (10)

富山○○○○空港で

7月31日(水)、富山祭の一環として、「能」もあった。
今年から、富山能楽堂で行われる。 富山空港の近くなのです

終わってから夕食、8:00ごろだったかな。 41号線にも軒並みレストランはありますが、空港で食べることに・・・
渋滞はないし、駐車場も十分にある。 能楽堂へ来たら、大抵空港へ行くことにしている。
私  「名前変わっていない?」
清姫 「そうかな~。前からこれでな~い」
佐n 「夜の空港は始めたや !! 昼も来た事ないけど !! 」
ここで爆笑

Img_2297w760

「どっちが正しいか、中で確かめてくるわ !! 」
2人がトイレに行っている間に、荷物検査係りの人に聞いてみた
富山きときと空港の名前は、4月に決まっていたのですが、新しく取り替えたのはつい最近です」
私の記憶が正しかった。 それからというものは鼻息が荒い !!
「よく覚えていたね」 「ここをよく利用する、国際人ですから・・・」

Img_2298w760

右横、黄色の台の上に、空港のジオラマ
こんなにたくさん、飛行機がいるのかしら?
右の方に、ヘリの発着場もあります。

Img_2301w760

などと笑いながら、2Fへ。
時間も時間、喫茶店は閉まっていて、レストラン(イタリア料理と和食)2軒しか開いていなかった。
で、イタリアレストラン「エアーポートキッチン」へ。

Img_2313w760

中は結構広い
左のガラスに店の名前が書いてあるのが分かりますか。
その真ん中に、タラーッとバナナのようなものがぶら下がっています
入り口にもぶら下がっています。
これが、チーズがたらり と解けている状態を表したものですって !!

Img_2305w760

私たちは、奥の席に陣取った。
流木のような木が目の前の大きくあり、「これはなんだ!」と、目を遠くへやるとスタンドの支えだった。

Img_2309w760

窓からは、飛行場の駐車場。

Img_2307w760

注文したのが3人とも「うにパスタ
美味しそうでしょう。 ほんとうに美味しかったのです。
NHK朝ドラ『あまちゃん』にあやかって・・・
先週から、特に面白いですね。
途中に、要らないこと書きましたが、1200~300円の間だったと思う
それがね、ほんの少ししかなく、どこへ入ったのか分からないくらい。 たぶん、量としては、80gだったのではないかな
オーナーなのかウエイターなのか、わかりませんが、イタリアンっぽい感じのスマートでハンサムボーイでしたよ。

Img_2311w760

飾りがいいでしょう。 懐かしいシュチュワーデス。 古いカメラ(本物

Img_2310w760

旅の憧れや思い出を彷彿とさせる古びた絵、飛行機

Img_2306w760

帰ってから、必ず常駐している大好きなアイテム、インスタントラーメンを食べました。 これで、おなかも大満足 !!

| | コメント (16)

民族民芸村

7/28 (日)、どんちゃんとマリーマリーでランチをした後、ミニ同窓会の見学候補地を見て回ることに・・・・
呉羽の丘陵地には、『富山市民族村』 として、7箇所ある。
が、2人とも素通りばかりで、入ったことがない。
で、一番興味がある  『売薬資料館』 へ。

2つ目は、『考古資料館

Img_2244w760

展示されているものは、発掘された器と地図。
教養のない私は、面白くない。
ここが、一番よく冷房が効いていて、涼みに行っただけ。

Img_2243w760

3つ目、『陶芸館

Img_2234w760

大地主の農家。 明治の建物を移築。 国の有形文化財
切妻造り。 富山県では、東を向いて建っているのが多く(合掌造りもそうです)、アズマダチとも言います。

Img_2235w760

一枚板が敷かれた部屋の向こうの掛け軸。 日本には無い文字
トンチのような読み方です。
≪西の大きな山に人が住んでいる≫ と書いてあります。
さぁ~、なんと読むでしょう。

Img_2241w760

『湛然』(たんぜん) これ、いい字でしょう !!
一目で気に入りました。 4文字熟語になっていて、二幅あるのだそうです。 前の2文字忘れてしまいました。
陶芸は、誰かの作家展で、大ぶりの物ばかりありました。

Img_2237w760

    ↑ 白釉かご花入    ↓ 白釉かご皿

Img_2239w760

4つ目、『民芸館
少し坂を登るとあります

Img_2245w760

昭和40年、飛騨市(旧神岡町)から移築。 一番早く開館した

Img_2246w760

板蔵としては大変大きなもの。飛騨の匠の丁寧な仕事ぶりが伺えます。 頑丈な柱、それをつないでいる広い貫、見事な棟木など格調の高い建物。
展示されているものは、国内外の民芸品

Img_2247w760

5つ目、『民芸合掌館
江戸時代末期に、富山市山田村に建てられたものを移築

Img_2254w760

手を加えない状態で住んでおられたので、建築物としては価値がある。 自慢はこの大きな部屋に柱が建っていないということ。支えているのは、太い梁。

Img_2249w760

建物に関係なく、集められた民芸品を展示

Img_2250w760

床の間に飾ってあるのは、時香盤じこうばん

Img_2253w760

上から覗くと、鍵型に道がついています。そこへ、お香を並べ長い間楽しんだのかもしれません。

Img_2251w760

今回は、この5箇所。 
篁牛人たかむらぎゅうじん)記念美術館へは行きませんでした
また、『茶室丸山庵』 『とやま土人形工房』 は以前行きましたので割愛しました。

これから、何人かの意見を参考にして、ミニ同窓会の原案を考えたいと思います

| | コメント (20)

とやまのくすり 売薬資料館

7/28 (日)、どんちゃんとマリーマリーでランチをした後、ミニ同窓会の見学候補地を見て回ることに・・・・
呉羽の丘陵地には、『富山市民族村』 として、7箇所ある。
が、2人とも素通りばかりで、入ったことがない。
で、一番興味がある  『売薬資料館』 へ。
なまこ壁、とやまのくすりと書いてある暖簾から入る。

ここで分かったことだが、共通券になっていて500円
1館だけなら、100円。 イベントで孫と一緒に回ると無料

Img_2196w760

昔懐かしい売薬さんの “こおり
お土産(風船・飛行機など)、大福帳など、古い薬、新しい薬と入っています。 これは、比較的新しい。 子供のころは、木綿の大風呂敷で被いて来られました

Img_2198w760

家には、引き出しになった薬箱。袋に入ったものがありました。
同じかどうか分かりませんが赤い箱でした。

Img_2199w760

売薬さんの配置。 釘のように見えますが売薬さんの格好をした人形です。 組を作って活動していたようです。
例えば、駿河組42人・信州組172人・美濃組206人
そして、『示談』 ―売薬仲間のきまり― があり、
 ・御公儀の法度を守る
 ・薬種は吟味して仕入れる
 ・商売先を往復する道中では失礼のないように
 ・一生懸命やっている者を引き立てる。足を引っ張らない
 ・決められた宿以外に、身勝手に宿を取らない
 ・祝宴や女遊び・賭け事はしない
 ・富山以外の地域の売薬人との関係を聞かれたらよく知らないと
  答える
など、たくさん決まりごとがあったようです

Img_2201w760

薬を数える道具。

Img_2205w760

これも、先のものより小粒なものを・・・
もっと小粒、粉などは匙。 これも20種類ほどありました

Img_2208w760

数えたり、計ったりした薬を入れた袋です

Img_2213w760

反古ん丹・萬金丹 富山を代表する薬です
子供のころ 『鼻くそ丸めて万金丹』 と歌っていたものです
それだけ小さくて黒い薬だったということでしょう

Img_2214w760

今は、こんなパッケージになっています 『反魂丹』 となっています

Img_2315w760

今は、『むしくだし』 なんて知らないでしょうね
袋に、いろんな かい虫 が描いてあるのが懐かしく面白くて・・・

Img_2215w760

薬の袋も手作り。 袋を作るための道具もありました
『押し切り』 今はカッターというのでしょか。
同じものが事務用品としてありますね。 私も持っています。
熨斗のように作られた薬も、これで切ったのでしょうか

Img_2204w760

時代劇に出て来るような売薬さんの服装。
どんちゃんは、これらを見て、「売薬さんを主人公に小説がかけそうだ」 と言っています。 乞う、ご期待 !!

Img_2200w760

この服装は、売薬さんのお土産になった四角い風船の絵柄にもなっていました。

Img_2275w760

この後、いくつか回りましたので、続けてアップします

| | コメント (16)

マリーマリー アートプレートランチ to カシスティ

先月28日(日)どんちゃんとマリ-マリーへ。
見舞い返しか中元か、マリーマリーで『手作りジャム・紅茶のセット』を頼んでしたらしい。 それを取りに行きがてら、ランチ。
たくちゃんも誘ったが、作文教室で都合が悪く・・・

        アートプレートランチ膳

Img_2216w760

白身魚の磯部揚げ(海苔か野菜か分からなかったが)、サラダ(きゃべつ・きゅうり)、おひたし(切り干し大根・人参・若布
小さいガラスの器にはデザート。 2層になっていて、下が黒・上がグレー。 黒豆の煮汁をゼリーで固めたもの。上は、それに牛乳を加えている。 だから、甘さも2層。
茶碗蒸し

Img_2218w760

なすのオーブン焼き(トマト・ピーマン・チーズ)、揚巻(油揚げ・人参・いんげん
大豆の煮豆

Img_2219w760

これがよく分からなかった。じゃがいもに南瓜をまぶしてあるのかな

Img_2220w760

たかつきにはザスの昆布締め、赤米ご飯、牛蒡の味噌汁

Img_2221w760

それに、コーヒーつき これで、この間の「かたかご」と同じ値段です

Img_2231w760

どんちゃんは、マリーマリーの事が詳しい。
飲み物の新しいメニューができたのですって !!
それが、この カシスティ 580円

Img_2224w760

これも、グラデーションで微妙に2層になっている、アイスティ
底には、ミックスベリー そして細めのグラス

Img_2225w760

細めのグラスなので、氷が積み上げられ、見るところによって色の変化が楽しめる。
ティーを注ぐ時は、氷の上から静かに落とし、下のベリーと混ざらないようにする。 ストローは太目。 べりーも一緒に飲めるように・・・
ティーは朝日紅茶。
雰囲気、味ともに抜群。

Img_2233w760

ミニ同窓会でもマリーマリーを使いたい。 ランチをするだけでは面白みがないので、これから見学地の下見をします。

| | コメント (24)

村山雨景染絵の世界

たくちゃんの「葛の会」作品展を見に行ったとき、同じ3Fで、染絵展がありました。 時間もあったのでついでに見に行きました。

この絵を見たとき「見たことあるぞ!」
「ここで展覧会やられたことあります?」 「何度も来ています」
「この合掌造りの絵が印象的だったので・・・・」
小林幸子さんの衣装になった原画です」と雨景氏の奥さん

Img_2186w760

先生は来ておられませんでしたが、奥さんにいろいろ聞きました
新潟十日町生まれ、幼少の時から父母の手織り染色を来て育ち、京都で友禅染、ろうけつ染めを修行。 伝統的な日本の染色技法と現代の日本画技法で『雨景染絵』を編み出し、東京・京都・ドイツなどで精力的に活動
美匠展で、奨励賞・特別賞受賞 染色芸術展で金賞 世界美術大賞をイタリアより受賞

Img_2171w760

今、シルクロードや鴇に取り組んでいる。
元々は着物の染色家 着物ファッションショーも好評だったとか

Img_2174w760

どの作品も素敵なのですが、額のガラスが光って撮れないのです
かろうじて、「あけびとかわせみ」の絵を撮ることができました。
もちろん、撮影許可をもらっています

Img_2175w760

Img_2177w760

良寛さんの絵もシリーズとして描かれています。
描き方が多岐に渡り、幟旗のようなもの、勇ましい凧の絵、

Img_2176w760

童話の世界のような可愛い絵などジャンルを問わず描かれます

Img_2172w760

          桂林の山々      良寛さん

Img_2178w760

小さいので、写真を大きくして見てくださいネ
写真をクリックすると大きくなります

Img_2179w760

平山さんと違う、シルクロード。
こちらの絵の方が断然好きです。

Img_2180w760

そうそう、思い出しました。
夫が、『桜の絵が欲しい』 と言っていたので、ここで見た桜が気に入って、連れてもう一度見に来ました。 しかし、「本当の絵の方がいい」とのこと。 結局買いませんでしたが・・・、いまだに、桜の絵はありません。
日本画も、いいのはシルクに描いてあるのにね。

Img_2257w760

この絵を買ってきました。 小さいものですが・・・

Img_2259w760

Img_2260w760

玄関飾りにいい大きさでした。
日本海は、夕日なのですが、特殊な地形で、朝日なのです。
夏は、海から朝日が昇り、他の季節は立山連峰から登ります。
だから、正月にも夏にでも・・・   いや、爽やかな感じのものは、季節を問わず飾れるのではないかな~

| | コメント (18)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »