« 三河・遠江-4 エアーパーク | トップページ | 三河・遠江-5 舞阪松並木・新居関所跡 »

ちょうはい帰りのよう

新谷さんとは、今からさかのぼること30年くらい前、詩吟を習っていた時以来の友達です。詩吟を習う時、講座一覧表から、消去法で最後に残ったのが「詩吟」。 詩吟とはいかなるものか、全然知らなく行った。 2人とも、とっくにやめてしまっているが、友達としては、いまだに続いている。
昨日、「歯医者へ行きたいんだけど・・。戸出の・・」と電話があった。「今日、予約日なので・・ 一緒に行く?」 という事で、岩坪の近くまで迎えに行った。
治療が終わったと、ランチ。 〝ジュン・ブレンド”へ行ったら、満員。〝ぼくの細道”は定休日。結局、〝トワイス”で食べた。
送りがてら、新谷宅へ。 彼女に趣味は、花と農作物を作ること。
大邸宅の庭にも駐車場も畑にも、草一本残っていない。左の建物は、物置。 それに沿って、路地植えしている花々。  どれも、小さく、2cm に満たないくらいのもの。

Img_2788w640

Img_2752w640

Img_2773w640

Img_2768w640           ストローベリーセイジ

Img_2778w640     名前は忘れたが、変わっている花だそうです

Img_2781w640

シュウメイギクもピンク・白がありました

Img_2791w640

↑↓下3っつは、鉢植えで、サボテン。 これらも、小さい花です。
ピンクの手毬のような花は、長野にしかないと貰ってきたものだそうです

Img_2802w640

Img_2796w640

シダのようなものも、鉢植え。白い所が、毛が生えたようにビロードになっています。それが、木というか枝というか、そこから葉が生えているのです。
季節ごとに、見た事もない花があります。

Img_2805w640

ゆっくり、庭を見た後、「畑をみたい!」
幾何学模様のような整然とした畑です。
「これ、かぶら。これ大根」と説明してくれるところには、絨毯のようにぎっしりと生えている。
「大きく育てるのに、すぐり菜 して!」 このずうずうしさが私です。

Img_2811w640

「ちょっとでいいよ!」と言ったか言わなかったか・・・
家へ帰って、綺麗に洗い整理した後計ったら、600g ずつありました

Img_2814w640

一度に食べられないので、ヨーグルトの空ケースを使い、水を入れて立てました。袋は葉を保護するためのものです。上からもかぶせ、冷蔵庫へ。

Img_2816w640

加賀野菜。「金字草」というのだそうです。上を摘んで使います

Img_2751w640

裏が紫入りになっています。ゆでると少々粘りがあるようです

Img_2812w640

茹で汁は、紫色に染まります。葉は、濁緑になり、紫が消えてしまいます。こんなにきれいな葉なのに、生のまま使えたら、サラダにもっと変化が出るのに・・。

Img_2824w640

〝ジュン・ブレンド” ジュンちゃんの野菜。 色とりどりのデニッシュです。 10個 100円で買いました。

Img_2806w640

そのほか、ねぎ。 ドライフラワーにしたオクラ・トウガラシ(後程アップします)。それになんと、彼女もまだ食べていないという「新米」、やっと持ち上がるほど頂きました。
それに、まだ上があります。 紬の反物、大野屋のバームクーヘン(商品にするために上を斫ったものだだそうですが、味は同じ)と羊羹。

まるで、「ちょうはい帰りがえり)」でしょう。 県外の人には分からない言葉でしょうね。嫁に行った娘が実家に戻る 事を ちょうはい と言い、婚家に帰ってくるので、「ちょうはい帰り」です。その時、実家ではたくさんの土産を持たせます。

帰ってから、野菜と格闘していました。 ほかの物を作っている暇はなし。 こんな時のために、ストックがある。ばっちり使いました。 
ピーマンの肉詰めあるのは、ピーマンばかりのとき、山のように作って、冷凍した)、ピリ辛・キャベツ入り蒲鉾賞味期限ぎりぎりで2割引き・半額のとき買った蒲鉾は、すぐ冷凍保存)。人参は、型抜きしたものを昨日 芋サラダを作った時、一緒に茹でておいたものです。 型抜きした外側のものに、サラダを詰めました。これで、1つが2つに使えます。
野菜は、夫が作っているサンチュ金字草黒い色したもの)、デニッシュ、芋サラダ。 これで、一皿。

大根菜は炒めて甘くどく味付け、花かつおを加えて「よごし
かぶ菜は、「おひたし
デザートは、夫が買ってきた「ラ・フランス」。そう書くとかっこいいが、硬くてね~。
しばらく食べていなかった青菜、一気に取り戻しました。

Img_2831w640

|

« 三河・遠江-4 エアーパーク | トップページ | 三河・遠江-5 舞阪松並木・新居関所跡 »

季節の樹木・花」カテゴリの記事

季節の食材」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
盛りだくさんのレポート、美しい花はな、
そして、野菜を生かして夕食の料理、
朝から、私の脳は、満腹感です(笑)

投稿: imaichi | 2011年10月21日 (金) 05時34分

姫ちゃん
これはまたすごいお土産ですね。
Aさん、思い出しましたよ。一人で畑や花の手入れをなさっているの?息子さん達と同居でしたっけ?
花や野菜の写真もきれい。セージなどハーブが多いのかな?
しばらく食材に事欠きませんね。
ちょーはい、私の町では”ちょはい”と言ってましたよ。
それと、先日の神社、勝山の「平泉寺白山神社」でした。よく覚えていますね。

投稿: 清姫 | 2011年10月21日 (金) 10時02分

imaichiさん
花、かわいくて・・
2度に分けて、上げたいとこでしたが・・

投稿: 姫 | 2011年10月21日 (金) 10時39分

清姫さん
彼女は、今ひとりです。
旦那さんが、亡くなられて2年くらいかな。
詩吟、懐かしいですね。やっていたのはじきこないだのようですが・・
「ちょうはい」伸ばさないのですね。
ちょっとしたことが違うのですね。
ミントの香りの物もあったような・・

投稿: 姫 | 2011年10月21日 (金) 10時50分

姫様
歯医者さんの帰り、大変な収穫ですね。まずお花、綺麗なのがいっぱい、色とりどりで美しいです。綺麗に撮れて目を楽しませてもらっています。
野菜も盛り沢山ですね。葉物が600gとは、八百屋の一角みたい!そこで貴女の腕がまた、有るものも取り合わせていいご馳走が出来ましたね。野菜たっぷりこんなの好きです。蒲鉾を冷凍とは?知りませんでした。

投稿: なは | 2011年10月21日 (金) 15時03分

なはさん
「エビタイ」
海老もありませんでしたが・・・
持つべきは友。幸せな事です。

投稿: 姫 | 2011年10月21日 (金) 17時33分

姫さま
庭の花、ほとんど知っていますがあなたの腕にかかると「こんな花、見たことあるかな?」と思います。とてもすてきな花写真アップでした。

投稿: | 2011年10月21日 (金) 17時41分

姫様
手入れされたお花、とてもかわいくきれいに
撮れてますね。流石です。
頂いた野菜を駆使しての献立も美味しそう!。
嫁いでうん十年経っても、実家へ帰ると、畑から野菜を
採ってきて、持たせてくれます。
時には厚かましく、あれもこれも欲しいと、ねだることもありますね。
「ちょうはい」は、いいものです。

投稿: ヒマ子 | 2011年10月21日 (金) 18時25分

森のくまさん
名前はありませんでしたが、内容からして、くまさんだろと思いまして・・
見た事のある花ですが、名前がね~
分かるって、・・? 横文字に名前ですよね。よくお覚えられますね。
風があって、撮りにくかったのですが・・

投稿: 姫 | 2011年10月21日 (金) 18時46分

姫ちゃん
 良き友人ですね。
心豊かな方ですね。
ガーデニングと野菜作りの名人じゃないですか。
 あこがれのガアーデンです。
是非私を見学のお許しをおねがいします。
 私もこのようなガーデンにしたいのです。
 よろしくお願いします。

投稿: たくちゃん | 2011年10月21日 (金) 20時53分

ヒマ子さん
ありがとうございます。
「ちょうはい」は、欲しいものと、やりたいものが一致します。
どちらにしても、嬉しい事ですね。
「ちょうはい」のできるところがある人は羨ましいです。
私は、友達の家でやっています。
他の友達の話ですが、姑の部屋に箱がいっぱい積み上げられているのが、小姑が来ると全部なくなっていると言っていました。

投稿: 姫 | 2011年10月21日 (金) 23時34分

たくちゃん
時間のある時は、言ってください。
何時でもお供しますよ。

投稿: 姫 | 2011年10月21日 (金) 23時36分

姫さん
綺麗に手入れされていて素敵なお庭ですね。季節の花々が綺麗。
いいですね、「ちょうはい帰り」。
私ももう一度ちょうはい帰りしてみたいです。

投稿: 風子 | 2011年10月22日 (土) 02時17分

風子さん
いついっても、草一本生えていないのです。
草の生えない土地ではないかと思うくらいです。
本人は、むしるのが大変だと言っていますが・・
「ちょうはい」しても、親がいなければ・・

投稿: 姫 | 2011年10月22日 (土) 11時04分

姫様
「ちょうはい」は私も行くところがあります。姉は山ほど持っていけ、と言うのですが、持って帰ると、息子に叱られます。それで隠しておくのです。
畑も庭も草がないというところが、すごいですね。偉いですね。私は暑い夏に草むしりをしたのに、今は草茫々です。その方の鼻くそを貰ってきてください。

投稿: なは | 2011年10月22日 (土) 11時05分

なはさん
柿、嫌いなのですか。おばちゃんが育てた木なのに・・
今度会う時は、「鼻くそ」貰ってきます。
ついでに「爪の垢」も、・・・
欲しい人ばかりでしょう。
真っ先に私が取ります。残るかしらね~。

投稿: 姫 | 2011年10月23日 (日) 00時33分

姫様
柿ではなく姉です。柿は好きです。鼻くそ予約しておきます。
実家に80歳になった姉がいます。九洲から来た86歳?の兄と二人。姉が母親みたいな顔をして、私に、そこいらにあるものみんな持っていけ、と言うのですよ。

投稿: なは | 2011年10月23日 (日) 09時32分

なはさん
あちゃ~ やりましたね。
肝心な所で・・ごめん。
姉ちゃんいはないしょです。
姉妹がいる人は羨ましいです。
そんな味は知りませんから・・

投稿: 姫 | 2011年10月23日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/42598195

この記事へのトラックバック一覧です: ちょうはい帰りのよう:

« 三河・遠江-4 エアーパーク | トップページ | 三河・遠江-5 舞阪松並木・新居関所跡 »