« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ひよどり

P1150977w640 昨年の暮れから、すずめにえづけをしながら、“他にいろいろな鳥も来ないかな” と期待して待っていた。

とうとう来ました。昨日初めて、「ひよどり」です。

P1150981w640 実は、今までも 時々庭に遊びにきていてのですが、遠くだったり、葉の影に隠れたりして全身がよく見えませんでした。餌場へ来たのは初めてです。全身を観察したのも初めてです。まだ、一羽だけですが、家族や友達を連れてきてくれれば嬉しいです。

P1150964w640 「ひよどり」が食べている間は、すずめは遠慮しています。飛び立った後、一斉に来ました。

他の種類の鳥がきたり、ひよどりが大勢さんで来たり、変化があったらまたアップします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

頂き物の野菜

定年を迎え、周りでは家庭農園を楽しんでいる友達が多い。しかし、本人に言わせれば「放って置くわけには行かずしかたなくやっている。家族も少なくて、たくさん余る」と作っては持ってきてくださる。

P1150561w640 一人は「人参」。太くて大きく直径8cmはある。買ってきたものだと、煮しめにするには、斜め切りにして切り口を大きくする。しかし、これは輪切りにしても大きすぎるほどだ。一本を何度にも分けて食べる。こんなウマソイ人参は始めてみました。「どうしたらこんなに大きくなるの?」「ほっといたら自然に大きくなっただけ」 砂地なので、のびのび育ったのでしょうか。

P1150883w640 もう一人は「大根」。大根にしては小ぶり。人参より一回り大きいかな。一度に食べるには手頃な大きさだ。使いやすいので、こういうのを頂くのも嬉しい。

P1150886w640 太いところは「ふろふき大根」に。面取りしたのも大切に、何本にも別れている根を千切りにしたのと合わせて、お汁の実にしました。

頂き物は感謝して、すべてを使います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

手品絵本

手品絵本の作り方」を見つけました。昔からあるものなので、知ってはいましたが作り方まで知りませんでした。割と簡単に作れましたので、手順も一緒に載せることにします。

P1150921w640 P1150919w640 P1150920w640 6角形の一枚の紙に3つの絵が現れます。ストーリーを作ってお話絵本になります。

P1150918w640 <あれれ・・・卵が動いています>と、絵を動かし、中央からひっくり返します。<あっ!卵の中からひよこさんが出てきました>ひよこでしばらく遊ばせてから<おやおや・・・いつの間にか、鶏冠がはえて鶏になりました>とまた変えます。きっと、子どもは不思議がって喜ぶでしょう。篤志には早すぎますが・・・・。3歳くらいになったらやってやろうと思います。

P1150913w640P1150912w640 さて、作り方です。正三角形に、山折り、谷折りと交互に折って、正三角形を10個つくります。

P1150917w640

P1150911w640 これを6角形に折るのですが、一つおきに風車のように折り目が上に来るようにします。三角形の①と⑩を糊で貼って出来上がりです。

絵を描きます。3色を一面に塗ってもいいし、○△□でも面白いと思います。お孫さんの居る方は是非作ってみてください。おじいちゃん・おばあちゃんの株が上がります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

寒中の立山連峰

昨日27日(水)、大寒というのに太平洋側並によく晴れましたね。午後、ちょっとした所を何カ所か廻るところがあり、出かけました。その時は、山の上に雲が懸かっていたのですが、用事を済ませて帰る頃には、すっきり晴れ渡っていました。

“それでは!”と立山連峰を見渡せるスポットへ直行。

P1150929w640 P1150928w640 すっきり晴れ渡り、山裾までみえました。山は見えても山裾まですっきりと見える日は滅多にありません。

P1150933w640 P1150931w640 今回は掲示板も写してきましたので、合わせて見てください。私の姿のおまけまでついていますが、あしからず!。

P1150937w640 P1150938w640 しばらく待って、夕日に映える立山も写して来ました。と、言いたいのですが、あまり赤くなりません。実は、これ以上に綺麗なものはお目にかかった事もないのですが・・・

P1150942w640 山岳写真で見る、目が覚めるような赤を期待するのですが、無理なのかしら・・・・?

太陽が沈む方向のは、素敵な雲が浮かんでいました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

こころの風景

これは、同級生の 工 春雄さんが作文教室へ通って最初に書いたもので、文章に対する自分の思いを綴った文です。これから、文章の練習を兼ねて、短編でいろいろな事に自分の思い「こころの風景」シリーズとして書き続けて欲しいと思っています。

        

       文章への夢       工 春雄

文章を書くには、現在の私には問題が多い。

まず、小説なのか随筆なのか。もともと自分の国の文章についてあまり勉強してこなかったし、苦手をしてきた。今更悩んでも遅いのだが、他人出来て自分に出来ないことはないと努力している。

P1150923w640 時々私が書けそうな文章の作家を選んで参考にする。しかし作品の内容や文章は、どれもこれもさすがで、とてもついてはいけない思いをすることが多い。自分の思考を検討したり生活の中で文章となる素材を探したり、観察力を付け感動したことを記録したりする。なかなか実行できない。なにしろ記録しないと、物忘れする年代なのだ。

私には書きたい話が多いのだが、さて文章にしようとするとプツンと切れてしまう。文章にするには、考えた話をどこまでメモしておけばいいか、そこらあたりも分からない。

小説にするには、まず豊富な経験が重要で、取材も必要だろうし、自分なりの工夫やひねりの入れないと軽い文章になってしまう。

文章について考えれば考えるほど難解だ。この道は努力によってどうにもならないことがある、とも聞かされる。もっともそんなに集中して文章を考えてはいない。

努力の問題もあり「ほどほど」も考えなくては。

どうしても書きたい夢の話がある、チャレンジしているので文章教室を続けながら現実に近づけたい。思想のない、感動のない、無味な文章にしたくない。人間の本質に関する問題を文章に出来ないものだろうか。

理想ばかりでなかなか完成しないのが性格と知りながら、続ける事で何かを発見して夢を現実にしたい。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからも、書いたら載せて欲しいとのことですので、よろしくお願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

マイクロファイバー生地

P1150888w640 こんな生地をご存じだろうか。「マイクロファイバー」といいます。繊維の太さが、1デニールデニールはストッキングなどに表示されています)以下の超極細繊維の事をいいます。1デニールは、髪の毛の100分の1。また、細さに加え、繊維断面が鋭角や多角形の形状をしているので、きわめて細かいチリを繊維表面に取り込む性能を持ち、吸水性やクリーニング力、通気性、耐久性に優れています。

P1150889w640

この生地の毛足は、3,5cmあります。我が家では、風呂上がりの足拭きマットに使用しています。肌触りは最高です。水分もよく吸収します。 2枚の写真は色違いですが、同じものです。

今まで、バスタオルの古くなったのを使って、最後に入る者はべたべたでしたが、今は気持ちよく使っています。

メガネをかけておらてる人は、ご存じだと思いますが、買ったときサービスで付いてくるメガネ拭きに使用している布地もマイクロファイバーです。しかし、手が滑って上手く拭くことは難しいです。何回か使っているうちに、いつの間にかなくなっています。毛足のあるこの生地は、使い手がよく、一発で綺麗になります。若草色のは、メガネ拭きに使用しています。

被服科出身なので、新しい繊維(薄いのはありましたが、毛足のあるのは新しい)は、気になります。肌着などこれから伸びる繊維だと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

たかざわ珈琲店

P1150612w640 森のくまさんお薦めの喫茶店「たかざわ」へ行ってきました。前に、くまさんと一緒に行ったとき、定休日だったので残念な思いをした所です。

いつか行きたい思いながら、機会がなかったのですが、婦中へ用事に出かけた帰り寄りました。

P1150613w640 珈琲専門店、それも自家焙煎なので、焼きたて()挽きたてです。だから、とても美味しいのです。ブル-マン(ジャマイカ産)、ブラジル・サントス、スマトラ・マンデソン(インドネシア産)、キリマンジャロ・(タンザニア産)、ガテマラなどありました。「そんな難しいこと言われても判らん!」とおっしゃる人向きには、「コーヒー」と言えば、美味しいブレンドコーヒーがでてきます。もちろん私も「コーヒー」と注文しました。

黒川ですから、周りが竹藪になっていて、目にもいいです。店内には、今流行の空気を綺麗にするという造花胡蝶蘭が飾ってありました。

射水市塚越 自家焙煎 たかざわ珈琲店  Tel 0766-56-3510

| | コメント (20) | トラックバック (0)

金太郎飴

木曜日、謡と能笛を習っている。練習もしないので、遅々として上手くならないが、休まず通っている。

今 練習しているのは、謡の方は龍尚会と芙蓉会に向けて「胡蝶」。笛は、「舞働」「中の舞」「男舞」たまに「早笛」。龍尚会に、「舞働」を「岩舟」の謡いに合わせて吹くことになった。これが、一人で出演する初舞台になる。どうなることやら・・・ 心配だ。

P1150867w640先生の家のテーブルには、常時「飴」が置いてある。今日、置いてあったのは「寅の金太郎飴」。可愛いので一つ食べて、後は貰ってきました。

台紙になっているのは、宝生の謡の本です。雲の模様が特徴です。

P1100202w640 もう 雛あられや雛の金太郎飴など、節分の豆の向かいに並んでいました。これも可愛いので、買ってしまいました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2月玄関飾り・花'10

P1150874v640 P1150876w640 2月の玄関飾りは、「節分」です。つい昨日、カレンダーを新しくしたはずなのに、季節が変わってしまいます。

P1150866w640 鬼の面と豆(福豆)はセットで売っていました。節分コーナーがあって、よりどりみどりです。

春一番に咲く花は、福寿草。春を感じるのもをセットにしてみました。

P1150871v640 玄関の花は、猫柳、椿、水仙、あしらいの草です。寒いときは花は長持ちします。正月に活けた物のなかでも元気なものもあります。

花を生けるのは、難しいです。それに、特に2月は、路地に咲く花の種類がなく、何を活けようかと悩みます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

すずめの雪宿り

P1150645v640P1150806w640  大寒前は、たくさん雪が降りました。この大雪に餌を採るのが大変だろうと毎朝夫が餌をやっている。

雪にもめげず、すすめはやって来て楽しませてくれています。降りしきる中、庭の山茶花の木の下に入って、雪宿りです。寒いので、身体をぷっくりふくらませて、ちょこなんと止まっています。

P1150854v640 P1150850w640 P1150853w640 急に太陽が出て、水滴がきらきら光っています。すずめは、枝に積もった雪の上をぴょんぴょん歩いていました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

社交ダンス新年会'10

P1150813w640 P1150831w640 今年も 14日(金) 社交ダンス新年会に参加した。いつものように、10:00~11:30まで練習した後、同じ万葉福祉センターの和室であった。会員は40名。お世話をする人は大変だったでしょう。

P1150828w640 能力のある人がたくさんいて、今年は「山中さんさ」の民謡に合わせて日本舞踊。せっかく舞台があるのに、物置になっていて背景は綺麗ではありませんが、しっとりと踊りでした。

P1150833w640 P1150843w640 手品が上手な人もいます。 ☆紙を16枚に切ったのに何故かつながってしまっている。 ☆2つ(1ッ個1個ばらばらになっている)のコップに紅白のハンカチを入れます。その上に紙を乗せ、棒を使って持ち上げると宙に浮くのです。お客さんにハンカチを引っ張ってもらうと、浮いたままの状態で抜けます。他にも、4種類の出し物がありました。マジックは何とも不思議なものです。大受けでした。後で一つだけ種明かしをしてもらいましたが、判ったからといって自分で出来はしないのですが・・・。

 昨日20日は「大寒」でした。この日に限って暖かかったですね。  15℃もあったとか。明日から、また崩れるそうですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

飲茶バイキング

昨日、表装体験に行った話を書いた。丁度その日は、今年になって初めての講座の日だったらしく、砺波ロイヤルホテルで昼食を兼ねて、新年会をするとの事。誘われて、参加させていただいた。

P1150786v640 P1150779w640 砺波へは、勤めの関係で1年間通ったことがある。あんなこんなで、風呂だけ入りに行くのも合わせると、結構出入りしている。ホテルの売店も好きだ。

しかし、中華店「蜃気楼」は入ったことがない。時間帯が悪いのか、開いていないことが多かったのです。目付の洋食の所か1Fの喫茶でした。

今回は「飲茶バイキング」。会費1000円だったが、ここへ来てみると1800円になっていた。気がひける。

P1150780v640P1150785v640  種類が多く、少々高いだけのことはあって、どれも美味しかったですよ。主食に炒飯もありましたが、揚げソバにしました。

中国で飲茶料理と出てきたのは、いろいろな種類のシューマイとジャスミン茶だけ。匂いのあるお茶には閉口しました。ここでは、シュウマイは3種ありましたが、中華料理。珈琲もあって、大満足です。

P1150778w640 ホテルの生花です。ホテルと横文字の所には、洋風の活け方が似合います。水仙と千両かな。

帰ってから、また裏打ちの練習をしました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

裏打ち体験

10日(日) ku さんに誘われて、砺波北日本新聞社のカルチャー教室で裏打ち体験をした。

ku さんは、太閤山に住んでいる。どういう計算なのか、伏木から行っても、太閤山を廻っても時間が変わらないと言う。で、太閤山周りで、砺波へ行くことになった。

朝、9:00から始まって、5:00までどれだけいてもいいとの事。体験なので、小物セットでも使って作るのかと思って、身体だけ行った。「何か持ってこられましたか」「・・・!?」

P1150765w640 P1150766w640

私の思いと全然違って、皆さん本格的に取り組んでおられます。掛け軸を作っている人が多いのです。色のはげたところを修正して、作り直している人もいます。

P1150774w640 P1150775w640 体験では、子ども達の作品の裏張りをしました。まずは、板の上にレーヨン紙を置きを吹きます。中の空気を中心から外へ逃がしてぴったり貼り付けます。

P1150770w640P1150771w640 P1150788w640その上に作品を裏返して乗せます。また、霧を吹きかけ空気を抜きます。これが、素人には大変難しい。次に、裏張りに紙を乗せ、上1cm程、糊を付けて固定します。

P1150789w640P1150777w640右図ように開いて、裏張りの紙に糊を付けます。右端にが付いていますが、これが優れものなのです。棒を持って戻しながら、上から順に、刷毛を使い、なでながら空気を抜きます。ここは、案外簡単に出来ました。

P1150790v640 最後に、周りだけ糊を付け(取るとき手がかりに一部糊がありません)、板に貼ります。乾いたら取るのですが、写真を見ると文字がはっきりとしたものと、薄いものがあります。はっきりしたものは、最初に置いたレーヨン紙を取った物です。 はがし、周りを綺麗にカッターで切り落として完成です。

板は、和紙を貼り、柿渋を塗って作られたものです。板も、この教室で作ったということで、皆さん自分専用のものを持っておられました。

一枚目より2枚目、3枚目と要領よく上手に早くできるようになって楽しかったです。習うとなると、月謝3ヶ月(月4回)で、22,800円。始めに、揃える道具と合わせると、5万円以上かかるそうです。高いので迷っています。ku さんは、即、申し込んでいましたが・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

永村幸治演奏会(吉江中)

親戚の永村幸治くんが、富山県南砺市吉江中学校で演奏会を行ったのいうのが、北日本新聞に掲載された。文面は・・・

P1150857w640 夢を待つ大切さ   

金沢の津軽三味線奏者永村幸治さん(25)の演奏会が15日、南砺市吉江中学校で開かれた。中学校時代に受けたいじめから立ち直るきっかけとなった三味線への思いなども語り、生徒に夢や思いやりの心を持つ大切さを伝えた。

永村さんは9歳から三味線を始め、地元を中心に積極的に活動している。4年ほど前からは、少しでも「不登校」がなくなるようにと、小中学校や高校で体験談を交えた演奏会を開いている。

いじめを受けて、自分に自身が持てなくなった当時の心境を告白。「津軽三味線の全国大会で入賞したことで自信を持つことができ、立ち直ることができた」と話した。「自分のやりたいことを見つけてほしい」と呼びかけた。演奏会ではジャズピアニストと共演し「津軽じょんがら節」やオリジナル曲などを披露。全生徒255人が耳を傾けた。

Kouzi1v640 Kouzi2v640 3月20日(土)金沢市民芸術村(金沢市大和町1-1)で、ライブをすることになっています。

津軽三味線奏者吉田兄弟の弟・吉田健一さんがスペシャルゲストです。ドラム、ベース、ピアノ、ギターも加わり、音楽好きな人なら年にかかわらず楽しいライブになること請け合いです。よかったら、観に・聞きに行ってください。

幸治さんは、吉田兄弟とともに「疾風」というグループを作り、同名のCDも出しています。合わせて、聞いてください。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

菓子「御栗タルト」

四国・愛媛に行って来た人から「御栗タルト」をいただいた。ことのほか美味しかったので紹介します。

P1150616w640 P1150679w640 愛媛銘菓「タルト」は、約350年前、松山藩主松平行公により長崎から伝えられた。ポルトガル伝来の姿はジャム入り南蛮菓子。小豆餡を使ったのは殿様の知恵でした。時は流れて昭和50年。ハタダは餡の中に栗を入れた「ハタダ栗タルト」を創作。今でこそ様々なタルトがありますが殿様のレシピを守りつつ新たな味を創製したのはこれが最初です

南蛮菓子、ジャム入りタルトを「ターフェルト」と言ったそうです。

大きな栗が、どこを切っても顔を覗かせます。漉し餡は、甘からず辛からず、和洋折衷の「御栗タルト」は、和菓子好きな人も洋菓子好きな人にも絶賛される味でした。それもそのはず、菓子大博覧会で最高位名誉総裁賞、世界食品コンクールでも数々の賞に輝いています。

愛媛県新居浜市 KKハタダ の製菓です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

レストラン「わはく」

2010年、新年会第一号。お茶の仲間で行った。所は、小杉の「わはく」。射水市の市役所や文化ホール「ラ・ポール」のある通り。通る度(不思議とよく通のだ)に気になっていた。

Wahaku8w640 Wahaku9w640 店が集合しているところで駐車場の広い。9日(土) 総勢7名。今年は雪が多く、除雪が大変なので、急遽 所を変えた新年会に変更した。後で聞いた話、オーナーの名前が「和博」、読み方を変えると「わはく」になるとか。

Wakaku6v640 Wahaku7w640 Wahaku5w640 廊下が畳敷きになっているのが嬉しい。目付の坪庭には、松・千両やねこやなぎの春のしつらえ。床の間には、冬景色の掛け軸、お鏡・南天とネコヤナギをあしらった生け花。春は、特にこういう心遣いが嬉しい。

Wahakuw640 Wahaku2w640 Wahalu4w640 会食膳。八寸、刺身。豆腐ハンバーグ、胡麻豆腐、あげだし。ご飯、汁物、香の物。

Wahaku10v640 Wahaku11w640 美味しかったのとのおしゃべりに夢中で、食べてしまってから写真を撮りました。デザートは、葛餅とデミタス珈琲。デミタスは、物足りない。

「今年もよろしく・・・」 楽しい会でした。

やはり、珈琲が物足りなくて、飲み直そうと「モンブラン」へ。紅茶セット・珈琲セットなど思い思いに頼んだ。

P1150762w640 私はケーキ(モンバナーヌ・意味は判りませんが、メレンゲの中にバナナペーストが入っているのだそうです)と珈琲にしました。「迎春」のチョコプレートが気に入って選びました。甘さは、中くらいかな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

雀の学校給食

  「あらたまの 光を曳きて 雀くる」  久仁子

この句は、お茶の仲間で大先輩の方から頂いた年賀状に添えられていたものです。夫が暮れから雀のえづけをしているので、今ではたくさん来るようになりました。

P1150795w640 P1150798w640 餌場へは、一気に来ません。周りの木や屋根で様子を窺っています。その姿は、まるで童謡「すずめの学校」です。写真を大きくしてみていただくと、とても可愛いです。

初めは、2~5羽くらい来てはすぐに飛び立っていたのですが、今ではこの通り。多いときは、20羽くらいかな。餌場に居る時間も長くなりました。

P1150752v640 P1150759w640 P1150760w640始めた頃は、「こしひかり」精米したものを与えていました。「もったいないの~。パンのみみ混ぜてやるか」。夜なべ仕事で、パンを細かくちぎって、朝起きたら、いそいそとやっています。しかし、雀は賢いのです。米を先に食べるのです。が、一日に何度もやってきますので、いつかはパンも完食します。

もっと増えると、給食の質を落とさなければ・・・。「こめぬか」は、もっと栄養があるからね。

話は違いますが、14日(木)積雪54cmとか。暖冬予報はどこへやら、いやになります。こんな日は、暖か部屋から、窓越しにすずめを眺めています。愛想がいいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

料理「南蛮漬けとたれの再利用」

P1150558w640 隣から釣ってきたと「小鯵」をいただいた。

買ったものは、洗ってあるので表面はすっきりしているのですが、取れたてすぐのものは、ぬるぬるなのです。何度か水(塩水ならベスト)を変えて洗います。洗った水は、黒く濁ります。

P1150565w640 P1150567w640 P1150568w640 水気を拭き、小麦粉をまぶし、唐揚げ(2度揚げ)をする。

I H なので、周りに紙を敷き、跳ねると思ったら上に紙をしばらく置きます( たぶんヒマ子さんだったと思う に 習いました)。初めは、腹の方が上になっていますが、揚がってくると横になります。

P1150607w640 タッパーに、らっきょう酢・醤油・砂糖を混ぜたものを作っておき、熱い内に入れます。すぐに食べられますが、日持ちもします。

食べた後、たれがもったいないので再利用してみました。

大根を薄く切り、塩で水だしをしてから、たれに入れます。鯵と油もだしとなって、再利用の割には美味しかったです。お試しあれ!!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

まめさんのストラップ

P1150596w640P1150599w640  まめさんの携帯に枝豆のストラップがついている。これ以上ぴったりな物はない。

それも中に入っている豆が押さえると出てくる。3個入っているが、真ん中のだけ顔が描いてある。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

キリタンサス

P1150600w640 森のくまさん宅の玄関にいろいろな花が鉢植えになっている。彼女は、小矢部園芸にも通っていてこういうことにも造形が深い。

この花は「キリタンサス」という。とっさに「<桐ダンス>と覚えればいいね」と言った。前に「アガカンサス」を<赤パンパース>と覚えればいいと言った人がいて大笑いをしたことを思い出したからだ。今度も、皆さんが「そうだ、そうだ、ははは・・・<桐ダンス>ね」 とその場は終わった。

帰りがけに、くまさんが「さっきの花の名前は?」と聞いた。<桐ダンス>は出てくるが、本名が出ない。ここでまた一笑いして、「さようなら、いいお年を・・・」で帰った。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

新しい携帯

P1150629w640 12月30日、押し詰まってから携帯を新しくした。少し前に、au から料金が安くなるお知らせが届いていた。PCの電源が甘くなり、充電しなくなったので、ヤマダ電機へ買いに行ったついでに、au のコーナーで相談したら、携帯を新しくした人のみの適用だそうだ。その日は、約束があり時間がない。明日、改めて出かけていった。

今まで基本料金を2、025円払っていた。新しくすると、980円になるという。私は携帯の電話機能だけしか使っていない。初めて買ったときは、メールも付けていたが周りでだれもする人がいないく、2年ほど付けていたが、取ってしまってからそれもしていない。写真は、常にカメラを持ち歩いている。

だから最低の7,520円のにした。ポイント2,000円あったので、5,520円。しかし、1ヶ月は、EZwed と保証を付けなければならないという。それぞれに315円かかる。が、7~8ヶ月すると元が取れる。

なぜ、押し詰まってから急いだか。その月に一日でも引っかかっていれば、その月から割引が受けられる。デザインも代わり映えがしないが、少しでもね・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

縁起物のパッケージ

P1150673w640 娘が新年の挨拶だと言って、篤志を連れて夫婦でやってきた。持ってきたのが、このパッケージに入ったお菓子。

お獅子」と「だるまさん」。

京都・清閑院菓子舗の物。  12月下旬から正月までしか作らない期間限定商品だそうです。

P1150741w640 P1150746w640 獅子は、やわらかい餅で胡麻餡を包み新挽粉をまぶした物が、7個入っていました。

だるまは、漉し餡の水ようかんで、5個入っていました。

美味しかったかと問われれば、美味しかったです。しかし、京都のお菓子で特別かと問われれば、普通です。パッケージは、面白いので、何かに使えるかと、お獅子のだけ引き出しにしまいました。だるまさんのは、知らない間に捨てられてしまいましたので・・・

| | コメント (7) | トラックバック (1)

篤志と天神様

P1150711v640 4日(月)伏木神社から、お払い来られました。いつもより、早く来られ準備が出来ていなくて、大わらわでした。祝詞をあげていただいている間、お灯明をつけるのを忘れていました。

私と夫、かしこまって幣束でお払い受けました。初体験です。今まで家に居たことがなくあなた任せでした。

P1150729w640 P1150725w640 天神様の前で、篤志の記念写真を撮ろうと大奮闘です。座布団の上に座らせようとするが、じっとしていません。はいはいで部屋の中じゅう走り回ります。追いかけると喜んでよけい激しくなります。

P1150739v640 ついに最終手段、お菓子を持たせて座らせ、パチリ。口に手があるか、下を向いているか、口に何か付いているか、この写真で一番いいのです。篤志に気を取られて天神様の顔がありませんし、掛け軸が傾いてしまいましたが・・・・。

向こうの家では、「天神様はいらない」と言われましたので、娘にお金で持たせました(富山では、男の子が産まれたら嫁の里から天神様を贈ります。お舅・姑さんは、ここで育った人ではないので、付け届けはいっさいいらないといわれます。私たちとしては、願ったり適ったりです)。

鏡餅の飾り、今年は、種分け作業で簡単にしました。ゆずり葉さえあれば、昔ながらの飾りになったのですが・・・。今は、扇や水引などついて都会風になっています。TV学習でしょう、土地独特の風習が失われつつありますね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

手作り年賀状 '10

今年も沢山の年賀状が来ました。それぞれ工夫を凝らし、1つとして同じ物がないです。

届いた物から、手作り年賀状を紹介します。手作りとはどこまでの範囲を言うのでしょうか。  ①すべて自分で書いている  ②自分の絵を印刷して書き添える ③絵に色を挿す ④自分の写した写真を挿入 ⑤PCに入っている絵や文字を組み合わせる  今回は①~③のものです。

P1150690v640 P1150681w640 P1150705w640 上段は、版画で、一枚一枚色を合わせて刷っています。

下段左は版画(左・・② 右・・①)        中は、左・・② 右・・②③ 右は、左・・① 右・・②  になっています。 

P1150686w640 P1150689w640 P1150696w640 P1150683w640  P1150701w640 P1150693w640

画家・・・・今井玄花、佐野正人、道吉勝重氏、友達のものです。

手作りをする人は、一言書き添えてありました。

こういう賀状は、貰って嬉しいものです。と、思うので、今までは手書きで簡単な賀状を作ってしまいました。最も、こんなに上手くはいかないのですが・・・。

しかし、今年おせおせになってプリンターでやってしました。あっという間に出来てしまって、、、、。こんなに簡単に出来ると、来年の年賀状頑張れるか心配です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

すずめと遊ぶ

我ときて 遊べや 親のない雀」 一茶

暮れから夫は雀の餌づけをしている。

P1150669w640 P1150507w640 庭に台を置き、ざるに米を少し入れておく。雀は用心深く、2日間は寄りつかなかった。3日目にようやく餌場へやって来た。ガラス越しに観察する。嬉しくなって写真を撮ろうとカメラに手を伸ばした途端、さっと飛び立ってしまった。

P1150676w640 P1150502w640 P1150500w640 餌があると判ったすずめは、1時間もすると戻ってきて、餌場の近くで、三々五々様子見をしている。

よく確かめてから、まず1羽。また確かめて寄ってくる。しかし、落ち着かない様子で、わずか居ただけで飛び立ってしまう。それを何度も何度も繰り返し、米はなくなった。明日またね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

映画「アバター」

P1150625v640 同作は、地球から5光年離れた神秘の星パンドラで、自らの分身となる“アバター”を操る青年ジェイクサム・ワーシントン)と星の住民ナヴィ族との交流や、鉱物資源を巡って巻き起こる地球とパンドラの戦いを、最新のデジタル3D技術を導入して描いたSF超大作。日本を除く世界各国で18日に公開され、106カ国で初登場ナンバーワンを獲得しており、続編やリメイクではないオリジナル作品としては最高記録となる、公開3日間で世界興収2億ドル突破の大ヒットを樹立した

上記は、インターネットから拾ったものです。

P1150622w640 この映画は、『タイタニック』の監督 最新作で 3D だ。見たいと思っていたので、清姫さんに「アバター」って日本語で何?と聞いていた。「チラシから見ると怖いのじゃないの」と言ったが、無理に承諾させたかな。

館内は、ほとんど若い人ばかり、中から後ろはほぼ満席となっていた。3D なので、メガネを300円で借りる。

Sl_thumb_img_3340891 “アバター”は、どのような分身(クロンではない分身とは)になるのか。神秘の星とは。住民ナヴィ族の姿とは。どこにも写真がなく興味津々だった。正に、神秘の星としての存在の演出だった。

姿は人間と同じだが、細くすらりとしている。コマーシャルなどでアニメが人間と変わらないくらいスムーズになった。あの動きだと思って貰えればいい。顔は特殊メイクで鼻が平らで大きくなっている。PCで加工するのだろうが、どのようにするのか一度見てみたいものだ。神秘の星は、ダイオードをふんだんに使い(そんな感じ)、まばゆいばかり。ディズニーの夜のパレードのように華やかで、おとぎの森だった。

3D なので、画面から飛び出してきて、その中に入り込んでしまう臨場感がある。3D初期作なのでまだ改良の余地はあるように思う(まだまだ中に入っていく感じが強くなるものになっていく)。

展開するストーリーとしては「お約束」のようなものだが、とても楽しい映画です。私としては、映画技術の最先端を行くものとして、チェックしておきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

'09年 紅白歌合戦と龍馬伝

紅白歌合戦を熱心に見なくなって久しい。と言っても、小林幸子さんの衣装(装置)だけは見逃せません。P1150649w640 P1150650w640 P1150651w640 P1150652w640 P1150654w640 P1150655w640

今年も驚きでした。さっちゃんの手のひらにさっちゃんがいる。3番目の映像が出たときには「ウオー」と歓声が上がっていました。西田敏行さん拝んでいて、笑ってしまいました。

美川憲一のバックは気の毒でした。おちゃらけで見るに耐えませんでした。本人が全面的に承知していたか疑問です。しかし、ここは視聴率高かったそうですよ。

P1150657w640 P1150659w640 P1150664w640 P1150665w640 P1150660w640 P1150667w640 ’10年度の大河ドラマ「龍馬伝」盛んに宣伝していました。お母さん役の草刈民代さん素敵でした。もちろん、福山雅治さんは毎年何故出ないかと不思議に思っている人でした。俳優として映画出演も多いです。今回は、長崎グラバー邸からの中継でした。

スマップのマイケル・ジャクソンダンスよかったですね。改めて、ファンになってしまいました。

3日(日)から、「龍馬伝」が始まりました。子ども(子役もよかったです)から成人まで展開が早かったですね。名場面がありました。「必ず変わる日が来る」と岩崎弥太郎(香川照之)に語りかける、懇親の演技でした。身分がものをいう土佐藩の気質もよく描かれ、母から受けた体験から「いさかいでは物事は変わらない」「身分などない、誰もが対等な世の中がきっと来る」と言う龍馬の信念。理不尽な生活の中で培われたものだとわかった。「龍馬伝」1回目は、大変面白かった。これからも期待できます。

| | コメント (12) | トラックバック (3)

小説「1Q84」

P1150585w640「1Q84」< ichi-kyu-hachi-yon>。村上春樹氏の小説。TVのニュースで各国で翻訳されて、大変人気なのだそうだ。中国で店頭に並ぶのを待っていたたくさんの若者が、買い求める姿が映し出されていた。

そんなに人気ならば、読んでみようか。上下逢わせて1000ページ以上ある。

青豆」と「天吾」の章が変わりばんこ(交代交代)に出てくる。「青豆」は、整体のインストラクターをしながら、必殺仕事人を生業としている。「天吾」は、塾で数学の先生をしながら小説家(自分の本は出版していない)でもある。ある日、17歳の「ふかえり(深田絵里子)」の書いた小説「空気なぎさ」をよりよいものにするために書き直しを依頼される。

何の繋がりもないように思える2人は読み進めて行くうちに、小学校の同級生で「青豆」は<証人会>という宗教団体に属していていじめにあっていた。「天吾」は一度だけかばったことがあった。この出来事で現在もどこかで引かれあっている事が判ってくる。

「空気さなぎ」をキーワードとして、2つ月が見える・リトルピープルが騒ぐとよからぬ事が起きる。「青豆」が成人して逢ってもいない「天吾」のためにすることとは・・。「空気さなぎ」とは何か最後に締めくくる。

内容は深いとは思わない。同じ事の繰り返しが多く、長編の割には、展開に乏しい。また、展開の中で出てきた重要な位置を占めると思われる人物の落とし所がなく、尻切れトンボになっていた。といいながらも、最後まで読んでしまった。

若い人には、ファンタジックでふわ~として捕らえ所がないものに人気があるのですね。この小説のどこに引かれるのでしょうか。同じファンタジックでも、「ハリー・ポッター」なら夢中になれるのだが・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

美女の会 '09

美女の会」 <自分が美女だと思う人は、誰でも会員になれる>と森のくまさんがいう。だとしたら、私も充分資格がある。

P1150581v640P1150579v640P1150578v640暮れの27日(日)くまさん宅であった。くまさん宅はお寺です。それも、道路整備のため幼稚園だったところにうつられました。だから、一部屋が大きいのです。今回集まった美女は7名。

P1150575w640 P1150577w640 まずは、「絵手紙」。花は皆さんの持ち寄り。不得意な私と清姫さんは、まわりでうろうろ、口で応援をおくる。

絵手紙を描く人の所へは、絵手紙が集まる。玄関には、届いた絵手紙がぎっしりはってあった。

P1150587w640  その後は、くまさんお手製の「黒豆おこわ」会員の自慢の漬け物などで おやつタイム。年に一度会う人、数回しか会わない人がいて、楽しく話が弾む。

P1150592w640 一息ついた後は、腹ごなしにくまさんのピアノに合わせて合唱。「若者達」「小さい秋」「秋桜」「花」などを歌った。合唱団に入っている人が何人もいるので、すぐ2部合唱になる。私は、去年ここで歌って以来初めて歌う。歌ったと言っても、平生歌ったことがないので声が出ない。それでも、結構楽しかった。特に、「秋桜」がよかった。

P1150594w640P1150610w640 次は、お菓子と珈琲で2回目のおやつタイム。こんな時は、面白い本の紹介や交換がある。とても売れているという「1Q84」をくまさんから借りていた。持っていって、次に読みたい人に渡す。次々に読みたい人がいて順番をきめる。

柚子を持ってきてくれる人がいて、こんなに沢山頂きました。また柚子味噌を作ろうかな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

1月の玄関飾り・花

P1150634v640 P1150638v640 お正月の壁掛けは、使い回しです。玄関の外にある注連飾りは、毎年新しくしています。下に置いてある門松は新しい物ですよ。

「どんなところに飾っているの?」と何度か聞かれたことがありますので、全体像も載せました。こぢんまりしています。

P1150632v640 P1150639v640 花は、松竹梅・水仙・南天・つばきなどです。これは、玄関の正面になっています。器は蹲い、中にはずいぶん前に紹介しました「傘立て」が入っています。便利です。

今年も、工さんから沢山の花を頂きましたので、家中花だらけになっています。

P1150641v640 これは、いつもの位置(玄関の右)においている物です。

垂れ下がっているのは、松です。葉が三葉になっているのです。「三葉松」と言うのではないかと夫はいうのですが・・・? 

南天と梅・白椿をあしらいました。

P1150626v640 P1150627v640 門松です。近所にまめな人がおらてます。ここ三年、毎年作ってくださいます。だから、我が町内(班)は同じ物を飾っています。

南天・・難が転じて福となる・・難があれば玄関で戻ってくれますように・・・  今年もいいことがたくさんなりますように・・・・

今年もよろしく・・・heart04

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年 元旦

P1150572v640 あけまして おめでとうございます

      A Happy New Year

昨年はいろいろお世話になりありがとうございました。感謝の気持ちで、日々の生活の中から、ブログを綴っています。よかったら見て頂いたら嬉しいです。今年もよろしくお願いします。

                         2010年 元旦

メロウの皆様には、この賀状で挨拶に代えさせていただいました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »