« 篤志と十二町潟・蓮 | トップページ | ちっちゃな話ー73 »

篤志の料理 to お茶の稽古

篤志が、19・20日(金・土)と泊りがけでやってきた。
「料理をしたい、と言っている」 と先触れがあり、また 『押し寿司』 かな、と少し準備をしていた。
やりたいというだけの事だけあって、この出で立ち。 エプロン・三角巾までつけての張り切りよう。

Img_2006w760

「何するの?」 「卵」 こちらは寿司と思っているから、5個。
いつもなら4個。 「一つ多い!」 と彼は言う。
「でも、今日は5個にして・・・」

Img_2008w760

篤志はチーズが好き。 いちど入れたのを覚えていて、「チーズを入れてみる!」 「え~」 と言いながらも一掴みいれた。
横にさえ居てやれば、今では一人で手馴れたもの。
調味料も加え、ある程度加熱したところで、火を止め、余熱を利用して混ぜる。 自分で、「火を止める。 止めてもまだまだ混ぜる!」 と言いながら・・・

Img_2011w760

「押し寿司作るでしょう?」 「作らない!」 「押し寿司だったら、博ちゃんも手伝えるのに・・・」 「作らない!」 いったん言い出したら、きかない。
急遽、献立変更。 篤志のできるものでなければならない。
で、『粉ふき芋』 を作ることに・・・
「おばあちゃんが皮をむくから、あっくん切って、鍋に入れてね」

Img_2014w760

芋を煮ている間に、庭で紫陽花の葉を2人で摘みに行く。
今では、はさみを使えるようになったので、あっくんが選んで切ってくれる。
きゅうりを切ってくれたのも篤志です。
わやわやと食べてしまって、残りを小さいお皿に移して冷蔵庫へ。
綺麗なものを撮ればいいものを・・・  忘れてしまって・・・
一度ラップをしてから気が付いて撮ったので、横にラップまで写ってしまいました。

Img_2015w760

土曜日の午前中は十二町潟。 午後からはお茶の稽古にいきました。 先生の設えは、『茶箱』 になっていましたが、篤志は出来ないので、いつもの茶碗で・・・
これもまた、いつものように(泡が立たないので)、あっくん1回、おばあちゃん1回、最後にあっくん。 茶筅を一度回して、真ん中から上げる。
写真は、真ん中から上げているところ。

Img_2063w760

前回から、篤志も飲むようになりました。

Img_2065w760

「苦い!」 とこの表情。 しかし、最後まで飲みきりました。
途中、たくさんお菓子を食べながら・・・

Img_2066w760

この後、先生に遊んでもらって・・・
くんずほぐれず・・・
あまりにも楽しそうなので、写真を撮るのも忘れてみていました。

Img_2069w760

玄関を出ると、「お顔みたい!」 と篤志。
融雪装置の穴です。

Img_2070w760

先生の町内の公園。 目ざとく見つけて、ここでもブランコ。
「押して! 13でやめるから・・・」
この数字はどこから出てくるのか分かりませんが、ほんとの13で終わりました。 これから、老人ホームの納涼祭に行きます。

|

« 篤志と十二町潟・蓮 | トップページ | ちっちゃな話ー73 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
お孫さん、すっかりコックの腕を
上げたようですね(^^)

投稿: imaichi | 2013年7月22日 (月) 05時47分

姫さま
うれしそうな(#^.^#)
ふたりとも活動させるには、ばばさまもまだまだぼけてはおれない。

投稿: 森のくまさん | 2013年7月22日 (月) 08時38分

姫さん
あっ君まるで宿泊学習に来ているみたい。
三角巾まで持参で、お料理が好きなんですね。
姫さんこれまで忍耐強く教えた花が開きつつありますね。

投稿: 風子 | 2013年7月22日 (月) 10時06分

姫様
あっ君、一丁前のコックさんですね!
顔つきから姿形から、名コックさんです。
「自分でやる!」と言うのがいいですよね!
インゲンや揚げ物みたいのもあって、今回も豪華なご馳走が出来ましたね!
お茶の点てる姿も堂にいっていますね。茶々姫さんも良く覚えていて好きだし上手、と言われていました。お茶は苦いけど飲んだのですね、(苦いと言う顔が上手く撮れています)苦くても飲むとは根性があります。
あっ君は、はしかいです、こんなものを顔に見立てるなんて!そういわれると顔に見えます。
ブランコ、ありますね、付き合う姫さんが大変!「13」が何処で覚えた数でしょう。まだ続きが有りそう・・楽しみにしています。

投稿: なは | 2013年7月22日 (月) 17時37分

姫様
あっ君のコックさんスタイル、決まってますね。
4歳には見えません。
お料理することが、本当に好きなのですね。
お茶のお稽古もちゃんとできて、しっかりしてます。
こんな暑い時は、大人はさぼりたくなるのに、あっ君はエライです。

投稿: ヒマ子 | 2013年7月22日 (月) 17時54分

 篤志くんとお祖母様の料理実習の様子を何度か読み、その都度イルカ(歌手)が小さな息子と料理を作ったと話していたことを思い出します。小さな包丁とまな板を使ってタマネギ料理なども作ったと話していました。
 大人が料理好きかどうかが子供に興味をもたせる鍵かしら・・?
 

投稿: 案山子 | 2013年7月22日 (月) 20時55分

imaichiさん
少なくとも好きなようです。
できることは限られているので・・・

投稿: 姫 | 2013年7月22日 (月) 23時14分

森のくまさん
博史はまだほとんどできないですが、その内、大騒動になるでしょう。

投稿: 姫 | 2013年7月22日 (月) 23時17分

風子さん
うまい事言ってくれますね。
来ると、イベント続きです。
花開くでしょうか。
横浜の孫たちにもたくさん教えましたが、どうなっているのやら・・・
8月のコンサート10日。 昼の部です。
今の所は行こうと思っています。
来ますか。席とって置きますよ。
マザーリーフ、用意できました。
都合のいい日、持ってきて、玄関においておきます。

投稿: 姫 | 2013年7月22日 (月) 23時22分

なはさん
格好だけは・・・ちょっと得意そうな顔しているでしょう。
今まで、私の言う通りだったのですが、・・・
玄関を出るときは、しゃべりまくっていますので気もつきませんでした。
見る方向もありますね。
「13」は意味不明です。

投稿: 姫 | 2013年7月22日 (月) 23時29分

ヒマ子さん
同じ年の子供と比べると、頭一つ大きいのです。
だから、この格好はよくできるように見えるでしょう?
でも、4才。できることは限られています。
その内、そば打ちも連れて行きたいと思っているのですが・・・
暑いのに、じじばば頑張っていますよ。
本当は、クーラーの中にいたいのに・・・

投稿: 姫 | 2013年7月22日 (月) 23時44分

案山子さん
若い人とちがって、ハイカラな料理ができません。
今の体験が残るとすれば、ばあちゃんの料理・味。
その上、いい加減なことも教えています。
その上私は料理好きではありません。
仕方なく作っています。
造らなくてもいい日は、どんなに嬉しいか!

投稿: 姫 | 2013年7月22日 (月) 23時56分

三角巾、エプロンの得意そうな顔がキュートですね。自己主張もあるようになりましたね。
前回のお茶の時初めて飲んでみて、次回も飲めたら美味しかったにちがいない、などと大人は言ってましたが、彼は、本格的にお点前を習得する覚悟のようですね。
この後、くんずほぐれつで茶々姫先生と遊んだの?

投稿: 清姫 | 2013年7月24日 (水) 11時51分

清姫さん
ババとしてもなかなか良いモデルです。
が、せっかくの写真ピンボケになってしまって・・・
>本格的にお点前を習得する覚悟<
ははは・・・でしょう。
着いてくるのが不思議ですが・・・

投稿: 姫 | 2013年7月24日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 篤志と十二町潟・蓮 | トップページ | ちっちゃな話ー73 »