« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

料理「蒸し茄子」

茄子と胡瓜。毎日、どうしようかと悩みます。

焼き茄子も作りました。 が、皮を剥くのが面倒です。 茹でると、水っぽくなります。絞って、胡麻味噌和えにもしました。 蒸したらいいのではないかと思いたち「蒸し茄子」を作ってみました。

P1120725w540茄子を2つ割にし、縞模様になるように、皮を剥きます(全部剥いてもいいのですが、残した方が色合いがいいと思います)。蒸し器で蒸します写真は、蒸し器が大きいし面倒なのでフライパンに蒸し器の部品を入れて蒸しています)。

P1120736w540 手持ちの味噌をかけます(写真は、味噌・砂糖・味醂・胡麻)。柚子味噌、蕗のとう味噌、田楽味噌など何でも合います。酢が好きな人は、酢を少々振りかけた後、味噌を乗せるとよりさっぱりと頂けます。

今まで、よく油を使っていました。この方法は、Cal が低い上、水っぽくなく、美味しくどれだけでも頂けます。お試しあれ・・・!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

Aさんとパイナップルリリー

先日、昔 一緒に詩吟を習っていた A さんから「お父さん1月に亡くなった・・・」と電話がかかってきた。彼女とは、詩吟をやめた後も仲良くしてもらって、何度も家へ遊びに行った仲だ。もちろん、旦那さんもよく知っている。息子が警察学校(学校へは行ったが、警察官にはならなかったが・・・ そう言う意味でも、迷惑を掛けた)に入るときも、お世話になった。そう言えば、ここ何年間は、年賀状だけだった。

今日やっと、仏様をお参りにいった。A さんは、ふくよかな人だったが、すっかり痩せて、違うところで会ったら分からないほどだった。

腸の機能が悪く、体調が優れないのため医者に診て貰っても「大したことない」と言われ、3ヶ月患って急変し亡くなられたとの事。「それから半年、やっと気持ちが落ち着いて、あなたのことを思いだして、連絡した」と言われた。

P1120712v480P1120716w480彼女は、大きな敷地の中に、いろんな花を育てている。(後ほど、書きたいと思っていますが・・・)テーブルの上に変わった花が飾ってあった。「この花は・・・?」「パイナップルリリー。今が一番綺麗な時、あなたが来ると思って、飾った」 心遣いが嬉しい。

P1120708v480庭のもたくさんあった。下の葉といい、先端にある葉といいパイナップルそっくりだ。花が咲いていないのを見ると、もっとそっくりなのだ。

A さんの旦那様の冥福を祈ります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

りんごジャム

島尾の Ma さんに、まだ熟さないりんごをいただいた。

P1120669w540 P1120667w540 「こんなに実をつけたのは初めて・・・」 確かにふさふさとなっている。間引きしたものが、下にもたくさん。「もったいないので、コンポートを作ったら、特別美味しいわけではないけれど、食べられる物ができたよ。よかったら、持っていく・・?」  直径4~5cmくらいかな。

P1120678w540_2そこは、頂き物なら何度も嬉しい私。コンポートなんていうものが、実習以来作ったことはない。ジャムも作ったことがないが・・・ 無料でできるのなら、ジャムにしようコンポートでは、使い道がない)。

P1120680w540皮を剥いて、芯を取る。小さい割に芯は大きく、使えるところは、思ったより少ない。40個くらいあったかな~。手が痛くなるくらい、欲と二人連れで頑張った。

P1120686w540 P1120704w540砂糖と蜂蜜、塩少々を入れて、弱火で煮る事、2時間。形になったものの、甘いだけ。山のようにある。どうしようと思っているところへ、お料理上手な Ku さんが、遊びに来た。 「何とかして・・・」と 2/3 持っていって貰った。残ったもので、彼女のアドバイスを受け、シナモンを入れてみた。 ヒヤ~ これだけのことで、美味しいジャムになった。

これなら、母のジャムを当分買わなくてもいい(母の朝食は、食パンにジャム。私のおばあちゃんも朝からご飯を食べたくないと言ってパン。無いときは、ホットケーキなどを食べていました)。明日は、これをピン詰めにしよう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

映画「ハリー・ポッター 謎のプリンス」

私は、吹き替え版。清姫さんと案山子さんは、字幕が好き。しかし、面白いものはたくさんで見ようと吹き替え版になった(名誉のため言い訳をしますが、決して2人に強要したわけではありません)。

P1120645v480 本を読んだのは「賢者の石」だけで、今の「謎のプリンス」はシリーズ6作目(上・下)です。

魔法学校(ホグワーツ)に入学したハリー・ポッターは、両親をヴォルデモート卿に殺された。ダンブルドア校長は両親も知っており、優秀なハリーに目を掛けている。ヴォルデモート卿は、すでに亡くなっているはずだが、誰かの中に入り込んで生きている。シリーズ毎に、親友のロンとハーマイオニと組んで、この悪魔と対決するハリー。

P1120656w540 P1120654w540

6作目になると可愛かったハリーも20歳。恋もする。人間的な場面を見せながらも、最終章(7作)に向け、ヴォルデモート卿の力が巨大化していく姿がある。また、ヴォルデモートの生い立ちが明らかになった。

P1120650w540 ダンブルドア校長とは、ヴォルデモート卿の弱点を探るべく、級友で元同僚ホラス・スラグホーンを学校に招く。その後、校長は、信じていたスネープ先生に殺されてしまう。手助けしたのが、6年生のドラコ。

P1120657w540 P1120658w540登場人物は、一癖も二癖もあり誰を信用して良いのか疑心暗鬼になる。ハリーが信じられる人は、次々殺され、もう親友しか残っていない。

今回は、全体的に暗い感じに仕上がっている。が、ボールのゲーム(何と言ったかな~?)は、健在。前回に結成した騎士団の陰も薄い。「謎のプリンス」と副題についているのに、全面に出てこない。スネープ先生が最後に「私が謎のプリンスだ・・・」と言うが、いまいちピンと来なかった。

ダンブルドア校長が殺された後、もっと暗くなるのではないだろうか。変わって、今回新しく登場したホラス・スラグホーンがハリーを支えるのだろう。最終章も楽しみだ。

写真・・上から順に <ハリー、ダンブルドア、ハーマイオニ、ロン><ダンブルドア、ハリー><ドラコ、スネープ><ハーマイオニ、ロン><ホラス・スラグホーン、ハーマイオニ>                      

| | コメント (8) | トラックバック (1)

赤うさぎ

P1120671w540 我が家にも小さい農園はあるが、トマトは作っていない。縁あって、2軒の家からいただいた。その中に、こんなに面白い形の物が混じっていた。

可愛いからすぐ食べるには惜しい。名前をつけたいが、思いつかない。夫に 「この可愛いトマト、名前をつけるとしたら・・・」までいったら、「赤うさぎ」と即答。

願わくば、もう一方も少し長ければ・・・。そうこうしている内、耳が萎びてきた。急いで、食べちゃいました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

茗荷 ちらし寿司

今朝、笛ちゃんから「茗荷 ちらし寿司」が届いた。

せっかく持ってきてくださったのに、まだ、寝ていた。起きたら頭が痛い(よくあるこ事なので常備薬は持っているが、最近は珍しい)。薬を飲んで、また布団に入ってしまった。自分の意志と関係なく、ぐっすり。お陰で、起きたらさわやか気分。

P1120676w540 P1120675w540こんなにすてきな包装に・・・・。器も発砲シチロールに正目模様がついている。

酢漬けの茗荷、シジミの佃煮、枝豆が入っている。錦糸卵を散らし、見た目もさわやか。味は、もちろん一級品。お汁と一緒に、家族で昼食にした。これなら、私にもできそう。茗荷もたくさんあるし・・・。

実は、笛ちゃんからは、手作りでいろいろなものをいただく。和菓子・洋菓子・パンなど。そして、その物に応じた、入れ物だったり、包装紙だったりする。こういうところにも、贈り主のセンスや気持ちが伝わってくる。有り難いことです。感謝です。

使えそうな物を、コレクションしておくか、その都度買わなければならない。<私なら、すぐ捨ててしまうし、いちいち買いに行くのはめんどくさい。レジ袋とタッパーで済ませてしまいます>

| | コメント (10) | トラックバック (3)

Kit Kat ラムネ味

<Kit Kat >は、チョコレート(混じりものがあって、純粋なチョコレートではないと思う)の中で、軽くて食べやすいので、時々買う。

P1120666w540  今年、初めて見つけた<ラムネ味>。 形は<Kit Kat >そのままで、チョコが空色になっている。これが、シュワーッとしたラムネ味(ラムネ香料使用)になっている。中に入っている さくさくとした食感のものにも、しゅわしゅわ入りパウダーが入っている。冷やして食べると、美味しい。色も、涼しげだし、お気に入りになってしまった。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

白いたい焼き

白いたい焼き」 今、最も トレンディな食べ物らしい。もっちりとして美味しいとの評判だ。

勤めの通り道に、サンコーと言うスーパーがある。新しくなってから、滅多に行かなくなった。というのは、私が通るところから駐車場へ入りにくくなったからである。先日、一日暇だったので、久しぶりにサンコーへ行った。

P1120619w540 たまには、違ったところへ行ってみるのもです。前に、「白いたい焼き」を売っている車が・・・・。評判のものを、一度は食してみたいのが、人情。 中で買い物をしたあと、ある種類のものを全部買ってきました。<食べるとき、チンしてください><どれが一番評判がいいですか><カスタードです>

P1120622w540 4種類ありました。チョコ・小豆・カスタード・いちご味です。家族で分け、私は迷わず、カスタードです。確かに、もっちりとし、ちぎれにくいです。美味しかったかと聞かれれば、微妙です(美味しいと評判の店のを買えばどうか分かりませんが・・・)。1個 120円。

もちもち感は、タピオカでんぷん。白いのは、卵白だけ使用、焦がさないように丁寧にひっくり返すのそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ルビーの会 '09

お茶を習っている者、8名。月曜組と土曜組がある。月曜組は、比較的お姉さま方。土曜組は、若い者。私は、れっきとした若い者仲間です。勤めの関係で、習い始めたときは、まだ現役組だったのです。いまでは、全員が退職してどこでもいいのですが、今まで通りやっています。土曜組は、ちゃらんぽらんしているところが好きです。

その中まで、「ルビーの会」をつくっています。7月生の者、先生を入れて4人。お誕生会をします。7月生でない人も、全員参加。

P1120615w540 おとぎの森の横にある「ビストロ・ルパン」・・・フランス語:フランス風の小型レストラン、町の小さな居酒屋、略式の小さなバー・ナイトクラブ・・・ で、ランチをしました。何と、時間を間違えて遅れていってしまいました。悪いことしてしまいました。

P1120608w540 P1120611w540 食事は、スープ・メインディッシュは、チョイスでできる。カボチャのスープと飛騨肉にしました。とろけるような肉とソースが抜群に美味しかったですよ。P1120606w540デザートの卵のような形のものは、みぞれアイスの中にチョコミントが入っている、右は、ブラットオレンジ(イタリア産)だそうです。飛び上がるほど酸っぱかったです。私は残しましたが、すっきりとして美味しいと言っている人もいました。他に、パンまたはご飯・飲み物がつきます。1.800円。

窓のない、小さな部屋に(個室)、先生を入れて9名。おしゃべりが炸裂しているのに、音の反響で聞き取れない。聞こえないから大きな声になる。他の席も、女性客でいっぱいでした。

P1120617w540 誕生祝に、ガーゼタオルのハンカチを頂きました。夏ですから、こんなタオル重宝します。包装紙が素敵だったので、封筒を作りました。感謝です。

こんな状態だったので、土曜組は「静かなところで話をしよう」と愛用の「ぼくの細道」へ行った。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

料理「きゅうりの即席漬け」

夫の趣味で、わずかばかりの家庭菜園をしている。そこに、きゅうりが 3本植えている。家族で食べるのなら、1本で充分ある。成るときは一時のもの。たくさんあるので、親戚や友達・近所にも分けている。一応、嬉しそうに「ありがとう」とおっしゃるが・・・

我が家でも、手を替え品を替え、やっているが・・・   昨年は、「きゅうりスープ」をアップした。もちろん、これもメニューにある。

P1120599w540きゅうりの即席漬け」 色々作ったが、これは、一番簡単。きゅうりを1cmくらいに斜め切り。袋に、生姜のすり下ろした(冷凍にするのは、7/1にアップ)ものを入れ、白だしを少し加える。(濃縮なので、入れすぎないように

P1120602w540 ご飯の用意をするとき、初めに作っておくと、食べられます。白だしなので、色が汚くならなくていいです。注意することは、漬けすぎると水分が出過ぎて、生姜を洗い流してしまいます。すこし、生姜が付いているのが美味しいのですから・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

茗荷 初収穫

最近、よ~く 雨が降りますね。それも土砂降り。雨上がると、とたんに蝉が鳴きます。蝉の声を聞くと、<夏本番だな~>と思います。

P1120624w540 茗荷もしかり です。今年、初収穫です。スーパーには、まだ 3個で、98円で出ています。

茗荷を取るのは大変です。湿ったところに生えるので、蚊(やぶ蚊)が多い。その上、我が家では、ビンボウカズラが巻き付いたいる。これだけならまだ良いが、蔓に棘と言うかヤスリのようになっている(名前は分からない)ものまで、巻き付いている。これを取り除いてから、収穫する。全部取り除いたつもりでも、ヤスリの蔓(以外に目立たないので、触った後に気が付くのです)が残っているので大変・・。

P1120642w540 柔肌が傷だらけ。袖口を止めておけば良かった。蚊取り線香を腰に付け、靴下の中にズボンを入れ、首にタオルを巻いて、完全装備だったはずなのですが・・・  それでも頑張るのは、茗荷が好きだから・・・。

夫の畑から、シシトウを初収穫。そのほか、茄子・玉葱も取れた物がある。 今日は、野菜の天ぷらだ・・・!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

アガパンサス

最近、道を歩くと、紫のふわ~っとした感じの花をよく見かける。花の名前が気になっていた。

P1120574w540 友達 Ze さんの家へ行ったら、その花が飾ってあった。「その紫の花、何という名前?」 すかさず、Ka さん「私、知っているよ! 赤パンパースと覚えたから・・・??? 何と言ったかな・・・・」  Ze さん「アガパンサスだよ」

みんなで、大笑いした。知っている物に置き換えて、覚える。当たらずとも、遠からず。彼女の得意技だ。笑いの内に、私もしっかり覚えられた。 このブログを読んだあなたも、ばっちりです。 「アガパンサス」

ちなみに、ピンクの花は、「たいまつ草」だそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

料理「ポテトフライサラダ」

冷蔵庫が効かなくなって、早く処分しなければならないものが、あふれかえっている。

P1120528w540 冷蔵庫を買って、整理しながら夕食の用意。手間を掛けている暇がない。簡単でボリュームのあるものを・・ 簡単な物は「サラダ」。野菜だけだと、<キリギリスになりそう・・>。そして、生野菜は苦手。努力の割には、栄養がとれない。だから、いつもなら、ほとんど火を通している(きゅうりだけは生ですが・・)。ボリュームを付けるのに、ポテトフライも一緒にして、ドレッシングで和える。卵は、たくさんあるときは、ゆで卵・温泉卵をつくり「ゆ」「お」とマジックで書いてストックしておく。色合いとして添えるのに、すぐ使えて便利です。

あとは、「豚のショウガ焼き」「レタッスと餃子の皮のスープ」

今日は、お疲れ! お疲れ!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

冷蔵庫が大変なことに・・

午前中出かけていて、その足で歯医者へいった。その間、何度も夫から、携帯に連絡があったらしい。清姫さんと喫茶店にいたとき、やっと気が付いた。

冷蔵庫が効かなくなった>との事。昨晩から、私も<おかしいな~>と思っていたのです。急に、大きな音になっていたので<古く(7年)経っているし、自販機はこれくらいの大きさなので、こんなものか>と、たかをくくっていました。

P1120555v480 P1120557w540 歯医者が終わって帰ると、冷蔵庫はもちろん冷凍室のものも、全部戻ってしまっていた。そして、田子電気屋さんから、すでにカタログが届いていた。夫の手配で、私が来て決めるだけになっていた。夫のファインプレーです。

コンバーター(心臓部だそうで、直すと買うほどかかるそうです)が、だめになっているそうで、もし、安いお金で直せたとしても、修理に出す間、待っておられません。すぐに電話して、持ってきて貰いました。

P1120567v480 P1120568w540 7年もすると、変わっているのです。大きさはあまり変わらない(前に 1.5cm 出ました)のに、容量が違うのです。たっぶりはいります。お汁の残ったのも、煮しめの残ったのも、鍋ごと入れることができます。冷凍庫もたくさんはいります。熱い物を急速冷凍できる機能(多分使わないと思う)まで付いています。

これの整理をしながら、食品を少しでも助けようと思い頑張りました。疲れてしまいました。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

高校同級会

昔々、母校には、普通科と商業科があった。普通科に入ると、男子は進学コース、女子は家庭科コースと自動的に別れた。そして、我がクラスには、60人いた。まだ、中学で終わる人がいた時代の話である。

が、女子10人は、どういう訳か、進学コースに入っていた。特に、希望していたわけではない。

時々、高校の同級会はするが、男子と女子では思い出が違う。先日、3人で、西田へ竹の子飯食べに行ったとき、「女子だけで同級会をしないか」という話になり、7月8日(水)、私が得意な かんぽの宿便利で安い。何かしようとするとき、よく利用する。会員でもある)で、集まった。

P1120530v480 遠いところに住んでいる人もいるので、県内にいる者 7人に連絡。全員集合した。不思議なこと?に、全員が、かんぽの宿は、初めてだという。

部屋(8畳)を借りて、一人 1.110円。 刺身・海老フライ・茶碗蒸しなどが付いた定食 1.260円。 コーヒー 400円。 計 2.770円。 もちろん、風呂は入れる。女性だけだと、一日遊んで、3.000円でおつりが来る。

大盛り上がりで、戸出の七夕が終わった頃、毎年することにした。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

料理「小魚の南蛮漬け」

小魚でよく使うのは、あじ。はちめの小魚は、めったにない。

P1120465w540 娘が、嬉しそうに買ってきた。唐揚げをして、南蛮漬けを作るつもりらしい。ちゃっかりと私が渡したお金で買って作り、自分の家の分は持ち帰るつもりでいる。それが、砂糖と塩を間違えて、塩をたっぷりと入れたらしい。

くどくて食べられない。「どうしよう」と相談したので、その中に、きゅうり(夫の作ったものが、余り返っている)・大根をきざんでいれた。あまりのくどさに、漬け物感覚。たっぷり入れたら、美味しいものができあがった。  ー写真には、魚がたくさん入っていますが、割合としては、野菜が3、魚が2といったところですー

怪我の功名、メニューが増えたようです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

「日本の心」絵画展

高岡美術館に、文化勲章38人が描く「日本の心」ー大観・松園から現代までー と題して、展覧会が行われいる。このブログでも、たくさんの人が取り上げていた。私は、行かないつもりでいたが、招待券をもらったので行ってきた。

P1120571v480 こんなに有名な人でも、知らない人がいるほど、分かっていない私。皆さんは、詳しく書いていらっしゃいますが、とんと知らないので、自分の感性だけで書くことにします。

入ってすぐ目に付いたのは、大観の「霊峰富士」・・目の高さが、対峙した山からかな・・? 竹内楓鳳の「松魚」・・かつおでしたね。生き生きとして目を引きました。  川端龍子の「炎庭想雪図」・・バナナの葉・桔梗・百合だけでも不思議なのに、雪が積もっていました。

小倉遊亀の「晴響」・・すっきり青で描かれた(山頂付近に銀色に光るものがある)富士山の下をのんびりとホルスタインの牛が通る。これが、一番好きだった。 佐藤太清の「行雲帰鳥」・・薄い雲の下をかすかな青空へ向かって、かもめが飛んでいる絵ですが、希望みたいなものが見えて心惹かれました。  加山又造の「白い太陽」・・ろうけつ染めのようなバックに樹林とカラス、そして白い太陽を切り刻んで描く、モノクロの世界。ハリー・ポッターの世界と重ね合わせてしまいました。

福田平八郎の「鮎」「松」「鴛鴦」・・描いた年代順。「鮎」は、美味しそうに描かれていてすばらしい。「松」は、これでいいのかと素人目に映ってしまう。「鴛鴦」は、着物の柄のよう。 片岡球子さんの絵は、説明が無くてもすぐわかりました。 平山郁夫・・一つのパターンでいくつも、、もういいや、、  鏑木清方・・何度も見た絵ばかり。

P1120594v480 上村松園「花がたみ」・・狂女(謡では、班女ともいう)、一般には、花ちゃんと言いますね。下世話ですみません。顔と破れた扇子が、象徴的です。髪の毛が、長すぎるのが気になります。ピンク色の着物柄が素晴らしく、籠の竹が浮き上がっているようでした。もちろん、髪の毛の一本一本に、狂女を表す工夫があるのだと思いました。

他の人も(特に、黒い太陽・晴響)写真入りにしたかったのですが、絵はがき、気に入ったものは「花がたみ」しかありませんでした。

お金を出すものは行かないのですが、無料となると話は別、しっかりと2回回り、美術館はこんなに疲れるところだと知りました。

この展覧会は、7月20日(海の日)まで

| | コメント (6) | トラックバック (1)

つばめ

このごろ、町中で、とんと「つばめ」を見かけなくなった。

P1120553w540 私は戸出の林歯科へ、月一で通っている。駐車場から歩いてくると、つばめが忙しく飛んでいる。まもなく、雛の鳴き声が・・・  

よく見ると、歯医者の隣の軒先に「つばめ」の巣があった。近づいて見ると、5匹の雛が・・・

P1120549w540 また、親鳥が戻ってきた。一斉に声を上げ餌をねだっていた。餌を与えているところを撮りたいと思って、しばらく待ったが、親はなかなか帰ってこなかった。後から気づいたが、人間がいるからいるから戻ってこなかったのかも知れない。

4・5月は、忙しくて、行っていなかった。5月に行っていれば、もっと観察できたかもしれない。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

白いとうもろこし

先日、アグリピアの販売所(野菜・加工品など)で見つけた、「白い となわ」・・・どこから来た名前なのかは、分からないが、「とうもろこし」のことです・・・。

P1120562w540 パッケージには、白いトウモロコシ「ピュアホワイト」 甘みが強くてクリーミーな味、生で食べても OK です。粒皮もとても柔らかく、真っ白なトウモロコシ。 糖度20%以上

茹で方 水の時点から一緒に火にかけ(塩は入れない)、沸騰して2分で OK です。海水程度の塩水に、茹でたトウモロコシをころころとまんべんなく浸して出来上がりです。

これだけ書いてあれば、どんなに美味しいのかと思って、買わないわけにはいかない。それも、5本で(小ぶりだが・・)250円。

帰って、早速、試してみる。確かに、柔らかい。黄色のものは、何となく皮が残るような気がするが、これはない。味は、期待したほどのものは、得られなかった。今は、黄色のものでも、とても甘くて美味しいものがある。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

3周年記念

11日(土)は、誕生日でした。誰もが、気が付いてないと思っていたが、テーブルの上に花束が置いてあった。

P1120575w540 夫からだった。ずっと以前、薔薇の花を一本だけくれたかとがあった。驚き、桃の木、山椒の木だったが、ちょっと、うれしい。

ところで、HPを書き始めて、3周年になる。また、ブログは2周年、偶然だが、同じ日なので、「」の数字のろうそくを立てて、自分で「お祝」をした。よく考えると、「」にすればよかったかな~と思っている。

P1120585v480 実は、ブログを書き始めてから、HPは手が回らなくなって、そのままになっている。しかし、ブログは、一日も休まず、書き続けているので、生活の一部になってしまって、書かないと忘れたような気分になってしまう。出かけるときは、時間指定で挙げることができるので、便利です。

今年は、記事を365件書き、コメントを 1,778 頂いた。アクセスが 56,610 件(アクセス分析についてくるので、一人2回開くと、2とカウントします。私がコメントに返事を書くときも、カウントします。書き始めてからの累計です)、平均すると、毎日、77.5 人のアクセス数になります(昨年の平均アクセス数は、52.3)。

昨年に比べ、ずいぶんたくさんの方に見ていただけるようになり、感謝しています。特に、つたない文に、コメントをつけてくださるのは、大変なことです。心より、感謝します。

ブログパーツに付けている「国盗りカウンター」、秋田・宮崎県を除いて、赤くなりました。各県の沢山の方にも、見ていただいていることになります(PCを登録するとき、県名を入れている人だけ、カウントします)。

これからも、このブログを愛して見てくださるよう、努力いたしますので、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

桔梗とフクロウ

アグリピアへ、清姫さんと料理教室へ行った帰り、相変わらず 喫茶「僕の細道」へ寄った。

P1120544w540 玄関前に、ふくろうがいて、周りには、行く毎に、違った花が咲き、楽しませてくれる。今日は「桔梗」の花が咲いていた。可憐に咲く紫の花も良いが、蕾が、ふっくらとしたいい形をしている。

先月18日にも、この<ふくろう>が登場した。その時は、黄色い花が咲いていた。私は、ふくろうをコレクションしているので、<ふくろうと花>の撮り方が、気に入っている。

そう言えば、今日、TVで「ハリー・ポッター 賢者の石」を、見ました。ポッターは、少年で可愛かったですね。もちろん、映画は見ましたが・・・ 懐かしかったです。それに、白いふくろうが、郵便を配達します。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

7月玄関飾り・花 '09

空梅雨かと思っていましたが、今になって、強い雨が多いようですが、梅雨らしくなりましたね。

7月に入って、すぐに飾りましたので、夏使用になってしまいましたが・・・

P1120511v480 P1120507w540 花は、朝顔。その他、名前は分かりません。玄関飾りは、金魚。小さいものは、ガラス細工で、以前、高山へ行ったとき、求めたものです。大きい方は、縮緬で私が作った物です。

毎日、蒸し暑い日が続きますので、目に涼しげに映るよう工夫してみました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

風呂敷アート

5日(日) 町内の婦人学級というものに、初めて参加した。「風呂敷アート」という表題に惹かれてのこと・・・。私は、中元や歳暮に、ワイン・酒を送る事が多い。決まった包み方ではなく、おしゃれに包みたいと思っていた。

P1120495w540 講師の先生は、<和文化の伝承>装道・礼法着物学院 礼法・着付・袋物・風呂敷アート教室講師 石永 峰子先生とおっしゃる。

バンダナの四隅に片結びをして、帽子を作る、ティッシュカバーを作る。風呂敷の四隅を結ぶだけで、袋を作る。どれも、結び目を解くと、元に戻る。この、「戻る」という事、いかにも和装らしい。そして、三角袋の作り方など、盛りだくさん。

写真は、果物籠を利用した花飾り。皆さんが持ち寄った縮緬の風呂敷。どれもが、そうすればいいと思われるものばかりだ。が、正直言って、私は、しないとおもう。先生は、どれもこれも、バックに入れておけば便利だとおっしゃるが、これだけ入れると、大型バックになってしまう。それに、今までも、無くて不自由したことがない。

P1120501w540 P1120502w540 ところで、おしゃれにワインを包む方法。今回のメニューになかったらしいが、ちゃっかりと教えて貰った。と、いうより、「やってもらった」のほうが、正しい。

P1120503v480ワインを、中央に置き、角を上げ、タックをとって輪ゴムで止める。対角線状あまった角を、瓶に巻きリボンのようにし、輪ゴムで止める。

使わなくなったスカーフ利用で、満足いく仕上がりになった。これで、喜んで貰えたら、とても嬉しい。

あと、エプロンとか、のれんの作品があった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

料理「三つ葉とコケのスープ」

コケ類が好きなので、何種類かは、必ず冷蔵庫に持っている。なのに、娘が「食べきれないから・・・お土産・・」と、持ってきた。何とか、消化しなければならない。

P1120513w540 スープの材料  しいたけ(お気に入りの「しいたけ侍」・肉厚でおいしい)、えのき茸、ウインナー(だしに使う)、三つ葉、コンソメスープの素(4人分なら2個)。

作り方  三つ葉以外と水を、鍋に入れ、さっと、火を通したあと、塩・胡椒で味を調え、三つ葉を放す。

P1120517w540 三つ葉の香りととウインナーの香りが、以外にあう。母を除き、他の者には好評だった。一日おいて、また作ったが、完食こんな言葉は無いらしく、かんしょく で、変換しなかった

| | コメント (10) | トラックバック (0)

原 信夫と♯&♭

4日(土)富山オーバードホールへ「原 信夫と♯&♭P1120481v480P1120478w540を見に行った。 原さんは、富山県出身。58年に渡る活躍のファイナルコンサートが行われた。

チケット 7000円。その割には、3F。プログラムもなし。しかし、今日は、夫のおごり。文句は、言わない。

P1120483w540 オープニングは、みさのがずあき(聞いただけだから、漢字は分からない)とキューバンボーイズ左 赤のユニホーム)との競演。ラテン系の音楽。お父さん(金沢出身)がやっていて、長い休みの末、息子が継いで、5年目になるとか。一緒に回って、育てておられるのだな と、思った。

ビキンザビキン、セントルイスブルース、マラゲニア、シャレードなど6曲。2つのバンドの応酬が、なかなか面白い。これが、ジャズの見せ所。聞き入ってしまったり、笑ったり、忙しい。

P1120488w540 20分休憩の後、「原 信夫と♯&♭」の演奏。もちろん「A 列車でいこう」から始まる。江戸時代のヒット曲との解説で「梅が枝の手水鉢」、真っ赤な太陽、白夜のセレナーデ、帰れソレントへ、スイング スイング スイングなど9曲。アンコールは、リンゴの木の下で、と、もう1曲(名前が出てこない)。

腕が、手が痛くなるほど拍手した。そして、手を振った。楽しかった。外食もした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

映画「剣岳ー点の記ー」

1日、やっと「剣岳」を観る時間が取れた。ブログに、感想が次々書かれている。早く観たいと思っていた。座席はほぼ満員(さすがに、観にくい前の方は空いていたが)。「おくりびと」効果かも・・・。映画って面白い!と思った人が、来ているのかも知れない。

P1120491v480 「記録映画のようだった・・・」と、感想を述べている人がいたが、私は、やはり、「映画」だと思った。四季折々、200日。何十人何百人、撮影隊とスタッフ(衣装・メーク・大道具・小道具さんなど)が、登ったり降りたりしたのだろう。また、多くの機材(撮影機材・大型扇風機・乾燥機など)を運ばなくてはいけない。ヘリで運んだにしても、現場まで人力だろう。厳寒 -40度の世界。バッテリーは、すぐに切れてしまうだろう・・といらぬ心配までしてしまった。

猛吹雪の中、道を見失ってしまう場面やテントが吹きとがされそうになる場面などは、大型扇風機の出番(実際そののような所では、撮影不可能)。雪崩や信(松田龍平)が、崖から転落する場面は、入念な調査と準備が、必要。

どちらにしても、蓑や藁靴で山を歩く撮影に挑む。<どれだけ想像しても、-40度の世界は分からない。業務用冷凍室が、その温度だそうな> 演技している方も、撮影している方も、待っている方もその環境の中に身を置く。大変なことだ。好きでなければ、やっていられないだろう。

四季の山の美しさはすばらしい(が、カメラ雑誌に出ているような、特異な日の息をのむような美しさはなかった。200日いても、滅多に出会えるものではないという事)。浅野忠信もいいが、案内役の香川照之(宇治長次郎)がいい。演技もさることながら、宇治長次郎もいい。心打たれるものがあった。

   ー決して名誉のためでもなく、利のためででもない。仕事に誇りを持って挑む男たち。いま、わたしたちが失いつつある、日本人の心の物語であるー

| | コメント (8) | トラックバック (2)

ヨーロッパの会 '09

ヨーロッパの会」とは、変なネーミングだが、平成元年に、ヨーロッパへ旅行した仲間の会です。2週間の旅行、ほとんどの人が、初めての海外旅行でした。2週間も一緒にいれば、バスの中全員の名前を覚えました。しかし、全員には、声を掛けないので、集まる人は、常に9名。楽しい会なので、万難を排して、集まります。しかし、21回目にして、初めて<風邪をこじらせてしまって・・・>と、欠席者が出てしまいました。

P1120374v540 6月24日(水)、かんぽの宿(富山・婦中)で、泊まり。一人500円を払って、宴会場を借りる。年に一度の再会を祝して、乾杯の後、しばらくしてから、はじまる。

「まいどはや~」で、お馴染みの売薬さん寸劇。彼女がいるから、面白いことができるのです。このための衣装ダンス(今回は、たまたま衣装なしです)を持っているそうですから・・

P1120370w540P1120348w540  「3歳若返る美容講座」。リズムに合わせて、ぽんぽんぽん・・・。女性軍、何故か真剣。

そして、全員参加で「いい湯だな」。歌に合わせて、踊りながら前を向いたり後ろを見たり・・・。練習した訳でもないのに、何故か揃う。また、髭を付けると、一気に盛り上がる。味付けのりは、べたべたしていて付けやすい。

参加する事で楽しんでいるので、誰も、見ている人はいない。。バカにもなれる、皆さんだから、長く続ける事ができたのだと思う。私は、写真写さなければいけないし、参加しなければいけないし、ひっくり返って笑わなければいけないし、大忙しだった。

P1120387w540 これは、蛸足を付けたレジ袋。団扇を使って、運ぶというゲーム。以外に難しく、挑戦するものの、上手くいかなかったかな。しかし、頑張ったで賞の商品と参加賞。

お土産もそれぞれにいっぱい貰って、カバンが満杯になった。来年の再会を約束して、25日 10時解散。心も、物も豊かにする会なのです。だから、お世話し甲斐があります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

菓子「みそかつ」

前に、ひるがの高原へ行った時、「名古屋 みそかつ」というパッケージを見つけた。それも、名古屋弁で「どえりゃ~ うみゃ~」と書いてある。てっきり、おかずになる物と思った。

P1120196w540 P1120221w540 しかし、店の人は「お菓子ですよ」。それでも、写真は、いかのも旨そうだし「絶対、買う!」と思った。

家に帰って開けてみると、揚げ衣が、煎餅のようになっていて、味噌は、線のように付いている。味は、駄菓子屋さんに売っている懐かしい味だ。味噌が付いていないものは、今までもよく食べている。私は、高級菓子より駄菓子が好き。この味も、わざわざ買って食べる好きな物の一つ。母をのぞいて、全員が好き。食べ出したら止まらない。

ふと、パッケージの裏を見ると、広島県呉市で作っているのです。名古屋だって、春日井に、たくさん菓子工場があるはずなのに・・・・ 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

切り絵 同好会

先月は、高岡文化ホールへ出向くことが多かった。写友会 写真展覧会のあと「桜ロマン」(高岡古府公民館・石川七尾公民館・新潟高田公民館で、子供達の交流をもっている。今年は、高岡で行われ、ボランティアとして写真班で参加)の写真の飾り付け、片付けにも行っていた。

P1120431v480 P1120436w540 偶然、「切り絵同好会」の作品展を見せていただいた。見事な作品は、もちろんのこと、会場の片隅では体験コーナーが設けられ、何人もの人が、熱心に手ほどきを受けておられ、仕上がった人は、嬉しそうにいそいそ帰って行かれる。

この作品展には、友人のSu さんが、出品しておられる。P1120433w540彼女は、俳句・笛・菊作り(品評会で、賞を頂かれました)など、なんでもござれ・・の人ですが、「私は、何でもやっているけれど、切り絵を一番大事にしている」とおっしゃいます。それくらい魅力はあるものなのでしょう。「巡行中の御車山」「御神木」。

P1120438w540 P1120435w540

絵画を見るような、カラフルな色(裏から張るのだそうです)の大作もありました。私は、「8人の仲間」という、若者を題材にした物が、斬新で一番好きでした。きっと、若い人の作品かも知れません。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

篤志と余分な体重

篤志が生まれて、4ヶ月半経ちました。体重もずっしり重く、P1120423v4808Kgを越えました。一瞬はだっこできても、二瞬は、だめです。

「膝が痛い」といったら、整形の先生が、「体重を落とすことが一番」といいます。理想的には、8Kg落とさなくてはいけません。篤志、一人分です。自分に、いらない体重が、それだけあるのかと実感できます。 が、しかし、それでも・・・ 減らすことは、難しいです。 あ~あ~・・・。

P1120405w540 P1120417w540 P1120449w540 まだ、寝返りはできませんが、前にある物に手を出すようになりました。ミルクも、しっかり押さえています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

しょうがの冷凍

この間、「明けまして・・・」と言っていたのに、もう7月になり、カレンダーが半分無くなってしまいました。月日の経つのが早くて、いやになってしまいます。

しょうがは、薬味や臭い消しによく使う。と、言っても、一度にたくさん使うわけではない。冷蔵庫にいれるといけないので、常温に置いておく。いつの間にか・・・。最後まで使い切ることはなかった。

P1120284w540 冷凍すると便利だということが、分かったので、どのようにしておけば使い勝手良いか、工夫してみた。色々試した結果、おろした物は、小さいアルミホイルに小分けして入れる。切った物は、ひとならべにしてラップでくるむ。アルミトレー(アルミは熱伝導がいい)に載せ、ラップをかけて冷凍する。固まったら、袋に入れ替えて保管する。

こうしておくと、これから「ところてん」「そーめん」「冷や奴」などの薬味で大活躍をする。これだけしておくと、すぐに戻るというものも、もっと急いでいるときがある。そんな時は、煮ている鍋ややかんの蓋の上に置くと、あっという間です。

はじめは、丸ごと冷凍し、使うときにすり下ろしていました。使うより、洗い流す分が多い。次に、全部すり下ろし、袋に入れ、煎餅のように薄くして、割って使っていました。これでも、重宝していたのですが、小分けの方が使い勝手がいいようです。お試しあれ。。。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

メンテナンス中?

メンテナンス中なのか、書いた記事一覧表が現れません。

困っています。 これだけでもアップできるでしょうか。

昼にでも、書きます。これはアップできるかテストです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »