« ちっちゃな話ー73 | トップページ | 7/15 マンスリーコンサート »

茶摘

どんちゃんから、「朝日町で茶摘があるけど、行く?」
と聞かれ、「そんな面白いこと、した事ないから行く、行く!」
第1回目が、7月7日。 丁度この日、孫守の約束をしていて、残念ながら断った。 しかし、その日は雨で、中止。
しばらくして、「7日中止だったので、14日か15日どう?」
太閤山の友人・みきこさんを誘った。
「14日は、約束があるけれど、15日ならいいよ」
これがまた、14日台風のため雨の予報。 で、取りやめ。
結局、15日(月・海の日)になった。 それも、天候が怪しいというので、1時間遅れの11:00開始。
8:30に、太閤山へ着くように迎えに行った。
下道で行き、道も間違わなかったつもりだが、11:00ぎりぎりに到着。 処は、中新川郡朝日町、『なないろ館』 のまん前。
なないろ館の近くとは聞いていたが・・・
始めの事とて要領が分からず・・・・。 中でトイレを済ませ、皆さんが行かれたところへ付いて行くと、茶畑があり 横には受付があった。 受付を済ませ、

Img_1937w760

摘む要領の説明を聞く。
リーダーは、『紅茶の会』 の下田美幸さん
紅茶の会は私とは全然かかわりがない。
マリーマリーお大坪さんが、紅茶の会会員で、マリーマリーでも会員の皆さんで楽しんでおられるようです。 そこへ、どんちゃんが招かれて、一緒に楽しんだらしい。 会員になったかどうかは知る由もない。 やー、聞けば分かるね。
私にも誘ってくれたが、普通の紅茶ならまだしもハーブティは好みではない。 飲茶についてくる、ジャスミン茶も嫌いだ。 緑茶でさえ、自分で入れてまで飲まない。
これが、コーヒーの会なら喜んで参加するのだが・・・

Img_1938w760

これが、お茶の葉。 遠くから茶畑を見たことがるが、まじまじと見るのは初めて。 ましてや、触れるのは初体験。
茶色の茎は昨年のもので、青い茎が今年のもの。 
摘むのは、このから。
上手くできているもので、茶色の所で折ろうとしてもなかなか。
青いところで折ると気持ちよく摘めるのです。

Img_1940w760_3

レジ袋をもらって、茶畑に入る。
3~40人はおられたかしら。 子供連れ、家族連れも・・・
子供に、こんな体験をさせるのはいいことですね。
始めは、要領が今ひとつ。 レジ袋1杯摘んだ所から要領が分かってきた。 摘み方も早くなってきた。 1枚くらい持ってきてもすぐに一杯になる。 で、たくさん袋を持ってきて、一杯になったら縛り、分かりやすくお茶の木の上に置いておき、どんどん摘んで溜める。

 
Img_1942w760

で、一杯になった袋を持てるだけ持って、所定の場所へ持っていくことにした。 今日1日での目標は、100Kg とか。 悠長なことはしていられない!

Img_1952w760

といいながら、途中で虫を見つけて撮りましたが焦点が合わず・・・

Img_1944w760

蛙を見つけて撮り・・・
高校時代、なぜかしら休み時間ごとに蛙を捕まえに行った楽しい思い出がよぎった。

Img_1951w760

このボランテア、食事つき。
なないろ館』 の食堂、中華料理バイキング。 1300円也

Img_1955w760

ここが食堂。 いつもはどれだけ稼動しているのでしょう。

Img_1957w760

たくさんの人数で、なくなっているお皿がたくさんありました。
が、種類は豊富です。 たくさん食べる人には嬉しいシステムです。
味は・・・??

Img_1958w760

生産者が分かるコーナーもあります。

Img_1960w760

『なないろ館』 には、ガラス工房があり作品が並べられています。

Img_1963w760

この奥が、ガラス工房です

Img_1964w760_2

また、陶芸体験コーナーもあります。
これらの茶碗は作家さんのもの

Img_1962w760

食事をした後、「4:00まで、お願いします」
すぐに終わるのかと簡単に考えていたら・・・
そうですよね。 働くということは、そんなに簡単な事ではないです
夕方6:00~の コンサートの券を買ってある。
お願いして、30分早くきりあがらせてもらうことに・・・
リーダーの下田さんは、「どうぞどうぞ!」 と快く言ってくださる。
「紅茶ができたら、送ります」 とも・・・

Img_1965w760

業者が取りに来られるまで、少しでも干しておくのだと、広げられています。 目標を重さになったかしら・・・と気にしながら、後にしました。
や~、楽しい体験でした。

「昼食などの資金はどこから出るの?」  「これを売ったお金から・・・」   採算が合うのかしらね。
私の想像では、町の活性化の試みかな、と思います。

|

« ちっちゃな話ー73 | トップページ | 7/15 マンスリーコンサート »

イベント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
茶摘み体験を、県内でできるとは、
知らなかったー。
みなさん、結構楽しそうな?(^^)

投稿: imaichi | 2013年7月24日 (水) 05時32分

姫さま
活動的。暑かったでしょう。
以前、友達が自家製お茶を作られました。
家中お茶の香りがしました。緑茶ですが。

投稿: 森のくまさん | 2013年7月24日 (水) 08時42分

imaichiさん
昔は射水郡でもやっていたみたいですよ。
でも、今は県内ではやっているところが少ないのでしょうね。

投稿: 姫 | 2013年7月24日 (水) 17時09分

森のくまさん
夫も、子供のころお茶を作った話をします。

投稿: 姫 | 2013年7月24日 (水) 17時14分

姫様
あの遠い朝日町まで行って、しかもボランテァとは!
海岸通りに来られた時、手の甲が日焼けしていましたね!
新茶を摘んだわけですね、100キロとは、何と大量でしょう!
でも、貴女とみきこさんだったら相当の戦力になられたでしょうね。
昔、小学校の時に、夏休みの宿題として「草刈」や「蓬刈」がありました。乾かして4キロ、とか言われてとてもとても大変でした。それを思い出しました。
貴女のは上品な「お茶刈」でしたから面白かったでしょう。やがて紅茶になるのですね!お楽しみ、ご苦労様も。

投稿: なは | 2013年7月24日 (水) 18時20分

姫さん
いろんな体験があるんですね。
お疲れ様でした。
私は昔、親子で稲刈り体験をしたことがありました。
新米で作ったおにぎりが美味しかったです。

投稿: 風子 | 2013年7月24日 (水) 20時16分

姫さん
 夏風邪こじらせ不覚!と悔やんでいる間、初体験の茶摘みレポート、虫や蛙と戯れたり、楽しそう!
 バラエテイに富んだ昼食がでたり、摘んだ葉の紅茶が送ってきたり、下田さんらしい企画です!
 紅茶送ってきたら、ドンタク姫で紅茶会されるんでしょうね♪♪♪

投稿: どんちゃん | 2013年7月24日 (水) 20時17分

姫様
茶摘み、なんだか楽しそうな体験ですね。
1日で100kgも摘むって、大変でしょうね。
ボランティアの人達、頑張るのですね~
どんな紅茶に仕上がるのか、楽しみですね。

投稿: ヒマ子 | 2013年7月24日 (水) 22時00分

なはさん
しゃべりもしないで一生懸命でした。
が、7袋作っても、しゃっべてばかりで、1袋にもならない人がいました。
そんな人は会社でもまにあわないでしょうね。
なんて、きかんこといいますね。
なはさんのそんな宿題あったのですか。
そういえば、一宮の山へ芝刈りにいきました。
間に合ったかどうか分かりませんが・・

投稿: 姫 | 2013年7月24日 (水) 23時13分

風子さん
体験は、一生の残りましね。
私も、これで「した!した!」と自慢できます。
子供たちにいろいろ体験させたいですね。

投稿: 姫 | 2013年7月24日 (水) 23時16分

どんちゃん
退院おめでとう。
我が家はいいでしょう。
小説何%完成しましたか。
茶摘、活けなくて残念でしたね。
紅茶、あなたの家へ、2人分(私とみきこ)送ってもらうことにしました。気が利いていればあなたの分も・・・
伏木紅茶の会をしましょう。

投稿: 姫 | 2013年7月24日 (水) 23時20分

ヒマ子さん
仕事思えば大変ですが、体験ならば楽しいです。
またあったらお知らせします。
100k 言葉では分かりますが、目で見てどれだけなのかさっぱり。
なないろ館に広げてある量を見てください。
あれだけなのか、足りないのか・・・?

投稿: 姫 | 2013年7月25日 (木) 00時20分

茶摘み報告まってました!
実は私自身は紅茶の会の会員ではないのですが店で県産の紅茶を使いたいと思い紅茶の会とつながりました。
昨年も今年も予定あわず参加できませんでしたが姫さんの報告をよんで一緒に茶摘みした気分。いずれ私も体験しよう。
今年の紅茶は姫さんたちが摘んだ分が含まれていると思うと格別なお味ね❤
どんちゃんカンバックよかったですね!
おめでとうございます。

実は夕べコメント書いたのだけどUPできていなかったようです。もし二重にコメント入っていたらごめんなさい(≧∇≦)

投稿: マリーマリー☆O | 2013年7月25日 (木) 08時12分

なないろ館やガラス工房、以前PTAの研修旅行かなんかで行ったような。バタバタ茶ではなく、紅茶の葉っぱ摘みだったの?紅茶がもらえるならよかったね。お茶畑、広そうですね。来年行けたら誘ってください。

投稿: 清姫 | 2013年7月25日 (木) 11時06分

姫様
先ず、どんちゃん直られておめでとう。暫く寂しかったですね!
私の草刈の宿題は、4年の時は草を干して4キロ、5年の時は確か蓬を干して4キロ、6年の8月に敗戦に成りましたから、6年のは覚えていないです。
干草は馬の飼料、蓬は「弾丸の何か?」、そんな戦争勝てるわけ無かったのです。
昔の事です。
やはり貴女の平和な「茶摘み」が素敵です。

投稿: なは | 2013年7月25日 (木) 18時00分

姫さん
 皆さん、茶摘みのレポート心待ちにしておられたのですね!姫流をね!
 姫さんの汗と手あかのついた紅茶が届くのを楽しみにしています♪♪
 しばらく一流ホテル並みの別世界に行ってましたので、下界のうだるような猛暑に耐えかねています。
 良すぎて二度とカムバックしない世界もあるそうですが・・・
 ☆0さま、なはさま、カムバック歓迎していただき、QQQです。姫さんの紙上を借りて有難うございます。
 小説?あれは暇つぶし!

投稿: どんちゃん | 2013年7月25日 (木) 21時57分

マリーマリー☆Oさん
雨で何度も伸び、お世話係の方の苦労は大変だったでしょう。
何の事だかよく分からないのに「茶摘をする」ということだけで、飛びついてしまいました。
下田さんにはお世話になりました。よろしくお伝えください。
わやわやの記事で申し訳ありません
大坪さん会員ではなかったのですか。
日曜日に行われると、絶対に行けませんね。

投稿: 姫 | 2013年7月25日 (木) 23時03分

清姫さん
ばたばた茶も葉っぱは同じなのでしょうね。
お誘いは、OKです。

投稿: 姫 | 2013年7月25日 (木) 23時06分

なはさん
完治というわけには行かないでしょうが、医者のお墨付きがあるのですから、じょじょによくなるのではないですか。
草刈は、馬の餌でしたか。
人より馬が大事にされた時代ですね。

投稿: 姫 | 2013年7月25日 (木) 23時11分

どんちゃん
待っていたわりに「な~んだ!」と思われていますよ。きっと・・・
手もみがあれば、もっと汗も垢もついて美味しくなるんですがね~。
娑婆の世界にカムバックできて何よりです。
早速買い物に行きましたか。
ブログ小説 というのが流行っているそうな。
発表してください。
応募した後でもいいですが・・

投稿: 姫 | 2013年7月25日 (木) 23時27分

姫さん、参加ありがとうございます。茶摘みブログ…参加の視点で書かれてあり、楽しめました。特に、紅茶の会との接点ゼロでのご参加は、好奇心が倍に働きますから詳細が書き込まれてていいですね。今回、姫さんに声かけされながらも入院されてしまったどんちゃん…ほんとに、陰ながら応援してくださりありがとうございます。過去の4回も雨のため延期が多かったですが、今年もそうでした。自他共にみとめる雨女…この季節n試練を乗り越え秋の新紅茶…味わい深いものがあります。まっててくださいね。

投稿: toea | 2013年7月28日 (日) 11時17分

toeaさん
その節は、大変お世話になりました。
多くの人への連絡メールだけでも大変だろうと思います。
バイタリティに頭が下がります。
目標に達しましたか。
おかげさまで楽しい体験ができました。
どんちゃんは復活しました。
今日、マリーマリーへ2人で行ってきました。

投稿: 姫 | 2013年7月28日 (日) 20時48分

別世界から富山湾越しに朝日町を遠望してました!来年は呉羽の茶摘みから参加するぞ!

代筆:あきら

投稿: Takeshi Noda | 2013年7月28日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちっちゃな話ー73 | トップページ | 7/15 マンスリーコンサート »