« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

第2回女性だけのクラス会

高校のクラスは45名。進学クラスで、女性が10名いた。そのうち県外に住んでいる物が2名。あとは、県内にいるので、昨年、女性だけでクラス会をしようと言うことになった。昔の事とて、男女あまり交流はなく、思いでも違うのである。

場所は、「富山かんぽ」。昨年、1回目の時、〝どこにようか〟と相談を受けたので、「かんぽ」薦めた。すると、誰も行ったことがないとのこと。富山から来る人が、車が無く、ここならバスもあるし、いい所だ。他の人たちにも好評だったので、毎年「かんぽ」で行う事にした。

今年集まったのが、5名。ランチに間に合うように、11:00現地集合。これを世話してくれているのが、通っている歯医者の林さん。私は、相変わらず、時間かっきりに着いた。「定○さんの名前で予約してあると思うのですが・・・」 「定○さんですか。予約はありませんが・・・」とのやりとりをフロントでしていると、三ちゃんが来て「林さんやよ」 

私より遅く来た菅ちゃんが、笑いながら、部屋へ入ってくるなり「定○さんで予約・・・」「予約はありません・・・」とのやりとりをしたとの事。同じ事をしている、この心理はなんだろう。私なんかしょっちゅう行って、林さんと呼んでいるにもかかわらず・・・。無意識に、気持ちは昔に戻っているのでしょうか。

P1180475w640

P1180473w640

今ちゃんが膝が痛くて座れないと椅子持参、私も小さい座椅子持参。昨年来ていたせんべ(川辺・・せんべという渾名)は、旦那さんが亡くなられて、欠席。いろいろ事情を抱えながらもサンデー毎日になった今、こうして同級生と会うのはいいものです。

10:00~16:00。部屋を取って、ランチを食べ、風呂に入り、コーヒーを飲み、簡単料理教室・体・健康などの話をして、・・・。   これで、2740円。女性は、1日遊んでも、安い物です。「また、来年まで元気でいようね」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

メキシコサワギク

植物園で見た「メキシコサワギク

P1180150w640

メキシコサワギク

別名 メキシコタイクンギク

キク科キオン属 花期4~12月

メキシコ原産のつる性植物です。キオン(セネキオ)属の植物は世界に分布し、多肉植物になる仲間があるなど、日本のキオンからは信じられないような形態的ひろがりをもっています

P1180148w640

かわいい花でしょう。キクと聞けば、〝花びらがそうかな〟、と思ったりもします。 キクと言えば可憐な花を想像しますが、色といいゴージャスさといい人目を引きます。

表示に「日本のキオンからは、想像できない・・・」とありましたので、調べてみました。

090805jyosyukion1

蔓ではなさそうです。野菊のような・・・ どこでも見かけるような・・・ 植物園は、日本では、絶対見られない物が見る事ができて、良いところです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

7月の玄関飾り・花 '10

日曜日、久しぶりに、一日中家にいました。土砂降りでしたね。

玄関の飾りや花を変えなきゃと思いながら、落ち着いた時間が無く延び延びになったいました。

P1180509w640

玄関飾りは、6月に飾っていたものの一部を残し、カタツムリにしました。花は、ガクアジサイと隅田の花火です。

P1180513w640

竹の太さが違うものを3つ組み合わせ、止めただけのものですが、大小6種類、手頃な枝を用意しなければいけません。友達の Ku さんの旦那さんが作られたものです。先日、 Ku 夫妻と私たち夫妻で花桃を見に行ったとき、彼女が「お父さん、これ作ってよ。まずは、見本買うから・・・・」  その一つを頂きました。

P1180460w640

紫陽花は、工さんからです。アーモンドの実がなったのを写しに行って貰ってきました。ついでに、「びわ」も貰いました。

玄関の花は、先日、「ゆり園」へ行ってきましたので、「カサブランカ」にしました。

P1180517w640

| | コメント (10) | トラックバック (0)

土岐プレミアムアウトレット

18日 「谷汲山ゆり園」がメインのバスツアー、最後の目的地は、「土岐プレミアムアウトレット」だ。

AUTLET と書いてある店は、高岡文苑堂(本屋)の近くにもある。通る度に、「何を売っている店だろう。でも、私の入る見せてはなさそうだ」と思ってみていた。今度行くところが「アウトレット」だという。清姫さんに聞くより手がない。で、メールで送られてきたのが、

英和辞書では、 outlet: (液体・ガスなどの)出口、排出口。 [商]では、販路、販売代理店、直販店、特約店。結局、百科事典によると、 アウトレットストア: 余剰在庫品やキズものを格安の価格で販売する店。日本では、1993年に第1号店出店し増加している。

「アウトレットで、たくさん買ってきた」と聞いていたが、これで納得した。

P1180428w640

田舎に忽然と現れたすっきり洗練された町並み。

P1180427w640

フードコートを中心に世界の有名店が100店舗ほど、ひしめき合っている。

P1180429w640

雨がしとしと降っているが、アーケードを伝って歩けば濡れないようになっている。清姫さんと案山子山は舞台衣装を、Ka さんはワコールで下着を買っていた。私は何も買うものがないので皆さんにおつきあい。

有名メーカーと言われても、とんと知らない。判ったとしても、0の数が違うのだ。だから、ほとんど外を歩いているか、ベンチに腰掛けて待っていた。まあ・・「フェラガモ」はわかりましたが・・・。日本のメーカーは、知っているのもありましたよ。

P1180430w640

2時間半くらいの滞在で、明るいときに入ったのですが、だんだん暗くなり、一番奥まった所にある噴水に照明が当てられ、幻想的な雰囲気がありました。

私たちが行った日は、雨が降っていたせいかお客さんもまばら。土・日ともなると、あの広い駐車場がいっぱいなるのでしょう。ここだけへ来るツアーもあるそうですから・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タイヤパンク

タイヤがパンクした。長い間、車に乗っているが初めての体験だった。駐車場へ入れるとき、ガタンと衝撃があって、パタパタ音がする。「おかしいなー」と思い、止めてから見ると、前左のタイヤが凹んでいる。

母が、3ヶ月の予定で、リハビリを兼ねて入所した老健施設「きぼう」の駐車場へ入れたときのことである。さっそく、米島モータースの社長さんへ電話した。それで、私は中(「きぼう」)へ・・・。

程なく、今着いたと携帯にかかった。やはり携帯は、便利です。手放せません。

P1180369w640

30度を超した炎天下の中、私が横に立っているだけで、日差しが射すようにきつい中で、タイヤ交換が始まった。

P1180372w640

タイヤというのが、私のスノータイヤ。タイヤを米島さんに預かったいただいて、季節になったら車だけ持っていけばいいので、重宝しています。預けていなければ、タイヤを取りに行って貰うか、車ごとレッカーで運ぶかになり、こんなに早く対応はできない。それも「大変!パンクした!」という、連絡をしただけで、タイヤとビスを用意して駆けつけてもらって・・・。商売、専門というだけでは、すまされない行為に感謝しました。それに、預けて置いて本当によかったと思いました。

P1180373w640

早く曲がりすぎて、歩道の高くなった所に乗り上げたらしい。跡までついていました。タイヤは横の衝撃には弱いのだそうです。この事故は、金曜日。土曜日は行けなくて、日曜日は休み。月曜日には、新しいタイヤと交換してきました。

P1180436w640

その時に頂いた、薔薇の花です。米島さんいつも頂くので、「米バラ」と言っています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

岐阜都ホテルランチ

郡上八幡から岐阜まで、1時間以上の道のり。この分では、ランチは、1時半頃かな。

岐阜都ホテルは、新しそうで立派なホテル。バスで通り抜けたのではっきりではないが、国際交流なんとかともかいてあり、建物の上に、長良川の鵜飼いの船を象ったものが飾りに付いていた。素敵なデザインの建物だったので写真を撮りたいと思ったが、何しろバスはロータリーで玄関横付けだったので、写せなかった。

中の天上にも船の形をした、照明。岐阜は、鵜飼いだからね。

P1180402w640

映画に出てくるような階段。

P1180403w640

ランチはバイキングになっている。種類が多くどれにしょうと迷ってしまう。前菜に選んだのは、くらげ、小鮎、カボチャムース。

P1180405w640

メイン料理は、韓国の焼き肉、海老のフリッター、春巻き、カツ、鶏肉、ポテトサラダ添え

P1180406w640

そして、冷たいスープ 主食はスパゲッティ、ピザ2種、カレー。辛ていと思って野菜も入れた。それでも辛すぎて、残してしまった。

P1180407w640

最後のデザートは、果物にアイスクリームを載せたもの。アイスクリームも自分でいれます。

P1180408w640

氷水を作る機械もありました。ケーキもたくさん種類がありましたが、食べませんでした。というより、食べきれないのです。

盛りつけも、味もよかったですよ。ここは、もう一度行きたいところでした。食べるのに夢中で、他はよく見てきませんでした。今度行ったときは、しっかり取材してきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

郡上八幡

バスツアーで「ゆり園」が魅力で出かけた。何度も行った事のある「郡上八幡」もセットになっているので、抜かす事はできない。

で、今度は、友達が「郡上踊り」を見に行くと言ったので、私は一人行動をした。観光地からはずれ、民家を散歩した。

P1180378w640

昭和を思い起こす家々が立ち並ぶ

P1180377w640

長良川にせり出すようにぎりぎりに建っている。階段は、綺麗な川の恩恵を受けての生活が伺える。

P1180385w640

富山の庄川は、19日鮎解禁だったらしいが、長良川は18日、たくさんの釣り人がいた。

P1180384v640

釣り人の家らしい。ゴムのつなぎとびくが吊ってあった。

P1180388w640

有名な「宗祇水」へは、赤い橋を渡って観光地の反対側入ってきた。宗祇水だけでなく、所々にわき水があり、生活用水として使えるようになっていた。

P1180395w640

サンプル工房レストランなどの店頭に飾る蝋で出来た見本)の店。ビールもサンプルです。本格的な工房は他の所にある。ここでは、体験が可能。

P1180399w640

サンプル工房の近くに、いつも「ねこ」が置物のように座っている小物の店がある。今日は、どうしたのかいない。入って聞いてみると「13歳で亡くなってしまった」とのこと。この猫ちゃんは、2代目。奥からわざわざ連れてきてくれ、しばらく遊んでいた。何も買わなくて、ごめんなさい。ふっと時計を見ると、集合時間の5分前。

急いで帰ったが、オプションで鍾乳洞へ出かけたいた人が遅くなって、駐車場の売店でお土産を見る時間が、たっぷりあった。これから、楽しみにしていたランチに向かう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

篤志の遊び

篤志は、早いもので、もう1歳4ヶ月になりました。上手に歩けるようになり、お散歩が大好きです。人参も大好き。好き嫌い無く何でも食べます。

向こうのお母さんはお料理好きで、一日中台所にいて面倒を見ておられるようです。篤志はおばあちゃんのする事をよく見ていて、鍋が遊び道具になっています。

P1180362w640

台所からを一つずつ運んで、居間のテーブルの上に置きます。それからを取りに行きます。その度に、棚にある鍋を指さして「あー、あー」、こちらは「これ?これ?」と聞き返します。気に入るのがあるまで「あー、あー」の繰り返し。最終的には、全部運ぶのです。鍋と蓋が合わないと癇癪を起こしています。

不思議なことに、陶器の茶碗はそっと置きますが、お椀は投げつけるように置きます。次ぎに鍋を持ってきた場合、お構いなしで置くので、茶碗が落ちます。だから、ほとんど傷物。どれだけ割ったことか。彼の経験の中から、陶器はそっと置き、お椀は荒っぽく扱っても大丈夫だと、会得したのかもしれなません。

篤志の持っているのは絵筆です。必ずこれで底をトントンたたいています。何かを作っているつもりかも知れません。薬の瓶やムヒなどがあると、鍋の上で振っています。多分、塩胡椒のつもりでしょう。最近は、知ってか知らずか、ストックしてあるご飯まで運んできます。

P1180366w640

台所で音がすると思ったら、すり鉢とすりこぎを出して、摺っていました。手つきが様になっているのです。

伝え歩きの頃は、手が届くところのものを出して、まき散らしていましたが、4ヶ月後には、しっかり「ごっこ遊び」をしています。

3歳になったら、包丁を買って持たせようと思っています。上の孫達も、3歳から始めましたから・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

モリアオガエルの卵

工さんから「モリアオガエルが卵を産んだから見に来て・・・」との連絡があった。土曜日、午後訪問した。

P1180437w640

池の上に伸びたもみじの枝に白い綿菓子のようなものが、幾つもぶら下がっていた。水が流れている側溝の上にも・・・。究極は、側溝の脇に生えている草にも・・・。

P1180442w640

卵がたくさんいます。

「モリアオガエル」とは、、、 調べて見ると

生綱無尾目アオガエル科のカエル。日本の固有種である。本州のほとんどすべての都府県に分布するが、四国、九州に確実な産地は知られていない。低地にもいるが、多くは山間部に生息する。背面はほぼ一様に暗緑色、腹面は灰白色。背面に不規則な小赤褐斑(はん)、腹面に小暗斑を散布することがある。指趾(しし)端は膨大して吸盤となり、樹上生活をする。シュレーゲルアオガエルに似るが、大形であること、背面の緑色が濃いこと、虹彩(こうさい)が赤みを帯びることで区別できる。体長は雌で6~9センチメートル、雄で5~7センチメートル。4~6月に池、沼、水田などの水上に張り出した枝や葉の間に産卵するが、水辺に産卵することもある。1匹の雌に数匹の雄が抱接することが多く、産卵と同時に後肢でゼリーをかき混ぜるため、卵塊は白い泡状となる。卵は黄白色で径約3ミリメートル、卵数300~500個。卵塊の表面はやがて黄褐色となり、硬化する。(はい)の発生が進むと内部は液化し、オタマジャクシは下の水面へ落下する。夏の終わりごろに変態し、冬には地中で越冬する。岩手県大揚(おおあげ)沼と福島県平伏(へぶせ)沼のモリアオガエルが国の天然記念物に指定されているほか、県指定の天然記念物も多い。

Moriaogaeru

Moriao3

Moriao4

いろいろな模様、色、形があるようです。写真の他にもありました。工さん宅のは、どれでしょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

谷汲山ゆり園(岐阜)

今月18日(金)お茶の仲間と「谷汲山たにぐみさんゆり園」へ行ってきました。阪急バスツアーです。

パンフの写真では、咲き誇るがぎっしり詰まっています。それに、都ホテルでのおしゃれランチ、日帰りなのに3食つき。値段も手頃、7980円。谷汲山はどこにあるのかも知らないが、綺麗な百合とランチに引かれて、皆さんを誘った。大乗気だったが、日が近づくに従って、体調不良で、2人抜け、結局4人になったしまった。

8:00高岡駅南→砺波駅→郡上八幡→岐阜都ホテル→土岐アウトレット→高岡23:10のコース。

梅雨に入ったが、週間予報では「晴れ」のマークだったのに、ずれ込んで雨の日になってしまった。折り畳みでは駄目だろうとジャンプ傘を持っていった。

P1180416w640

傘を差しての見学。私たちツアーの他には誰もいませんでした。雨の日に好んで来る人はいませんね。ツアー以外は。 咲いている花は少なく、華やかな雰囲気から遠い感じがしました。

P1180418w640

P1180417w640

上を向いて咲くのは「スカシユリ」といい、横を向いて咲くのを「オリエンタル」と一般にいうのだと習いました。これなら、一つずつ覚えなくてもいいので、この呼び方は気に入りました。従って、上の百合は「スカシユリ」となります。

P1180421w640

木立を伐採、整備して、町の人たちが丹誠込めて切り開いた山間に、50種・30万球植えてあるそうです。ずっと奥まであるのですが、皆さん、入り口の方で帰ってしまいます。雨が降って、満開ではないのもありますが、30種のうち少ししか見ていないような気がしました。今年で、17年目だそうです。

「谷汲山」は、有名な「薄墨桜」の近くです。岐阜県の揖斐川。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

朝日 Be 6/19 数独

今日、朝日新聞の数独は、★★★★★だった。

P1180443w640

答、3+5=8 でした。

1日、走り回っていて疲れたので、簡単なものにしました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

料理「ホタテの炊き込み飯」

P1180342w640

乾燥ホタテ貝があったので、「炊き込み飯」にしてみました。

○ ホタテ貝を水に酒をたらしたものに一晩つけておく。その水と一緒にし、堅め設定にする。

○ 出汁と味付けは、昆布・塩・醤油。具は、適宜。今回は、油揚げと椎茸。

よそう(盛りつける)時には、ホタテはほぐれて、形を留めませんが、しっかりホタテの出汁も加わり、美味しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ココスのハンバーグ

写友会(写真展)をしているさなか、愚痴を聞いてもらいたくて、清姫さんと「ココス」で夕食を一緒にした。土曜日ですから、ダイエットの前です。

何周年(よく見ていなかった)記念のお得プランで、100%ビーフハンバーグ570円(怪しいかも)。この頃、注意散漫、物忘れで・・・・。

P1180353w640

熱い鉄板の上に、長方形のハンバーグが・・・。レアに近い状態で出てきた。鉄板が熱いので、このままおいておくと、火が通っていく。 が、丁寧にも、ステンレスの丸い器に入っている黒い物が、熱い石。好みによって、ここでも焼ける。清姫さんも私も、元の状態で充分美味しいのに「これは、面白いね」と、やってみる。ジューと音がする。2度ほどやったが、鉄板で火が通っていくし、面倒なので、そままぱくぱく。

ソースは、デミタスと和風でチョイスできる。私はデミタス、清姫さんは和風で。ソースが少なくて物足りない。清姫さんがいらないと言ったので、いただいた。ご飯・飲み物は別料金。清姫さんが、ドリンクバー100円券を持っていたので、料金的にもお腹も、大満足。

大量生産で〝板状〟に作るのか、のっぺりした感じ。        前に食べたのは

P1090736w640

ソースがたっぷりかかっていて見えにくいですが、〝とぼ〟しにて切ったようにのっぺりしていた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

計るだけダイエット

NHK「ためしてガッテン」で、計るだけダイエットと言うのをやっていた。計るだけで痩せられる・・・! これは、見なければならない。

ここ5~6年、膝が痛い(座るのはできるが、立つときが大変。何かに掴まるか、床に手を付いて四つん這いになってから立っている)。週1で、整形へ通って、時には水を抜き、ヒヤルロン酸の注射を膝に打つ。その注射が痛い。

「清姫さんが、イギリスへ行かないか、といっているけれど・・・」 「行って来ればいいじゃない・・・」 「この膝では、長い間、飛行機に座っていられないから・・・。先生と一緒だったらどこへでも行けるのだけれど・・・」 「一杯注射をもって・・・?」。    ちなみに、清姫さんと先生は同級生です。

先生は「痩せると治る」とおっしゃるが 「先生、そんな難しい事を・・・。先生の力で何とかなりませんか」と返していた。過去何回となく試みたが、必ずリバウンドで元も子もなくしてしまった経験が、そう言わせる。

今度もう一度、奮起してみるか!  

〝まずは、デジタル体重計を買う事〟と言っていたので

P1180308w640

買いました。

朝と夜に計って、記録する用紙はどこに売っているのだろう。第2弾で、また「計るだけダイエット」の番組を見ていたら、nhk「ためしてガッテン!計るだけダイエット」で検索すれば、用紙がインストールできるという。

P1180307w640

両方、用意はできたが始めるタイミングが・・・。 先生は「簡単だよ!食べなきゃいいんだから・・・」と笑いがら言われるが、それが最大の難関。お腹がふくれているときは、ダイエットしなくちゃと思うが、すぐ食べてしまいます。

計っているだけでは、いっこうに成果がないです。それが、今日そのタイミングがありました。朝から忙しく、ご飯を食べる暇もなくあちこち回っていたのです。こんな日は、その割に空腹を感じなかったので、食べたのは夕食だけ。一気に、1Kg減りました。

明日からも頑張るぞ!・・・な~んて、大口をたたいています。今月は、1日バスツアー、女性だけのクラス会、1泊でヨーロッパの会と目白押しなのです。あ~~あ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2000円札

沖縄へ行ったとき、2000円札が普通に使われて、おつりに入っていた。「オー懐かしい」と思い、持ち帰りしまっておいた。忘れてしまっていたが、それが、数日前出てきた。

発行されたのは、確か、小渕内閣の時だったように思います。10年ほど前でしょうか。

P1170722w640

表には、沖縄で見た、首里城の正門「守礼門」が・・・。       特別な思いで、使われているのでしょうね。

P1170723w640

裏には、紫式部が御簾から覗いているカットと、紫式部の「源氏物語」にちなんだ図柄として、「源氏物語絵巻」の鈴虫の場面・・・「冷泉院と光源氏の対座」・・・が描かれているのだそうです。また、文字は、その冒頭に部分だそうです。

発行されたときは、新しもん めくい新しいものが気になる・新しいものが好き)で、一度は手にしましたが、間違いの元だとほとんどの人は銀行に預けました。本土では、見かけなくなりましたね。私も手元にありません(手元に、1~2枚残している人もあるようですが・・・)。あの大量の2000円札、今はどうなっているのでしょう。日本銀行にそのまま眠っているのでしょうか。それとも、廃棄されてしまったのでしょうか。どれだけかかったのか判りませんが、これこそ、税金の無駄遣いでしたね。(えっ 税金でつくるのかな~~?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

imaichi さん100日世界一周の船旅ー3

imaichi さんが、4月6日より「100日世界一周の船旅」に出かけておられます。今日は、その3弾をお届けします。

5月15日 イタリアからスペインに向かっています

Imaichiew640

イタリアで3箇所寄港、観光を終え、パシフィックビーナスは、スペイン(マラガ港)次いでは、ポルトガル(リスボン)と続いて、ヨーロッパ終了です。
写真はイタリア シチリアで、ギリシア野外劇場でのものです。ヨーロッパの歴史を感じます。


5月18日 いよいよ大西洋上です

Imaichidw640

みなさん、こんにちは。
昨日17日は、スペイン・アルハンブラ宮殿を観光しました。アラブの王が築造した由、世界史の再認識しています。
写真は、グラナダ市内から、アルハンブラと、3400Mの山シエラネバタをバックにしてです。緯度は、新潟程度です。いまいち


5月20日 大西洋上をブラジルに進行中

Imaichicv640

みなさん、こんにちは
昨日、19日は、ポルトガル・リスボン市内観光と、ヨーロッパ大陸の最西端ロカ岬に立ちました。「陸尽き、海始まる」と詠んだ詩で有名だそうです。写真は、ロカ岬です。
種子島は、火縄銃が16世紀にポルトガルとの接点です。次は大西洋を渡り、8日後、ブラジルです。  いまいち


5月28日 紅白・歌の祭典

Imaichibw640

みなさん、こんにちは。25日20時10分(2010年に因んで)赤道を通過。
明日28日は、ブラジル・サルバドールに入港し、ブエノスアイレス、リオデジャネイロと、南米を寄港します。 昨夜26日は、船内で紅白 歌の祭典に参加。越中おわら節を唄い、富山県出身の女性4人(偶然乗り合わせた)がバックで踊って私の拙い歌唱を中和してくれました(笑)


6月7日 イグナスの滝 素晴らしい

Imaichiaw640

5日の二日に亘り、イグナスの滝を観光しました。ナイヤガラ以上?の感動で、幅2.7キロは最大とか。落差は70メートル、世界三大瀑布と称されるのが分かります。きょう7日は、夜、リオデジャネロで、サンバを観賞予定です。 気温22度、こちらは、日本の12月の気候、日中時間が短いです。では、また。  いまいち

| | コメント (11) | トラックバック (0)

料理「すすだけのサラダロール」

数ごう高原で「すすだけ」を採ってきたとお裾分けを頂いた。いつもなら、煮物に入れるか、斜め切りにして他の野菜などと一緒に炒めるかしていた。

家にあるものは・・・ 「かふぇふたば」の隣、「業務スーパー」で大量に入っているのを買ってきたサラダ(こんな便利なものがあって、喜んで買ってきた。サラダは、添え物ですが貴結構手間がかかるのです)、香典返しに頂いた海苔(どうしようもないほど溜まっている)、肉じゃがを作ったとき、少し残して置いた牛肉・・・・など。これで何とかならないかな。

P1180312w640              ドーンと、1Kg入りポテトサラダ

P1180313w640

①牛肉を醤油・砂糖・味醂・酒に漬けておく  ②肉をすすだけに巻く ③油を敷いて焼く。火が通った所で、漬け汁を入れ味を絡ませる。(写真は漬け汁を入れる前です)ー肉を巻いてないすすだけに味が染みこんで美味しくなりますー

P1180316w640

④サラダとすすだけ2本(上下交互に入れる)を海苔で巻きます。    ⑤巻きずしのようにきる。

P1180319w640

盛りつけ> サラダロール 肉だけを巻いたもの・すすだけだけのものを斜め切りで半分にし立てかけるようにする。野菜炒めとパプリカを添える。 

この献立の時は、娘もいて、「サラダの代わりにご飯の方がいいのではないか」と言っていたが・・・・。  

私としては、おかずにしたい!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

「葛の会」 「堅香子書道会」

今、私たちは、高岡文化ホールで、写真展をしているが、同級生達もそれぞれの所で展覧会をしている。

葛の会」は、北日本新聞高岡支社。工 春雄さんの作品です。

P1180344w640

左「椿」 右「朝日」 中、知らない人です。

堅香子かたかご書道会展」は、高岡文化ホール3F。

P1180351w640

左、同級生の作品。難しくて何を書いてあるのか判りませんが・・・・・。 右、小澤翠香先生の作品です。小澤先生は、童話「とべないほたる」で有名な小澤昭巳さんの奥さんです。小澤昭巳先生は、私が小学生の時、担任ではなかったのですが、おられましたので知っていましたが、奥さんとここで初めて話をしてきました。

P1180348w640

ろうけつ染めの作品もありました。左、小澤先生  右、同級生のものです。

P1180350w640

元同僚の作品。アイデアが好きでした。

習字は、ほとんど女性の作品です。作品の展示やおもてなしに細やかな心遣いがあります。

P1180352w640

「ひさご」のお盆に先生の手による大伴家持の歌を書いた懐紙にお菓子を添えてあります。これを頂きながら、先生とお話をしてきました。気さくな優しい先生でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

かふぇ ふたば

「ビクトリア」(昨日のブログ)でランチがだめになり、運転手さんに教えてもらった「かふぇ ふたば」へ・・・。

P1180284w640

156号線、後ろが「昭和ノート」の会社。この駐車場を挟んで隣が「業務用スーパー」。五箇山方面に向かっているときは見えないが、帰るときは反対車線になる。この道は、よく通が、レストランがあるとは気にもとめなかった。

出た来たメニューがこれ。2つだけ撮ったが、一つ一つが手作りで、工夫を凝らし、全部違た表紙がついている。

P1180287w640_2 

開くと

P1180285w640   

“今日は何が食べたい気分”のフローチャートがついている。これには、みんな喜んだ。「懐かしいね!フローチャートだって!・・・」「一人に一つメニューが欲しいね」

P1180286w640

ランチメニューの他にも種類が豊富。料理の名前で、どのようなものがでるのか、味も判らないから大騒ぎ。これを見ているだけでも楽しいので、注文が決まらない。

P1180288w640

麦ご飯。学生時代、繊維会社にバイトに行った時、初めて食べた。それ以来の「麦ご飯」、懐かしさが一杯だった。熱いのは美味しいのです。牛乳のスープおかずの名前は忘れてしまいましたが、甘だれの味が、“超んめぇ~”です。売っているものなら、買いたいです。これに、コーヒー(選べる)がついて、1000円だすと、軽く白い玉が、2個帰ってきました。

他にも美味しそうなメニューが、沢山(さわやま)です。今度のランチもここだな!

P1180292w640

もう一ついい所は、若者が多いという事。私たちの他は、すべて若者でした。4ヶ月の赤ちゃんを連れている子もいて、赤ちゃんをだっこさせてもらいました。こんな得点もありますよ。

かふぇ ふたば」 富山県高岡市佐野1390-1  tel 0766-21-2001

| | コメント (12) | トラックバック (0)

第7回 写友会写真展

6月11日~13日(金~日) 高岡文化ホール2Fで、第7回 写友会 写真展が行われます。そのための飾り付けが、今日16:00~ありました。

P1180328w640

間隔を均一にするために、天上からぶら下がっているカンを動かすのに力はいるし、家を見上げるので首は痛くなるし・・・。写真の下を揃えるのに少しのことでかたがるので、微調整が大変でした。

P1180329w640

作品は、45点。出品者15名。一人3点です。よかったら見に来てください。時間帯もありますが、私は毎日出るつもりでいます。

P1180327w640

私の作品は、手前3点です。   左から「古に思いを馳せて」      「緑風に囲まれて」「桃花 静かなり」と題をつけてみました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

結婚式場「ビクトリア」

老健施設を紹介してもらって、申し込みに行った近くに、こんな素敵な建物を見つけた。

P1180282w640_2

そして、門の脇に、このようなプレートが・・・・

P1180283w640

その日は、車を走らせながら、横目で見ると「ランチ」と書いてあるではないか。こんな素敵なところで「ランチが食べられる・・・」。 早速、清姫さんに、電話する。「ビクトリアでしょう。知っているよ。前に、よく行ったよ」。な~んだ! いい所を見つけたと思ったのに・・・。

しかし、彼女はつき合いがいい。快く乗ってくれた。土曜日、お茶の先生が体調を崩され、稽古がなかった。つまり、全員が時間があいたという事になる。午前中、それぞれの仕事を済まし、私が、終わったら、清姫さんに連絡すると、連絡電話のように繋がって、「ビクトリア」集合。最初に着いたのは私、次ぎに清姫さん。なんと、結婚式が行われていた。

P1180279w640

これでは、「ランチどころではないのか・・・」と話していると、従業員と思しき女性とタクシーの運転手さんが話し相手になってくれる。「今日は結婚式が2組もあって、ランチはやっていないのです。今の時期は、土・日、つまっています」と予定表を渡された。休業日もあり、週2回くらいしかランチをやっていないことになる。そうこうしている内に、全員集合した。

それでは、どこに行くか・・・、「運転手さん、いい所知らない?」「僕は、行ったことがないけれど、若い人が美味しいと言っている「かふぇ ふたば」がいいのではないか」と教えて貰って、そこに決めた。

これが、また面白い店だったので、次の機会に、紹介します。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

有礒(ありそ)会

高岡市横田町にある「有礒ありそ神社」。正式には「有礒正八幡宮」という。町のそう大きくもない、この神社を巻くように道があり、正面に、右大臣・左大臣がいる・・・と言えば、誰もが知っている。

P1180296w640

右近の桜、左近の橘というが、垂れ桜・樫の木がある。屋根に蝶のような飾り(何というのか判らない)が、屋根の大きさの割に伸びて、かっこいい姿のように思う。

P1180298w640

この神社で、6日(日)「有礒(ありそ)会」と称する“謡”の会があり、今年初めて出させて貰った。有礒神社に入るのも初めなら、奉納する謡も初めてなので、興味津々。

P1180303w640

拝殿へ上がる階段の脇に、霊水が出る(今は枯れていた)所がある。

P1180302w640

階段の横には、向こうから拝殿に上がるための通路。

P1180304w640

拝殿では、神様に向かって謡い手が、並ぶ。見ているときは、左右と後に座ることになる。朝、9:30から始まり、17:00過ぎまで。私は、11:30ごろ、謡「土蜘(つちぐも)」のワキ。4:00ごろ、連調蓮管で、笛「中の舞」。着物を着て、待っている時間の長かったこと・・・。

終わった後、その場で“なおらい”があった。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

coffee 「おやま」

母が腰骨の圧迫骨折をしてから、1ヶ月。良くなってきたというものの、ベットから起きあがるのに補助がいる。ベットに座ってご飯を食べている途中で休まなくてはならない。病院も長い間置いてくれなので、リハビリを兼ねた施設を捜すのに、奔走している。

私も途中で休憩。伏木でコーヒーが一番美味しいと思っている店は「coffee おやま」。酒屋さんも兼ねている。「けんか山祭」の時は、この店の2Fに上げていただく。見下ろして、のうのうと見学できる。8:00の「かっちゃ」をここから見て、11;00の「かっちゃ」は、下でみる。

P1180260w640

おしゃれな店ではないが、ママもお客さんもよく似た年代の人が集まる。たまに同級生と会う事もあるが、(私は知っている人はいない)皆さん知り合いらしく、いつも和やかで、来ているお客さん全員で話が弾んでいる。

P1180259w640

今日も、お客さんの一人が薔薇を持ってきた。それを、ママも含め携帯で写真を撮っている。僭越ながらアングルなど少しアドバイスしてあげた。緑の薔薇。清楚で綺麗だったので、私も撮らせて貰った。

P1180258w640

天気が良い日だったので、中庭の木々が輝いていた。

P1180248w640

P1180253w640

これから、地域包括のふしき苑へ約束の時間に向かう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

料理「竹の子のオープンサンド」

今年は、竹の子を何度も頂いた。頂いたときは、竹の子飯と竹の子の副食になる。定番のものを何度となく作ったし、今年最後の竹の子なので、目先の変わったものを・・・。

考えたのは、ハンバーグと竹の子を組み合わせる。料理の名前をどうしよう・・・・作りながら考えるがいいのが浮かばない。苦し紛れにつけたのが「竹の子のオープンサンド」。

P1180235w640

作り方> いたって簡単。ハンバーグを作る時の下ごしらえと同じ。合い挽き・玉葱・卵・パン粉・塩胡椒を練り合わせておく。 竹の子は円のまま輪切りにする(裏側から火が通りにくいので、5~7mmくらいに薄く切る)。 肉を竹の子の上に乗せ、焼くとき、肉の方から。厚みを均一に、そして薄くするために、フライパンに押しつけるようにする。

出来上がったものを、半分に切り、切り口を見せるように立てるものと、円のままのもの2個つくる(写真黒くなっているもの・・・何なのか判りませんが)。

P1180242w640

今回使ったソースは「名古屋のみそだれ」。娘婿が、名古屋に出張したとき買ってきてくれたものです。これがまた「どえりゃーうめぇ」のです。お取り寄せしたいほどのものです。

他には、櫛形に切った「竹の子の天ぷら」、「丸ごとオクラの天ぷら」。添え物は、青菜とプチトマト。

竹の子を煮たものは、エグミが残っていても、油で処理するとエグミが消えます。蕗の薹も天ぷらにすると苦みが消えます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

センダイハギ・先代萩

海浜植物園の中庭のプレートに「センダイハギ」とカタカナで書いてある。「センダイハギ」? って「先代萩」。歌舞伎の演目・・・仙台・伊達騒動・・・ 我が子に毒を飲ませて、若君を救った・・・・ それが、どうして植物園に・・・・ その下には、黄色い花が一面に咲いていた。

P1180168w640

よく見ると、まめの花と似ているが、大きく塊になって咲いている。それにしても、蔓ではなく、すくっと立っていて、背は、そんなに高くはない。25~30cmくらいかな。「萩」と言えば、秋の七草の一つで、8月に咲く。季節的にも違っている。

P1180169w640

表示によると

マメ科 センダイハギ属 開花期 5~6月

北海道、本州(中部地方より以北)の海岸の砂地に見られる多年草です。花は、黄色で、ルビナスのように咲いています。

根を張り巡らして大きな群落を作るので、土砂流出防止用に植裁される事もあります。

「センダイハギ」の漢字は・・・「先代萩」 「仙台萩」 「千代(仙台の古い呼び名)萩」・・・かな。と考えていると他の所に「先代萩」と明記されていた。 どう関わりがあるのか ないのか判らないが、重ね合わせてみるのも面白い。寒い所に咲く花だし、事件があったお城の庭にその時、「センダイハギ」が黄色く一面に輝くように咲いていたとか・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

和菓子「あじさい」

P1180191w640

お茶のお稽古の時にでた和菓子「あじさい」です。ゼリーを角切りし花びらに見立てています。青いあじさいもありますが、赤紫が、より「あじさい」らしく見えます。ゼリーが涼しげで、初夏のお茶請けには、最高の演出です。

「紫陽花」と漢字で書くより、ひらかなが優しげでいいかと「あじさい」にしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

氷見海浜植物園とレストラン

何回か、海浜植物園に咲いている花を紹介した。

P1180183w640

4F、船が飛び出したようなガラス張りになっているところが、レストランになっています。下のガラス張りが1年中花が咲くように暖房しています。だから、冬行っても暖かいです。その部分を「グラスチューブ」といい、見取り図では、円の回り、ピンクになった部分。回廊になっています。中グリーン木の書いてある部分は、中庭です。ここにも、たくさんの花が咲いています。ハマナスのあるのも、この中庭です。扇形に飛び出したところは、淡水魚コーナー。

P1180192w640_2 

P1180146w640          グラスチューブ 円形の回廊

P1180142w640

1Fには、植物を描いた商品が多く並んでいます。休憩所もあります。

4Fのレストラン「Blue Kitchen」。今年3月10日 オープンしました。

P1180179w640

展望台も兼ね、晴れた日には、美しい海と海の中からそそり立つ立山連峰を見ることは出来ます(生憎曇り空でしたので、そこは残念でした)。

ランチは、11:30~14:00 メニューは、「氷見ハンバーグ」「ベーコンとほうれん草のスープスパゲッティ」「カニクリームコロッケと海老フライ盛り合わせ」、それぞれに「コーヒー」がついて、850円。氷見カレーは、800円でした。

P1180180w640

味は、どこにでもある特別にどうってことはありません。

200円(5月一杯でした)の入場料で、疲れない程度 2時間ほど花を愛で、コーヒーを飲んで一休みしてくるにはもってこいです。こぢんまりしているところがいいです。中央植物園は大きすぎて疲れます。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

料理「竹の子とすり身焼き」

6月1日、「もう、竹の子はいらない?」と工さんから電話がきた。「いらないわけないでしょう。でも、まだ出るの?」「寒いから、まだあるよ。だけど、これで終わり・・・」というわけで、貰ってきた。

P1180230w640

初めから、載せようと思ったわけではなかったので、行程の写真を撮らなかったのを後悔しました。出来上がってみると、どこに竹の子が入っているのか判りません。

手前の油で焼いたものの中に入っているのです。「竹の子とすり身焼き」と名付けました。

作り方> 竹の子・人参を細かく切り、茹でておく。ボールに、すり身・卵・先ほどの竹の子・人参とつなぎとして餅粉(これがない方がいいかもしれない)、塩を入れ、混ぜる。油をひいて焼く。

もう一つの具は、枝豆(鞘から出して半分に切る)と桜エビが入っています。

竹の子の皮をどうにかして使いたいと思い、器にしてみました。竹の子は、昆布、椎茸、鰹だし(すべて、スティックです)と白だしで煮ています。これを、盛りつけたとき、ちょっと絵になるかな、と思って写真を撮りました。撮れば、載せたくなる。という事で・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

料理「かぶらと人参のソテー」

島尾の Ma さんの家へよったら、「ほうれん草あげようか」というので畑へ付いていく。そして、ほうれん草2種類、サニーレタッス、大根、かぶらとわんさといただいた。それからというもの、青菜に酔ってしまうほど・・・。そんなに料理を知らないので、「おひたし」、「おつゆのみ」、「よごし」・・・・。まだ余る。

ない頭の知恵で考えたのが、「かぶらと人参のソテー

P1180211w640

かぶらは、まだ成長していないので小さいが、皮をむいて、座りよくしておく。人参は、下茹でする。ごま油と天ぷら油を半々にして、軽く塩胡椒をふりかけ、フライパンで焼く。

P1180215w640

鮭は、半解凍でそぎ切りにし、らっきょう酢に漬けておく。

盛りつけ> 人参・かぶらは重ねる。鮭は、巻くように添える。青菜は、かぶらの茎を揃えて切り、彩りとした。黄色いのは、錦糸卵。 ソースは、有り余るほど作り置きしている蕗の薹味噌です。

洋風のソースを作りたいが、作り方を知らないので、材料が揃っていない。朝から、今日何を作ろうと考えている性格でもなく、夕方6:00になってから、手元に材料を見て献立を決める。揃わなければ、入れないか、代替えをする。

大きい白いお皿に、洋風のソースで絵を描くようにすれば、美味しそうに見えるだろうな~・・・ と、その時は思うのだが・・・・。 しかし、どんなに頑張ったって、「美味しい」と言わないまでも「美味しそう」の一つも誰も言わない から・・・。

P1180217w640

で、これが今日の夕食。「カレイのムニエル」と「大根葉のよごし」までついて野菜たっぷりです。 もう一品は、材料を一緒に入れて煮るので、色が悪い・味が混じってしまうと夫に評判のよくない「煮しめ」です。今回は、蓮根を入れたので、もっと色が悪くなりました。私は、美味しい味付けになっていると思っています。夫は、材料を一つずつ煮るものだといい、私は、子供の時から食べているのはこれだから、これが煮しめだといいます。これで、大喧嘩したことがあるのです。

そんな事をしていたら、鍋を山のように使って、朝から夕食の準備をしなけてばなりません。その鍋は、誰が洗って、始末する? わたしはしたくありません。ちょっと、愚痴でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おとぎの森・バラ園 '10

お日様の顔を見たのは何日ぶりでしょう。月曜日の午前中は、勤めに出ましたが、青空なので、午後、お出かけしたい。良い案も思い浮かばず、「おとぎの森のバラ」と「頼成山のしょうぶ」見に行こうといやがる夫を無理に誘って出かける。

P1180197w640

ケアーハウスからの何題もの車を含め、駐車場は満員状態。出る車を待って止める。ゲートをくぐってすぐの蔓薔薇は、満開。見事だった。横にまわれば、大輪、中輪のものがある。蕾をたくさん付け、これからが本番のようだ。

P1180207w640

P1180203w640

P1180206w640

P1180204w640

P1180200w640

蕾の中で、幾つか咲いたばかりの薔薇は、乱れたものがなく整って綺麗でした。写真を撮るなら、今が見ごろかも知れません。しかし、咲いていないものもありましたので、全部を楽しむなら、週末以降がいいかもしれません。

所々で「あやめ」が咲いているのを、見かける。「頼成のしょうぶ」、少しは咲いているのではないかと期待したが、

P1180210w640

こんな状態。青々しているだけだった。「しょうぶ祭」は、6月19・20日(土・日)ですって・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »