« 叙勲内祝 マリーマリーで | トップページ | 城端祭 宵山の日に・・・ »

羅漢さん to 土鈴

書いたけれど、アップしようとしたら全部消えてしまいました。
なんどもこんなことがあります。
確かめながら、少しずつ書いていきます

昨日の続き 3月27日(水)、さくらも咲かないときのことです
早咲きの河津さくらは、ほころんでいます

Img_8550w1024

源ちゃんの内祝をマリーマリーで行った後、五百羅漢へ
ここでは、かなり有名な観光地だが、私は行ったことがない
ここらあたりだろうと思っているものの、道が分からなかった
ついで、という事もあり、真剣に探さなかったから・・・
「行ったことがない」といったら、「じゃ~」となって・・・
小さく、五百羅漢への矢印があった

羅漢さんの前に、なにやら高僧らしきお坊さん
マリーマリーで買ったものを、持ってもらいました

Img_8524w1024

階段状に並んでいる羅漢さんたち

Img_8534w1024

顔を見て歩くのは楽しい
これに吹き出しをつけると・・・
「・・・・鳥だ! スーパーマンだ!」 「どこどこ・・?!」

Img_8536w1024

「・・・・どうもすいません」 三平

Img_8537w1024

「あ~ら、そんなことありませんわよ」 おかま

Img_8538w1024

Img_8541w1024

Img_8539w1024

芝刈りに行ったおじいさん 「よ~やった! 桃太郎 !!」

Img_8546w1024

駐車場の近くで見つけました。
抹茶一服(和菓子付き)300円
次に見たのが、茶室 円山庵

Img_8567w1024

これは、入らねばなるまい!

Img_8551w1024

Img_8559w1024

小ぶりの主菓子は、「さくら」
絹ごしのように点てられた抹茶 至福のとき

Img_8563w1024

素人写真ではあるが、庭園の四季を写した写真集
季節を変えて、なんども訪れたいと思わせる

Img_8565w1024

円山庵の前に、土鈴工房がある
季節ごとに、よくニュースで製作されているものを紹介してるが、どこにあるのだろう、と思っていたので入ります

Img_8521w1024

今年の干支 へび や

Img_8514w1024

おひなさま

Img_8515w1024

5月の節句人形 など どれも可愛い 
源ちゃん、へびを一匹お買い上げ

Img_8520w1024

また、土鈴の型、絵付けのしていない人形も・・・
2Fで、絵付けの体験ができるのだとか

Img_8519w1024

雨が降りそうで降らない一日でした

|

« 叙勲内祝 マリーマリーで | トップページ | 城端祭 宵山の日に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

五百羅漢は何度か行きましたが、こんなにしげしげと眺めたのは初めて。楽しかったよ。
さすがに似たもの同級生ですね。何でも盛り上がりますね。
土鈴はなんとなく惹きつけられますね。素朴で色が鮮やか、そして魔よけと思うと有り難い。

投稿: 清姫 | 2013年5月13日 (月) 08時14分

姫さま
地蔵さんも大喜び。
「わしの気持ち よーぐわかってくりゃしゃったな~」

投稿: 森のくまさん | 2013年5月13日 (月) 08時56分

姫さん
五百羅漢へ行きましたが、ゆっくり見たことはありませんでした。
さまざまの表情で面白いですね。
さすが姫さん!!

投稿: 風子 | 2013年5月13日 (月) 17時50分

姫様
五百羅漢さんにお荷物を預けるちゃっかりさん!「噴出しも」可笑しくて笑います。
どんちゃんやたくちゃんに似てる羅漢さんは無かったですか?あっ君やひろ君に似ているのは?五百もあれば私にそっくりというのも有るかも知れませんね。「しこめ(醜女)ですみません」ですが・・。
このお茶室はいいですね!昔このコースを歩いたのですが、お茶室、有ったかしら?
大抵はお干菓子なのに綺麗な主菓子ですね。お菓子もお茶も美味しそう!
土鈴の工房は面白いですね。私も昔ここで「へびの土鈴」を買いました。12年前?いや、24年前かも・・。でも土鈴は新しいから12年前かしら?
ユーモアたっぷりのお散歩だったでしょうね。

投稿: なは | 2013年5月13日 (月) 17時56分

姫ちゃん
 羅漢さんを見ていると、いろんな人を
思いだしますね。

投稿: たくちゃん | 2013年5月13日 (月) 22時31分

清姫さん
もっとゆっくり見れば、面白いものがあると思うのですが・・・
吹き出しを考えながら撮ると、にんまりします。
こんどは、さくら・紅葉の綺麗な時、行って見たいともいました。
土鈴というか土人形色鮮やかでいいですね。

投稿: 姫 | 2013年5月13日 (月) 23時33分

森のくまさん
羅漢さん、羅漢さん、何見てござる!!

投稿: 姫 | 2013年5月13日 (月) 23時35分

風子さん
全体に見ると同じように見えますが、友達と面白いものを探しあいっこするもの楽しいです。
あほなことに付き合ってくれる友達がいます。

投稿: 姫 | 2013年5月13日 (月) 23時39分

なはさん
同じ顔のを捜しに繰り出すのもいいかもしれません。
あっちこっち、声掛け合って童心に返ると、五百羅漢が遊び場になりますね。
こんなことに付き合ってくれそうなのは、あと清姫さんくらいか・・・?

投稿: 姫 | 2013年5月13日 (月) 23時45分

たくちゃん
一人ひとり、ゆっくり眺めると面白い。
絵の題材に、なりませんか。
集合で背景にでもいいと思いますが・・

投稿: 姫 | 2013年5月13日 (月) 23時55分

姫さん
 なはさんにお伝えください。
 俗に五百羅漢さんの中に自分や誰かさんと似た羅漢さんがおられると言われていますが、羅漢は「一切の煩悩を断尽して、尽智を得、世人の供養を受くるに適当なる聖者」(望月仏教大辞典)即ち「完全に悟りを開いた功徳の備わった最上の仏教業者」(日本石仏事典)を指しますから、どんちゃんやたくちゃんに似た羅漢さんはおられません!
 おっと、これは失礼!一歩二歩先んじているたくちゃんに似た羅漢さんはおられるかも!

投稿: どんちゃん | 2013年5月14日 (火) 00時03分

どんちゃん
はい!

投稿: 姫 | 2013年5月14日 (火) 00時39分

姫様
そうでした。五百羅漢さんは仏さまでした。つい調子に乗って自分を引き合いに出したりして・・・。
いやいや、たくちゃんと言えど「凡夫」にして「悟り」とはまだ程遠い・・。
と、一寸冗談を言わせてもらいました。
笑って許して・・です。

投稿: なは | 2013年5月14日 (火) 12時56分

なはさん
仏様にしては、俗世の顔をしているのが多かったですよ。

投稿: 姫 | 2013年5月14日 (火) 21時58分

姫様
そうなのよ!貴女の写真を見ていると、つい可愛いとか良いお顔とか思ったので・・。
でも、これはどんちゃんには内緒です。

投稿: なは | 2013年5月15日 (水) 19時20分

なはさん
仏さんみたいのあったかな。
これが、道端においてあれば、お地蔵さんだよね。
どこで、見分けるのだろう。

投稿: 姫 | 2013年5月15日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叙勲内祝 マリーマリーで | トップページ | 城端祭 宵山の日に・・・ »