« 喫茶「琥珀物語」 | トップページ | ステーキガスト »

晩ご飯⑳ 鰊とじゃが芋の煮物・ピーマン

何も珍しいものはないが、木曜日の晩ご飯です。今日も(平均すれば、3日おきくらいに来る)、娘が、博志を連れてきている。博志が風邪を引いたのか、熱があって夜中も、ぐずぐず言っているので、ほとんど寝ていないとの事。 いつもは、篤志を幼稚園に迎えにいかなけならないと、4:00ごろに帰っていくのだが、今日はお母さんに頼んできたから、ご飯を食べてから帰るという。

木曜日は、謡と笛のお稽古日。 6:30に家を出るには、それ相応の努力がいる。 たまに食べて帰るという娘のために、彼女の好きな献立を入れた。 「にしんとじゃが芋の煮物

ハンバーグ
 みずな・・・これが一番安い。生で食べられるようになっから、時々買うようになった。トマト。じゃがいもは、頂き物があるので、芋サラダは、なくなったら作るので、たいていストックを持っている。一日目は、粉吹き芋で食べ、残りをサラダにしている。

Img_2669w640

にしんとじゃが芋の煮物
作り方は、にくじゃがと同じ。材料は、肉がにしんに変わっただけ。
したがって、じゃがいも・人参・たまねぎをだし昆布と甘みでしばらく煮てから、甘くどくする。 途中でにしんこんにゃくを入れ、味を調える。 余熱を利用して味を浸みこませる。

Img_2671w640

里芋の胡麻和え
これは、夫が作ってくれたもの。 里芋も胡麻味噌も夫持ちで・・

Img_2672w640

ピーマンの豆板醤炒め
ピーマンを、買い物のバスケット2杯もらった。その後、また、一杯もらった。これを、配り歩くのもチョット苦労。せっかく丹精して作られたものを、捨てたくない一心。
だから、ピーマンだけは、おかげさまで不自由しない。
ピーマンを千切り。熟成したら、赤くなるのだそうだ。 これを混ぜると色合いがよくなる。熟成したものは、比べると日持ちはしない。
エリンギも短冊切りにし、一緒に炒める。塩コショウ・醤油で炒め、豆板醤を入れると一気においしくなる。 色合い良く、綺麗な青のままだと青臭く硬いので、しっかり炒める。

Img_2674w640

お稽古から帰ってきたら、娘は帰った後で「おいしかった。鰊とじゃが芋」と言っていたそうだ。 ご飯を食べず、おかずだけ食べて行った、と夫の弁。
何を作っても「おいしい」といったこともなく、「おいしい?」と聞いても「べつに・・」というので、けんかした話を娘にしたことがる。
姑さんにご飯の用意をして貰っているので「時時でいいから、おいしかった」というように、教えている。
そんなこんなで、娘も気を使ってくれたのかもしれない。
こんな会話は、家にいたときの娘には考えられない事だ。
娘も、だんだん大人になっていくと嬉しく思う。

|

« 喫茶「琥珀物語」 | トップページ | ステーキガスト »

料理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫様
美味しそうです。Sちゃん美味しかったのです。鰊とじゃがいもなんて知らなかったです。また言うと笑われるけど、頗る良さそう、身体に。旦那様のさと芋の胡麻和えもなかなかの物、ピーマンの炒め物も美味しそう、ハンバーグは二個もありますね!これでSちゃん満足でした、ですよ。
私も家を出て初めて、家の有り難さが分かったものです。娘のために母ほど大切な人はいません。
そこに居てくれるだけでいいから、母は生きていて欲しい。

投稿: なは | 2011年10月26日 (水) 09時05分

なはさん
鰊は、湊によく積んでおいてあったそうです。
物のない時代、失敬。
伏木でこの献立が、多くあったのかな・・と。

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 10時56分

姫さん
今日は寒いですね。
私は 唇の乾燥がひどくて 先ほど皮膚科で軟膏だしてもらいましたsad
今日は寒いので鍋でも・・・と思ってます。旦那様が作ってくれるなんてうらやましいわぁ。
夏の間はじゃがいも食べるの嫌でしたがこれから芋がまたおいしく感じられるね。

投稿: よっしー | 2011年10月26日 (水) 11時11分

よっしーちゃん
今年一番の寒さですね。
どこが悪くて、ここならいいや、ということはないです。
気持ちがすぐれません。
早く治るといいですね。
じゃがいも、夏も冬も好きです。
一番使い手がいいかも・・

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 11時58分

姫ちゃん
お稽古の日なのに、心のこもったお献立、立派なお母様ですね。
Saちゃん、いいちょうはい帰りでしたね。気持ちもほっこりと。
博志くんはじいちゃんがお守りを?
おかず、すぐにも応用できそうで嬉しいです。

投稿: 清姫 | 2011年10月26日 (水) 12時26分

清姫さん
木曜日は、作るだ作って、並べていきます。
盛り付けは、物によって違いますが、頼むこともあります。
じいちゃんは、ご養育係りです。
私は、重くて持ち上がりません。
おかずはごく普通のもので、応用編があったら、載せてくださいね。

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 16時40分

姫さま
ハイカラなメニュウもありますが、むかし親が作ってくれた里いもの胡麻和え、懐かしい。
からだにもいいし。こまめに作らねば。

投稿: 森のくまさん | 2011年10月26日 (水) 17時08分

姫様
鰊は、昔畑の肥料だったらしいです。微かに覚えています。
でも、今は立派なお魚、私は甘くどく煮てうどんのトッピングにするのが好き、でも鰊じゃがというのもなかなかの工夫ですね。さぞ、美味しいことでしょう。

投稿: なは | 2011年10月26日 (水) 17時21分

森のくまさん
おっしゃる通りです。
ちゅるっと美味しいですね。

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 17時42分

なはさん
「猫またぎ」ともいいました。
今では、高級です。
3本ほど入っているのを、買います。
鰊うどん、甘露煮にしたのが入っていますね。これもおいしいです。

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 17時47分

姫さん
私はなまくらして、鰊の甘露煮を常備し、じゃがいもと煮たり、夏は茄子と煮たりしています。美味しいですね!鰊は味付け済みなので調味料は少し足すだけ、献立に困った時助かります。
娘さんちょうはいで一休みできましたね。

投稿: | 2011年10月26日 (水) 20時16分

姫ちゃん
 鰊の味付けは私の好物です。
鰊蕎麦も鰊の煮物すべて好みのあじになります。
 スペインのバロウ(居酒屋)では肉じゃがのフライがとても美味しかったです。
 毎日の献立苦労していますね。
25日(火)コメント送信したのに、とどきませんでした。

投稿: たくちゃん | 2011年10月26日 (水) 21時14分

姫様
お母さんの料理は、いくつになっても美味しくて懐かしい味です。
御嬢さん、心も体もゆっくり休めてうれしかったことでしょう。
ニシンとジャガイモの煮つけ、私も懐かしい味ですが、母のような味にならず、自分で作ったものが、だんだん嫌いになりました。

投稿: ヒマ子 | 2011年10月26日 (水) 21時23分

風子さん かしら?
甘露煮を買うと、骨まで軟らかくて食べやすいですね。
我が家は、ときどき夫が買ってきます。
「美味しいうどん、作ってやる」
鰊乗せただけでしたが・・
それなりに・・です。

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 23時05分

たくちゃん
半生。身欠きにしん、よく出しが出ますね。
どれもおいしくなるのは確かです。
「肉じゃがのフライ」というのは、煮てからフライにしたものですか。

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 23時10分

ヒマ子さん
だんだん好みが変わって言っているのでしょう
娘の本当の気持ちはどんなのでしょうね。ほんとのところは・・

投稿: 姫 | 2011年10月26日 (水) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/42515234

この記事へのトラックバック一覧です: 晩ご飯⑳ 鰊とじゃが芋の煮物・ピーマン:

« 喫茶「琥珀物語」 | トップページ | ステーキガスト »