« 生菓子 「花 筏」 | トップページ | しゃくなげ »

合唱団Mitu コンサート

日曜日 清姫さんが所属している合唱団Mitu(ミィトゥ) 第3回 コンサートが、ウイング・ウイングであった。他にも、熊さん、Hさん、Tさんもメンバー。

プログラム 1 レクイエム・・・ドイツの方が作曲した「聖歌」 7曲(ドイツ語?で・・)P1050736w540   神様に敬意を表して、合唱団の制服。「週1回の練習で、よくもそこまで・・・」4部合唱が、綺麗にハーモニーしていた。

プログラム 2 友情出演 合唱団「あるも」 4曲

プログラム 混声合唱組曲 美しいものについてP1050739w540 ・・・高田敏子さんの「詩」に曲をつけたもの 5曲。高田さんの「詩」は、どれもやさしい。私も好きなものが、いくつかある。合唱曲として歌われた中で、一番好きだった「詩」を紹介します。(下の”続きを読む”をクリックしてください)   これは、気分を変えて私服。

アンコールは、2つの合唱団が仲良く「大地讃頌」でしめくくり。

映画「歓喜の歌」を思い出してしまった。働いているおばさんたち(Mitu)が週1度の練習で舞台に臨む。一方有閑マダム風(まるも・・・服装が立派でプロみたいです)の合唱団。すったもんだの末、仲良く舞台に立っている。

すったもんだは、ないのですが、合唱が本当に好きな人たちの集まりらしく、年々上手くなって・・・・ 感服です。

  すすきの原

さようなら さようなら

すすき穂のくりかえす

さようなら

ひがな一日

すすきは風に

さとうならを送りつづける

ごめんなさい

私はあなたにあのような

美しいさようならをしたでしょうか

あなたにもあなたにも

いつまでもああして

手をふりつづけていたでしょうか

私はうかつにも

別離がいつもあることに気づかずに

すぎていったように思う

私のまわりからいつとはなしに

時の流れのなかに

去っていった人たちのことが思われる

すすきの原

|

« 生菓子 「花 筏」 | トップページ | しゃくなげ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

合唱が趣味のお方を、私は尊敬します。
オタマジャクシに、疎いので諦めてますが。

  imaichi

投稿: imaichi | 2008年4月14日 (月) 07時02分

忙しい中を毎年聴きに来て下さりありがとう。

少しは上手くなったかしらね。 まだ仕上がっておらず、午前中の練習でつまずいた箇所(ごめんなさいの歌詞)で、案の定本番でアルトの音がくずれ、打ち上げでは皆で「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝っていました。

平均年齢はおそらく「あるも」の倍以上。 でも皆歌うことが好きな大事な仲間です。

これからも可愛がってくださいね。 

投稿: 清姫 | 2008年4月14日 (月) 11時06分

imaichiさん
私もそうです。しかしあなたは、クラシックが好きではないですか。私は、それも眠りぐすりでしかありません。

投稿: 姫 | 2008年4月14日 (月) 19時14分

清姫さん
良かったですよ。禅野さんとお姉さんと3人並んでみていました。
「ごめんなさい」の所だけ「ごめんなさい」だったね。
一つ、仕事を終え充実感と共に、楽しい旅ですね。

投稿: 姫 | 2008年4月14日 (月) 19時20分

高田敏子さんの素敵な詩ですね

私もこう詩が大好きです
心に響きますもの

投稿: りんどう | 2008年4月15日 (火) 06時19分

りんどうさん
ススキが揺れて、手を振っていると言う発想は詩人ですね。今日は、風が強いな くらいの発想でしかありません

投稿: 姫 | 2008年4月15日 (火) 17時32分

りんどうさん、
この他に、「紅の色」という詩も歌いましたが、これは、「やさしさとは ほうれん草の根元の紅の色」ということばがあり、やはり心に響きます。 きっと、りんどうさんもお好きじゃないかな、と思って・・・。

ようこさん、
メールにも書いたけど、MiTUのソプラノさんがアクセスされたようですよ。 何か不思議な気持がしますね。

投稿: 清姫 | 2008年4月15日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/20213802

この記事へのトラックバック一覧です: 合唱団Mitu コンサート:

« 生菓子 「花 筏」 | トップページ | しゃくなげ »