« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

もくれん

「サンライフ」 (勤労者余暇利用センター)全国にあるそうですから、ご存知の方も多いだろうと思います。ここは 「高岡サンライフ」 。公共のスポーツセンターといったところでしょうか。P1050413w540 P1050416w540

 そこには、誰が持ってこられるのか分かりませんが、大規模な花が ときどき活けてあるのです。昨日は、「もくれん」の花でした。丁度 今 咲かんとしています。

これを見ながら、知らない者と分からない者の話。「本当に もくれん?」「もくれん こんなに沢山花をつける?」「こぶしじゃな~い?」「こぶしなら、桜と同じ頃だけど もくれん もうちょっと遅くな~い?」「分からん。どっちだろう・・・」  職員の方は、「もくれんだと言って持ってこられたよ」P1050411w540 P1050407w540

もう一つ 黄色い花が・・・ 名前を聞いたのですが忘れてしまいました。

春は 「万作」に始まり、黄色い花から咲く といいますから・・・                                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログパーツ

ブログパーツブログ右側につけている)を紹介します。

Blog Pet・・・今 ペットは3匹かこっています。うさぎの「ぴょん」 ペンギンの「よっち」 かめの「かめじろう」です。よろしくお願いします。

今日 遊びに出ているのは、うさぎの「ぴょん」。時々、入れ替わって遊びに出ます。  皆さんも遊んでやってくださいね。「ぴょん」をクリックすると、おしゃべりをします。初めは、「一語文」だったのですが、今日から上手く行けば、「二語文」「三語文?」 おしゃべりをするようになりましたが、まだ、意味不明なことを言います。遊んでやればやるほど、上手におしゃべりするようになるようです。

Rilak kuma・・・黄色い戸が閉まっていましたら、ノックしてください。くまくん・こぐまくん・ひよこさんがいて、なんとも言えずのんびりと過ごしています。癒されますよ。

国盗りカウンター ・・・各県の方が見ていただくと、その県の色がだんだん変ってきます。Top10 の所をダブルクリックすると、どの県の方が多いか数字で現れます。しかし、不思議なことに「ココログ」に付いているアクセス分析とは異なっているのです。

日めくりカレンダー ・・・可愛い猫が毎日変ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

4月の玄関飾り

下駄箱のあきスペースを利用して、季節をイメージした物を飾っている。今月は、若草色の端切れを買ってバージョンアップを図ったつもりでしたが、夫 曰く「新興宗教みたいやの~」   言われてみれば、それもそうか・・・P1050320w540

窓のカーテンのつもりでしたが、皆さんもそう見えますか? 中央に下げてあるのは韓国で買った「ノリゲ」デザインは「蝶」・・チマショゴリの飾りです。小さいのは、蝶のストラップです。蝶は、幸せを呼ぶのだそうです。そういえば、チャングムまた始まりますね。

P1050225w540下は、うさぎの親子。あひる、にわとりも一緒に遊んでいる・・穏やかな家庭の雰囲気でしょうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月の花(玄関)

古城公園の横(桜馬場通り)を通りましたら、桜の蕾が膨らみ赤くなっていました。中に3~4輪咲いているのもありました。もう春本番です。P1050388w540

我家の玄関も、春にしました。

「さくら」「菜の花」 これを置いては考えられませんね。

さあ~ 今年はどこの花見にしようかな・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

古城公園の花

♪ 梅は咲いたか 桜はまだかな~ ♪ と、粋な歌があります・・。

公園の梅は、そろそろ終盤?  まだまだこれからというのもありましたよ。P1050349w540 P1050361w540

写真左・・獅子頭バラ科・サクラ属、紅色八重・・花弁が抱え込むように咲く姿は豪華

写真右・・思いのまま枝によって花の色がさまざまに咲く、別名・・輪違いP1050356w540 P1050341w540

うぐいすの鳴き散らしらむ 春の花 いつしか君と手折りかざさむ  大伴 家持

東風吹かば 思い起こせよ梅の花~~ 公園の中の射水神社。飛び梅ではないですが、紅白梅は神社に付き物・・・P1050346w540

堅香子かたかご)の花

もののふの 八十娘子(おとめ)らが汲みまごう 寺井の上の 堅香子の花  大伴 家持

万葉の詩人 家持が、高岡市伏木で詠んだ歌に由来し、かたかごの花を市の花と制定した。従って、公園に自生していたわけではなく、象徴として植えられて物です。

桜は、「もう少しお待ちください」と言っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花見 もうすぐですよ

朝は冷え込んだが、日中は穏やかな日差し。午後 古城公園へ 一人で散歩に出かけた。子供ずれ、孫ずれ、犬ずれ、友達ずれ、小学生集団など沢山の人が出ていた。小さい子供に声をかけたり、犬と遊んだり結構楽しんできた。なんと こんな所で小学校の同級生とぱったり会って、おしゃべりに花が咲いたりして・・・P1050333w540 P1050380w540

公園の中は、ちょうちん付け作業の真っ最中。花見の準備が着々と行われていました。

P1050377w540 ソメイヨシノ」 こちらも蕾がだいぶ膨らんで開花準備は万全のようですし・・・

もう、10日~2週間後 かな~ 楽しみだね・・・・  

P1050369w540P1050371w540小竹藪(古城公園の一部の名称)にある 「キンキマメサクラ」・・ 本州の中部地方西部以西に分布  ーガク片が極端に小さいー ・・は、満開でした。一本しかないのですが見事です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

宮島峡(小矢部)

急に思い立って、宮島峡にある 「滝の荘」の風呂へ親友 Kさん親子とでかけた。実は、平成元年に始めての海外旅行に出かけたメンバーと20年来の付き合いをしている。その名も 『ヨーロッパの会』。毎年 一度会って 交流会をしているので、場所探し・・・。 と称して出かけてのです。近くにいても、まだ一度も行っていないし・・・P1050302w540 P1050314w540

宮島峡は、子撫川に沿ってこじんまりと出来ている(富山県人は、立山連峰を控えているので 「峡」 と言えば大規模な物を想像する)。そこには、『一の滝・二の滝・三の滝』があり、こんなに立派にしなくてもいいと思えるほど立派な遊歩道がついている。P1050318w540 P1050316w540

曇り空ながら、早春の風は温かく、歩いていても気持ちがいい。道沿いには、ふきのとう・雪割りそう・紅白の梅などが、目を楽しませてくれた。

『滝の荘』の入湯料 500円。シーズンオフなのか、時間帯なのかお客さんが少なくゆったりとできた。温泉は、やわらかく気持ちよかったし、朝の散歩コースもいいし、ここに決めることにした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鮎 や

母(89歳)は、魚料理が好きである。特にには目が無い。毎年1~2度、鮎料理を食べに行くのを楽しみにしている。今年も、庄川の『鮎や』出かけた。こんな時、車椅子が活躍する。我家から『鮎や』まで 小一時間かかる。P1050284w540P1050267w540

写真左・・店の中に生簀があり、黒く見えるほど鮎が行き来している。立てかけてあるたもですくう。

写真右・・流しで串刺しにされるが、まだ生きている。これを食べると思うと少々残酷な気にもなるが、おいしい。P1050268w540 P1050281w540

写真左・・備長炭で 塩焼き専門の職人が鮮やかな職人芸で焼き上げる。

写真右・・鮎定食 鮎の刺身、鮎・山菜の天ぷら、酢の物、鮎すり身のすましじる、鮎塩焼き(7匹) 2,680円 鮎飯は別料金で1,000円。

毎年恒例、今年も家族揃ってくることが出来た。来年も揃って来れますように・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

車椅子マーク

母(89歳)は、病気ではないが外出する時は車椅子が必要だ。P1020641w540 車椅子は、昨年 孫に買ってもらったと喜んでいる。

私が、車椅子をトランクに載せて病院や食事でかける。しかし、車椅子マークがなかったので、母を降ろして安全な所へ置いてから駐車場へもってP1030679w540いく。

マークが欲しくて、色々な人に来ても売っている所がわかない。車椅子を売るとき付けておいてくれればいいと思うのだが・・・

物は試しに、オートバックスで聞いてみた。何んとあっさり「ありますよ・・」  こんなことなら、早く聞けばよかった。特別な所に売っているとばかり思っていたので・・・

これで、車椅子用の駐車場に止めることが出来て、便利になった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 「ライラの冒険」 黄金の羅針盤

「ライラの冒険」ー黄金の羅針盤ーは、3月1日から始まっていた。どうしようか迷っていたけれど、ぽっかり時間が空いたので見ることにした。急に・・・ というのが失敗の元。ファンタジーの世界は現実離れしているので、予習が無いと理解しにくい。 三部作で、これは一部。 プロローグを兼ねているので特にそれぞれの繋がりを探らなくてはいけない。

同じファンタジーでもハリー・ポッターは本を読んで、あそこの場面は映像でどのように表現するのだろうと楽しんだ

P1030891w540 ライラ(12歳の少女)の住んでいる世界は、人間には必ず[動物の形をした精霊・ダイモン]が、ついていて行動を共にする。ダイモンとは、魂・心。にらみ合いをすると、お互いのダイモン同士が喧嘩する。心を表現するには分かりやすい。子供のダイモンは、成長過程なのでよく変身する。大人についているダイモンは、一つの動物に定まっている。  ライラの叔父さんは、学者で探検家。

魔女族もダイモンがついているが常に一緒ではない。ライラの味方。

勇敢な戦士 鎧熊・イオレク。熊の王子だったが、追放され鎧も取られ酒飲みになっていたが、ライラの黄金の羅針盤でありかを見つけ、鎧を取り戻す。

ある日からライラの世界の子供たちがいなくなる。ついに親友までも・・・ うつくしいコールター婦人ニコール・キッドマンは女性から見ても本当に綺麗な人です)が、子供のダイモンを捕らえ引き離すと子供は心を失ってしまい婦人について行く。そして、ライラも・・・ 途中で、そのことに気がつき逃げ出す。

黄金の羅針盤、ライラが知りたいことを願うと針が教えてくれる・・  北方に連れて行かれた子供たちを救出に向かう・・・ 味方は羅針盤・鎧熊・魔女・気球に乗ったおじさんなど・・・ 

皆さんに、どこまで理解していただけたか分かりません。書いている私の理解が怪しいのですから・・  二部・三部と進むに従ってこの世界も(腹に落ちて来るというか)分かりやすくなるかの知れません。私自身は、こういう世界を楽しむ柔らかい心を何時までも持ち続けたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

いちご大福

笛ちゃんから 手作り 「いちご大福」 をいただきました。P1050287w540

実は、家に頭の黒い(白かな・・)ねずみがいまして・・・ 気がついた時には少なくなっていたのです。

笛ちゃんは、和菓子が得意洋菓子も上手なのですが、和菓子が出来る人は少ない )で、時々頂きます。いつも思うのですが、お店で買ったのより小ぶりで上品です。P1050291w540

この いちご大福 甘さ とっても控えめで、口に合います。[ー・・・大野屋の「とこなつ」 口をどこへ持っていこうかないほど、甘くて食べられないのです・・・ー] それに比べ、イチゴは甘いし、求肥といちごの甘さバランスがよく、おいしかったのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

全自動似顔絵

ネット友達(りんどうさん)さんが、友達から送られてきたと [全自動似顔絵] を描く URL を載せていました。自分の姓名を入れたら、あっという間に出来ます。

これが 私の若かりし乙女時代の似顔絵です。Img1

どうです?  そっくりでしょう・・・・!! (^-^)  ニコニコ  特につぶらな瞳。 違うよ!!””    という人は、本当の私を知らない人 ね・・・・!”” 

うそだと思うなら、あなたもやってごらんよ・・・・   URLは、下記。

http://crocro.com/auto_nigaoe/

とっても楽しいよ・・・・  子供の似顔絵まで出来るから・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふきのとう味噌

清姫さんのリクエストで 私流 [ふきのとう味噌] の作り方を載せます。(昨日は、ココログメンテナンスがあって載せれませんでした)

写真左・・・P1050229w540 P1050240w540 作る量にもよりますが、ふきのとうは案外沢山必要です。ざるの直径29cm 盛り上がるほどあります。あまり開いた花は切り取ります。もちろん綺麗に洗ってください。

写真右・・・さっとゆでます。ゆでると、量が がさっと減ります。(これだけになりますP1050243w540 P1050254w540

写真左・・・水をしぼり、みじん切りにします(すり鉢でする人もいますので、丁寧に切ってください

写真右・・・まず、鍋(これは、18,5cm)に味噌を作ります。味噌の量は、ふきのとうと同量か心もち多く用意します。砂糖・みりん・酒・蜂蜜・だし(かつを+昆布 ステック状の物)を入れ、加熱しながら(中火) 好みの味に整えます。みじん切りにしたふきのうとを加え、混ぜながらぐつぐつ言うまでにます。

熱いご飯に載せて食べると、熱で香りが引き立ち一段と美味しく思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高嶺の花

近所の「時光堂」(時計屋さん)から、宝飾展をするので見に来て欲しいと訪問があったので 『目の祭り』をしに行きました。P1050220w540

店いっぱいに、ネックレス・ブローチ・イヤリング・タイピン、バックなど並んでいます。真珠まつり と称し、入ると真珠ネックレスがすぐ目に留まりまりました。P1050214w540 P1050217w540

後ろの方には、黄色の真珠をメインに18Kの葉、ダイヤを散りばめ・・・・・           1,470,000円。自分に合うか合わないかは別にして、好きでした。(あなたが、好きでした・・・告白みたいになりましたが・・

プラチナのネックレスは、すずらんのデザイン。やはり、真珠にダイヤモンド・・・・  プラチナは、K より高価だから・・ね。       いずれも、東京・銀座 RIZ jewery P1050219w540

一番お気に入りだった 『蛇皮』のバック・・大きさ、軽さ、使いでの良さ・・買おうかなと思うには程遠い 378,000円。

写真は、写しやすいようにお店の人が角度を変えてくれたりしました。写真とってはいけないなどと けちなこと言わないで、こうこなくっちゃ・・・。

小さい町なので、知り合いの人に何人も会いました。「買ったの~」とは聞けませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

技あり(?)珈琲

13日(木)に書いた、「春のおばんざい」に続きがあったんです。所は、富山市二口 「和 庵」なごみあん)。食事の後、珈琲付きだったんです。それは、普通の珈琲。珈琲好きの私は、もしかして・・・と思って、変った物には手を出さない。(エクスプレッソなんてものは、珈琲も中に入らないと思っている・・・) が・・・・

メニューの作りが素敵だった・・・色合い、ネーミング・・・のと、「これが、一番の人気です」といわれ、ついつい注文したのが 『蜂蜜と生姜の珈琲』 580円。笛ちゃんが頼んだのが 『あずき珈琲』 600円。P1050171w540

赤い毛氈お休み所を思わせる・・・)の上には、小ぶりの桜餅桜色した求肥、抹茶アイス。女性受けしそうでしょう。  と ばかり言えないんですね・・・。一組だけいた若い男性二人、二人とも携帯に収めていましたよ。

肝心の珈琲は・・・  抹茶茶碗に入ってきた。本当に 千切りにした生姜が浮いている。苦いので、蜂蜜シロップとミルクを足して飲む由・・・  笛ちゃんのは、珈琲の下にたっぷりと小倉あんが沈んでいる。お互いに、一口づつ飲みあいっこして 「もういいや・・・・」

やっぱり 普通のにしておけばよかった・・・ や~ でも、目は楽しかったよ。

他のネーミングを紹介すると<ウインナー・・北山><カプチーノ・・太秦(うずまさ)><カフェオーレ・・嵯峨野>など

| | コメント (6) | トラックバック (0)

彫刻 二人展

小学校の同級生 舟木 佳彦氏が、青井美術館で 「彫刻 二人展」を 3月13日~4月3日(木)~(木)やっていると言う案内状を頂いたので鑑賞に行ってきた。P1050187w540 P1050189w540

左・・・「The Time」 人生を船にたとえ、航海した後に残るのは、家族→夫婦である。船の中は凹凸を作り、楽しさ・苦難などの象徴にした。今までで、一番の出来だそうだ。

右・・・「暗箱」 箱になっていて蓋が開かないように鎖で封をし、錘までつけてある。

もう一人は、砺波の方で 堀田 清氏。P1050192w540

二人とも、FRPというプラスチック(船を作る素材)を用いる。塗装をして質感を出すのだそうだ。作品を触ってもいいので、興味深く触りまくってきた。軽い。私でも動かせる。

創作するとは、大変なことだろうが質感はなんとも言えぬほどいい

紹介したほかにも作品がある。作品に触ってもいいという人は、いないのでこれだけでも楽しい。まだ期間があるので、見に行ってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイヤの履き替え

3月になり、暖かい日が続くようになり、スノータイヤが気になってきます。タイヤ交換を息子に頼んでもなかなかなので、今年初めて 米島モータース へもって行きました。P1050177w540

設備・道具・熟練した技で、社長さんとしばらくしゃべっている間に、すぐ終わってしまいました。黄砂が降って、車が汚れていたのをサービスで洗車までしてもらいました。P1050175w540

米島モータースへタイヤを預けておくと、1年間 預かり料 5,000円。4本 タイヤ交換 3,200円。今後、ずっとお願いしてきました。末永くよろしく・・・・

今日もまた、『薔薇の花』をいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふきのとう

暖かい日でしたね。伏木で(測候所があります)12,7℃あったとか・・ 富山ではもう5℃ほど高かったようです。裏庭で 「ふきのとう」を見つけました。今年、 です。P1050184w540

何にしようか・・・ お初は、やはり天ぷらでしょうね。ふきのとう味噌も作りたいけれど、今度 採れたときにしよう。

ちょっと苦味がある、独特な香りが大好きです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春のおばんざい

春の陽気に誘われて、笛ちゃんに連れて行ってもらったレストラン。珈琲菓楽『和 庵』なごみあん)。富山市二口にある。

昼食なので、笛ちゃんが11:00に迎えに来てくれて出発。しかし、満席で、1:00に予約して散歩へ。丁度 目の前が公園だったのでぶらぶら、隣のお店ののぞいたり・・・  これはこれで、のんびりといい時間だった。P1050163w540

大名膳といいますか、抱えるほどの大きな椀が運ばれてきた。蓋を取ると目にも鮮やかな、和風・春の膳

P1050165w540 P1050166w540

目を楽しませてくれた一番は、桜色したしんじょう()・・外は、もち米中央には塩漬けした桜、中は、本当はよく分からない。そして、菜花・土筆をゆばで巻いてある。

鶏の唐揚げも海苔で鉢巻をすれば、れっきとした和風。こうゆう物を見ると、ちょっとの工夫で素材も生きるということがよ~くわかる。しかし・・・・ 一つだけ作るのならば・・・・ こりゃ完全に負け惜しみ・・・・おばんざい代金 一人前 1,380円。女性客ばかりでした。 

おいしかったし、楽しい一日だった。また、どこか連れていってね、笛ちゃん・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

つばき展

8~9日(土・日) 高岡文化ホールで「つばき展」があった。その中で、珍しいと思った物(詳しくないので、本当は珍しい物がどれなのか分からない のですが、勘で書いています)を、紹介します。P1050103w540P1050101w540P1050108w540

              

白の椿・・白鶴の舞   赤の椿・・ファイヤーダンス          えんじいろの椿・・ブラックオペール P1050115w540         P1050110w540 

椿らしかぬ葉ついたもの・・ハイドウン

古木に花を咲かせた物・・那古井の春 (花が肉厚です

たくさん載せられないので写真は5種だけにしましたが、数えられないくらいの種類があったのです。  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「エルザベス・ゴールデン・エイジ」

P1030890w540  25歳でイングランド女王に即位。エリザベス1世が誕生する。

この映画は、1587年スペイン軍が大群を引いて攻めて来たが、勝利するまでの話である。エリザベスを演じるのは、ケイト・ブランシェット。TVで、前編・後編に分けて放映していた。その時も、ケイト・ブランシェットだった。P1050092w540

女王は、愛するアメリカ大陸から帰還した航海士ローリー。 アメリカ大陸・航海は、女王にとっては未知の世界。冒険話を聞くたびに心が躍る。そして、身分を越えてお互いに引かれていく。しかし、最高権力者であるがゆえにあきらめなければならない。自分の分身ように可愛がっているベスに近づけるが、狂おしい嫉妬が襲ってくる。(この服装は、ローリーの話を聞いている時着ていたものP1050088w540

女王は、裁く。教会へお祈りに行くエリザベスを、昼日中暗殺しようとした者がいる。エリザベス暗殺を企てたのは、スコットランド女王メアリー・フチュアート(小さい島に幽閉されている)。従妹を制裁しなければならない苦悩を強いられる。

女王は、祈る。光り輝く新時代を信じて、(ヴァージン・クイーン)は、毎日、あらゆる敵と戦い祈り続ける。(この服装は、教会へ行く時着ていたもの)  ヴァージン・クイーン・・・愛を断ち切り、結婚をしないで国のためにささげたP1050091w540

女王は、闘う。1587年、世界制覇にためスペインは大艦隊を組織し、イングランドに侵攻してくる。(この時代、スペインはヨーロッパでは巨大な国であった)「私は、皆さんと一緒に闘う」と戦場に立って鼓舞し、戦闘力を揚げる。自然気候が味方し勝利を収める。(この服装は、戦場へ出たとき着ていたもの

一つを手に入れるために、沢山のものをあきらめなくてはならない。何よりも決断が迫られる。作戦を立て、部下に相談をしても「お決めになるのは、殿下、あなたです」。暗殺に怯え、愛をあきらめ、どこから攻めて来るか分からない敵を制し、国を愛した女王。国民から、今も愛し続けられているエリザベス1世のすさまじい人生。見ごたえがある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほたるいか

春になり、富山は『ほたるいか』の季節を迎えました。まだ、『はしり』ですが・・・。2週間(定かではありません・・来年はメモを取ります)程前でしたか解禁になったばかりです。都会の高級料亭へ出荷され地元でも数が少ないのです。

P1050150w540しかし、<地元にいて食べないほうは無いだろう> と頑張りました。皿の上に並べたら、15匹(小さくても単位は、ぱい かな )。『からし味噌』をつけて、これでいくらだと思いますか?  580円です。5人家族なので、1人 3匹です。頑張りました と書いたのが分かっていただけますか? これは、新湊産です。地元といえども、生の物はなかなか手に入りません。体長は5~6cm すぐに痛んでしまいます。

遅く帰って夕食を食べる子供たちに 「口が曲がらないように気をつけなさい・・・・」と手紙を添えました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

万作の花満開

P1050140w540P1050141w540万作の花が満開になりました。土佐水木の蕾もふくらみました。黄色い花を枝垂れのように咲かせるのもすぐです。もう といってもいいですね。

お茶のお菓子も 春色 でした。 P1050127w540                        萌黄色の中に「早わらび」が・・・(中は小豆外はカステラ)。‘‘水温む”と命名された饅頭(桜の木と水、一粒の小豆は、岩? 魚? そして波紋・・・)。桜の模様が施された煎餅(中にはゼリー)。

お茶席は、季節を先取りしながら、四季の移りを楽しみ日本人の感性を育てるのですね。とりわけ、春は待ち遠しい・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

写真展・つばき展

「四季のいろ」 と題して、文化ホールで日本風景写真協会の展覧会が催されているので見に行った(土・日もあるが何時も車が一杯で入らないので避けている)。どの作品も、アングル・時間・ピントなど考えられ、参考にもならないほど素晴らしい物ばかりでした。自分の作品ではないので紹介できないのが残念です。

P1050124w540実は、同級生Nくんも出品しているのです。エレベーターに乗ろうとしたら、知り合いのFくんが・・ つばきを運んでいる。「どうしたの・・・?」「明日からつばき展があるので、運んでいる・・・」 そこへまた高校の同級生Kくん が、空の台車を引いて、エレベーターから降りて来た。「どうしたの・・・?」「つばき展・・・・・」  会った友達3人は、直接の知り合いではなかったが私を介して知り合いになった。キューピット役で、私にはいい日だった。

つばきは、後日、載せることにします。とりあえず、つばき展は、文化ホールで 8日(土)~9日(日)です。これでもかと思うほど たくさんの種類がありました。そして、とても綺麗でしたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

折り紙・菓子入れ

母( 満89歳 )を病院へ連れて行く。何時も 11:30の予約なのに、呼ばれるのは 1:00を過ぎてしまう。見てくださる先生も大変でしょうが、待っているほうも根気がいる。退屈なので待っている間に遊ぶ物・・本・クイズなど・・を持っていくのだが、今日は『折り紙』を持っていった。

「何を折っているの? 私も好きだから・・・」と隣に座った人がいる。「きりんを折ろうと思って・・・ あなたも折りますか?」と、折り紙をあげようとしたら 「もっと簡単な方法があるよ」と、色々教えてもらった。

P10500871色々教えてもらった中から、『菓子入れ』を紹介します。千代紙2枚リバーシブルにします。基本形は 『奴さん』。私にも理解できる簡単な折り方でした。お陰でとても楽しい待合時間でした。

その方は(私より少し年上らしい)、幼稚園の時習った物だそうです。よく聞くと、東京の幼稚園出身でした。田舎じゃ何も習わないわけで、”託児所”と言う所にただ放り込まれていました。滑り台だけあったのを覚えています。

東京では 『幼稚園』 、田舎では 『託児所』といい、習っていたことも雲泥の差があったのですね。今の時代は、なおさらのこと・・・    田舎は 「たそがれる」ことができるのが、いいとろかも・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

自然のスクリーン

啓蟄だそうだ。

3月に入っての雪・・何と言うのだろう。花雪勝手に命名)。降ったかと思うP1050078と思うと、日が当たりきらきら輝く。また降る。日が当たる。の繰り返しの日でした。

写真は、お出かけの帰り「城光寺橋」から撮ったもの(下は、小矢部川)。晴れていれば、赤い橋の向こうに立山連峰が見える。今日は、グレーのスクリーンを下ろしたようになって、日の光が際立って、幻想的な風景でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

龍尚会

2月17日(日) 私が『謡』を習っている瀬賀尚義先生の「20周年記念」の発表会があった。先生は、能笛のプロ北陸では一人)。他の人は、「笛」だけとか「笛と謡」を習っておられるが、その先生に「謡」だけを習っている。

P1050072w540発表会の日、扁桃腺の熱があり大変な思いをした。私の出番は最初 何んと 8:30。着物を着て出かけなければならない。

20周年を記念しておめでたく、会長さんと 連吟で「鶴 亀」。(連吟・・シテ(主役)とワキ(準主役)だけで(コーラス)は付かない) 私は、シテ。

私にとっても記念なので、写真をいまいちさんと一歩さんにお願いした。静止画像を1~2枚と思っていたのに、動画でCDまでしていただいた。(いつもなら、会の人にお願いするのですが、自分たちの会なので係り活動に忙しいのです

以下、北日本新聞の文です。"続きを読む:龍尚会"をクリックすると読むことが出来ます

続きを読む "龍尚会"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

駐車券

このごろ、「ウイング・ウイング」へ行くことが多くなった。この中には、「マンテンホテル」「志貴野高校」「高岡図書館」「市民大学・たかおか学遊塾」などがある。

そこは、駅前の市営駐車場と渡り廊下でつながっていて、一時間は無料。私用で行っても公用で行っても、一時間過ぎたら駐車料を払わなくてはならない。

P10500431写真は駐車券。それぞれ 1時間 2時間分。マンテンホテルの「BON」で、飲食をすれば、一時間 100円 二時間 200円で駐車券が買える。最も、飲食代が高いのでどちらが得かはそれぞれの判断だが、会合で疲れたときや時間待ちの時など、使用している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雛菓子

P1050065w540 土曜日は、お茶のお稽古日。主菓子も出たが、セロファンに包まれたこの雛菓子もあった。お稽古中も 相変わらず、にぎやかな面々。

「わ~ かわいい・・」「めがねかけて、よく見たら 女雛 おばあさんみたくな~い・・」「え~ どこが・・」「黄色い髪飾りかも・・・」「いや~ 目鼻の位置・・・ 上に上がり過ぎているんじゃな~い・・・」「子供の目鼻は、真ん中より下に描くと可愛く見えるよ・・・・」

みなさんも 写真を大きくして写真をクリックすると大きくなります )特とご覧あれ!!

お雛様のルーツは、紙人形に災いを託して、水に流したとか・・・・・ 私は、お腹の中へ流しましょう。そして、何時の日か水に・・・・ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

四季彩サラダ

P1050038w540四季彩サラダ」と命名してみた。

材料は、干し柿秋~冬)・・・鏡餅の上の串柿を水につけ 戻した物。 茗荷)・・・夏 沢山頂いたので酢漬けにしてあったもの。 ミニトマト)。 菜花)・・・こちらでは、はしり?出盛り? 春雨

なんのことはない。冷蔵庫にあるものを入れ、季節の物を添えたと言う方が正しいかもしれない。しかし、サラダとは不思議な物で、ドレッシングが味をまとめてくれる便利な料理だと思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

南京花桃

何時も急いでいて、欲しい物だけ買って飛び出してくるのに、今日は時間がたっぷりあった。気持ちにゆとりがあると、普段目に付かない物も見えてくる。P1050031w540

サティの花屋さんが目に留まった。チューリップ・アイリス・菜の花など、春の花がいっぱい並んでいます。その中に、日本()桃、南京花桃なんきんはなもも)が、ありました。

南京花桃は、花が八重で大きく華やかです。枝垂れになっています。枝垂れ梅は、知っているのですが、桃にも、枝垂れ桃があるのでしょうか? やっぱりあるのでしょうね・・・・。

花屋さんは、春満開でした。閏年 2月29日(金) 「春一番」 吹きました。気候的にも、そろそろ 春本番 を迎えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »