« トリオで 「おうちカフェ」 | トップページ | 篤志ときんとん作り »

あっくんお茶の稽古再開 to 押し寿司

12月後半から冬休みをしていたお茶の稽古が、3月9日(土)から再開した。 冬休みにしているのは、車5台の駐車スペースが確保できないのが原因。
篤志も楽しみにしてるので、「あっくん、4歳に(2月16日で4歳になりました)なったらあるよ」 と教えていました。 なので、土・日お泊りで連れてきました。

先生も楽しみに待っていてくださっているはあり難いことです。
早速、教えてもらっています。 が、小さい子にどれだけ言っていいものか・・・ その上、左利きときているので、先生も戸惑い気味。

Img_7934w640

点てたお茶を運びます。 いままで「どうぞ」と言えたのに、言いません。 少し大きくなったら恥ずかしくなったのかもしれません。

Img_7939w640

今度は、おばあちゃんと一緒に・・・・
いつの間にか、お茶を点てる時入れるお湯、半分返すことを覚えていて、びっくりです。 泡を立てるのは無理なので、「あっくん1回、おばあちゃん1回。 最後はあっくん、茶筅を回して、真ん中から上げる」
覚えるものですね。

Img_7940w640 

今日の主菓子は「さくら」 はんなりとした色・形です。
どらだけ分かっているのか、一番に食べています。

Img_7927w640

篤志の好きそうなお菓子が並んいるものだから、次から次・・

Img_7928w640

極めつけは、餅。 一通り全部たべてしまいました。
だから、「お菓子をいっぱいくれるおばちゃん」なのです。

Img_7929w640

今日、初めて飲んだお茶です。 
2口くらいかな。 まだ残っていました
抹茶味が大好きなあっくんです。
「おいしかった・・・?」 「・・・・?」

Img_7931w640

まだ、お稽古は終わっていませんが、失礼して、スーパーへ寄って帰ります。 夕食は、あっくんのリクエストで、「押し寿司」です。

Img_7943w640

あっくんがご飯を入れて、私がならします。
具は、あっくんが乗せて、私が少し修正。

Img_7946w640

ラップに包んで・・・と書きたいところですが、篤志のすることですから、ねじ込んだだけ・・・・ 押します。 あっくん1回、おばあちゃん1回、と何度もしました。

Img_7947w640

お暇様にもお供えしました。 これで、ようやく片付けることが出来ます。 いや~、もうしばらくはこのままです。

|

« トリオで 「おうちカフェ」 | トップページ | 篤志ときんとん作り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
4歳で茶を点てる、大したものですね。
美味しいお菓子に、ありつける、そして
夜は押し寿司の馳走ですか。微笑ましい
光景ですね(^^)

投稿: imaichi | 2013年3月13日 (水) 06時00分

あっくんの初稽古でしたね。指をきちんと揃えて、自然に身について行くことでしょう。
きれいなお菓子を食べて、押し寿司作りをして、ご満悦でしたね。
4歳になったらと言うのがいいですね。きっかけ作りは大切です。この後も楽しみ。

投稿: 清姫 | 2013年3月13日 (水) 10時37分

姫さん
あっ君成長していますね。
スポンジのようにどんどん吸収していくのが羨ましい。
昔お茶を習っていた時、小学生の男の子がお母さんと一緒に来ていました。
とても礼儀正しく、しっかりしたお子さんでした。
小さい頃からこういう文化に触れるのはとっても良いことですね。

投稿: 風子 | 2013年3月13日 (水) 13時21分

姫さん
お茶のお稽古再開ですね。そしてこれも楽しい集まり(女子会)ですねnotesあっくんも楽しみにしてたんですね。いいことだと思いますよ。お菓子も春ですね・・・福岡県でしたっけ?今日桜が咲いたようですねcherryblossom
お雛様もお寿司でおよばれですか・・・うちは、かわいそうなお雛様です。お菓子だけお供えしてもらってお帰りになりました・・・coldsweats01

投稿: よっしー | 2013年3月13日 (水) 13時50分

姫様
あっ君の表情生き生きしています。良く撮れていますね!可愛いいです。お運びも嫌がらずに出来るし、あっ君のお茶を頂いた人は幸せです。あっ君が来ると「早くお稽古しましょうとなりますね。場が和やかでいいですね。
お菓子、何時ものことですが、きっと茶々姫様はあっ君を思い浮かべて買ってこられたのでしょう。先生もあっ君が来てくれるのを楽しみにしていられます。
帰ってからまた一仕事でしたのね。飽きないのが偉いです。辛抱強いです。楽しそうに出来るのは、やはり貴女のお導きがいいのですね。
お雛様もあっ君のお寿司はさぞ満足なさったでしょう。
我が家のお雛様も金沢式らしく、3月2頃に出して、お帰りは4月です。
あっ君の姿に満足しました。ありがとう。

投稿: なは | 2013年3月13日 (水) 16時29分

姫様
お茶のお稽古、あっ君楽しそうですね。
数か月ぶりでも、習ったことはしっかり覚えていて、
子供ってすごい!っと思います。
お点前もお運びも真剣なお顔が可愛いです。
大好きなおばちゃんたちと、おいしいお菓子、
お家ではお雛様のお寿司までつくって、
楽しいお泊りでしたね。

投稿: ヒマ子 | 2013年3月13日 (水) 17時40分

まあ~涙が出てきそう

お料理につぎ、お手前もなさるの
遠くに住みます婆は感激!
嬉しい限りです

いつかあっ君にお手前をいただけるよう
腰なんか痛いなっていってらんないよ
ようやくいくらか春の気配を感じるようになりましたが、梅は咲かず、水仙もまだまだ
水仙なぞ地上に一センチほど芽がでたきたばかり、今年も桜に梅に、水仙にクロッカスに
桃に、杏に、私といっぺんに咲きそうです
ふぅ~

投稿: りんどう | 2013年3月13日 (水) 18時59分

imaichiさん
お菓子に釣られて付いてきているだけです。
たいしたものではありません。

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 22時25分

清姫さん
柿さんと案山子さんだけでした。
先生の指導がいいので、少しずつ覚えます。
不思議なものです。

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 22時32分

風子さん
大きくなって、こんなことをしていた、という事は忘れているかもしてませんが、意識の深いところにでも残っていてくれればと思っています。

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 22時35分

よっしーちゃん
今日開花予想がでましたね。
少し早いようでした。
楽しみになってきましたね。
篤志は遊びについてきているだけだすが、それはそれで、いいのではないかと思っています。
人が見たら笑ってしまうような寿司ですが、お雛様はなにもおっしゃいませんから。。。

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 22時57分

なはさん
何をしていても楽しいのでしょうね。
このほかに駄菓子もたくさんいただきました。
皆さんに可愛がられて、幸せな子です。
我が家のお暇様、気の向くまま、です。

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 23時21分

ヒマ子さん
お茶、4歳になったら、と約束していましたので、1度は連れて行かなくては・・と思いました。
本人は覚えているかどうか・・・?
お茶も料理も少しずつ成長しています。

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 23時25分

りんどうさん
お隣の県でも遠いからね。
あっくんをお見せできないのが残念です。
もう少し大きくなったら、一緒に旅行できるといいのですが・・・
可愛がっていただいてありがとうございます
今年の開花予報が出ましたね。
少し早いようです。
お花見が楽しみです。まだどこへいくとも決めていないのですが・・・

投稿: 姫 | 2013年3月13日 (水) 23時46分

姫さま
抹茶茶わんを持つ手、真剣さがいじらしい。
いい体験。ばばもうれし。

投稿: 森のくまさん | 2013年3月14日 (木) 10時25分

姫様
あっ君のお陰で「感動」を貰いました。
一日10回、感動すれば呆けないと言われますが、私など鈍感でそう容易く「感動」はしません。
でも、あっ君の話や写真で大いなる感動を貰っています。ありがとう。

投稿: なは | 2013年3月14日 (木) 17時14分

森のくまさん
お帰りなさい。
京都はどうでしたか。
アップ楽しみにしています。
どう思って、付いてくるのでしょうね。
お茶、好きなわけでもないと思いますが・・・
どちらにしても、いいことと思っています

投稿: 姫 | 2013年3月14日 (木) 23時34分

なはさん
いつも可愛がってもらってありがとうございます。
所で、土曜日時間ありませんか。
文化ホール行きませんか。券はあります。
富山新聞文化発表会です

投稿: 姫 | 2013年3月14日 (木) 23時36分

姫様
お知らせの電話を有難う。10時を少し過ぎるのですが、10分ほどかな?
行きますね、有難う。
あっ君もきますか?この日、お茶のお稽古はないのですか?

投稿: なは | 2013年3月15日 (金) 17時20分

なはさん
時間はだいたいで・・・
帰りは送ります。
先生は、金曜日から東京です。
篤志は来ません。
楽しみましょうね。

投稿: 姫 | 2013年3月15日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリオで 「おうちカフェ」 | トップページ | 篤志ときんとん作り »