« さくら情報 古永産業 | トップページ | 十村役喜多家・古墳の湯 »

神子原米・ひらめ焼き

どんちゃん・たくちゃんと3人で、4月21日(日)、羽咋の枝垂桜(昨日アップ)を見に行ったとき寄ったのが、『神子原みこはら)・道の駅』です

Img_9694w1024

ここは、平成17年、日本で初めてローマ法王に、米を献上
一躍脚光を浴びた村です。
その米で作られたおむすび、バームクーヘンなどが売られています。
残念ながら、米は「売り切れ」のビラがありました。
弁当として、左に見えている炊き込み(混ぜかな)買いました。
米は特別上手いのかわかりません。 具が、冷凍の匂いが移っていてまずかった。

Img_9708w1024

石川県羽咋市神子原地区。 神子原/巫女原(室町時代)と称し、住民は神事の大切に守り、継承してきたことに由来。

米が美味しい理由。 昼夜の寒暖の差がはげしく、豊富な雪解け水の清流。 美しい棚田で育てられ、収穫が平野の65%。 化学肥料によって無理に増産しない。
日経ビジネス誌で 全国の美味しいお米ベスト10、民放の料理番組でも 特選素材 として選ばれたのだそうです。

ローマ法王に、『神子原米』を贈った仕掛け人・高野さんが、TV 「カブリア宮殿」で、「限界集落からの脱出」 というテーマで話されていました。

Img_6654w640

大使館に手紙を書いたら、突然「贈ってください」と返事が来て、
その年、平成17年から、5年間献上した

Img_6651w640

神子原で、一番若い人で50歳だった。
法王に米を送ったことが話題になり、消極的だった村人も積極的になり、都会からも若者が移住してくるようになった。
その一つの家族は、カフェ神音かのん)を経営しておられます。 

以前、行ったことがあるので、USLを添付します。よかったら、見てください
http://youkohime-1.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-135d.html
写真は小さいのですが、写真をクリックすると大きくなり(サムネールです)ますので、大きくして見てください。

Img_6648w640

今では、米が売り切れになるほどですから、活気付いているのではないでしょうか。 東京の大手デパートにも神子原米が売られているそうです。
法王に献上してから、全国から問い合わせが来たそうです。 そこで、仕掛け人の高野さん 「家にはもうありませんが、デパートへ行けば少しは残っているかもしれません」。 それを聞いたお客さんがデパートに問い合わせ。
この時まだデパートに出していなかったのだそうです。
かくて、労せずしてデパートに卸すことが出来たんだと。

ひらめ焼きの幟。 なんだ、何だ?! で寄っていきました。

Img_9695w1024

Img_9698aw1024 

Img_9697w1024

Img_9702w1024

早い話が、ひらめの形をした鯛焼きみたいなものです。
あんこだけではないのです。見本で分かりやすく・・・
あずき・三色団子。チーズ・グラッセまで・・・

Img_9699w1024

どんちゃんとたくちゃんは中で買い物をしています。
私が買いたいものがあると降りたのに、ここで釘付け。
待っている人(上の写真)と2人、楽しく見ています。
「中に入っているのと入っていないのがある。色も違うし・・・」
言ってしまってから気がついた。 合わせるんだよね。
一緒に見ていた人 「半分がけ分けてもらえば・・・・」
私 「それいいね~。 2枚おろしとか3枚おろしとか・・・」

Img_9705w1024

触れる見本が籠で吊ってあります。【冷めて硬くならない】とも。
バイキンマンは、子供たちのため。誰でも触ったものを食べないように、との心遣い。

Img_9703w1024

10個買いました。 ひらめの表と裏、模様が違います。
3人とも食べて、後はお土産にしました。
何でも聞いた事のない息子、「これどこに売っているの?」

Img_9826w1024

たい・ひらめやき みなみちゃん(南 伸次)
金沢の方です。 富山で営業許可を取っていないので、石川県で販売。 富山から一番近くてここ、神子原です。 第1,3 日曜日に来るそうですよ。 ゴールデンウイークにも来るそうです。
とてもとても美味しいのです。
興味ある人は、ひとっ走り神子原まで。

|

« さくら情報 古永産業 | トップページ | 十村役喜多家・古墳の湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
そのような、ローマ法王にまで献上の
米が近くにあったんですか?
姫がPRしたからには、即売れ切れだー(^^)

投稿: imaichi7488 | 2013年4月27日 (土) 06時03分

姫さん
そんなに美味しいんですか!
羽咋へ行くとき素敵な地名だと思いながら通ります。
すぐ近くのお蕎麦屋さんに入ったことありますよ。

投稿: | 2013年4月27日 (土) 08時30分

姫様
時間をかけて見ました。ローマ法王は、米の飯を食べられるのですね!ローマ法王に献上とは、凄い宣伝効果があるのですね。
魚沼の米が美味しいとか聞きましたが、神子原米というのは初めてです。水と肥料ですのね。
カフェ・神音も見ました。花々綺麗ですね。昔の物が喜ばれるようになりましたね。だから古民家が流行ったりするのですね。いい家族、可愛い子どもさんたちです。
ひらめ焼きは笑いますよね。本物の魚かと思いましたが、あのイラストと値段、高くないのですね。たくちゃんとどんちゃんとひめちゃんが「ひらめ焼き」にかじりついている図は、絵になりますよ。
その場面の写真が欲しかった!
余程美味しいのですね!息子さんが気に入ったとなると・・。

投稿: なは | 2013年4月27日 (土) 15時54分

姫さん
 は違うんだな!男性軍が道の駅の中の商品を物色している間、こってりとヒラメ焼き屋を取材・撮影しているんだから!
 今までこの道の駅を羽咋へ行く度に通過してましたが、神子原産米のエピソードについて、車中、たくちゃんからこってりと耳学問し、不勉強を恥じ入りました。

投稿: どんちゃん | 2013年4月27日 (土) 17時49分

姫様

神子原(ミコハラ)と読むのだ~と、読みながら・・。
いつもなら道の駅は必ず寄るのに、今回だけ
珍しく通り過ぎました。
ローマ―法王にお米を献上したのが、ここだったのですね。
そのニュースは聞いたことがあります。
そのおかげで、この辺りだけが、賑やかになっているのですね。
ひらめ焼きって、面白いし、おいしそう!。

投稿: ヒマ子 | 2013年4月27日 (土) 20時46分

神子原は主人が仕事で取材し、神音カフェも取材でお世話になり、何度も話だけは(連れて行くと何度もいいながらもまだ案内されていません(≧∇≦) )聞いて知っていました。あらためて行ってこねば!

投稿: マリーマリー大坪 | 2013年4月27日 (土) 22時57分

姫ちゃん
 この道は仕事で良く通っているのですが、店に入ったのは初めてです。
 珍しい物があるとすぐ買う癖があり、形の変わった山イモを買いました美味しかったです。
 ひらめ、まだい、くろだいで驚きました。更に中の具?が皆違うので2度ビックリしました、更に中の具がクリームチーズ、あずき、白粒あんこと違っており皮にゴマで印をしてありました。

投稿: たくちゃん | 2013年4月27日 (土) 23時08分

imaichiさん
今日は、1ページ開くのにやたらと時間がかかります。
前の、茶々姫さん状態。気が遠くなります。どうしたのでしょうね。
法王が食べられたか、おつきが食べたか、どちらにしても話題になります。

投稿: 姫 | 2013年4月27日 (土) 23時57分

名無しさん
土地の名前も読みにくいですね。
今回行ったら、広くなっていました。
ここから、もう少し行った所に蕎麦屋さんがありますね。
道の駅で食べたことはあります。
ここも結構美味しいかったですが・・・
こんど、その蕎麦屋さんへ行ってみたいものです。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 01時36分

なはさん
ゆっくり見てくれてありがとう。
近くに住むものでさえ、知らない人がいますから、魚沼より知名度が低いんでしょうね。
何事も、話題に上ることが大切ですね。
たいした、仕掛け人です。
高野さんは、市役所に勤めるお坊さんです。高岡にもこんな人がおられればいいにに・・・
カフェ・神音、古民家といっても、小作の家。
庶民的で雰囲気がいいのです。コーヒーが美味しい店でした。
イラストも上手いでしょう。ユーモラスです。
一緒に待っていた人が面白い人で、退屈しませんでした。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 02時10分

どんちゃん
山菜を買うつもりが、ひらめ焼きで興奮してしまって・・・
それでも、こごみは買ってきましたよ。
酢味噌で食べました。
物知りのどんちゃんが知らないなんて不思議?!

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 02時40分

ヒマ子さん
あら、残念でしたね。
今度通ったら、入ってみてください。
なるべく、1・3日曜日がいいですよ。
私も始めてこの話を聞いたとき、遠いところの事かと思っていました。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 11時59分

姫さん
 万里摩理の大坪さん、神子の里と神音カフェ、未踏の地らしいですから、回転寿司日本海で御昼、午後の珈琲タイムは神音、夕方は古墳の湯(弱アルカリ生で披露回復)というコースで招待したら如何?

投稿: どんちゃん | 2013年4月28日 (日) 12時01分

マリーマリー大坪さん
ご主人は、報道関係の仕事ですか。
それは、やはり行ってこなければなりませんね。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 12時06分

たくちゃん
仕事で通った時は、急いでいるので、入らないところかもしれません
じねんじょうですか。
ひらめ焼き、作っている種類を全部入れてくれたのですね。
後は任せてしまって・・・

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 12時40分

どんちゃん
すぐに、いい案が浮かびますね。
賛成です。
大坪さんの都合のいい日に、参加者を募集しましょう。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 14時16分

わあわあ!いつのまにかツアーが!
楽しみにしてますよ(^_^)
なんだかここで夢を語ったら実現する勢いだなあ…(笑)

投稿: マリーマリー大坪 | 2013年4月28日 (日) 18時50分

マリーマリー大坪さん
どんちゃんとあなたが都合のいい日を設定します。
私は、比較的暇なので・・・
私も楽しみにしています。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 22時55分

姫さん
 マリーマリー大坪さんに、ここは出版記念会や祝賀会などの沙布頼厨や夢叶え隊処であることを知ってもらいましょう!
 近々、打ち合わせに参りましょう!

投稿: どんちゃん | 2013年4月28日 (日) 23時06分

どんちゃん
こんなことをして楽しく遊んでいることもね。

投稿: 姫 | 2013年4月28日 (日) 23時24分

姫さん
名無しの権兵衛は風子でした。

投稿: 風子 | 2013年4月30日 (火) 21時07分

風子さん
風子さんでしたか。了解しました。

投稿: 姫 | 2013年4月30日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくら情報 古永産業 | トップページ | 十村役喜多家・古墳の湯 »