« 猫カフェ | トップページ | ちっちゃな話ー50 »

ちっちゃな話ー49

 ちっちゃな話 
ミッキーマウスの木≫≪また々あいらぶ湯≫≪ブイヤベース≫―
いままで、一つの話題にするには、短い。 何かの記事と関連付けて書こうとしても書けない。 そのうち、時期を逸してしまう。
こんなものをいくつかまとめて記事にする。
これを、「ちっちゃな話」 としました。

ミッキーマウスの木
3月20日(水・春分の日)、県中央植物園。
『ミッキーマウスの木』 
説明には、実の形がミッキーマウスの顔に似ていることからこの別名があります。 オクナ・セルラタ というのが、本当の名前らしい。

Img_8201w1024

何年も前に紹介したことがありますが、そのときは、こんなしっかりとした実ではなかったです。
どのように変化していくのか、観察してみたい と思わせる可愛さです。 これだけ見ていますと、青い額?が、赤く変化していくようです。

Img_8203w1024

これは、昨年の植物園便り、4月号の拍表紙になっていたものです
大切に保管していました。
上の写真との変化を見てください。
ミッキーマウスに見えますか?

Img_8364w1024

また々あいらぶ湯
15日(金)、つばき会で、滑川市民交流プラザの中の「あいらぶ湯」へ言って来た。 とてもいいお風呂だったので、お気に入りになってしまった。
その日は、会員の茶々姫さんが、急に東京へ出かけることになって不参加だった。 自分が気に入った所は、ぜひとも紹介したい。
他の用事で連絡があったので、「この間、あなたの行けなかった、あいらぶ湯へいかない?」と誘った。 「そんな遠い所、行った事ない! ぜひ!!」 ということで、その日のうちにまた出かけた。
丁度、1週間後の22日(金)のこと。
ランチは、オムライスの店 「MaSa」 (これは、すでにアップ済み

Img_8341w1024

前に全体の写真をアップしましたので、部分的です。
2Fから上を支えている支柱。どっしりしてデザインもいいです。
バイクが小さく見えます。

Img_8340w1024

プラネタリュームのように見える吹き抜け。
青く小さな光が点滅しています。
「ほたるいかをイメージしているのではなか」と茶々姫さん。

Img_8342w1024

この日もよく晴れて、展望台からは、立山連峰・富山湾が綺麗に見えました

Img_8345w1024

日替わりで、男湯と女湯が交代するという。
前に行った時は、女湯から立山が一望できました。
今回は、海側だったので、富山湾(窓の向こうの海が見えますか)です
深層海洋水の風呂です。こちら側は、2つに別れています

Img_8349w1024

茶々姫さんは、烏の行水、すぐに上がってしまいました。
無料休憩所もあります。 ここで、茶々姫さんはソフトクリーム、私はコーヒーを飲みます。 自販機で買うのでどういうコーヒーか心配で聞きました。
「大丈夫ですよ。レストランと同じですから・・・」 <大丈夫>という言葉・・・? 不思議・・・? 「この間、来ていかれましたね。私、レストランにいましたから・・・」 

Img_8352w1024

ブイヤベース
茶々姫さんは、よく夕食のご馳走を持たせてくれる。
その内の一つ、きときとの海老。 その日は、刺身でたべたが、あまりにきときとだったので頭だけ冷凍していた。

Img_7878w640

それを利用して、ブイヤベース

Img_7877w640

この魚が高価なのです。 3切れ入ったのが3袋。 これで、3000円。 義理で取っている郵便局のふるさと宅急便。 美味しいのですが・・・
だから、今日はこれだけ。

|

« 猫カフェ | トップページ | ちっちゃな話ー50 »

季節の樹木・花」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

風呂」カテゴリの記事

コメント

姫さん
きょうも、ちっちゃな話、樂しく拜見!!
滑川からの立山連峰、綺麗でみごとです。

投稿: imaichi | 2013年4月 1日 (月) 05時52分

姫さま
滑川のアイラブ湯、遠いけど景色がいい。
それにしても姫殿はいい人、自分も楽しみ
人をも楽しませる。

投稿: 森のくまさん | 2013年4月 1日 (月) 08時54分

土曜日の読書会、茶々姫さんはあいらぶ湯とmasaの店と、お姉さんとこの話、ホームステイの高校生の話と、話題豊富でしたよ。
ANさん、なはさんの東京の話はあまり聞けませんでした。
でも、しっかり1時間半勉強をしました。

投稿: 清姫 | 2013年4月 1日 (月) 10時02分

姫様
ミッキーマウスの木、成熟したらミッキーの
顔に見えるのですね。
「あいらぶ湯」、お天気が良いと立山が近くに見えて
素晴らしいですね。
平日でも駐車場が満車で、素通りしたこともあるんですが、
いかがでしたか?
甘エビの頭、ブイヤベースとは、おしゃれですね。
味噌汁にしてもおいしい聞きました。

投稿: ヒマ子 | 2013年4月 1日 (月) 11時29分

姫さん
今日から4月ですね。
帰り道、春物の服を2枚買って帰りましたhappy01
エビの頭を冷凍ですか・・・さすがscissors姫さん。出汁に使われたのですね。私はポイッですよ・・・郵便局の会社の奥さんもお義理でされてます。果物が多いかな。私、いつも少しいただきます。

投稿: よっしー | 2013年4月 1日 (月) 15時28分

姫様
ミッキーマウスの木はほんとにミッキーマウスですね。つくづく世の中に面白いものが沢山あるのだなー!と感心しますよ。
中央植物園は不思議の宝庫ですが、貴女が紹介して下さるからです。私が行っても素通りして何も見えないでしょう。
アイラブ湯もこうして見せてもらうと凄い建物、ホタルイカに見えますね。お湯も満々と溢れていて結構でしたのね。
山も近くて圧倒されるくらい雄大です。

海老の頭、うっかり捨ててしまいますが、妹も美味しい出汁が取れると言います。
頭も使いようです。
この魚は西京漬けでは?焼くのは焦げやすくて難しいけど美味しいですのね。

投稿: なは | 2013年4月 1日 (月) 16時23分

imaichiさん
滑川の風呂、気に入って、今月3回も行きました。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 20時30分

森のくまさん
いい風呂は数々あれど、あんなに景色が素晴らしいところはないですね
山も海も近くに見えます。
遠方からの客人に是非紹介したい風呂です。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 20時35分

清姫さん
時間が足りませんでしたね。
伝達講習をしてください。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 20時37分

ヒマ子さん
黒いところが、ミッキーの顔に見える、と書いてあったのですが、耳に見えてしょうがありません。
あいらぶ湯、満杯に見えて探せば、1つくらいはありました。
さすが、日曜日は混んでいました。入れられましたけれど・・・
お寿司屋さんのサービス味噌汁、海老の頭が入っています。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 20時46分

よっしーちゃん
春ですもの。一番嬉しい時、服ぐらい買わなくちゃ。
働いているのだし・・・
義理でないと、買えませんよ。
自分のお金で買うのなら、断りますが、だんなが買っているから、有難く・・・。
いい物が来るのは確かです。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 20時51分

なはさん
実が顔に見えることから・・・
と、説明がありましたが、耳に見えません?
なんか、ユーモラスで可愛い。
こちらでも立山連峰が見える風呂はたくさんありますが、迫力が違うのです。
けちなのではなく、有効利用と呼んで下さい。
確かに、西京漬けです。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 20時59分

姫さん
黒い部分、絶対耳にしか見えませんよ。
自然の創造物は不思議ですね。
レストランのコーヒーも自販機から?
そんなこと無いでしょうね。
ブイヤベース、いいですね!
姫さんは何でも上手に作れますね。
娘宅も義理でふるさと宅急便買っているようですが、毎年貰うソーメンが美味しいです。

投稿: 風子 | 2013年4月 1日 (月) 22時05分

姫ちゃん
 珍しいものを見るける天才ですね!
ミッキーと蛸の実?どちら?
 深夜のNHKラジオでトップニュースで富山の中央植物園で「桜の絵本展」を開催しているそうです、NHKのニュースにでるので相当話題なのかもしれません。
 三切れで3,000円の魚はどんな味がしますか。
 女湯から立山アルプスを見たいもんですね。

投稿: たくちゃん | 2013年4月 1日 (月) 22時39分

風子さん
そうでしょう。 やはり耳ですよね。
券売機で県を買って持って行きます。
普通のコーヒーでした。
頭、馬鹿にしてはいけません。いい出汁が出るのです。
ふるさと宅急便は、ごく上品です。
口が曲がりそうです。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 23時39分

たくちゃん
蛸の実って・・?
たくちゃんが食べた実は、まだアップしていません。
富山の中央植物園で「桜の絵本展」を開催 珍しい展示だと思いますよ。
その割りに、初日、お客さんいまいちでした。
3切れが3袋、つまり9切れです。
それにしても高いでしょう。
勇気があったら、女湯からどうぞ!!
日替わりで、男湯からも見ることが出来ます。

投稿: 姫 | 2013年4月 1日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫カフェ | トップページ | ちっちゃな話ー50 »