« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

メロウオフ 諏訪湖

夏の終わり、28~29日 北信越メロウ倶楽部オフを長野でしました。富山から7名、車で向かいました。新潟、静岡、埼玉(特別参加)、長野と総勢16名。最終的には、JR松本駅集合。皆さん、遠方から集まるので交通手段は、まちまち。

空模様を気にしながら、6:00すぎ 家を出発。松本へ着いた時は、雨。車3台に分乗し、雨の降りしきる中を最初の目的地 『美が原』へ。P1070575w540

美が原は、初めてのところ。期待をして行った。確かに、美しいところらしい と言うことは分かったが、何しろ雨。丘の上には、斬新なモニュメント。美術館、ミュージアム、土産、食堂とと立ち並ぶ。ゆっくり居れば、遊ぶところがたくさんある。ところが、ところがである・・・・。昼食をとっただけ・・・。それも、おやき、蕎麦、おにぎり、ラーメンと簡単なものばらばらに(本人の希望だったのだが)・・・・。欲しい土産も買わずじまいだった。

諏訪湖の湖畔の宿シニアには懐かしい)鵞湖(がこ)荘(NTT保養所)。到着は、3:00すぎ。これはこれで、話がはずんて楽しい。P1070595w540オリンピックに比べれば、ささやかな花火だが、湖畔に花火が上がり部屋の中から楽しめる。

<硝煙の 残像照らす 大花火>    

P1070596w540<花火盡き 闇夜を増して 灯をともす>

<諏訪湖(みずうみ)の 花火を見たり 姫と亀>・・・竜宮城、亀はトータスさん      

P1070613w540P1070614w540二次会は、一つの部屋に集まり残ったものを持ち込んで、一次会以上の盛り上がり。3分の一の方は、初めての出会い。これを機会に、仲良くなれればいい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベトナム コーヒーと思い出

ココスに「ベトナム コーヒー」と言うメニューがある。何時から、試してみたいと思っていたのだが、ついついほかのものを頼んでしまって、機会を逃していた。

P1070320w540P1070321w540先日、商工会議所10Fで飲み会に行く前に、少しの間だが、清姫さんとの待ち合わせでココスへ寄った。

これが、ベトナム コーヒー。抽出の仕方に特徴がある。ステンレスのところに直接コーヒーを入れ、下にはコーヒーカップ(と言うより、コップ)を置く。お湯を注ぎ、ふたをして少し蒸すようにしながら、抽出を待つ。終わったら、ふたを皿に、ソーサーをのせる。

下にミルクが入っており、かき回して飲むのである。  が、これはベトナムコーヒーではない。ベトナム風コーヒーだった。しっかり日本人向けだ。なんか、がっかりしてしまった。

H11年 現地集合のツアーに 一人で参加したことがある。関空からホーチミン、国内線に乗り換えてハノイ集合だった。ツアーで、ハノイ~フエ~ホーチミンと周り、後一人残って、カントー水上市場)へ行く、10日間の旅をしたことがある。このころは、ベトナム観光は日本ではまだ、市民権を得ていなかったので、友達には「何でそんなところへ行くの・・・」 と、地球の果てまで行くほどの非難をあびた。そんな考えの人がほとんどだったので、誰も一緒に行ってくれませんでした。しかし、私にとって一人旅でもいいと思わせる魅力がありました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

食事処「あ志びの」

P1070275w540 有角先生の絵の展覧会がある「あ志びの」は、和食レストランでもある。ランチだけで、ディナーの提供はない。

落ち着いた雰囲気とセンスのよさは、いい線を言っているように思う。20席ぐらいで、こじんまりと家庭的だ。 

P1070276w540P1070280w540P1070281w540ランチは、この3点で 1.000円。前菜も、デザートも充実している。

伏木古国府(下町・駅前) AM 9:00~PM 5:00  定休日 毎週火曜日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

有角 博先生

P1070274w540 高校の担任だった 有角 博先生の水彩画の展覧会を伏木駅前の「あ志びの」で行われている。

数学の先生だが、趣味で描いておられ、今では自分の画廊で教えておられる。私たちは、何度もお邪魔して絵を見せていただいたりご馳走になったりしている。

P1070327w540P1070330w540  昨年、画集を出版され、パーティの際も呼んでいただいた。画集からもわかるように、穏やかで優しい先生です。

先生のテーマは、伏木の風景を描くこと。会場が狭いので、一部だけの展示だった。その中には、「あ志びの」を描いたのもありました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プリウスの出力と燃費

  Dsc_0175w540P1060781w540プリウスには、どこから出力しているかという表示がある。オレンジは、ガソリン黄色は電気青は充電です。

初動時は、ゆっくり走っているときは、オレンジ。スピードをあげった時は、オレンジ+黄色。力が付いて来た所でDsc_0176w540 Dsc_0177w540 アクセルを離し、もう一度足を乗せる程度に踏むと黄色だけの表示になります。平坦な道、分からないほどの下がり勾配の道は、ゆっくり走ると結構沢山走ります。つまり、電気だけで走ります。道路状態、抵抗のある道、ない道でも違っています。下り坂は、の表示がされ充電しています。

我が家は、坂を上がらないといけないので、ガソリンをくいます。それに、はエアコンを入れているので、ℓ 18~19Kといったところでしょうか。エアコンを付けていないときは、20K 走りました。夫に貸したときは、アクセルを踏みっぱなしにしているので 12K しか走りませんでした。23K 走る といいますが、実道路では、坂道も多いですし、パッチワーク道路もありますし、そんなに上手くいきません。

今までは、前に車がいるまで、スピードを上げて走りましたが、今は、ガソリンを食うのでゆっくり走っています。夫は 「ケチな かあちゃん 安全運転になってよかったの~」と言っています。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

北京オリンピック閉会式

  北京オリンピック 24日 閉会式を迎えました。開会式と同様 チャン・イP1070351w540ーモウ監督の演P1070395w540P1070404w540_2出。期待してみました。やはり期待通り、すばらしく息もつかず一気に見入ってしまいました。

次の開催都市 ロンドン。シンボルマールのような2階建ての赤い乗り合いバス。上が開いて、ショーが展開されました。さすが、イギリスの演出はおしゃれですね。 

P1070413w540P1070424w540P1070428w540聖火がどのように消えていくか・・・ 関心のあるところです。飛行場に着いた選手が、巻物(開会式との関連性)で競技を回想していると、聖火が消えていく。これは、何とあっけないと思っていると、会場に群演の聖火が突如として出現。やはり、人間の心理を突く演出に驚かされてしまいました。こういうところがチャン・イーモウが好きな所以でしょうね。

P1070433w540P1070436w540P1070496w540高い塔へ猿のように素早く上がったり下がったりしながらの群集の美のパホーマンス。どこに置いてあったのか分からないリボンがするすると上がり、会場は最高潮に達する。P1070467w540 P1070529w540 P1070508w540

下では、有名歌手による歌謡ショー(私の知っているところでは、ドミンゴジャキーチェーンベッカム)が、華やかに繰り広げられました。外では、やはり花火が、彩りました。

日本は、金メダル9個・銀メダル6個・銅メダル10個。目標はどうあれ、よくやりました。残念なのは、マラソン。もっと早く、どうにかならなかったかね。

北京との時差は、1時間。リアルタイムで見れて、よかった。ロンドンでは、眠いね・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

豆腐のネーミング

P1070256w540 まずは、写真を大きくしてご覧ください。

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

風に吹かれて長めになった格好。実は、2個続きです。右を見ると、「日本男前店製造 沖縄糸満糸満沖海水苦汁 北海道産丸大豆使用」とある。製造は京都市南丹市

 日本の真ん中を基点に、沖縄から北海道までジョニーさん旅をしているね・・・ バーコードまで波の形にした懲りよう・・・  粋でイナセなハーフの股旅って感じかな~・・! 「あっ・・これは面白い!!」こういうのを見ると、にやっとしてしまいます。値段を見て、写真だけこっそり撮って来ました。買うのは余裕のあるときに・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スイーツ

立秋が過ぎ、空の色が深くなったような気がします。そして、時々「ツクツクボウシ」の声が混じるようになり、本格手的に秋を迎える準備しているようです。

P1070268w540 高校の同窓会の総会があった。その後、同じ学年で、二次会。軽食喫茶「幌馬車」へ。

「今日 俺のおごり!」「じゃ 高いの頼んでいい・・・?」「いくらでもいいよ・・・」  酔った勢いで、この会話。

コーヒー好きの私は、いつもは迷わず「コーヒー」と言うのだが、めったに食べない写真のものを・・・・。メニューに何と書いてあったか記憶にはない。フルーツとアイス、プリンも付いていた。トッピングがおしゃれで綺麗。プリンは、コップに入ってリボンが付いている。ぶどうは、十字に切り目をいれ皮を半分むいて食べやすくしてあった。

ここで出た話は、来年中学校の同窓会をしよう。時期は、ゴールデンウイークの初めがいいのでは・・・・   これをするとすれば、卒業以来、3度目の同窓会になる。

ほとんどは地元の高校へ行った時代。中学校も高校もメンバーは、同じなのです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

3人で作った「柳川」

P1070138w540夏休みになって孫たちが来ている。 スーパーへ連れて行くと、一番興味を持ったのが「どじょう」。小さい魚がタッパーの中で泳いでいるので、ペット感覚だったらしい。

P1070142w540P1070143w540半日ほどペットとして楽しんだ後、「今日は、柳川ね」「柳川って!!」

「どじょう はねている!! かわいそう・・・」「人間は、いろいろな命をもらって生きているからね・・・」と講釈をたれておきました。

3人で作った「柳川」。上の孫は食べましたが、下のはだめでした。母は、固い物食べられないので、牛蒡は入れませんでした。「今日のは、匂いがないね・・・」人の心は、難しいものです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

台湾の文字

先月 27~30日 台風とともに台湾へ行っていました。P1070174w540言語は、中国語だと思っていましたが、台湾語だそうです。TVを見ていると、必ずテロップが出ていました。どちらも、漢字ばかりで違いは分かりませんが・・・

2箇所のホテルでスリッパの入っていた袋です。写真を大きくして日本語を読んできてください。 P1070131v540

P1070132w540P1070011w540右写真・・・電車に乗っていると、各駅ごとに「月台」とありました。何のことか分かりますか?  駅のホームのことでした。

中写真・・・「自動存物箱」は、コインロッカーです。コインロッカー横には、「寄物櫃」。これも同じ意味でしょうか。

続きを読む "台湾の文字"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

薪能・狂言「成上がり」

  能に「狂言」は、つきものである。一つの能の途中、後シテに変わるとき衣装替えをしなくてはならない。その間、場をつなぐのが 「間狂言あいきょうげん)」と言っている。

狂言にも独立した演目がある。 今回は、和泉流で「成上がり」。 狂言は、能と違い分かりやすいし、楽しい。また、能と能(今回は、半蔀と小鍛冶)の間の狂言は、見るものにとってカンフル剤でもある。

P1070294w540清水寺で主人と通夜をしていた太郎冠者が、預かっていた太刀を眠っている間にすっぱ盗人)に杖竹とすり替えられてしまう。困った太郎冠者は、下向の道々主人に盛んに「成上がり」と言うことを話し、例を数々挙げたあげくに杖竹を見せて、お太刀がこのような杖竹に成り上がりましたとごまかそうとするが、だまし通せるわけもなく、叱られる。

P1070298w540P1070299w540太刀を盗んだすっぱに縄をかけようと、縄をない始める。 どろなわだ~・・・(写真左)  すっぱを見つけて、縄をかけようとするが、主人にだけかかり(写真右・・大きくして見て下さい。面白いことになっています)、逃げられてしまう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

薪能「小鍛冶」

P1070303w540P1070308w540  17日(日)の薪能のもう一つの演目「小鍛冶」。

一条の帝が「三条小鍛冶宗近に、剣を打たせよ」とのお告げの夢を見る。宗近は、突然の帝からの命に驚いたが、相槌を打つもの今の相槌を打つ・頷くはここから来ている)が、いないと断る。しかし、帝の御霊夢によるもの・・・。これでは、神力を頼むしかなく身を清めて稲荷神社に行く。すると童子写真左)が姿を現し、「剣を行ってみよ」とすすめる。事情も分かっていて、宗近を励ます。怪しいと思い、問いただすと「あなたは家に帰り、剣を打つ準備をせよ」と言い残し消える。

やがて宗近が鍛冶場で一心不乱に祈っていると、稲荷明神の姿になって現れる(写真右 頭に、狐の冠をかぶっている)。神が相槌をうちに来てくれた・・・。百万の味方を得た宗近・・・。呼吸を合わせて打った剣に、「表に小鍛冶宗近、裏に小狐丸」と銘をいれ(神より人間が上になっているということ)、稲荷の峰に帰る。

シテ(主役)童子・後(のち)シテ稲荷明神は、金井雄資ゆうすけ)先生。私は、雄資先生のファンである。「謡」だけだと分かりにくいが、先生が謡われるとなんとなく分かるのである。演劇のように感情を表に出さないで演じるのだが、その中でも感情を感じるのであるから不思議だ。先生の技量の高さから、謡・能の奥深さ、完成度を思うのである。

「半蔀」と「小鍛冶」 私が謡を選ぶとすれば、元気のいい「小鍛冶」だ。なよっとしているのは性に合わない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

薪能「半蔀」

薪能は、毎年 国宝「瑞龍寺」で行われる。当日 17日(日)は、秋晴れのような爽やかな天候だったにもかかわらず、昨日の大雨で、高岡市民会館に変更になった。私としては、残念だった。P1070287w540P1070288w540

能「半蔀」(はしとみ・・寝室)。 今年は、源氏物語が書かれてから1,000年だそうです。この能は、源氏物語の中から「夕顔」を題材に取ったものです。

たそがれが迫ったころ、僧の前に美しい女が現れます。そこには夕顔が咲き誇っています。廃園に咲いた夕顔の精なのか、物語の夕顔の精なのか・・・  

光源氏に夕顔を白扇にそえ差し出したのがのが縁で、契りを結んだことなど舞を交えて(序の舞・・これが長い)話し、暁を告げる鶏の声や鐘の音が聞こえると、名残惜しげに半蔀写真左・・竹篭に夕顔が巻きつけてある)に、はいっていく。

夕顔の精(シテ)は、人間国宝の大坪喜美雄先生私たちの会にも来られるので、親しみがある)。優雅でゆっくりした舞は、女より女らしく本当の精のようだった。今まで、見た中で一番のお気に入りになった。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

8月の花(玄関)

P1070181v540 8月は、太陽に似合う花 「ひまわり」。同じ方を向いているので、生けるのも楽でした。

8月は、記事が多く「花」は一日伸ばしになってしまいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

茗荷 初収穫

昨晩から、よく降りますね。ほとんど一日中、土砂降りです。梅雨がなかった分まとめてでしょうか。

今朝、晴れ間を縫って収穫しました。我が家は、薮蚊がいっぱい。今まで、それがいやで伸ばしていました。完全武装に加え、雨で蚊の羽がぬれていたためか、少なかったようで3~4個食われただけでした。

P1070273w540 今年初めて取った『茗荷』です。我が家に取れた物と、友達がくれたものです。まず、これで「茗荷味噌」を作りました。ふきのとうでよくつくりますが、茗荷は初めてです。これも香りがいいので、いけるだろうと思ったのです。  それが、茗荷が不足なのか、香りが飛んだのか、いまいちです。人の作らないものはだめなのかね・・・・? 友達におすそ分けをしながら、意見を聞き再挑戦をしてみます。

「酢漬け」にもしました。これから、何度か収穫しますが、冷凍も作ります。これが、一年間重宝します。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

永村 幸治 アルバム 「疾走」

  P1070180v540 P1070176w540

永村 幸治君のアルバム「疾風(HAYATE)」が発売になりました。津軽じょんがら節を基調に9曲が収められています。彼の作曲「Message」もあります。じょんがら節の激しさに比べ、なんとも言えない優しさを感じます。

昨年 7月に彼のことについて掲載しましたが、親戚のお子さんです。

先日 我が家へ遊びに来て、夕食の手伝いまでしてくれました。

P1060634w540

初めて、おにぎりを作ったと喜んでくれましたし簡単なホイル焼きも気に入ってくれました。

かっこいいプロの姿も素敵ですが、素直で優しい面が演奏にも通じるものがあります。

少し遅くなりましたが紹介しました。

『疾風』の思いについては、「続きを読む」をクリックしてね。

続きを読む "永村 幸治 アルバム 「疾走」"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

映画「崖の上のポニョ」

P1070260v540 いわずと知れた 宮崎 駿の「ポニョ」を見た。あらすじは、「続きを読む」を見てください。

実写と違い空想の世界は、少しの説明と意図を加えてもらわなければ分かりにくい。

流れるものは、「親子愛」「人間愛」「信頼」でしょうか。見た後は、暖かいものを感じます。

5歳の宗介は母を「リサ」父を「耕一」と名前で呼んでいる。多くの子供が見る作品に・・・と驚いたが、見ていくうちに「この呼び方がベストだ」と思い始める。宗介が波に飲まれそうになった時、自分の危険も省みず助ける。宗介が、「波の上を女の子が走っている」と言ったとき(普通有り得ない事は信じない)も、子供を信じて探す。胸が熱くなったのは、今夜は耕一が一週間ぶりに帰ってくると言うので、リサは張り切って夕食の用意をする。そこへ、「帰れない」との連絡。寂しさからヒステリックになるリサ。幼いながら、母の心情を察し、頭をなで、慰めている。親子のような上下関係だけでなく、お互いの「尊重・信頼」を名前で呼ぶと言うことで表現しているように思った。

ポニョの親子関係は、父がいやな目にあって来た事からひたすらわが子を守ろうとする愛。母は、海の女神 大きな愛ですべてを包んでいる。

リサは、ディケアサービスセンター”ひまわり”の職員と言う設定も、今時を象徴している。車椅子に乗った老人(何故かおばあさんばかり・・)が生き生きと描かれている。宗介は、おばあさんたちにも人気者である。

大きな波が来て氾濫し、街中が水浸しになる。宗介は、ポニョとともにおもちゃの船でリサを探しに行く。その間沢山の人に出会うが、全員宗介を知っていて暖かく声をかけ、励ましたくれる。回りの人間関係が希薄になっている現代へのメッセージかもしれない。

ポニョ(金魚)は、今の生活に飽き足らず家出をする。宗介と出会いお互い好きになる。人魚姫の発想。 「僕が守ってあげるからね」  ヨンさまも負けそう ・・・

エンデングの出演者は、有名無名にかかわらず、50音順、それも可愛いイラスト付き。この発想は、子供向き?   とにかく最後の最後まで楽しませてもらった。 が、私としては、一画面に沢山の名前がありすぎて、ただ目の前を流れただけだったので少なめにして欲しかった。

久石 譲作曲 ♪ ポニョ ポニョ ポニョ さかなの子 青い海からやってきた・・・♪ 耳について離れない可愛いこの歌と、全体に流れるふわっとしたタッチの絵は、リアルに動く絵(こういうのもCGと言うのかな? 表現の言葉が分からない)と違い、温もりを感じる。機械でなく、人が一枚一枚愛情を込めて書き綴ったものには魂がこもっている。

続きを読む "映画「崖の上のポニョ」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

台湾の旅(4日目)

最終日、5:30に台北のホテルを出発して桃園空港へ。朝食つきのホテル代なのでと弁当を用意してくれた。マックだ。ちょっと嬉しい。

着いた時、5万円を札には と書いてある)に換金した。しかし、3分の1以上残っている。土産も買ったし、日本円に換金。こんなに早く銀行が開いている。やはり、国際空港だ。P1060947w540 P1070137w540

いよいよ台湾ともお別れだ! 

関空へは正午過ぎに到着。飛行機の到着時間が遅れることもあるので、座席指定は取っていない。乗れる列車に乗ることになっている。ところが「はるか」も「サンダーバード」も待たずに乗れて、予定より1時間も早く高岡へ到着。

この駅が、問題。リフトがないので、重い荷物を持って長い階段を上ったり、降りたり・・・。リフトがないのは、この行程で高岡だけだ。、世界遺産を目指すなら、まずはユニバーサルデザインを考えて欲しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

台湾の旅(3日目) 続き

九份へ出かけるとき、基隆のホテルへ荷物を預けてきたので取に戻る。

明日は、日本へ帰る。それも 早出なのだ。そのためには、飛行場に近い台北市でホテルを取る。基隆のホテルと姉妹店なので、ホテルの人にとってもらった。ここで、問題が・・・・  タクシーは、台北を目指して高速道路に入った。おかしい・・・。私たちは、基隆駅までのつもり・・・・・。即刻、基隆駅まで戻ってもらうことに・・・。しかし、言葉が通じない。戻ると言うことは分かったらしいが、「どこへ~・・・ 」と言うのが分からなかったらしく、元のホテルまで、行ってしまった。   と、ハプニングもあったが、電車で無事、台北へ到着

P1070133w540駅で話しかけてきた人がいる。隣に住んでいる人が日本人なので、 日本語を少し話せるとか・・・・。国際交流になったかな~

部屋は、ダブルベッドで一人一部屋。どんなに寝相が悪くても落ちない豪華版。(外国旅行をするときは、地元の人が泊まる宿もとるが、最後は疲れてきているし、豪華にしている) 

近くのデパ地下で(と、いっても地元のスーパー)土産を買い(家の子供たちには、土産は地元のスーパーかコンビニで地元の人が食べているものを買ってきて欲しいと言われている)、免税店が付いている高級ホテルで、ウインドウショッピングと一休み。

で、最後の夕食は、台湾家庭料理の老舗「青葉」へ。看板を見ていただくと「粥」のもじが・・・  「芋粥」が、名物だそうだ。 美味しかったかと聞かれれば?? サツマイモはP1070135w540_2P1070136w540「金時」「五郎島」のように美味しいものだが、昔を思い出す。

日本語入り写真付きメニューで分かりやすい。4人が夫々好みのものを注文。 分け合って食べる。ビールもしっかり飲み、最後の夜に乾杯。
さあ、明日は早朝出発。 モーニングコールを4:45に頼み、各部屋で就寝。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

台湾の旅(3日目)

29日 台風も抜けて やっと目的地に行くことが出来た。

<九份チョウフェン・きゅうふん)> 山の中腹に位置する街は、炭鉱栄えた。街並みは山の起伏に沿って並んでいるので、坂・階段ばかりだ。宮崎 駿の「千と千尋の神かくし」の冒頭の部分が、この街をイメージしたものと言われている。

P1070053v540 P1070066v540 細い路地の両側に店がぎっしりとつながり、提灯が華やかさとともにノスタリジックな雰囲気をかもし出している。お祭りに来ているようで、ここに居るととても楽しい。あちこちの店に入り、物色していると時間を忘れてしまう。P1070050w540 P1070078w540 台風が抜けたとはいえ、小雨が降っている。それに有名所へも入ってみたい。

写真左・・<九重町>初め泊まろうと計画していたが、TELで日本語・英語が通じず断念した所。せめて好きなコーヒーでも・・・       平生めったに口にしないティラミスとウインナーコーヒーを注文し、泊まれなかった分 ちょっと贅沢をした。  写真右・・<九份茶房>海を眺望しながらプーアル茶、ジャスミン茶などゆっくりいただく。

この台風の中、私たちと同じ物好きな人が沢山いて階段が見えないほど人で埋まっている。日本人のツアーの多いこと・・・。人気のスポットだと言うことを痛感する。

九份については、「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "台湾の旅(3日目)"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

台湾の旅(2日目)

今日も、やはり動けない。市内をふろうろするが<故宮博物館>でさえ、台風のため閉館。電車が動くようになっていないか、何度も駅へ時刻表を見にいくが、全然変わらない。

一つ開いている所を見つけた。P1060969w540 P1060970w540統一元気館>カルチャーセンターになっている。その横に<台湾故事館>・・・昔のおもちゃ・乳母車などを展示。日本で言えば、昭和3丁目の夕日の町並みができている。チケットには、金券が付いており売っている品物が 買える。 勿論食べ物も・・・    P1060975w540P1060982w540私は、菓子と絵葉書を買った。チケットで貰えるのでなんだか得した気分。

関東煮のおでん・氷水屋もある。暑いので氷水を食べようP1070002w540と言うことになり、メニューを見たが何が入っているのかさっぱり分からない。目くらめっぽうに注文する。写真は、豆と生卵の入った氷水。携帯と比較していただければ分かりますが、器はスープ用西洋皿(カレーライスにも使う)。ボリュウム満点。味も美味しい。しかし、満足しすぎ・・・。P1070004w540

トイレへ行くと、ここも凝った作り。手洗いが、ポンプになっている。(写真は暗くて見難いので大きくしてみてね) 何度もやらないと水が出てこない。若者は分からないのではないかと、老婆心。 なんとも楽しいところだった。

P1070011w540台北から東へ。目的地<>への途中、<基隆チーロン・きいるん)>まで、電車が動いたので移動することにした。そこは、港町。駅から大きな船が入っているのが見える。

相変わらず、台風が続いている。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

台湾の旅(1日目)

先月27~30日台湾へ行ってきた。相変わらず、往復の飛行機切符だけを持って・・・。いつもは、3人に旅だが今年は、清姫さんの同級生も加わって、4人旅となった。

寝る間も惜しんで、朝早くから関空へ。台北の飛行場は<桃園タオユエン)>。台北より西約1時間。日本との時差、1時間遅れなので現地時間3時到着。

インフォメーションに直行。台風のため、乗り物が動かず、目的地<九份>に行けないので台北市内にホテルをとる。P1060960w540日本で調べたときは、雨マークが・・    しかし、台風とは知らなかった)  ホテルの 前には、くろねこやまとが・・・  こんなところで見るとなんだか懐かしい。バイクの駐車場もぎっしり・・・(バイクが如何に多いか、至る所にあるP1060957w540P1060954w540

ガイドブックを頼りに、夕食は街へ。台風の影響か小雨と生ぬるい強風。街は人出で一杯。日本で言えば、東京だもんね。P1060948w540

<北平○○店>で、台湾1日目に乾杯。美味しかったこと・・・  写真は前菜。一品40元で選べる。日本では、ケーキがこのように出ますね。この店に、赤電話があって懐かしかったですよ。 この後、ピンク電話・緑電話と変化しましたから・・・

夜は、TVで台風情報。見ても場所・言葉も分からないのですが、各地の被害を繰り返し放送しているところは日本と同じでした。     明日は、目的地にいけるといいな~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

北京オリンピック開会式

北京オリンピック開会式を見ていました。チャン・イーモウ監督の演出とか・・・  やはり見せてくれましたね。

P1070186w540P1070213w540P1070210w540中国の文化 ・紙をテーマに、巨大な巻物に歴史を作り出す様は、大勢の一糸乱れぬパホーマンスの華やかさ、次から次と繰り出される あっと驚く演出に釘付けになってしまった。P1070205w540P1070218w540P1070215w540

外では、蜘蛛の巣と呼ばれる会場から、赤・青・紫などの光が漏れ、きれいだった。その屋根、回りでは何千(万かもしれない・・)の花火がこれでもかと夜空を焦がす。

P1070245w540P1070247w540P1070254w540各地で物議をかもし出した聖火は、空へと上がり巻物の上を走り、点火台土近づく。聖火台も巻物の形をしている。点火された炎は一瞬のうちに回り炎が立ち上った。

感動の開会式。伝えるのは難しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

相本商店のラムネ

P1070172v540 車に乗るときは、北日本放送 KNB をいつも聞いている。ラジオ番組「相本商店 いらっしゃいませ!」「5時間耐久・長がて長がてこたえられんが・・・!(長くて長くてたまらない!)」で、番組企画として<相本~・・・ラムネ><5時間~・・・サイダー>をつくり、売れ行き競争という形をとっている。

昨年までは、「そうか、そうか・・」と聞いていただけっだったが、今年は違う!! 製造は トンボ飲料 !! 娘婿が勤めている。しっかり協力しなくっちゃ・・・!! サークルK で売っている。 サイダーも買いたかったけれど、売り切れだった。 皆さんも買ってネ~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

美 白

P1060734w540 24金純金)が、美白に一番効果があるという。シミが多くて、そんなに効果があるならば・・・ と私も挑戦・・・・。顔が大きいので、一気に20枚貼った。新品仏像のようになって、30分。P1060868w540 セットになっている六角水化粧水)で溶かしながら、顔に浸透させていく。不思議なことに黒ずんだ水が、肌から出てくる。従って、美白になるという訳です。(金箔・六角水セットは、左

後のケアーは、いろいろあります。一つ一つは高価ですが、evian(フランスの飲料水)で伸ばしながら付けますので驚くほどでは・・・・

しかし、金箔が・・・・・ 躊躇しそうです。 効果の程は、会った時に・・・

詳しくは下記のブログにアクセスしてみてください。

http://itutoko.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (13) | トラックバック (1)

社交ダンス研修生

 甲子園 高岡商業 一回戦 勝ちましたね。おめでとう・・・・

P1060713w540 先月見学に行った、万葉福祉センター。今月から通い始めることにした。何しろ、昔温泉で踊ったことはあるが、ステップは何も知らず、一つだけの動作についていくのが、精一杯だ。

皆さん 長い間しておられるので軽やかだ。それに比べ 私は丸太んぼのようだ。こんな私に、代わる代わる根気よく教えてくださる。どれだけ経ったら少しは踊れるようになるか分からないが、皆さんの親切に早く答えたい。

   「張り切って 今日も足踏む ソーシャルダンス」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

親友 Kさんのおかあさん

8月1日 親友のお母さんが、82歳で亡くなられた。彼女は、スキル性の胃がん進行性の早い癌であり、アナウンサーの逸見清孝さんがそれだった)で、昨年12月いっぱいだろうと医者から言われていたのです。しかし、抗がん剤のお陰で、今まで元気に過ごしておられました。

彼女とは、何度も旅行をしました。上高地・九頭川付近の紅葉・温泉などです。そのときは、必ず全員においしいお弁当を作ってきてくださり喜んだものです。外国は、彼女の友達と3人で台湾へ行ったこともあります。今年に入ってからも、宮島峡温泉に入りながら「拾った命、とても嬉しい・・・」と話しておられたのに・・・   しかし、病魔は一休みしていただけでした。胃がんだったのに、痛がらず逝かれたことは何にも増してよかったと思っています。

私は、枕参りと3日の葬式にお参りをしました。葬式の日に「台湾の土産」を持って行きました。土産を買ったときは、まだ生きておられたのだし、一緒に旅行した特別な思いがありましたから・・・・      お母さんが帰ってこられたら、お供えして欲しいと頼んで・・・・

心より、ご冥福を祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

那須の与一に・・・・

ここ3週間、ほとんど家にいなかった。今日やっと 1日中家に居れるかな・・・・

書き切れなかった行事をもう一つ紹介します。

母校である伏木中学校に「弓道部」がある。昔 弓道部があり、復活させ立派な弓道場も出来ている。母校であるが、弓道部があったという話は私は知らない・・・。Dsc_0016w540

伏木港で船に浮かべた的に向かって矢を射るというイベントが行われていた。最後まで見たかったが、私たちは海上保安庁の船に乗らなければならないので、横目に見ながら通りすぎてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

越の国子供体験交流会

Dsc_0001v540 2日(港祭りの一環) 伏木と七尾の児童・保護者・実行委員会 90名の交流会です。そこへ、私たちのグループ写友会がお手伝いすることになったのです。

朝9:00過ぎから、古府公民館でセレモニー・「富山湾の特徴と潮の流れ」の講演を聴いたあと昼食。午後からは、海上保安庁の船「のと」に乗船し、富山湾を回ります。Dsc_0019w540 Dsc_0053w540

海上保安庁は今年60周年記念。船上では、乗組員の方に習って、海水調査も行いました。Dsc_0065w540 試薬に海水を入れ色の変化で判断するものです。

猛スピードで見る見る近づいてくる巡視船。あんなのに乗っていると心躍るだろな・・・。モーターボート大好きです。しかし、陸上に直すと40Kくらいですって・・・抵抗が大きいのですね。

半日、船の鉄板の上に居て暑いし、疲れてしまいました。

それに、昨日書きましたが夜の部もありましたし・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

伏木港まつり

8月2・3日(土・日)は港祭りです。いろいろ行事があり、一日中外に居て疲れました。

石川県七尾との交流会で海上保安庁の船に乗り、その足で夜店の準備。P1070161w540 私の担当は、写友会(伏木の写真仲間)で「宝つり」の店を出します。品物は、休遊品・取れたて野菜など、紐に付けておき吊り上げる というものです。1回 100円ですが、300円以上の組み合わせになっています。P1070164w540

そこへ我が家の孫が、毎年楽しみに横浜から手伝いに来ます。看板娘として会の方たちが可愛がってくださるし、本物のお金を扱うので張り切っています。

6年生になり、釣り紐の長さの微調整も出来るようになり、私としては成長を見るのも楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブログ講座 2回目

ウイング・ウイング 市民大学 学遊塾 ブログ講座2回目をした。前回は、ID・パスワードを取るとこまでいったので、今日は タイトル・概要・プロフール・本文・コメントと進める予定だった。

しかし、ログインに、ID・パスワードを入れても拒否されるばかりで開かない。中に4台ほどログインできたが、後10台はできないため、進めない。係りの方に来ていただいたが、「セキュリティが強いので・・・・」とのこと・・・。

これでは、続けても意味がないので 講座打ち切りの話をしていた。ところが「これからの講座にはセキュリティを弱める・・・」と係りの人がおっしゃってくださったので、次回 9月に3回目の講座を開くこととした。ブログ講座の許可書類・プレゼンと何度も審査があった)をもらったのだから、はじめからそうしておいてくれれば いいのに・・・・  せっかく時間を割いて来ていただいているのに、皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

自分のパソコンなら難なく出来るものを、公的なものを使うとなると無駄な労力が必要だ。    まいった!! まいった!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »