« 料理「じゃがいものスープ」 | トップページ | 高岡の七夕'09 »

名水赤卵と海苔だんだん

お茶の所で、156号線、ひかりヶ丘病院の裏側に「ひかりがま」と言う所があり、そこの名水で育てている鶏の卵の話が、清姫さんから出て話題になっていた。A さんも、その卵を愛用しているという。私は、その道をよく通ので、卵の自動販売機が置いてあるのだけは知っていた。あとの人は、知らないようでした。

Dsc_0143w540 先日、A さんより、私が留守をしている間に、この「名水赤卵」が届いた。それも、お手紙つきで・・・・

<これが先日清姫さんが話していた「ひかりがまの赤たまご」です。今日、ついでがあったので、買ってきました。ちょっと食べてみて・・。おいしいと言っても、たまごたまごや・・! 鶏肉の味はしません。 黄身が赤すぎて、イヤだという人もいます>

Dsc_0211w540 割ってみると、こんな感じ。黄身は、まん丸で赤身をおびている。卵白は、ダラーッとならず盛り上がっている。いかにも新鮮。スーパーに「イセのたまご」はあっても、この卵は売っていません。

我が家は IH なので、出汁巻き卵はできません。つまり、四角いフライパンは使えないと言うことです。丸いフライパンで出汁巻き卵を作りたい。

取りあえず、卵にだし汁・調味料を加え、ほぐしておく。「鶏肉の味はしません」と書いてあったので、鶏のミンチに味付けして、炒めて卵に混ぜ、準備完了。

Dsc_0219w540フライパンに油を敷き、よく熱してから、卵をしゃもじですくって入れる(鶏肉が沈んでいる)。海苔をのせる。いったん、上げて、2枚目も同様に焼く。3枚、4枚も同様に焼きながら重ねていく。point 熱い内に重ねないと、くっつかない。

Dsc_0220w540最後のができたら、まとめて、もう一度フライパンに戻す。形を整え、さめるのを待つ。 切り分けて、海苔だんだんが見えるように盛る。できあがったものは、出汁巻きではなく、出汁重ねと言ったところでしょうか。

通常の出汁巻き卵は、フライパンの中で作業をしますので、卵が柔らかくてもいいのですが、この場合は、外に出しますので、柔らかすぎると作業しにくとおもいます。

|

« 料理「じゃがいものスープ」 | トップページ | 高岡の七夕'09 »

料理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

姫さん
名水たまご、って知らなかったね。
この料理、なかなか手の込んだ作業の
よう。家族もお喜びだったことでしょう。

     imaichi

投稿: imaichi | 2009年8月 7日 (金) 05時50分

姫ちゃん
いかにもAさんらしいお手紙で笑ってしまいましたよ。
丸いフライパンで頑張りましたね。
味はいかが?私は、ブログにも書いたけど息子に
送っただけです。一度食べてみたい。
「ひかりがま農園」はちょっと遠くて。
「らんま」の傍のJAにあるか覗いてみます。

投稿: 清姫 | 2009年8月 7日 (金) 08時11分

卵6個で重ね焼き。調理に手間も時間もかかっています。(がんばっていますね。)
出汁卵ミルフィーユってかんじ。
くっつかないときはマヨネーズをノリ代わりにつかえます。
海苔の風味が届きそうです。
殻の赤い卵はおいしいですよね。

投稿: 笛子 | 2009年8月 7日 (金) 08時16分

imaichiさん
私も初めて食べました。頂き物だから・・
知っていても、わざわざは行きません。

投稿: 姫 | 2009年8月 7日 (金) 15時24分

清姫さん
手紙が面白かったので、載せました。出汁巻きは、付録です。
味 ですか。料理の味付けで決まりますので、何とも言えません。
卵かけご飯が、一番分かるのだと思いますが・・
「らんま」の隣にあると、少しは近くで都合がいいかも・・・

投稿: 姫 | 2009年8月 7日 (金) 15時30分

笛ちゃん
ミルフィーユ そんな繊細で高級なものではありませんが、言い得て妙です。
マヨネーズに、そんな働きがあるのですか。
卵とマヨは、合いますね。くっついても、マヨ入りが、美味しいかも・・
私のブログは、あなたと清姫さんに助けられて書いています。
ありがと。 これからもよろしく・・・。

投稿: 姫 | 2009年8月 7日 (金) 15時36分

姫さま
わたしも昨日「なんとかかんとか卵」をもらいました。先ず朝はご飯にぶっかけ卵で食べました。
おいしかったし、海苔たまごサンドは美しく
美味しそうですが、らくな「炒り卵」にします。
せっかくのブログ卵、目の保養でした。

投稿: 森のくまさん | 2009年8月 7日 (金) 16時26分

姫様
海苔だんだんの卵焼き、きれいでおいしそうですね。
いつも、ひと手間加えて作られるお料理、
私も見習わなくては・・・。
佐野の農産物直売所で売っているのが、
確か「名水赤卵」だったと思いますが?
お値段は高いですね。

投稿: ヒマ子 | 2009年8月 7日 (金) 17時49分

森のくまさん
割ってみるといかにも美味しそうです。
生卵で食べると、おいしさが確実に分かりますね。
口の中には入れば、いっしょです。

投稿: 姫 | 2009年8月 7日 (金) 23時31分

ヒマ子さん
清姫さんが、言っている農協に、やはりあるのですね。
いつもあるものを何とかしているので、大したことはしていません。
カタカナの料理、自由に操られれば、もっとレパートリーが広がるのですが・・・

投稿: 姫 | 2009年8月 7日 (金) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/30862279

この記事へのトラックバック一覧です: 名水赤卵と海苔だんだん:

« 料理「じゃがいものスープ」 | トップページ | 高岡の七夕'09 »