« ヨーロッパの会 '09 | トップページ | 原 信夫と♯&♭ »

映画「剣岳ー点の記ー」

1日、やっと「剣岳」を観る時間が取れた。ブログに、感想が次々書かれている。早く観たいと思っていた。座席はほぼ満員(さすがに、観にくい前の方は空いていたが)。「おくりびと」効果かも・・・。映画って面白い!と思った人が、来ているのかも知れない。

P1120491v480 「記録映画のようだった・・・」と、感想を述べている人がいたが、私は、やはり、「映画」だと思った。四季折々、200日。何十人何百人、撮影隊とスタッフ(衣装・メーク・大道具・小道具さんなど)が、登ったり降りたりしたのだろう。また、多くの機材(撮影機材・大型扇風機・乾燥機など)を運ばなくてはいけない。ヘリで運んだにしても、現場まで人力だろう。厳寒 -40度の世界。バッテリーは、すぐに切れてしまうだろう・・といらぬ心配までしてしまった。

猛吹雪の中、道を見失ってしまう場面やテントが吹きとがされそうになる場面などは、大型扇風機の出番(実際そののような所では、撮影不可能)。雪崩や信(松田龍平)が、崖から転落する場面は、入念な調査と準備が、必要。

どちらにしても、蓑や藁靴で山を歩く撮影に挑む。<どれだけ想像しても、-40度の世界は分からない。業務用冷凍室が、その温度だそうな> 演技している方も、撮影している方も、待っている方もその環境の中に身を置く。大変なことだ。好きでなければ、やっていられないだろう。

四季の山の美しさはすばらしい(が、カメラ雑誌に出ているような、特異な日の息をのむような美しさはなかった。200日いても、滅多に出会えるものではないという事)。浅野忠信もいいが、案内役の香川照之(宇治長次郎)がいい。演技もさることながら、宇治長次郎もいい。心打たれるものがあった。

   ー決して名誉のためでもなく、利のためででもない。仕事に誇りを持って挑む男たち。いま、わたしたちが失いつつある、日本人の心の物語であるー

|

« ヨーロッパの会 '09 | トップページ | 原 信夫と♯&♭ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

姫ちゃん
やはり!さすがぁ!です。
yahooの感想を読み、少し腹が立っていたのです。
木村大作監督の強い意志に、出る人も見る人も引っ張られるのです。
宇治長次郎の資料展をやってるそうですね。
「長次郎谷」の名は、彼に由来するそうです。

投稿: 清姫 | 2009年7月 6日 (月) 05時58分

姫さん
早くでもないか、もう観られましたか。
そのうち、その内が、遅れています。
観甲斐ありそう、私も期待してます。

   imaichi

投稿: imaichi | 2009年7月 6日 (月) 06時08分

姫様
やはり、姫様の解説はすばらしい!!。
同感です。もう一度、観たいと思っています。

投稿: ヒマ子 | 2009年7月 6日 (月) 09時06分

清姫さん
よく調べていますね。
私は、全然観ていません。
人のを観ると、惑わされそうです。
自分の感性だけで書いています。

投稿: 姫 | 2009年7月 6日 (月) 09時12分

いまいちさん
時間より早くいかなと、チケット取れませんよ。

投稿: 姫 | 2009年7月 6日 (月) 09時15分

ヒマ子さん
何人もの人が、すでに書いておられたので、どこに焦点を絞って書こうかと考えました。
今は、あしくら寺の、佐伯さんがガイドを勤めておられましたね。そんなところにも、歴史を感じます。
もう一度、観るとすれば、地形を研究し、共に登る気分を味わうのが、いいかも・・

投稿: 姫 | 2009年7月 6日 (月) 09時26分

姫さんの感想を読ませて頂き、あの映画のの凄さを再現させて頂きました。
「日本人の心の物語である」というところにジーンときました。

投稿: ヒマジン | 2009年7月 6日 (月) 11時18分

ヒマジンさん
長次郎の台詞に涙していまいました。
自分の分をわきまえ、力の限り、淡々とこなしていく。
今は、自分をアピールする時代。長次郎の持つ心は、忘れ去られようとしています。

投稿: 姫 | 2009年7月 6日 (月) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/30424990

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「剣岳ー点の記ー」:

» 「スジ」で逮捕の後藤麻衣が東京都議選に [「スジ」で逮捕の後藤麻衣が東京都議選に]
スジが見えすぎで逮捕された後藤麻衣が、東京都議選に出馬! [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 08時03分

» おくりびとインフォメーション [おくりびとインフォメーション]
おくりびとに関する情報サイトです。 よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 14時32分

« ヨーロッパの会 '09 | トップページ | 原 信夫と♯&♭ »