« 花だより | トップページ | 家族でマリーマリーで食事 to あいらぶ湯 »

お手伝いさんだらけ

さくら情報、内川のさくら、薄墨桜、足羽川のさくら など続くのですが、見る方も書くほうも飽きてくるので、積み残しの記事にします。

春休みに入り、横浜から孫たちがやってきた。
それで、お手伝いさんが一気に4人
これは、3日間の記録。

Img_8757w1024

博史も、「お手伝いする!」 といって来るようになった。
米。 「まぜまぜする!」 押さえていると、「自分で!」 と私の手を払いのける。 これで、一息あそばせる。

Img_8758w1024

交代で、篤志。 イカを適当な大きさに切ってくれる。
人参も。 里芋・人参・イカの煮しめを作る。
「よし!と言ってね」 と調味料を入れてくれる。

Img_8763w1024

「玉葱、トントンする?」

Img_8810w1024

こんなに小さく切れるようになった。
「篤志、こんなに上手に切れるようになったよ」 と見せに行くと、お母さんおばちゃんに褒められて、嬉しい顔!
ポトフのつもりだったのですが・・・。 
A・Bディナーのじゃが芋・人参が見えるのは篤志の作品です。

Img_8811w1024 

野菜のポアレ。 人参・さつま芋、茹でてから油で焼く。
ここで、一枚一枚ひっくり返すことを覚えた。
何度 「熱い!」 と言ったことか。 でも最後まで出来た。

Img_8815w1024

Img_8817w1024

ちっちゃいお姉ちゃんは、カレイのポアレとホイル焼き
カレイを焼くのは苦労していました。 始めは、真っ黒。 2つ目は、それを踏まえて火を弱くしたらしく、焦げ目もなくべたべた。 3つ目は、一番上手くなったようです。 何事も経験。 大満足なようでした。

Img_8766w1024

新築祝いで貰ってきたご馳走の数の揃わないものを、2人で苦労して配分している。

Img_8807w1024

大きいお姉ちゃんは、しめ鯖の刺身鱈の粕汁

Img_8809w1024

8人分。 鱈は2折。もちろん胴もありますが、私は頭。
ホタルイカの酢味噌和え

Img_8818w1024

同じものが8個もなかったのと、カレィを8枚も焼くと時間がかかる。 
で、Aランチ・Bランチなるぬ、ディナー。 まるで、レストランのようでしょう
栗ご飯。 水・昆布と塩を入れてくれたのは篤志。

Img_8772w1024

かくて、食卓はこんな状態。 息子はまだ帰りません。
篤志の座っている椅子は、一歩さんに作っていただいたものです
これだけの相手をするのも疲れます。 お手伝いさんも9人は大量。
よく頑張ってくれました。
後片付けは、横浜から来た娘が担当します。

「里芋・人参・イカの煮しめ」 「しめ鯖の刺身」 「鱈の粕汁」 「ホタルイカの酢味噌和え」 は、絶対作らないだろうから、あえて作らせました。
3枚おろしも出来るはずなので、おばあちゃんに習った料理として、家庭を持ったとき作ってくれれば嬉しいと思っています。

|

« 花だより | トップページ | 家族でマリーマリーで食事 to あいらぶ湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
コックさん、見習いも含め、豪華メン
バーが揃いましたねえ(^^)
大きいお孫さんの成長、早いですね(^^)

投稿: imaichi7488 | 2013年4月11日 (木) 04時56分

姫さま
なんたる賑々しさ、こども達の手伝う料理。
美味しさプラスアルフアー。
幸せいっぱい、腹いっぱい。(#^.^#)

投稿: 森のくまさん | 2013年4月11日 (木) 08時59分

博史くんも交じってコックさんが揃いましたね。頼もしいこと!
応急の椅子もいろいろ使って食卓を囲み、賑やかですね。
内輪だけだと気楽でいっそう気楽でいいでしょう。
献立、私もまた使わせてもらいますね。

投稿: 清姫 | 2013年4月11日 (木) 11時57分

姫さん
横浜のお孫さん達、久し振りに来られたんですね。
嬉しくて、楽しかったでしょね。
お祖母ちゃんに習ったお料理はお祖母ちゃんの味としてずーっと残っていくと思いますよ。

投稿: 風子 | 2013年4月11日 (木) 14時06分

姫さん
今日も寒いですねrain
賑やかでしたね~restaurantうちは旦那が帰ってても息子がバイトやら遊びで4人のことは少ないし、私一人の時もあります。テレビもつけませんよ。今週やっと大学はじまったので朝ごはん久しぶり作ってます。ずっとbreadだけ用意してたので・・・みんなで食べると話も弾むしおいしいよねlovely

投稿: よっしー | 2013年4月11日 (木) 15時09分

姫様
博史君もいよいよコックさんデビューで、賑やかなお台所ですね。
皆さん、それぞれを分担して、調理実習のようで楽しそう!
レストラン並みにたくさんのメニューを、頑張ったのですね。
心もお腹も大満足でしたね。

投稿: ヒマ子 | 2013年4月11日 (木) 16時16分

姫様
博志君もすごーい!嬉しそう!かくしていい子達が育つのですね。
下から写してあるあっくんは、すごくお兄ちゃんに見えます。
野菜のポアレですか、茹でてもう一手間、フライパンで焼くのをあっ君がこわくさい表情でやっていますね。こうして「熱い」も覚えていくのですね。
お姉さんたちには、カレイのポアレ、ホイル焼き、しめ鯖、鱈の粕汁、難しいものに挑戦、可愛らしいです、そして真剣ですね。
数の揃わない物を分配するのも、難しいです。こうして仕込まれて上達していかれるのですね。
凄いご馳走にも凄い教育にもただ感服しています。
滅びそうな料理、きっと忘れないでしょうね、可愛いお手伝いさんたちは。

投稿: なは | 2013年4月11日 (木) 17時19分

姫さんこんばんは。
にぎやかな食卓ですね。大勢で食べるとおいいしいですよね。しかも調理も大勢で。
おちびさん達も皆一人前。お手伝いしてくれる子大好きです。

投稿: みきこ | 2013年4月11日 (木) 20時13分

姫さん
子孫そろって食事の準備の様子 楽しい風景が見ていてもうれしくまります。みなさんが成長なさいましたね。爺 婆としては最高の日です。

投稿: 茶々姫 | 2013年4月11日 (木) 20時34分

姫ちゃん
 食卓がにぎやかになりましたね。
楽しく手伝わせる名人ですね、孫との合作の料理の味は格別でしたでしょう。
 最近〆め鯖は食べていません。
 昨日、金沢の定食屋さんで竹の子御飯と鯖の味噌煮を久しぶりに食べました、懐かしい味でした。

投稿: たくちゃん | 2013年4月11日 (木) 21時14分

姫さん
 姫クッキングスクール盛況ですね!
 愛弟子達の包丁さばきも板についてますね!年下のヒロシ君も見よう見まねで、そのうち一丁前になられるのが楽しみです!

投稿: どんちゃん | 2013年4月11日 (木) 22時46分

imaichiさん
もう高校生と中学生になりました。
私も、年をとるどうりです

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時19分

森のくまさん
賑やかです。
これを幸せというのでしょうね。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時20分

清姫さん
博史が一人のとき、米に触らせました。
それが運のつき。
「お手伝いをする」と嬉しそうにきます。
たくさんいればなおさらの事。
献立、使えるものがあったら、使ってください。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時25分

風子さん
去年も春休みにきましたから、1年ぶり。
小さい頃は、休みごとにきていたのですが・・
田舎の伝統料理、いつまでも残しておきたいですね。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時29分

よっしーちゃん
子供が大きくなると自分の生活があるようになりますから。
親が思っているほど子供は思っていません。
我が家も3人いて、個食の事がよくあります。
寒かったね。雹や霙が降りました。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時33分

ヒマ子さん
デビューには早すぎますが、させてしまいました。
博史用の机を買わなければいけません。
大勢さんは買っても買っても、すぐなくなってしまいます。
で、ばらばらのメニューです

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時42分

なはさん
博史、仲間に入って、うれしそうな顔をしているでしょう。
言われて見れば、篤志、こわくさい顔をしていますね。
そういえば、最近、「卵する」と言わなくなりました。
ポアレはいいです。なんでもポアレになります。
一度、ゆでておかないと仲間で火を通すはできませんから・・・
これで、どんなのでもOKです。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時50分

みきこさん
お手伝いさせるのも大変ですが、それがまた楽しくもあります。
年齢にあわせ、できることで献立を考えます。
作っているときから賑やかです。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時54分

茶々姫さん
あなたの家で、口をあけていたまりかは高校生です。
あっという間です。あの頃は、私も若くて張り切っていました。

投稿: 姫 | 2013年4月11日 (木) 23時56分

たくちゃん
座るところがないくらいでした。
食卓、この日のために、大きいのを使っています。
させるコツ、怒らない。やっててみせて、やらせてみて、褒めること
これは、親にはなかなかできない。
暇な、ババのしごとです
鯖は、扱いやすいです。

投稿: 姫 | 2013年4月12日 (金) 00時02分

どんちゃん
こんなに
お手伝いさんがいるのだったら、今はやりの対面キッチンにすればよかったと思っています。
篤志、4歳になって力もつき。かい性もでて、だいぶ上手に出来るようになりました
博史に何が出来るかな。

投稿: 姫 | 2013年4月12日 (金) 00時42分

姫様
貴女の「まご教育法」を出版したい所です。
「怒らない」はなかなか辛抱のいることです。貴女のところがお手本です。
こんなに頑張ったから、「マリーマリー」とお風呂のご褒美が出たのですね。
大きくなるとなかなか実家へ来られなくなりますよね。今のうちにうんと仕込む、可愛がるですかね。
娘の子供さん達だからできるのですね。

投稿: なは | 2013年4月12日 (金) 17時36分

なはさん
娘の子、だから来るのです。
男は女に付いたもの。
男の子だけ持っている人は、つまらい、と言っています。

投稿: 姫 | 2013年4月12日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花だより | トップページ | 家族でマリーマリーで食事 to あいらぶ湯 »