« 立山山麓 スキー場 | トップページ | 芍 薬 »

いつまでも柔らかい ポテトサラダ

風が強かったですね。ヒューヒューとうるさいほどでした。

サラダの定番 「ポテトサラダ」をどのように作っていますか? 私は、ジャガイモ・ゆで卵・その他・・・・ でした。暖かいうちは柔らかくて美味しいのですが、冷めると硬くぱさぱさになってしまいます。

新じゃがで、例のサラダを作ろうとじゃがいもをゆで、ゆで卵と一緒に潰そうとしたら、ゆで卵忘れていた(何時も、じゃがいもと一緒に卵をゆでている)。P1060263w540

「後から入れても一緒か・・・」と、いい加減な自分が顔を出す。じゃがいもを潰し、直接 生卵を投入。塩・胡椒、そしてマヨネーズも入れて、卵が固まるまで加熱

こっれは、大成功!!。 いい加減さもたまには役に立つ。「いつまでも、柔らかい ポテトサラダ」だった。今回は、大豆サラダにしましたが、具は自由です。お試しあれ!!

|

« 立山山麓 スキー場 | トップページ | 芍 薬 »

料理」カテゴリの記事

コメント

姫さん
私ぁ、もっぱら食べる人なので、、、
見るだけで、よだれが、出そう??(笑)

    imaichi

投稿: imaichi | 2008年5月21日 (水) 13時45分

ノーベル賞もののひらめきだ!!
だって、田中さんも「もったいない」精神で
新発見。
料理もやっぱり化学やよね。
上手に化けました。
「いつまでも柔らかいポテトサラダ」に
出来上がって、ご満悦の姫ちゃんの顔が
浮かぶよ。
生卵投入でハッシュドポテト風だから、
それを絞りだして焼いたら、焦げ目が
付いてまた、美味だよ。きっと!!

投稿: 笛子 | 2008年5月21日 (水) 15時12分

姫様

なるほど、これも私もいただきます
良い、アイデアですね。

私はポテトサラダは原型があるポテトの
方が好きなんですよ。
新じゃがの美味しいこと
我家ではまだとれませんが、新じゃがの季節は
サラダに煮付けにとジャガイモが活躍しますね
先日野沢温泉で芋なますを食べてきましたが
これが美味しかった。

投稿: りんどう | 2008年5月21日 (水) 16時12分

imaichiさん
歯の悪い人のも大丈夫・・・

投稿: 姫 | 2008年5月22日 (木) 01時15分

笛ちゃん
思わぬところで、いいものが出来て嬉しいよ。
「料理は化学」というけれど、どこでどうなったのやら・・・
調理のレパートリーも増えそう・・
早速 やってみっか・・・笛ちゃんに習ったのを・・・搾り出し器がない。そこはそこで、またいい加減に・・

投稿: 姫 | 2008年5月22日 (木) 01時22分

りんどうさん
新じゃがは、まず 粉ふきいもをつくります。皮付きのまま・・・ 昔 いっぱい食べましたから、懐かしいです。
「いもなます」・・・とても興味があります。魚といもの酢の物?? 教えてください。

投稿: 姫 | 2008年5月22日 (木) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/21064243

この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも柔らかい ポテトサラダ:

« 立山山麓 スキー場 | トップページ | 芍 薬 »