« 四国の旅 7 ハイウエイオアシス | トップページ | 四国の旅 8 特産物 »

料理 治部煮

P1100952w520 治部煮(上の真ん中)は、金沢の郷土料理。好きな料理の一つなので、何度も挑戦しているが、上手くいかない。 先日、金沢へ行ったときも「治部煮(じぶに)定食」を食べた。作り方を習おうと思ったのだ。

店によって、作り方が違うらしい。前に習ったときは、「鶏肉に片栗粉をまぶした物を、だし・味・とろみをつけた汁に入れて煮る」と聞いた。それで、やってみるが、鶏肉に付けた片栗粉は、何にもならなくて、鶏肉を煮てとろみを付けた物と同じなのだ。

P1100974w520今度習ったのは、小麦粉を付けるという。これは、自分流にアレンジして上手く行ったように思う。汁が濁っているが、家庭用。お客様用には、具・汁別仕立てで濁らないようにする。

作り方 ①鶏肉を一口大に切り、下味をつけた後、小麦粉をまぶしておく  ②竹の子を櫛形、人参を花形に切る。  ③だし汁に味を付け、①②を入れ、圧力鍋で煮る。  ④とろみを付け、味を調えて、2~3分弱火にかける。  ⑤かさ高に盛り、青物を添える。

P1100976w520献立 サラダ(エリンギ・海藻・きゅうり・人参・サニーレタス) お浸し(小松菜・しらすぼし) 治部煮

|

« 四国の旅 7 ハイウエイオアシス | トップページ | 四国の旅 8 特産物 »

料理」カテゴリの記事

コメント

姫さん
治部煮って、金沢では、まだ経験が
ありません(>_<)姫さんの作った
のは、おふくろの味って、見た感じ^o^

   imaichi

投稿: imaichi | 2009年4月17日 (金) 06時08分

imaichiさん
他では味わえないので、金沢へ行かれた折りには、ぜひどうぞ!

投稿: 姫 | 2009年4月17日 (金) 09時17分

姫ちゃん
治部煮、私も好きですね~。
お鍋に入れた出されたの?普通はお椀じゃない?
姫家の方が本物みたい。

投稿: 清姫 | 2009年4月17日 (金) 10時17分

姫さま
「じぶ煮」は良く作ります。なにも考えないで。単に簡単・手軽・栄養のバランスもいいと思っています。
「じぶ煮」の名前がおもしろいので今ネットで
調べました。意味わかりました。

投稿: 森のくまさん | 2009年4月17日 (金) 16時48分

姫さん
冶部煮を作るとき、片栗粉?小麦粉?
と迷います。小麦粉の方が良いようですね。
金沢で食べた時、甘すぎて閉口したのを
思い出しました。
姫家の食卓、野菜たっぷりで美味しそう!

投稿: 風子 | 2009年4月17日 (金) 20時54分

姫様
冶部煮はたまに作ります。気取らず、簡単にでき、
とろりとしただしは、体が温まり大好きです。
掘り立てのたけのこを頂いたので、あす早速
つくろうかな。

投稿: ヒマ子 | 2009年4月17日 (金) 21時33分

清姫さん
一人鍋でした。ほんのわずかしかなく、物足りないほどでした。
味も、くどめで・・・。自分の方が良いと思いました。

投稿: 姫 | 2009年4月18日 (土) 00時42分

森のくまさん
私も調べました。「じぶじぶ煮る」からだそうですね。
圧料鍋で作ると、肉が軟らかくなって食べやすいです。

投稿: 姫 | 2009年4月18日 (土) 00時45分

風子さん
鶏肉にまぶすのも、とろみをつけるのも、小麦粉でする人もいます。こちらの方が正しいのかもしれません。まだ試してはいませんが・・・。
先日食べたものは、とろみは、片栗粉でした。

投稿: 姫 | 2009年4月18日 (土) 00時50分

ヒマ子さん
金沢の方だから、お手の物ですね。
竹の子も、最盛期になりますね。
すだれ麩、生麩もあると最高なのですが・・

投稿: 姫 | 2009年4月18日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/29122453

この記事へのトラックバック一覧です: 料理 治部煮:

» ハンドメイド [ハンドメイド]
ハンドメイド製品の紹介。ハンドメイド製品の作り方。ハンドメイド製品のショップの案内など。 [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 01時13分

» ビタクラフト ビタクラフトの製品とビタクラフトの実力 [ビタクラフト ビタクラフトの製品とビタクラフトの実力]
ビタクラフトの製品全般とビタクラフトの圧力鍋、ビタクラフトの実力とビタクラフトの魅力について綴っていきます。 [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 02時16分

« 四国の旅 7 ハイウエイオアシス | トップページ | 四国の旅 8 特産物 »