« 旅館「角久」ランチ | トップページ | 木目の中の顔 »

雛祭りの料理

P1100135w640 25日 アグリピアの料理教室へ行っていた。

雛祭りの料理 (1)ミニ押し寿司 (2)カラフル手巻き寿司 (3)梅椀 (4)魚と野菜の菜種和え (5)桜餅

上の写真は、余った材料で先生が作られた物です。

P1100133w640P1100130w640この写真は、私が作った物です。 (1)ミニ押し寿司は、牛乳パックを型(7cm位の高さに切る)にラップを敷く。盛るときは、逆さになるので、初めに具を色合いよく入れる。ご飯を乗せ、押さえる。一段でも二段でもよい。

(2)カラフル手巻き寿司も要領は同じ。ラップで形を整える。

(3)梅椀 5つの具を花びらに見立てる。手鞠麩・出汁巻卵・かまぼこ(松葉にする)・ほうれん草・椎茸(砂糖・醤油で下味を付ける)を椀に入れ、澄まし汁をはる。

(4)魚と野菜の菜種和え 人参・きゅうりをせん切りにして塩をふる。昆布じめもせん切り。しんなりした野菜をしぼり、昆布じめと一緒に甘酢につける。 ゆで卵は、白身と黄身に分け、黄身を裏ごしにかける。白身はせん切りにし、野菜と混ぜる。 野菜・刺身・白身を盛りつけ、黄身を散らす(菜の花畑のようになる)。

P1100134w640 (5)桜餅 小麦粉・白玉粉に砂糖を混ぜ、プレートで焦がさないように焼く。こしあんは既製品。

ここの料理は、誰もが出来る、お母さんの料理であることが気に入っている。また、具を替えてみるのも楽しい。これだけで、材料費 1,000円。

|

« 旅館「角久」ランチ | トップページ | 木目の中の顔 »

料理」カテゴリの記事

コメント

姫さん
師匠格の姫さんも、たまには、武者修行
にでかけるんですね^o^
1000円の材料費ってのは、安い(@_@)

   imaichi

投稿: imaichi | 2009年2月28日 (土) 06時14分

姫様
かわいいおすしが出来ましたね。
牛乳パックで押しずしとは、いいアイディアです。
すぐ試せそう!!。
アグリピアの料理教室、人気があって、
申し込んでも外れることがありますが、
大丈夫だったのですね。

投稿: ヒマ子 | 2009年2月28日 (土) 10時54分

姫さま
美味しそうで美しい。
こども・おとなみんな喜びそう。
楽しみです。

投稿: 森のくまさん | 2009年2月28日 (土) 17時59分

姫さん
私はやはり甘党、桜餅に目が行きます。
美味しそう、最近は道明寺粉の桜餅が多く、小麦粉皮の桜餅になかなかお目にかかれない。手作りすればいいのですね。

投稿: 風子 | 2009年2月28日 (土) 18時04分

姫様

口を開けて待ってます
アルプス越えで投げてください
2人前お願いいたします

投稿: りんどう | 2009年2月28日 (土) 19時18分

いまいちさん
アイデアを貰ってくると、また新しい物が出来るので楽しいです。

投稿: 姫 | 2009年2月28日 (土) 21時18分

ヒマ子さん
牛乳パックは、幾つ作っても、大きさが揃います。
そして、大きさが手頃です。
孫が出来たら、楽しんでね。

ところで、井波行きませんか? あなたの座席はあります。昼食3000ですが・・

投稿: 姫 | 2009年2月28日 (土) 21時26分

森のくまさん
孫と一緒に作るのは楽しいです。
牛乳パックは、幾つも作られますから喧嘩しなくてすみます。

投稿: 姫 | 2009年2月28日 (土) 21時32分

風子さん
桜餅
小麦粉180g 白玉粉60g 砂糖大4 水2カップ弱 食紅 
桜の葉24枚 桜の花 こしあん700g
で、できます。ホットプレートが便利です。

投稿: 姫 | 2009年2月28日 (土) 21時52分

りんどうさん
エーー~イッ 届きましたか

りんどうさん やっぱり面白い!!

投稿: 姫 | 2009年2月28日 (土) 22時00分

姫さん
レシピありがとうございます。
作ってみます。24個できるのですね。

投稿: 風子 | 2009年3月 2日 (月) 22時21分

風子さん
その通りです。24こです。が、粉が15枚分余分に出来ました。余った粉に砂糖を足して、焼きました。
つまり、分け方でどうにでもなるということです。

投稿: 姫 | 2009年3月 3日 (火) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/28399393

この記事へのトラックバック一覧です: 雛祭りの料理:

« 旅館「角久」ランチ | トップページ | 木目の中の顔 »