« 「福」が到る | トップページ | 青いシクラメン »

晩ご飯 その6 娘の料理

娘は、孫を連れて、1週間に1~2度来る。 時により、篤志だったり博史だったりする。
孫も退屈がるので、どこかへ連れて出る。ファボーレばかりも行っておられない。実家に来れば、孫も喜ぶし、自分も楽。 じじ・ばばは喜ぶ。 一石何鳥でもある。

先日、帰宅すると、「○○来て、夕食 こしらえて行ったぞ」。 
めったにないことで・・・

中国料理の匂いが充満している。鍋の中には、ごろごろした大きなもの・・・」
夫の報告。 「お前、少しずつ大切に使っているものをど~んと使っていたぞ!」

Dscf3219w640

あと、2品は私が付け足したもの。 「ほうれん草のおひたし」 「大根・茗荷・わかめ・イカの酢の物」
おかずだけでお腹いっぱいになり、ご飯が食べられませんでした。

中国料理の匂いの主は「八角」。直径3cmくらいです。

Dscf3248w640

これ1個で十分すぎるほどの匂いが付く。

娘は、料理は嫌いな方ではないので、味はいい。私も旅行した時、よく出くわす匂いなので嫌いではない。 夫は、娘が作ったので黙って食べてはいたが・・・。 息子は食べなかったらしい。

しばらくして、肉じゃがを作ろうとしたら、じゃが芋が2個残っていただけで、人参も玉ねぎもなく、急きょ献立を変更。 あるもので、どうにでもするというのが、私の料理なもの何の問題もないのですが、何となく笑ってしまいました。

|

« 「福」が到る | トップページ | 青いシクラメン »

料理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
姫の薫陶よろしくを得た料理のよう。
私だったら、これで充分満足して、
一杯飲めるけどなー^o^

投稿: imaichi | 2011年2月25日 (金) 05時37分

姫さま
このお話、とっても身近におきています。
大事に少しずつ使うのはケチケチわたしだけでないのですね。

投稿: 森のくまさん | 2011年2月25日 (金) 09時09分

いまいちさん
十分すぎる量でした。

投稿: 姫 | 2011年2月25日 (金) 10時25分

森のくまさん
同じですか! ははは・・ですね。
娘にとって、実家の物はただですから・・
もっともこれは、私たちのために作ってくれたのもです。
2日間にわたって食べました。

投稿: 姫 | 2011年2月25日 (金) 10時36分

姫様
若い人のお料理は、ダイナミックですね。
ジャガイモ1個食べても、お腹がいっぱいになりそうです。
中華の味には、酢の物とおひたしが、ぴったりですね。

投稿: ヒマ子 | 2011年2月25日 (金) 16時01分

姫ちゃん
 娘さんが実家の料理を作ってくれるなんて最高の幸せですね。
 我が家は、娘ではなく孫2人が奥さんの
料理を手伝っています、何か話しをしながら作っています。
 娘さんの献立はさぞかし美味しかったでしょう。

投稿: たくちゃん | 2011年2月25日 (金) 19時53分

ヒマ子さん
この大きいじゃが芋・玉ねぎ・人参・卵が、一人1個ずつ当たるように入っていたのです。
蓋をあけて、びっくりでした。
夫は、下ゆでだけしていったと思っていたようです。

投稿: 姫 | 2011年2月26日 (土) 00時57分

たくちゃん
私も、孫たちに3歳から包丁を持たせています。
一人でするときは、6時から始めますが、孫たちに手伝ってもらう時は、4時から始めていました。
今では、すごく間に合うようになって、一人でしているより、早くできるようになりました。

投稿: 姫 | 2011年2月26日 (土) 01時03分

姫ちゃん
アレ、また送信忘れ。
八角ってそんなに強い香りなの?
日ごろの料理にも使うのですね。
私は名前しか知らず、今度中華の店で教えてください。
Saちゃん、お父さんにと思って料理されたのでしょうね。

投稿: 清姫 | 2011年2月26日 (土) 08時25分

清姫さん
六角は清姫さんにもおなじみの味です。
出汁がらですけれど、今日持って行きます。
娘は、お姑さんが料理上手なので、出る幕がないようで・・

投稿: 姫 | 2011年2月26日 (土) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/39006525

この記事へのトラックバック一覧です: 晩ご飯 その6 娘の料理:

« 「福」が到る | トップページ | 青いシクラメン »