« みゃあらくもん玉手箱 | トップページ | 料理「鶏肉の天ぷら」 »

ばい貝の「さしみ」と「煮付け」

ばい貝のさしみ」というものを初めて作ってみた。

P1180639w640               新鮮なものを用意する

P1180642w640               割って身を取り出す

P1180643w640         内蔵と身を分ける。赤い所は食べられないので

P1180645w640     引っ張り出す(横にある筒のようなものが出てくるので切り落とす)

P1180646w640                そぐように切る

残った内蔵は、甘くどく煮付ける。身も好きだが、内蔵はもっと好き。

丸ごと甘くどく煮てあるものが、最後まで出てこないといらいらする。  ー大昔、自分の結婚式で、これだけ食べて母に叱られた。「何も食べるな!」ー

最後まで出すには、新鮮なものを中火くらいで煮る。中まで火が通るくらいにし、長時間煮ない。出すときは、貝の螺旋に沿って、だましだまし、ゆっくりと・・・。貝のてっべんまで、しっかり入っているのですから・・・。

これは、私の経験上です。科学的には、本当かどうか。          写真グロテスクですが、悪しからず!

|

« みゃあらくもん玉手箱 | トップページ | 料理「鶏肉の天ぷら」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

姫ちゃん
ご苦労様。
仕上げ、料理屋さんみたいにきれいですよ。
どんな器に盛り付けたのかな。
可愛い花嫁さんをふと思い浮かべました。
その頃から厳しいお母様…。

投稿: 清姫 | 2010年7月16日 (金) 07時37分

姫さん
ばい貝美味しいですね。煮付けは好きでよく作りますが、刺身は専ら買うばかり。新鮮なものがあったら刺身作ってみます。

投稿: 風子 | 2010年7月16日 (金) 09時08分

清姫さん
出したら縮んでいきます。
一生懸命作った割に、少ないのです。
小さい器に、ちょこちょこと・・・
付け合わせもないし・・・。映像が上手くいかない。
こりこりと、おいしいのです。

「みっともない!」と言うのです。
世間体を気にする人です。

投稿: 姫 | 2010年7月16日 (金) 09時19分

姫さま
こんなのはお店で食べるものと思っていました。いつものようにさすがの姫さま。
それにしても新鮮そうですね。殻は大きいのに食べるところは少ない。殻丸ごと即実ならいいのに。だれか品種改良(?)してください。

投稿: 森のくまさん | 2010年7月16日 (金) 10時18分

風子さん
私も、たま~に買うだけで、作ったのは初めてです。
やりゃ、出来るもんです。

投稿: 姫 | 2010年7月16日 (金) 20時14分

姫様
ばい貝の料理作るのは大変なんですね、美味しそうですね。
 ばいを知ったのは函館でした、あわびのように美味しので驚きました。
高岡にきてからしゃしみ、寿司といろいろあるので、嬉しかったです。
楽しいしょくじですね。

投稿: たくちゃん | 2010年7月16日 (金) 21時49分

森のくまさん
殻が少しでも入ると、気になります。
殻毎食べられたら、便利なのにね。

投稿: 姫 | 2010年7月16日 (金) 22時05分

たくちゃん
若くして、外へ出ていましたからね。
富山にも、昔から、一杯あったのに・・・。
貝類はどれも美味しいです。
出汁も良く出るし・・

投稿: 姫 | 2010年7月16日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/35744064

この記事へのトラックバック一覧です: ばい貝の「さしみ」と「煮付け」:

« みゃあらくもん玉手箱 | トップページ | 料理「鶏肉の天ぷら」 »