« 近所の火事 | トップページ | 桜紀行-5 大井川鐵道・お土産・強風 »

桜紀行-4 御前崎灯台・蓬莱橋・安倍川

「桜紀行 大井川鐵道SI列車と身延山久遠寺樹齢400年のしだれ桜)・山高神代桜日本三大桜)」

2日目 3日(火) 晴れ・曇り、後雨 そして強風

御前崎灯台
ホテルから見えるほどだから、すぐに着いた。元気な人たちは、坂道を登って物見台まで。 私は、残った。 「行かないの?」 「何ていったって『とうだい』出身だから・・・。赤門がなかっただけで・・・」
  - 学校の近くに岩崎鼻灯台があり、そのすぐ下に
     友達の家があったのでよく行っていた -

Img_6284w640

下のほうでうろちょろしていた。

Img_6285w640

『現在地』とあるのが御前崎。そして、上が駿河湾、下が遠州灘

Img_6290w640

そのあと、魚市場へ。 私は何も買いませんでしたが、中にはどっさり買っている人もいました。それぞれです。

Img_6292w640

『金目鯛』、富山のほうでもたまに見ますが、あまり馴染みのない魚です。大きな目が金色に光り、真っ赤な色がどうしても目につきます。
たしか、ヒマ子さんが高価な干物を買ったのではなかったですか。

Img_6291w640

蓬莱橋
箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川
と歌われたように、東海道の難所中の難所。今でこそ、上流にダムができ穏やかになっていますが、暴れ川だったとか。 川を渡る人足に担がれたり、輿に乗って渡るため、水かさがますと何日も留め置かれ、道中の日数が予想できなかったので、山越えの中仙道で旅をする人が多かったと聞きます。

Img_6297w640

静岡県島田市の大井川にかかる人道橋、全国でも数少ない木造のできていて、全長897,4mあるのです。『世界で一番長い木造り歩道橋』として、ギネスにも登録されています。
渡るのに、大人100円、子供10円です。途中で地元の人に会いました。 「地元の人は、通行手形で無料ですか」 「いいえ、払ってきました。 反対側から孫が来るので迎えに行くところです。 反対側からは無料です」
元気な人は、向こうまで行かれましたが、私は2/3 いったかしら。 しかし、これだけ歩けたのは、木造の橋はやわらかく感じ、足への負担が少ないようでした。
このシチュエーションは、時代劇そのままです。橋の袂から、ちょんまげ姿が今にも飛び出しそうな錯覚に駆られます。 また、柳が橋に似合いますね~。

Img_6300w640

明治12年(1879)に造られ、昭和40年(1965)に架け変えられる際、橋げただけをコンクリートにした。 その後、平成17年災害のため改修工事が行われ、中ごろに色の違った板が渡されていました。 現代的な橋も向こうに見えました。

Img_6308w640

ネーミングが面白くて・・・。 料金所の横にあったトイレです。
ここで、ぽつり と来ました。

Img_6299w640

静岡には大河として、上から(地図上)富士川、大井川、天竜川とあります。

Img_6249w640

そして、富士川と大井川の間に「安倍川」があるのです。
安倍川餅」とは、安倍川の茶屋の名物で、つきたての餅を小さくちぎって黄な粉をつけたものが売れれていて、その名がついたとか・・。 また、同じ餅でも、焼いたものをお湯に浸しやわらかくし砂糖入り黄な粉をまぶした、とも・・・

今では、それもスイーツ。 シューの中に入っています。
『今話題の新感覚スイーツ お取り寄せランキング入賞菓子』の表示に引かれて買ってしまいました。 日本平 SA でのことです。


Img_6248w640

中には、黄な粉ではなく、餅と餡が入って和洋折衷菓子です。
美味しいかと言えばおいしい。そこまでしなくても・・・といやそうですが・・・ 旅を彩るものとしてはいいですよ。 

Img_6250w640

|

« 近所の火事 | トップページ | 桜紀行-5 大井川鐵道・お土産・強風 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

姫さん
何れも、懐かしい光景であり、寫眞
です。安倍川餅、これまた懐かしい(^^)

投稿: imaichi | 2012年4月11日 (水) 05時56分

姫ちゃん
写真と文章がぴったりでとても楽しく読ませてもらいました。橋を渡る時やSAは別行動だったので、知らない話題もありますし…。
灯台、大井川、鐡道と、味のあるコースでしたね。企画した人に拍手です。選んだ人にも、ね。
なはさんのも始り、私も遅まきながら始めました。お互いに楽しみですね。

投稿: 清姫 | 2012年4月11日 (水) 08時55分

imaichiさん
私は、初めてのところばかりで楽しかったです。
懐かしい写真を見せて上げられてうれしいです。

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 09時29分

清姫さん
楽しんでもらって・・・・。
こんなにいいほめ言葉はないです。
今回は、最初に写真ありき、で書いています。
SL最高でしたね。
昨日夜開いたら、まだでした。
今朝入れたのですか。
これから見ます。楽しみ!!

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 09時37分

姫さま
要領よく上手いことまとめられますね。
シユークリームの写真の撮り方の上手いこと
美味いこと。

投稿: 森のくまさん | 2012年4月11日 (水) 09時49分

御前崎は静岡県の最南端なのですね。
先月私が行って来た石廊崎は伊豆半島の最南端ではあるが、御前崎より北になるのかと不思議に思いました。
気になったのでネットで確認したところ、
御前崎は北緯34度35分41秒、
石廊崎は北緯34度36分4秒
確かに御前崎が石廊崎より1分弱ほど南であることが分かりました。

投稿: ヒマジン | 2012年4月11日 (水) 09時51分

姫さん
火事 驚かれたでしょうwobbly姫さん宅は大丈夫でよかったです。
SAエリアでのお買い物 見てるだけでも楽しいですよね。お金をつかうつもりがなくても人が買ってるとつい・・bleahお土産やそこで食べたりね。最近のSAエリはすごいですものね。グルメツアーが出来るほどらしいので。姫さん達の旅行はいつもお天気も良いですねnotes

投稿: よっしー | 2012年4月11日 (水) 10時16分

森のくまさん
ありがとうございます。分かりやすかったですか。
安倍川、一口食べて・・ 中を見せたくて、

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 10時24分

ヒマジンさん
なんてったって、伊豆は半島ですものね。
飛び出しているイメージです。
そこを調べる・・・感心してしまいました。
で、この写真がまずいことに気がつきました。
北緯ではなく、南緯を中心のを入れるべきでした。そちらのほうも撮ったのですが・・・
この写真のほうが写りがよかったもので・・・
あほですね。何のためにそこへ行っているのやら・・

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 10時44分

よっしーちゃん
ツアーのSA時間は、10~15分ほど、ゆっくり見ている暇もないです。
個人の旅行は、居たい放題。
ついつい買ってしまいます。
安倍川を買うとき、あせっていました。
飲み物も欲しいし・・・。
お天気、日ごろの心がけがいいもんで・・
と、大きく言いたいのですが、そうでもないですよ。

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 11時02分

姫様
御前崎灯台、こんなにすっきり撮れていてビックリ!どこからかしら?など考えるだけ野暮じゃなくアホでした。
どの写真もいいですね!
木道歩道橋もかっこいいです。トイレは面白かったのですね。
貰って食べた「安倍川餅入りのシュウクリーム」変っていて美味しかったです。
貴女の桜紀行で楽しんでいます。

投稿: なは | 2012年4月11日 (水) 14時28分

なはさん
よく晴れていましたから・・・空が青いとすっきり見えますね。
この空を見ていると、あの雨と風は何だ! と思ってしまいます。
安倍川、かじったので歯型がついているかも・・
どうしようもないもんね。

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 20時17分

姫様
生の金目鯛、やっぱりお値段も高いですね。
確かに私は高い干物を買いました。

蓬莱橋、時代劇映画の1シーンのような景色ですね。
安倍川もちが、安倍川の茶店名物だったとか、安倍川もちが入ったシュークリームなど、面白いお話が沢山あって楽しく読ませていただきました。

投稿: ヒマ子 | 2012年4月11日 (水) 20時48分

姫ちゃん
「とうだい」出身としては珍しくはないですね。
太平洋は明るかったでしょう。
 大井の橋は木造でいいですね、三ん度傘で「旅姿、次郎長」のムードですね。
 安倍川餅食べたくなりました。

投稿: たくちゃん | 2012年4月11日 (水) 21時12分

ヒマ子さん
ヒマ子さんのにあったきがしたので、私も・・「金目鯛」を・・てなわけですよ。
読み応えがあるところが一つでもあってうれしいです。
それが、駿河やら遠州と来りゃ、任侠の世界ですね。

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 21時42分

たくちゃん
そうなんです。灯台なんて珍しくもなんともない。
しかし、所により形が違うから、外から眺めているだけで・・。
行っても、中へはは入れないし・・・
遠州・駿河 次郎長 すぐ連想しますね。

投稿: 姫 | 2012年4月11日 (水) 21時47分

姫さん
木道の蓬莱橋がいいですね。
私も渡ってみたいです。向うに見えるのは桜ですか。
公園の桜もほころび始めましたよ。
安倍川シューのアンが美味しそう!

投稿: 風子 | 2012年4月12日 (木) 00時22分

風子さん
こんなに長い木道の橋があるのを知りませんでした。
いいもんです。つまり、大井川がこんなに広いと言うことです。
ほとんどが観光客ですって・・・
やっと、桜が開花しましたね。
昨日桜馬場を通り、様子を見てきました。

投稿: 姫 | 2012年4月13日 (金) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/44807591

この記事へのトラックバック一覧です: 桜紀行-4 御前崎灯台・蓬莱橋・安倍川:

« 近所の火事 | トップページ | 桜紀行-5 大井川鐵道・お土産・強風 »