« 山の芋の天婦羅 | トップページ | 蜻蛉玉-7 南天 »

かぶら寿司 '12

暮れから、「かぶら寿司漬けた?」と何人もの人に聞かれました。
私の中では「今年は、漬けないでおこう」と思っていたのですが、あまりに聞かれるので、頑張りました。
とりあえず、かぶら1個だけです。今まで、かぶらを塩漬けにしていた鉢を篤志が割ってしまって、これ以上は1度に無理なのです。
何といっても、一夜漬けの容器を使いましたから・・

・ かぶらを少し厚めに皮を剥きます。
・ 大きいので、丸を1/4~1/6等分にし、魚を挟めるように切り込みを
  入れておきます。
・ 漬物容器になるべく平たくなるように並べ、3%の塩をふります。
・ しっかり蓋をし、水が上がるまで待ちます。途中で、何度かねじを
  締めなおします。

Img_5153w640

ここまでできたら、用意するものは、かぶら寿司の素(自分でつくる人もいます)、人参、しめ鯖(自分で作っています。鰤より鯖が好き
・ 鯖は、骨と皮を取り、斜め切りにしておきます。
・ かぶらに鯖を挟んで、容器に並べます。
・ その上に、かぶら寿司の素、人参。
・ この順で、亡くなるまで繰り返します。

Img_5154w640

・ しっかり、ねじをしめ、保管します。
・ 水が上がってきたら、捨てます。
3日間くらいすると、食べられます。

Img_5155w640

作ろうか、作らまいか迷って作った割に、今までの中で一番の出来ではなかったかと思います。
今日で、これを食べ終わりましたので、もう一度作ってみようかと思っています。

|

« 山の芋の天婦羅 | トップページ | 蜻蛉玉-7 南天 »

料理」カテゴリの記事

コメント

姫さん
富山の大事な郷土料理ですねshine
私は作れませんが・・・毎年私の母方のおばちゃんが上手に作ってくれて頂くのです。おばちゃんの味が好きで既製品は買いませんよgoodいつも「明後日くらいから食べれるよ~」ってもらってくるのでうが・・手間がかかってるのですね。

投稿: よっしー | 2012年2月 5日 (日) 07時44分

姫ちゃん
読むと簡単そうで、コツのいるかぶらずし、手際良く上手に作られますね。
もう、「姫の味」が出るようになったのではありませんか?
一夜漬け容器を使う方は他にもおられますか?コレもあなたのアイディア?

投稿: 清姫 | 2012年2月 5日 (日) 08時37分

姫様
かぶら寿司は貰うか、買うかです。今年は氷見の「川岸水産」から買いました。息子の知人から「いかがです?」と薦められたのです。確かに美味しかったのですが、すぐ無くなりました。
姫さんは何でも遣られるのですね。自分で出来れば沢山作れるでしょうし、工夫もできるかもね。
かぶら寿司の元など有るのですね。
やはり、爪の垢を貰わなくては成りません。姫様のは、とても美味しそうです。

投稿: なは | 2012年2月 5日 (日) 15時37分

よっしーちゃん
作っても結構高くつきます。
かぶらが一番安く、150円。
かぶら寿司の素500円近く。
鯖、1尾780円だったと思います。今回は、片身だけ使っています。
作ったのを買うより安いかもしれませんが・・
でも、郷土料理ですから・・

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 16時40分

清姫さん
一度に作る量にもよりますが、・・
多い人は、漬物桶でしょうね。
一夜漬け陽気で漬けるのは誰に習ったわけでもありません。
だから、オリジナル・・!?
でも誰でも思いつくのでは・・
簡単に作れます。

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 16時44分

なはさん
感心されるほどのこともないです。
何しろ、かぶら寿司の素という便利なものがあるのですから・・・
漬けている途中で頂き物がありましたが、それより美味しかったような…

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 17時00分

姫さん
やっぱり若いし、やるきがあります。
畑でいろいろ作ってくれた人がとってもおいしい蕪寿司を作ってもらっていました。そのあと作っていましたが、やめました。どこまで生の蔵がつくのでしょう。

投稿: 茶々姫 | 2012年2月 5日 (日) 18時01分

姫様
大きなかぶら、まだありましたか?
年末に作っただけで、その後一度も作ってません。
寒いうちにもう一度、作りたいです。
今年は、白菜の糠漬けがおいしくできて、
糠床を大事に使ってます。

投稿: ヒマ子 | 2012年2月 5日 (日) 20時59分

姫ちゃん
 我が家は大きな蕪ができました。
奥様の手作りを札幌や仙台の縁者に送って喜ばれています。
 何回目目かのできたのを、ご飯や、酒の肴にして食べています。
 手前みそですが結構いただけます。

投稿: たくちゃん | 2012年2月 5日 (日) 21時12分

姫さん
かぶら寿司、手作りでも高くつきますね。
ここ数年生協と頂き物ばかりです。
しめ鯖とかぶら寿司の素をつかえばより簡単ですね。
作っておけば夕食の一品になるから助かります。

投稿: 風子 | 2012年2月 5日 (日) 21時53分

茶々姫さん
何かを作らないと・・
食べなきゃいけませんから・・
その一環のようなものです。
今でもかぶらありますか。
みんなで集まって作るというのはどうですか。

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 23時49分

ヒマ子さん
ヒマ子さん、まめにやっていますね。
白菜の糠漬けは、まだ作ったことないです。
先日、友達が「少しだけど・・」と言ってくれました。
美味しかったのです。が、道具がありません。

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 23時51分

たくちゃん
1回にどれだけつけられるのですか。
送るとなると、たくさん作らないといけませんね。
奥様、蕪を作って・・
かぶら寿司にする。
まめにやられていますね。

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 23時54分

風子さん
買えば、少し入れて300円以上。
作れば少しは安くなりますが、・・
でも高いね。
何度も作れませんが、もう一度はやりたいと、今は思っています。

投稿: 姫 | 2012年2月 5日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/43930079

この記事へのトラックバック一覧です: かぶら寿司 '12:

« 山の芋の天婦羅 | トップページ | 蜻蛉玉-7 南天 »