« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

遊んでみました

マンテンホテルの2F 「BON」 というレストランがある。マンテンホテルとウイング・ウイングが併設いているので、時々寄ることがある。ここで 昼食に食べた 「木の子ネーミング通りの文字ですスパゲティ」P1050025

器が四角く いかつい感じの物に入ってきた。写真に撮ったがどうしても空白が多く様にならない。そこで、HPビルダーの機能を使って回りを可愛くしてみた。自分としては、空白にぴったりおさまり良くなったと思っているがいかが? まぁ~ 自己満足の世界だから・・・・ うふっっ・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

短靴(ブーツ)と雛菓子

昨日、夫は仲良しの友達との飲み会があって、いい気分で帰ってきた。「靴の履き心地 いつもとちょっと違っている・・・」「いい気持ちで わいわい言って出てきて、お互いに誰の靴か分からんがに なったがでないが(分からなくなったのではないですか)・・・」「そうかの・・・・」  男の靴は、みんな同じように見えますから、酔っていると無理も無いかもしれませんね。

短靴・・・雪国なので沢山雪が降れば、長靴を履きますが、あまり無いときは、短靴を履いているのです。特に短靴・長靴はデザインが少なくどれも良く似ています。

案の定 朝、「靴 変っとらんだぁ~:、、・・‘‘」 「履き心地が・・・ といっていましたよ:,,,***・・・」「今日、そちら方面へ行く用事がありますから 持ってきます」

と 言うことで、サティのヘルストロンへ行った帰りに寄り、靴の交換をしてきた。昔、同僚だったので、ご夫婦ともども私も良く知っている人なのでP1050030w540す。

朝から、色々なところを周り 疲れたので、友達の家へコーヒータイムに寄った。スポンジケーキとコーヒーを頂いて一息ついて、一時間ほどおしゃべりに花が咲く。お土産に可愛い「お雛様の主菓子」と夕食のおかずを持たせてくれた。持つべくものは、友 だね。cake

| | コメント (3) | トラックバック (0)

3月の花(玄関)

2月 もうすぐ終わりですね。 カレンダーが、また一枚・・・・

玄関のP1050024w540花を 「3月の花」に変えました。

3月は、ひなまつり。 ひな祭りと言えば、「桃の花」。 単純な発想です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

折り紙 「 籠 」

手先を動かしていると、ボケないとか・・・                  銀行へ行った時、素敵な折り紙の作品が展示してあったので、講習会に申し込みました。私の折れる物で一番難かしいのは「鶴」。だから、折り紙にそんなに興味があったわけではありません。展示された作品には、難かしそうなものもありましたが、中には私でも出来そうなものもあったのです。P1050017w540

で、第一回目の講習会で習ったのもです。15cmの千代紙を20枚使います。同じ折方で20個作ります。それをつなぎ合わせて「 籠 」になります。なかなか根気の要る仕事でした。P1050021w540

一つのパーツが、何重にも折りますので、結構丈夫なようです。中へ、自分の好みに合わせて入れるものを変えることができます。今回は季節柄、「おひなさま」を飾ってみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山県で高波被害

富山県 入善で高波の被害があり、TV で、幾度も流れていました。P1050015w5407mの防波堤を超えて一気に流れ込んでくる海水、地元の人はどれだけの恐怖だったでしょうか。 行方不明の方 1人。重軽傷の方 5人。お気の毒なことです。

富山県を大きく分けると、西部と東部。西部(私の住んでいる高岡は西部です)の方は、能登半島があるので、穏やかな富山湾。東部は、半島より少し離れています。特に 被害のあった入善は、新潟県との県境に近いので、富山湾というより 日本海です。

それにつけても、住めば都 高岡は穏やかでいいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふわふわ厚揚げのとろろかけ

ここ一週間 のどが痛い。そのため、口の中が熱っぽく食欲もあまりない。これはこれで喜ばしいことだが、その割には、ね・・・

P1050004w540つる~ん と、食べやすい物を・・・・

「ふわふわ厚揚げのとろろかけ」  ふわふわ厚揚げとは、商品名ですが、普通の物よりやわらかいのです。

煮汁は、甘くどく作ります。厚揚げより水分が出るのと、後で、とろろをかけるためです。厚揚げを、三角に切り、煮汁で煮含める。熱いところを器に盛りととろをかけ、青物を添える。   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

黒いラーメン

ウイング・ウイングの1階にP1040164w540次元」 と言う らーめん屋がある。

前に入った時は、普通の「塩らーめん」を食べた。実は、その時から黒い色をしたラーメンは気にはなったいた。あまりの黒さに、食べる勇気がなかったと言うのが正しい。P1040163w540

しかし、あまりに気になるので、今度こそ注文をいた。 「黒しょうゆらーめん」・・・説明によれば、チャーシューの煮込みだれとこがししょうゆを合わせた濃い口しょうゆらーめん・・・確かに、味はこってりしているが、色ほどくどいわけではない。あっさり派にはだめでしょうが、旨味という点では の部類だと思う。付け加えておくと、とろりととろけるおいしいチャーシューは、どのラーメンにも付いてくる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チューリップのオブジェ

春が近づき、砺波・高岡中田より 鉢植え・切花のチューリップが出荷されるようになりましたよ。 皆さんの近くの花屋さんに もう 出回っていますか。

P1040166w540ウイング・ウイングのロビーにチューリップのオブジェがありました。 草月流だそうです。所々に金網を取り付け、泥つきのまま活けてあるのです。あまり見事だったので、紹介しました。

銀世界の中の春」 というイメージでしょうか

| | コメント (3) | トラックバック (1)

3月の玄関飾り

雪も一段落し、2月下旬になりました。そろそろ ひな祭りの季節。これを見ると「」を感じます。P1040006w540

玄関飾りを「お雛様」にしました。中央は、陶器。ぼんぼり菱餅も陶器です。右は、布製。手作りした物をいただました。左は、お土産にいただいたものです。鞠は、私が作った物です。

壁飾りは、こま・つく羽根が付いているので、お正月にも飾れます。これで、玄関だけは春になりました。lovely

| | コメント (3) | トラックバック (0)

晴れ・・・しかし・・・

今年の雪は、長い根雪にならなくていいですね。青空が出る日も多いようです。今日は、そんな日でした。P1040155w540 大きな夕日でしたね。勤め帰り、城光寺橋から撮ったものです。小矢部川です。

晴れた日は、あったかだし、気持ちがいい。しかし、私は体調がよくない。一日中寒かった。夕食を済ませて、熱を測ると37,8度。背中にホッカイロして、床暖に背中をぴったりつけて、温まっているといつの間にか眠ってしまっていた。今度の風邪は長引いています。今は、のど・熱・せき・つんつんです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

映画 「チーム・バチスタの栄光」

 パチスタ手術 とは、普通の人の2~3倍に肥大した心臓の収縮力を取り戻すために、心臓の肉を切り落とす手術。日本で初めて林 宏光医師が手がけた。

チーム・バチスタ 桐生 恭一(第一外科助教授・執刀医)、垣谷 雄次(外科医・第一助手)、鳴海 涼(病理医)、氷室 貢一郎(麻酔医)、酒井 利樹(外科医・第二助手)、羽場 貫之(臨床工学技士)、大友 直美(看護師)、7人で構成されている。P1030903w540 ー チームメンバー・・・吉川 晃司・佐野 史郎・池内 博之・田中 直樹・玉山 鉄二・田中 浩正・井川 遥

このチームで、26連勝と言う記録を出いている。しかし、いったん停めて手術をした心臓の蘇生ができない失敗を3例続けておきた。

事故なのか? 殺人なのか?           調査を依頼された心療内科医・田口 公子(竹内 結子) しぶしぶ引き受けて、聞き取り調査をする。ノートに それぞれの人物像と動物にたとえると、「鷲」「もぐら」「コヨーテ」「白ヤギ」「スピッツ」「カメレオン」「巻貝」と絵入りで、記録していく。しかし、チームの中には、怪しい人物は誰もいない。そこへ 「まった!」と乗り込んできたのが、厚生労働省の役人・白鳥 圭介(阿部 寛)。傲慢にも取れる切り口は、相手をゆすぶり真犯人に近づいていく。

  • 人がよく優しい竹内と冷静かつ威圧感のある阿部のやり取りがコミカルだし、展開が速い。竹内はほんわかとした心療内科医の役を上手くこなしている。
  • 本当の手術場面が幾度も出てくる。専門用語も飛び交う。手術自身は、本物の外科医が担当しているのだろうが、心臓は人間の? 他の動物の?

ミステリーなので、これから見る人は面白くなくなるだろうから、犯人は書きません。ただ、どんでん返しがあります。最後まで、ゆっくり見てください。

続きを読む "映画 「チーム・バチスタの栄光」"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

だるい=しんどい

金曜日 のどが痛いので、早くベットに入った。今度は、背中に水をかけられた様に寒くて寝付けない。「ホッカイロ」でもしようと思い、PM3:00頃起き出し水も飲み、やっと暖まり、朝まで・・・・P1040154w540

朝起きようとしたら、体がだるい。熱を測ると37.5度。今日は(土曜日)、「初釜」なのに・・・・  「体調がよくなったら出かける」と連絡したが、いっこうに良くならず熱が上がる一方。夫に送り迎えで、出かけた。

何年ぶりに、大事な時に風邪が・・・・ だから、薬さえ無い。娘にTELして(娘は薬屋に勤めている)持ってきてもらった。

そして、日曜日は「謡」の発表会。まだ微熱があるのに、着物を着てAM7:30に出て行く。着物が窮屈なのと、体がだるいので家に帰って、一眠りする。今年は、20周年記念大会だったので、ホテル・ニューオータニでパーティがあった。いつもは楽しいのに、今日ばかりは早く終わらないかな・・・!と思ってしまった。

何事をするにしても、健康第一です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スロットマシーン

量販店の「ヤマダ電機」を利用している。1,000円以上買うと、4回スロットマシーンが出来る。揃わなければ、10ポイント、揃った絵柄でポイントが異なる。

P1040010w540それが、初めて当たったのです。このヤマダ電機のキャラクターで500ポイントです。4,000~300ポイントあるのですが、500ポイントでも結構嬉しい。思わず、「やったー!」と声を上げてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 「陰日向に咲く」

劇団ひとりの小説 「陰日向に咲く」を映画化したもの。        小説は、「道草」・・・ホームレスの話。 「拝啓 僕のアイドル様」・・・ドロ子の話。 「ピンボケな私」・・・デジカメの話。 「over run」・・・ギャンブルの話。 「鳴き砂を歩く犬」・・・芸人に話。の 5編がある。

映画は、4篇太字)を上手く組みあわせながら、台風が接近している日という短い期間の設定とし、少しづつ絡み合いながら展開していく。

P1030904w540 「over run」のパチンコから抜けられず、借金まみれになり、もがいているシンヤ(岡田 准一)を軸に、「鳴き砂・・・」での、芸人だった母の恋人を探しに浅草へやって来た娘(母・娘二役・・宮崎 あおい)に会い、母の過去が語られる。   -母は、芸の出来ない芸人に恋をし、上京した。ついに見つけてコンビを組む。しかし、その恋人はストリッパーが好きだったので、母から離れていった。好きだから、ただそばに居たかった。あなたの芸は私の夢だった。・・・それを、かっての母の恋人に伝えたかった・・・- 

「僕の・・・」は、アキバ系の売れないアイドル(平山 あや)を応援する若者3人の生活、ある日、ドロ子の役で突然売れ出したら、寂しく去っていく。「道草」では、エリートサラリーマン(三浦 友和)が、ホームレスに憧れ時々体験に来ている。そこにいる、モーゼと呼ばれる老人(西田 敏行)は、大ほら吹き。

「over run」に戻り、シンヤ(岡田)は、取立てやに脅され、俺俺詐欺を働こうとする。しかし、だまそうとした老女と心を通い合わせるようになる。が、会おうとした日に老女が亡くなってしまう。台風の中、家まで行くと手紙と共に、小銭をかき集めた50万円が用意されていた。老女には、2歳で亡くなった子供がいた。自分の子と重ね合わせ、健一と呼びかけている手紙・・・・ 大家が「家賃が溜まっている、すぐに出て行け!」と迫る。「俺の母さんだ!もうちょっとぐらいいいじゃないか!!」 と泣き叫ぶインヤ。

実は、老女は昔、ストリッパーをしていた。そばで、見取ったのがホームレスの老人(西田)。これが誰あろう、売れない芸人だった。ここで、芸人を慕っていた母(宮崎)の言葉を伝えることになる。

シンヤは、母の延命装置をはずした父を恨んで家を飛び出していた。この出来事をきっかけに帰ろうとする。そこには、妻を亡くし、子供は寄り付かず、ホームレスに憧れる父(三浦)が待っていた。

誰が主役になってもおかしくない、群像として描いている。人生としてだめだろうと思われる人々が、それでも懸命に生きてる。そこに、共に涙し共感を持つ。特に、健一にあてた手紙には、涙する。

物語をつないでいる物、筋は勿論だが、台風で飛ばされ、どんどん移動していく黄色い傘が結び付けをより鮮明にしている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夫のつぶやきー2

バレンタインデーは、 煮干の日でもあるそうな。 で、煮干をあげるわけにもいかず、やはりチョコレートか・・・・P1040015w540

夫は、酒好きだが、甘い物もいける。特に粒あんには目がない。こんな夫にチョコレートを・・・・・ 小さい割には高価だったので、どんな味がするのだろうと、後で一個自分で食べようと思っていた。無い。無い。探しても無い。

「愛は、しっかり受け止めたから・・・」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

合格祈願

何時もスーパーでは欲しい物だけ買って飛び出してくるのに、久しぶりにゆっくり回る時間が出来た。山積みにされているお菓子でも買おうかと思って見ると、面白い物が並んでいた。P1040076w540 P1040077w540

「合格祈願」のパッケージだ。共通一次もあることだし、早くからあったんでしょうね。

一つは、東鳩の「カール」。ネーミングを変えて「ウカール」。中には、「試験に受か~る」「がんばれば カ~ルかも!?」 神主さんまでも・・・・期間限定、特価の198円。

そして、なとりの「当たり目(するめ)」、フタには、当たりの的。 だるまのおかきも・・・・

神様、仏様、キリスト様、お菓子様・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2月の花

2月はどのような花が似合うのでしょう。P1040001w540 よく分からぬままに生けてみました。

ねこやなぎ・野いちご・あしらいの草(よく見かけますが、名前はしりません

| | コメント (3) | トラックバック (0)

瑞龍寺 冬のライトアップ

「国宝 瑞龍寺の冬のライトアップ」が、9・10・11日(土・日・月)の3日間行われた。P1040027w540 最終日の11日(建国記念の日)に出かけた。

冬のライトアップらしく暖かいが基調だった。一つ目の門(総門)を入ると、山門(両脇に仁王様がいる。上に仏様がいる。・・・本当はなんと呼ぶんだろう・・・)は、赤く染まっていた。P1040036w540

この山門を抜けると、佛殿。ここも、赤色に照らし出されていた(夏と同じ)。脇の木々は、白。その横の建物が黄。色とりどりで美しい。

写真左の左端で、レザーショーも行われた。

P1040070w540P1040054w540初日は、6,500人、2日目は16,000人の人出だったとか。 今日も、沢山来ていたようだが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

演劇 「天国までの百マイル」

演劇鑑賞会に入っているわけではないが、たまたまいけない人がいて券が手に入ったので文化ホールへ出かけた。

劇団 文化座公演 「天国までの百マイル」 浅田 次郎原作     佐々木 愛・有賀 ひろみ・米山 実 他14名出演

物 語  安男(米山 実)は、何時死んでもおかしくない心臓病の母・きぬ江(有賀 ひろみ)をワゴンに乗せ房総半島の漁村・鴨浦に向かっているー P1040013w540 

かって不動産会社を経営し、羽振りのよかった安男も、バブルが崩壊するや会社は倒産、自己破産のうえ妻子とも別れ、くすぶって生きていた。別れた妻・栄子に月々30万円の仕送りを彼を支えるのは、マリ(佐々木 愛)というキャバレー勤めの女だ。

そんな折、4人の子供を女手一つで育て上げた母が重度の心臓病で入院。母を救うには、もはや奇跡に頼るしかない。天才的な心臓外科医・曽根のいる鴨浦のサン・マルコ病院へと百マイル(1,600k)の道をおんぼろワゴンが駆ける。それは、母の命を救うための、そして安男の自己再生の道のりに違いがなかった。

だめ男を献身的に愛し、男の幸せだけを願い身を引く女、マリ。自分の都合だけを主張し責任回避する3人の兄、姉。ひたすら母を思い、手術の金もないのに100マイルの道のりをいく、安男。別れた妻は、見舞いをかかさない。

展開は、サン・マルコ病院へ行く所から始まる。時折スポットと仕切り壁を変えながら、安男の過去・現在、夫婦の状況、自分勝手な兄・姉が登場、そして、キャバレーの女との生活を病院へ向かっている道中と平行してつづる。

どれも人生・・・ この物語のように、助かる奇跡が起きるかもしれない。よくも、悪くもわが人生を生きるしかない。

佐々木 愛さんは、流石に上手い。演劇をめったに見ないので名前は知りませんでしたが、米山 実、有賀 ひろみさんもよかったです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

映画 「歓喜の歌」

立川 志の輔の新作落語を映画化した物だそうです。落語と言えば、娘が好きで、CDを沢山持っている中から、旅行する時、借りていく。お陰で「ちりとてちん」も知った。P1030909w540と、言うわけでもないのですが・・・

所は みたま文化会館。6月に2つのコーラスグループが、12月30日 夜 の予約した。 最初に予約したのが、市長婦人も所属する上流階級婦人グループ( リーダー・・由紀さおり、安田祥子も入っている )。その後、毎日の生活に追われながらも、一年間真剣に練習してきたグループ( リーダー・・安田成美 )。グループの名前は「みたまレディースコーラス」・「みたま町コーラスガールス」。主人公主任・・小林 薫 )は、この紛らわしい名前を同じグループと思っていた。前日になって確認の電話が入って勘違いに気づき大騒動が始まる。それでも何とかなると高をくくっている主人公。それぞれの事情がありどちらも譲らない。どっちへ行っても、攻められてP1040008w540 「大丈夫です」と請合ってしまう優柔不断な男。その上、外人ホステスに入り上げ200万の借金。奥さん(浅田美代子)にも愛想尽かしをされている。

その男が、奮起した。きっかけは、餃子

働く女性の生活・家庭事情をいくつも描いて、忙しい中で頑張っている様子分かる。、、、、きっかけの餃子は、この話しの中にある。そして、その解決策は・・・2つのグループが同時に行うこと。すると券がさばけてしまっているので会場が狭い。さぁ~ どうする・・・

200万の借金の解決の鍵は、市長の頭にこぶのある金魚( タランチュラだったかな )。当日は、大成功。彼が、奮起し精力的に働いたことで、すべていい方へ・・・

小林薫は、ー落語に出てくるおっちょこちょいで、いい加減だが、何処か憎めない、それでいて笑いを取ってしまうー 姿を好演している。合唱好きな人にはたまらなくいいでしょうね。働きながら、一年練習した( 休んだ人もいるでしょうに・・ )だけで上手すぎても・・・ね。

これは、映画より やはり落語の方が・・・・ 聞いてみたい!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

社保庁の前で泣かないで・・・

M060211080118 小泉・安部・福田3代の物まねで知られる 「劇団ザ・ニュースペーパー」 小泉さんが選挙演説をしている時、そっくりにして立っていたら小泉さんが見つけて反応している様子がテレビに映っていたので、ご存知の方も多いでしょうー が、秋川 雅史の 「千の風になって」 メロディに乗せて替え歌を作った。

♪ 社保庁の事務所の前で泣かないでください~

  そこにデータはありません~

  お金なんかありません~ ♪

面白いでしょう! ♪ でも このあとは知りません~  知っている人があったら教えてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 「アース」

『アース』・・大地・・ 地球の動植物の生き様の記録映画。この類の物が好きで、NHK「ダーウィンが来た!」など、時間の許す限り見ている。撮影は、プラネットアースで、同じだ。しかし、映画『アース』は、何年も放送した物の最高の映像を(同じ物でないと思うが・・・)ピックアップし、季節を追いながら 渡辺 謙のナレーターで綴っている。P1030910w540

北極熊の親子。温暖化で気温が上がり氷が早く溶け、狩が出来ない。太陽は、時には恵みとなり、時には脅威ともなる。

カナダの300万頭のカリブの群れが走る。それをそ狼の群れが追おう狩の瞬間。

さらに南下。針葉樹林 そして広葉樹林 正に春。

夏・・・赤道直下の熱帯雨林。ここは生き物の宝庫。鳥たちのダンスを披露しての求愛行動。水を求めて長い旅をする象の群れ、空腹のライオンが襲う。P1030907w540

熱帯の海で ザトウクジラの子供が誕生する。しばらく子育てした後、親子は他の群れと合流し南極をめざす。

生命は、このように毎年繰り返され、気の遠くなるような年月を生きながらえてきた。しかし、ここに来て地球自身が生命の危機にさらされている。

自然・動植物は、どのドラマより感動を与えてくれる。映画を見た事がないという人・嫌いだと言う人も、必ず感動します。ぜひ、見てください。

一秒に2,000こま以上というハイビジョンカメラで撮影した映像は、綺麗ですし、2,000こま一枚一枚が静止画としてみても、最高峰だと思います。 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

大河ドラマ 「篤 姫」

NHK 大河ドラマ 『篤姫』 毎週楽しみに見ています。主演の 宮崎あおいちゃん かわいいですね。口を尖らせて言う台詞が一番可愛い。P1030995w540

今 宮尾登美子原作 『天璋院 篤姫』 上巻 を読んでいる。「出立」・・島津斉彬へ養女となる所から始まる。人物が次から次 ーそれもよく似た名前が・・・- 出てきて誰が誰やら(バカ丸出しで恥ずかしい・・)分からなくなってしまいます。P1030994w540

その点、ドラマは顔で覚えられる。出てくる人物も少ないし・・・

あの時代の風習・考え方は、若者に理解して貰うのは難かしい。今 放送している所は、原作には書かれていない。現代的にアレンジした脚本にし、おきゃんで知りたがり屋でしっかりしていて、思いっきり自由奔放に伸び伸びした演技は(まだ、子供時代ですが・・)、彼女の考えの原点を描くのには、いい方法だと思います。

原作にしても脚本にしても、台詞まで記録があるわけではないのだから、あまたの人が理解でき、面白いのがいいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 「母べえ」

チラシに -日本はもう、この「母」をわすれているー 巨匠・山田洋次監督が、吉永小百合主演で描く、感動の昭和 とある。どのフレーズをとっても見逃すわけにはいけない映画である。P1030887w540

「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲のよい家族を描いた、 「照べえ」こと野上照代さんの自叙伝。

戦争に反対する「父べえ」(坂東三津五郎)が、警察に連れて行かれるところから始まる。面会も難かしい中、教え子の「山ちゃん」(浅野忠信)の奔走で、やっと面会が許される。自由奔放に生きている叔父さん(笑福亭鶴瓶)、子供たちに嫌われるが「母べえ」(吉永小百合)は、癒されている。「父べえ」の妹(壇れい)は、絵画の勉強をしながら一緒に暮らしている。

思うままに生きられない時代、心温まる人の助けを借りながら、凛として生きる姿を演じるのは吉永小百合の真骨頂。坂東三津五郎は、見疑うくらいの役どころ。新境地を開いたのではないだろうか。日記のように刑務所と往復する「手紙」には、状況・家族を思う心境を語った言葉があり、涙してしまった。

家族愛を前面に出し、戦争の悲惨さは隠れてしまっている。かろうじて見えるのは、刑務所でのハエが止まっている食事・山ちゃんに「赤紙」がきて、戦地に輸送される船中など・・・

30代~40代前半を演じる吉永小百合は、清純で美しい。その為か 「北の零年」にしても、悲惨さは感じない。監督の演出がそうなのかもしれない、どちらにしても、私たちの年代にとって「吉永小百合」は、特別な存在なのである。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

鶏肉と大根のカレー汁

最近大根の頂き物が多い。一本が大きいく、一度には食べきれないので、何度かに分けて料理を考えなくてはいけない。定番では色々あるが、目新しい物を・・・・

P1030962w540   今までも、うどんの汁に残ったカレーを入れカレーうどんにしたり、カレースープにしていた。カレーを作る時も、少しずつ残った野菜を入れていたので、そののりで、カレーなら何にでも合うのではないか・・・・  と大根(下茹ではする)・人参・骨付き鶏肉(だしが出る)をいれて、『鶏肉と大根のカレー汁』にしてみた。

結果は、一言でいえば ー余り上手くいかなかったー 大根は、水っぽく味がしっくりしない。下味をつけ、炒めるとかすればよかったかな・・・・・  まだまだ、研究のよちがある。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

さくらケーキ

今日は、『立春』。口の中は、さくらP1030981w540一足先に、 です。

会合が終わり、気分的に疲れて友達と、ウイング・ウイングの2階で一休み。今日の会合に至るまでの話を聞いた。どこにでも、悩みはあるものだね。

桜色したこのケーキ、中には野いちごと生クリーム、生地はどちらかと言うとパンに近いかな。めったに甘い物を食べない私にとって、いい選択だったかもしれない。ケーキ+コーヒー 350円。安いのもいい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

節 分

『鬼は~外~・・・・』 『鬼は~外~・・・・』 『福は~内~・・・・』

今日 3日は 『節分』。孫もいないので、何の行事もしませんが、明日は 『立春』だと思うと何となく嬉しいです。なのに、天気予報では これから一週間雪マークが・・・・・  しかし、今までもマークが出ても降らなかったから・・・・・  どうかね~ 今更いやだね~・・・・P1030988w540 P1030989w540

今日の『笑点』の3問目 被り物は『鬼』でした。

これが終わったら、夕食の準備をします。味噌豆、浸してあったのを煮ます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おわら桑摘み茶

富山大学和漢医薬学総合研究所と広貫堂富山の薬会社)が共同開発した 「おわら桑摘み茶」。スーパーで買えば、烏龍茶や爽健美茶などは、98円。これは、138円と少し高めですが、栄養価も高いのです。P1030947w540

無機質のナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・それに VCが含まれています。桑の葉には、このように多くの栄養素が含まれていたんですね。 味は、どくだみ茶( 多分 )のような・・・  飲みやすいよ。

蚕は、桑の葉をたっぷり食べて、あの艶やかな糸を紡ぎだすと思えば、私だってこれを飲んで・・・・艶やかに人生を・・・・

無駄だってば~~! 蚕じゃないんだから・・・・

大きなお世話だけど、他の飲み物は、ほとんどの物はVCだけだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年賀状の抽選

この間 新しい年を迎えたと思ったのに もう 31日になっていまいました。年のせいでしょうか 月日のたつのが早いとつくずづく思います。P1030972w540

ところで 皆さんは年賀状でいいもの当たりましたか? 我家は、約450枚で「切手シート」 7枚でした。くじ運が悪いと言うか その上は当たったことがないのです。不思議と当たる人は、宝くじでも何度も当たったそうですよ。

今年の絵柄(ねずみ)は、『奈良井土鈴』と『甲府土鈴』で、通常切手の倍はある大きさでした。JPになったので、変化をつけたのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »