« 和菓子「柿」2点 <ら> | トップページ | 喫茶「いっぷく庵」 »

料理「栗ご飯」

我が家の裏庭に栗の木が一本あります。裏庭とかっこよく言っていますが、我が家の土地ではないのです。だから、誰でも取っていきます。近所でいつも取る人が暗黙の了解でした。下にシートまで敷いてあったのです。今年は、取っていかれる気配がなかったので我が家でいただきました。

P1140355w640 「 ぱんぱん栗」 娘と分け、取り分13個。「栗ご飯」を作ろうと、皮を剥いて、渋皮を剥いて(皮と渋皮を・・と、一気に書きたくないほど手が痛くなり大変だった)30分もかかってしまいました。簡単に剥ける方法ないですかね。3合の米に昆布・塩・栗を入れて炊き込みます。

P1140361w640 青菜は、夫が作った「サンチュ」。隠れていますが小松菜・トマト・ポーク。刺身・味噌汁・デザートの水島柿の夕食膳でした。セット物に比べれば、色が白く(セット物は着色してあるらしい)、あっさりした味に仕上がりました。栗の食感も違っていました。

|

« 和菓子「柿」2点 <ら> | トップページ | 喫茶「いっぷく庵」 »

季節の食材」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

姫さん
栗の皮、いい方法がないものですか?
しかし苦労のし甲斐あって、おいしそう!
これで晩酌、いいねー^o^

   imaichi

投稿: imaichi | 2009年10月21日 (水) 06時04分

いまいちさん
そうなんですよ。
綺麗に剥くためには、厚く剥かなければいけません。
そうすると栗が小さくなってしまいます。
少ししかないのに・・

投稿: 姫 | 2009年10月21日 (水) 09時43分

姫さま
素敵なご膳です。
我が家と大違い。今朝はわたしは味噌汁をかけて「ねこまんま」、夫さんは年がら年中
朝は「生卵」1個、ぶっ掛けご飯。
夜のデイナーも「一汁一菜」に近い。

投稿: 森のくまさん | 2009年10月21日 (水) 12時10分

森のくまさん
我が家だっていろいろあります。
残り物の時も、既製品の時も・・・。

投稿: 姫 | 2009年10月21日 (水) 15時30分

姫ちゃん
大きな栗の栗ごはんで食べ応えがありますね。
色も味も違うのが家庭料理。
さっそくデザートは水島柿。
みなさんさぞ喜ばれたことでしょう。

投稿: | 2009年10月21日 (水) 16時57分

清姫さん
数が少なくても、大きかったので存在感はありました。
誰も「美味しかった」と言わないのが我が家です。

投稿: 姫 | 2009年10月21日 (水) 18時53分

姫さん
手作りの味に勝るものは無いですよ。
昨年までは子供に季節の物を手作りしてやりたいと思いせっせと栗の皮をむきましたが今年は夫がそんなに好きでないこともありまだ作っていません。でも一度は作らないと!

投稿: 風子 | 2009年10月21日 (水) 21時22分

風子さん
頑張っているのですね。
我が家は、知ってか知らずか、です。
その変わり、どちらも黙って食べます。
お母さんの背中を見て育った娘さんも今頃頑張っておられるかも知れませんね。

投稿: 姫 | 2009年10月22日 (木) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/31855722

この記事へのトラックバック一覧です: 料理「栗ご飯」:

» 季節料理の紹介(栗とじゃが芋のサラダ)・(栗・地鶏・豆腐の炒めもの) [ひもん家]
『ひもん家』季節料理の紹介です。 ・『栗とじゃが芋のサラダ』 840円 ※栗と胡 [続きを読む]

受信: 2009年11月13日 (金) 11時45分

« 和菓子「柿」2点 <ら> | トップページ | 喫茶「いっぷく庵」 »