« 食事処「サンキュー」 | トップページ | 料理 海老といかto唐揚げ あまりご飯で・・・ »

句集 解読会 in ケイル

お茶の仲間(月曜組 というには、失礼なほど立派な方です)の釣谷久仁子さんが句集「胸に火照りし」を出版され、お茶の仲間で祝賀会を、マリーマリーでした話を、1月26日にアップした
その記事のURL 
http://youkohime-1.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-3449.html#comments

俳句は短い文、独特の表現があったり、難しい漢字が使われたして、わからないものがたくさんあった。 せっかくの句集、少しでも分かるようになりたいと、釣谷久仁子先生を招いて、解説してもらうことにした。
今回は3回目。 1回目は出席したが、2回目は野暮用で出席できなかった。

3回目、6月22日(土)、食事も兼ねて、「ケイル」で。
高岡自動車学校の前。 オバゲーもあり分かりやすい所。

Img_1426w800

今日のランチ。 サラダとパン コーンスープ
パン・・・匂いが強い。臭いと書きたいくらい。 何が入っているのか聞いてみた。タイム、ローズマリー、フェンネルだそうだ。 それも、オリーブオイルをつけて食べる

Img_1429w800

サラダは、トマト、パブリカ、シメジ、ベーコン、サニーレタス、タマネギ、ミズナ

Img_1428w800

食事が終わって、解読会。 読書会とおっしゃる方もいましたが、私にとっては「解読」です。
私が好きだった句を私なりに分類して書きます。

面白い

 ・ばったとぶ真正面をみて飛べり
   緒突猛進・見据える・目標に向かって

 ・文化の日学なりがたく昏れにけり
   目標の持たないものには・・・

 ・わたしを使って下さい捨案山子
   ははは・・・・ 私もです

 ・春眠や脳宇宙にありしまま
   寝起きが悪いのでよーく分かる

 ・神の旅雲の切れ間の金烏(きんう・・カラス)かな
   神の旅・・・10月・神無月の季語 出雲から各地お出ましになる

Img_1509w800

八尾 風の盆

・胡弓の音しみわたりゆく銀河かな

・坂のぼり闇に消えゆく踊笠

Img_1432w800

     釣谷 久仁子せんせい

共感

 ・雪吊りの解かれし老松うごきそう
   常に支えが欲しい

 ・晩節の心を灯す躑躅の炎(
    心は年寄りになりたくない

 ・滅(めつ)の間をつなぐ命や蛍(火を2つ上に書く字)の火
   こんな映画がありました

Img_1431w800

            勉強中 皆さん熱心です

青春・若さ

・尻あげて自転車漕ぐ子春立てり

・水仙やうつむく少女の反抗期

・初つばめ風に逆らふこと楽し

Img_1422w800

              こんなものも売っています

自然

 ・抽斗(ひきだし)のごとき棚田や秋の暮
   棚田を上手く表現

 ・水芭蕉祈るかたちや峡(かい・・狭い所)晴るる
   同じ形をした座禅草より、白い水芭蕉が神々しい

 ・大欅いのちあつめて蝉しぐれ
   木は命を育てる

Img_1421w800

      建築のコーデネーターもしておられます

家庭・こころ

 ・刺されたり夫(つま)に添い来し秋の蚊に
   夫が外から入ってきたとき、一緒に蚊も連れてきた。
   その蚊に刺されてしまって、はがやしい(悔しい)

 ・お帰りといふ母がゐて日脚(ひあし)伸ぶ
   今も昔も変わりない母。 3丁目の夕日を思い出す

 ・マフラーに詩の余韻を巻きにけり
   読書会の帰り

せっかく勉強したのに・・・・上手く書けません
しかし、勉強している時は結構楽しかったのです

釣谷先生。 漢字から読めない私たちでしたが、分かりやすく解説いただきましてありがとうございました。

|

« 食事処「サンキュー」 | トップページ | 料理 海老といかto唐揚げ あまりご飯で・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
なかなかに、教養心の高レベルな
勉強会でしたね(^^)

投稿: imaichi | 2013年7月 5日 (金) 06時07分

姫さま
どの句もすてき、こころに響きます。
新しい句の会との出会いよかったね。

投稿: 森のくまさん | 2013年7月 5日 (金) 08時30分

姫様
うまい!感激です。これをプリントして久仁子先生に差し上げてください。喜ばれるでしょうね、さぞかし。
紹介もとても上手、いい俳句だらけで一冊書きたいほどでしたが、貴女のを見せてもらって、こんな風にしたら誰もが親しめる・・と感心しました。
写真も綺麗ですし、あんなコーナーがあるなんて気がつきませんでした。
私も夕べ書いたのですが、何がなにやら・・でした。
楽しかったです。

投稿: なは | 2013年7月 5日 (金) 10時49分

句集の解読、姫さんの解説が上手いのでとても分かり易いですね。
上手い句、いい句を拝見すると、
自分もと思うのですがなかなか思うようにはいきません。
同じように日本語を使っているのにと、
寂しい限りです。

投稿: ヒマジン | 2013年7月 5日 (金) 11時30分

最終回までしっかりと勉強されましTね。くわしくて感心しました。私はこの日は野村児童センターから直行、あらあらと言う間に始りましたが、話を聞いているうちはとても楽しかった。でもすぐ忘れ、肝心の「底紅」もなんだった?と言う感じです。
いい企画をありがとう。あなたのおかげです。

投稿: 清姫 | 2013年7月 5日 (金) 16時15分

姫様
すてきな句ばかりですね。
姫様の解説で、さらよくわかりました。
たくさんの句の中から、よく理解されて、
それぞれをまとめられる姫様も、
俳句の先生のようですwink

投稿: ヒマ子 | 2013年7月 5日 (金) 16時29分

姫さん
俳句を作る人の頭はどうなっているんだろうと思います。
どれもこれも自分では作れないけど、代弁してくだっさているようで共感します。

投稿: 風子 | 2013年7月 5日 (金) 17時26分

姫ちゃん 
 今日は、お茶の日でした。礼儀と作法が厳しいので驚きました。
 俳句とは教養が高いですね。
加賀の千代女の英語版を持つています。英訳すると意味が呑み込めます。
 

投稿: たくちゃん | 2013年7月 5日 (金) 22時26分

imaiciさん
みなさん教養=今日用事がある=今日用が高いのです。

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 22時53分

森のくまさん
くまさんも俳句をやっておられるので、理解度が高いのではないかと思います。
私の選んでいるのは、私でも分かる句ばかりです。

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 22時55分

なはさん
な破産のブログ読みました
選んでいる句が、こんなにも違うのかと思いました。
そして、なはさんのを参考に一部、書き直しました
知識のいる句は、そこで一服してしまいます。
分かりやすい句だけ選び、解説がいらないのではと思ってのですが、こぼれた所だけ・・

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時04分

ヒマジンさん
20年以上やっておられますので、キャリヤが違います。
ヒマジンさんも20年を記念して、句集を出版してください。
私の解説がよかったですか。ありがとう。
ヒマジンさんの句集も担当します。

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時21分

姫さん
 ちょっとちょっと、釣谷先生は化学の先生ですよ。お世話になり、年賀状までやり取りしてましたが、数年前お互いに年賀状を止めることにしたのです。よろしくお伝えください!
 ところで、寸評なかなかなもんです!テーマ別に分けていただき、こちらも分かりやすい!たくちゃんが英語に秀でていることも分かりました。能ある鷹は爪を隠していたんですね。

投稿: どんちゃん | 2013年7月 5日 (金) 23時21分

清姫さん
忙しいのに、よく来られましたね。
時間の使い方が上手です。
難しい俳句も解説があれば、面白いものでしたね。
誰かが書いてから・・・なんて、横着なことを思っていましたが、誰も書かないものだから・・・
難しいものを分かりやすく、親しみやすく、書きたいと考え、こんな形式にしました。
なはさんのを読んで、選ぶ句がまったく違うのに驚きました。

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時27分

ヒマ子さん
お褒めの言葉ありがとう。
私は、難しい事は分からないので、専門的なものを避けて、分かりやすい句だけ選びました。
それをまた、カテゴリーで分ければ、俳句をしたことのない人でも親しみを持っていただけるかと思いまして・・・

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時33分

風子さん
同感! 同感!
一フレーズがでても、どうまとめれば良いのか、いつも投げ出してしまっています。
特に<共感>のところ、身に浸みててわかります

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時38分

たくちゃん
お茶熱心に学んでいる所ですね。
私は、今年で25年。
ぜーんぶ、分かった上で、いつも応用編です。
わざわざ、英吾版? すごい英語力。 単語が分かれば、ストレートに書いてあって分かりやスのですか

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時49分

どんちゃn
化学の先生でした。長い間、礪波高校にお勤めでした。
ここに書きませんでしたが、動物や植物にも精通されているので、それを題材にしたものが多いです。
それに、歴史や背景を知らないとかけない句も多々あります
伝えます。なはさんも言うでしょう
たくちゃん、英吾版、驚きです。
今度持ってきてもらえば良いですね

投稿: 姫 | 2013年7月 5日 (金) 23時55分

姫様
何度も言いますが、姫様の紹介、とても上手くて、読まれる人は誰も「なるほど!」と共感なさることでしょう。
姫様の司会が上手で楽しい会を三度、(カリーマリーでのお祝いの会の時も俳句の話しをしましたから、四度といえるかも)出来たし、参加した人も久仁子先生も満足していられました。
こんどのお茶の日に、どんちゃんのお言葉伝えますね。
久仁子先生は、「この句が好き・・」と言って貰えるのが嬉しいと言われています。
その意味でも姫様のブログは素晴らしいです。

投稿: なは | 2013年7月 6日 (土) 18時08分

なはさん
重ね重ね、尾の目の言葉ありがとう。
木に登ったつもりで・・・
自分の書いていることについては、自信が持てないのです。
久仁子先生によろしくお伝えください。

投稿: 姫 | 2013年7月 6日 (土) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食事処「サンキュー」 | トップページ | 料理 海老といかto唐揚げ あまりご飯で・・・ »