« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

夫のつぶやき

友達から今年の干支 ーねずみー のストラップをもらった。P1030955w540

「かわいいでしょう!」と、夫に見せた。「そんなもん 付けんでも 俺付けておけ!!」 「えっ?.......::**  あ~~*    重すぎる~~・・・・」

夫は、ねずみ年でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

チューリップのパネル

世界で最初チューリップの栽培を始めたのが、原産国の一つであるトルコ。15世紀の頃。その後、品種改良はオランダと日本で熱心に進められ、品種の数は5,600種以上と言われています。P1030823w540 P1030824w540 P1030826w540

四季彩館では、それをパネルにして展示しています。これは、一部ですが知っている人が見ると楽しいでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四季彩館(砺波市)

砺波市は、チューリップの産地である。今では、全国的に知られるようになってきているように思います。ゴールデンウイークには、チューリップ公園へ多くの観光客が全国から集まるようになりました。

四季を通じてチューリップを展示しているのが『四季彩館』P1030819w540 P1030820w540

今月のテーマは 『イギリスの庭園』。イギリスの庭園と言われても見たことがないので、どこはそうなのかよく分かりません。左の写真あたりがそれかな? 天井から草をあしらった国旗が下がっていました。

ここに来ると、一足先に を感じます。入場料300円。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

消防訓練

重要文化財「勝興寺」で、消防訓練が行われました。地元消防団・婦人消防団も参加しての訓練です。P1030936w540 P1030943w540

予報では、雪が降ると言っていたのですが青空がのぞくいい日になりました。我家の向かいですし、婦人消防団に知っている人もいるし、見学に行ってきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2月の玄関飾り

とうとう冬将軍がきました。大寒ですのもね。今まで、異常だったのよ。まだ、薄っすらと雪化粧程度・・・ これからが、本番でしょうか。自分としては降らないほうがいいのですが・・・・

1月も 残りわずか。いつの間にか日が過ぎていってしまいます。2月にはいると、すぐ『節分』P1030933w540 。玄関飾りを 早めに変えました。

赤鬼・青鬼の面は、甘納豆( 小袋でテトラポットの形になっている )と一緒に置いてあった物をいただいてきました。

狐の面( 合わないかもしてませんが・・ )は、昨年 飛騨古川の「きつねの火祭り」に行った時、求めた物です。

枡のをねずみ( 今年の干支 )が狙っています・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アセドアンサラダ

テテイモ』を頂きました。テテイモ( 方言でしょうか )とは、『白いずき』にできる根菜です。里芋(こちらでは、芋の子とも言います)は、『赤ずき』にできます。

私は、テテイモは こっちりした食感が好きですが、夫は嫌います。目先が変れば食べるのではないかと 「アセドアンサラダ」にしてみました。作戦大当たり・・・P1030923w540

名前はハイカラですが、何のことはない・・・根菜を少し大きめの さいの目に切っただけのことです。在り合わせの物( 春雨・コーン・わかめ・きゃべつ・人参など・・・緑の物を添えれば一層おいしく見えます )と一緒に盛り合わせます。ソースはお好みで・・・ 今回は、マヨネーズと醤油を混ぜた物を使いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十八穀米

いつも健康に気を配っているわけではないのですが、ヘルストロン(昨年8月5日に掲載)で1回分だけいただいた十八穀米がことのほかおいしかったので紹介します。

P1030920w540小袋に25g入っています。これを2~3合の米に同時に入れて炊き上げます。赤く見えるのは、赤米が入っているからです。他には、胚芽押麦・米粒麦・もちきび・もちあわ・黒米・もち玄米・発芽玄米・とうもろこし・はとむぎ・キヌア・うるちひえ・発芽小麦・たかきび・アマランサス・もち白米・白胡麻・黒胡麻が入っています。中には、聞いたこともないものも混じっていますが・・・・

学生時代、紡績会社でアルバイトをしたとき、麦入り飯を食べたことがありました。その時、おいしかったのを覚えていましたので、何の抵抗もなく試食しました。昔々のことであり、銀シャリ と言っていた頃のお話です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

粛々と(うそです。わいわい言いながら・・・)お茶の練習をしている時、「庭に雉が・・・・」「どこどこ・・・」「ほらほら・・・」「ほんとや・・・」

私は、急ぎカメラを持って走る。・・・・・ほんとにお茶の練習しとるんかい・・・・・P1030880w540

カメラは、外用にセットしてないし、雉は動き回るし・・・思うような物が撮れませんでした。我家も、よく泣き声は聞こえるのですが、このごろ姿を見かけません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

松江の菓子『若草』

今回のお茶の主菓子として出たのが、松江の『彩雲堂』からお取り寄せのものだった。P1030879w540

菓子の名は 新緑の色を連想させる 『若草』。和三盆(上砂糖)が、やわかい上に しゃりっとした食感がある。中は、透明な求肥私の知ってる求肥は餅のような色をしている)。一瞬、ゼリーかなと思ったのですが、どうも食感・味が違っている。甘さも控えめ、抹茶には最高のお菓子です。

松江藩の殿様は、風流を好まれ 特に茶道不昧流を立ち上げたほど造詣が深い方だったそうです。それで、茶事に使用するお菓子も、凝ったものがあるのです。

昔、松江に行った時、このような事を感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巻紙のついたボールペン

今朝 職場へ行ったら机上にボールペンが配られていた。JTBからだそうだ。書き心地を調べると結構いい感じ。P1030812w540 持つ所にが付いている。『滑り止めかな~』と思いながら触っていると、動く。金を引っ張ってみると中から巻紙が出てきた。

高岡商工会議所が作った「ものづくり紀行」・・・富山県をエリア別にして特産品の紹介・・・が、載っていた。

手を離すと、巻尺のように勢いよく中にまかれていった。面白くて何度もやってみる。結構力がいるのである。写真の上の手を見てください。力が入っているのが分かります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「銀色のシーズン」

朝ドラ 「ちりとてちん」の草々兄さん青木崇高)と大河ドラマ 「篤姫」の肝付尚五郎瑛太)が出演している・・・2人ともこれらのドラマではじめて知った・・・というので映画を観に行った。

城山銀(瑛太)は、モーグルの世界的なエースだったが怪我をして引退。穂高の町営スキー場で 仲間3人青木崇高・玉山鉄二)と ”なんでも屋”の商売をしている。 が、若さに任せ旅館の屋根の上を滑ったり、スキーやりたさに大砲で雪崩を起こし安全にしてから滑りに行く・・・そのため、客寄せの目玉である雪像の教会が巻き込まれて壊される ・・・など、やりたい放題。しかし、見ている分にはとても楽しい。P1030886w540

イベントの応募で3日前にやって来たスキーの出来ない花嫁に がスキーを教えることに・・・ 実は、新郎は・・・・  そして、銀 の気持ちの変化は・・・

真っ青な空、真っ白な穂高連峰、思わずきれいだね~と声に出してしまった。 この若者3人 プロスキヤーのような華麗なすべりをする。新雪の穂高の稜線を直滑降で一気に滑り降りる。三浦雄一郎のようにである。雪が舞い上がりシュプールが出来る。この臨場感あふれる撮影がまたすばらしい。すべてが、感動する。このシ-ンだけで入場料の元を取ったと思った。

スケボーのように左右の壁が上がっている所を業を使いながら滑り降りたり、手すりを滑り降りたりするシーンは、さながらサーカスを見ている気分だった。勿論、世界中から集めたスタットマンが演じていることは確かなのだが・・・

青木・瑛太 2人とも、テレビと違った顔を見せてくれたのもよかった。その上、わくわくして楽しい映画だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大根葉の炒め物

新鮮な大根をいただき、葉が青々としていた。おいしそうなので炒め物にしようとしたが、一本分を5人で食べようとしても不足するので、何かを足して多くしようと考えたのがこの料理です。P1030877w540

材料は、大根葉・しめじ・豚肉・柚子

細かく切って、炒めた後甘くどく味付けをする。柚子は、細く切り上に添える。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ステック大根肉巻き

今の季節 大根がおいしいですよね。今日 ふと思いついて作った料理(私のオリジナルですが・・・)、家族に評判がよかったので紹介します。P1030869w540

大根をステック状に切り、茹でておく(細いので10分くらい茹であがる)。

② 肉は、醤油・みりん・砂糖で作った漬け汁につける。

P1030871w540③ 肉を②~3枚並べて広げ、①の大根を2本づつまく。

④ フライパンで焼く。残った漬け汁も入れ中火でふたをして3分程度ゆっくり煮るように焼く。

 大根に肉汁がしみ、思いのほかイケました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪景色

今日は、一転 朝起きたら雪景色。今年 2回目の雪だ。出かける用事があったのでついでに近間で写してきました。P1030855w540

P1030858w540 高岡高校の銀杏並木(11月2日紅葉の写真を掲載)。

古城公園の堀と橋

北陸特有の冬。このようなどんよりした空模様が続きます。まるで白黒の世界のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

立山連峰ー2

勤めを終えて帰ろうとしたら(PM3:30)、立山がくっきりと出ていた。こんな日を見逃す手はないと思い、すぐ宇波能登半島の近く)まで、車を飛ばした。渋滞ほどではないのですが、車が多くてのったりのったりと45分ほどかかってしまいました。P1030845w520

ここまで来ると、半島に近いので立山が海に浮いているように見えます。写真は、ほんの一部なので伝わらないと思いますが、海の上にパノラマになって連峰が浮かんでいるのです。それはそれは壮大です。夕映えもまた美しいのです。夕映えを何時も写している雨晴で撮ろうとしたのですが 間に合いませんでした。P1030836w520

宇波まで来る目的のもう一つは、虻が島があるからです。写真を撮るにはいいところです。虻が島は暖流と寒流の動植物生態が同時に分かる所だそうです。丁度前の『橋本旅館』から船が出ているそうです。

    情報が違っていました。お詫びして訂正いたします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

水栽培

以前 清姫さん・ヴィッツちゃんと サティの中の喫茶店『カサブランカ』へ行った時見た水栽培 『面白な~・・・・』と思い、やり方を聞いてみた。これなら、自分にも出来そう~・・・・P1030664w520

取り合えず、家にあった物で始めてみることにした。人参とじゃがいも。人参は、葉の出る上の方を2cmくらい じゃが芋は、目を持っていそうな所を切って水につけておくだけでいいのです。

なんと髭のような根がふさふさ出てきました。11月に植えて(というのかな)だんだんに成長していく様は楽しみでした。大きめに切ったじゃが芋は、芽がおおきくなり 小さく切ったのは小さいのです。窓際に置いておくと、明るい方へ心もち湾曲します。

自然の力は 不思議です。たったこれだけのことで感動しています。気をよくして、今度はサツマイモの栽培を始めました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

パンツをはいた人参 No2

パンツをはいた人参は、あっという間に年をとってしまいました。31日には、ぴちぴちだったのですが2週間後には・・・・P1030815w520

足も丸まってしまって・・・ 背も低くなり・・・ 全体にしわしわになり、小さくなってしまいました。これでは、何の役にも立たず・・・・ 役に立つ内、何とかすればよかった。

こうならないように、気持ちだけでも元気であり続けたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パンツをはいた人参

夫の趣味で2坪くらいの畑を作っています。今年は、小さいのですが人参が取れました。

煮しめにしようと、孫(小2)に渡したところ、笑い転げている。P1030696w520

「パンツはいているみたいだ」「パンツ・・・」「パンツ・・・」と言いながら、人じゅうに見せて回って、その度に笑い転げている。

後ろを見ると 丁度○門にあたる所に傷がある。私も私で、孫を相手に「後ろの方がもっと面白くな~い!」  それでまた大爆笑。

家中を楽しませてくれた人参さんだった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

はしおき

割り箸の袋で『箸置き』を作るのが流行っているらしい。作り方の本を買ってまで作った 娘の作品を紹介します。

P1030667w520

王冠 帆掛け舟 鶴 海老 ネクタイ ハート   だそうです。

これは、退屈な宴会にもってこいです。そういえば 蟹の皮むきも場持ちにいいですね(家では面倒なので食べませんが、宴会の時だけ食べます)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歳月浮世暦

ここ 5~6年 カレンダーのいただき物が少なくなって、毎年買っていた。お気に入り・・ここはやはり 日本人としては富士山だろう・・のを買って飾るのもいいものだ。

今年は、友達から『京都のお土産』にカレンダーをいただいた。P1030639w520 歌舞伎座で買ったとの事。歳月浮世暦・・・歌舞伎風にネーミングすると そうなるのか!新鮮でおしゃれ!・・・と思うのは、物知らずかな。

台も回りに金具(金シール)をつけて歌舞伎の看板のような装丁で重厚な仕上がりになっている。

歌舞伎は分かるようで分からない。この図柄は蝶と鶴 おめでたいのは分かるが、出し物は何かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花びら餅

笛ちゃんから『花びら餅』をいただいた。何と彼女の手作りなのです。私には菓子は買って食べるものであり作って食べるという発想はなかったので、驚きです。装丁も含めて、買ってくるものより素晴らしい出来です。P1030700w520

『花びら餅』は、晴れの日・・正月・・に使います。初釜には、必ず出されます。

笛ちゃんの説明では ー宮中の行事、歯固めの儀式の由来から出来た。「歯」の隣に「令」と書くと「齢」という字になる。「歯」が丈夫で長生きするという願いがこめられているー

そう言えば、棒のような物が入っていますが材料は『牛蒡』なので、しっかり噛んで・・ということでしょうか。。赤いあんを求肥で包みほのかな桜色になっているのが可愛らしいお菓子です。

申し遅れましたが、笛ちゃんはウイングウイングで和菓子作りの教室を開いておられます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

手作り年賀状

今年の年賀状は、120枚。多いのか少ないのか分かりませんが・・・ だんだん少なくしています。私も含めて、ほとんどの人は印刷になりました。あなたまで!と思う人・・・習字の上手な人、アイデァあふれる物を毎年くれた人など・・・もです。楽味を覚えたら、なかなか戻せませんね。それでも、手作りの年賀状を作っている人がいますので、紹介します。P1030734w520

左・・・横浜在住の高校の同級生  中央・・・高岡在住勤務先の先輩(県展・二科展) 右・・・岐阜在住大学の同級生

このようなのを見ると嬉しくなります。私も来年こそは・・・ と思ってもアイデァが思い浮かばないかもしれない・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

釿(ちょうな) 初めの儀

6日(日) 勝興寺で『釿初めの儀』が行われました(平成の大修理で、今庫裏の部分に取り掛かっています)。 新年になり、仕事に取り掛かるという儀式らしい。釿(ちょうな)とは、かんな。今のかんなとは違い鍬のような形をしている。

P1030750w520P1030756w520写真左・・大工道具の三種の神器も供えてある。真ん中にあるものが

写真右・・施行関係者から住職にお供え物を渡している所P1030772w520 P1030779w520

写真左・・墨付けパフォーマンス

写真右・・釿 パフォーマンス(棟梁の田中氏

○○の儀 ○○の儀といくつもあったが、記憶が曖昧模糊としていいる。式次第を写してくればよかった。そうすれば、しっかり伝えられたのに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薔薇の花

米島さんが 暮れにわざわざ『薔薇の花』を届けてくださった。お正月に間に合うようにという配慮からだろう。P1030693w520

彼は、薔薇好きな人で事ある毎に(謡・能笛の発表会など)薔薇の花を持ってこられる。ついぞ他の花をみかけた事がない。で、皆さんが不思議がって -バラ園 持っておられるの? 自分で作っておられるの?-と聞く人かいる。私もその一人だった。 聞いてみると『買っている』とのこと。考えて見れば、米島モータースの社長さんが忙しくてそんなことしている暇はありません。P1030728w520

薔薇は、花の女王 嫌いな人はないですよ。

お正月には、玄関の中央にど~んと飾りました。一度に華やぎました。今、蕾が開いて一番綺麗な時です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

紅ずわい蟹

孫を連れてスーパーへ行った。好きな孫は、どう合っても買ってくれという。蟹を茹でる大きな鍋もないし、「茹でたのでどうだ」と言ったのですが、いつの間にか籠に入っていたのが生きた蟹だった。P1030690w520 それでも彼女たちは、なるべく小さいのを選んだらしく、丸めるようにして入れると鍋いっぱい。甲羅は出てしまったが・・・

写真は、ブログ用。塩水に試しに入れてみたもの。沸騰してから入れると見る見る赤く変色していく様を孫たちは喜んだ。

熱々を競争するように食べ、「おいしいね」。喜んでくれてこちらも『嬉しいね』。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一月の花(玄関)

暮れに、同級生から正月の花としてたくさん頂いた。南天・松・紅梅・白梅・椿など・・・・P1030718w520  

活け方は、元祖投げ入れ流。活け方はともかく、椿が5種類 華やかな感じに仕上がったと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一億円

年末宝くじ すごく期待して買ったのに・・・・・

その代わりと言ってなんですが・・・P1030689w520  一億円札です。このような大金、ついぞ、お目にかかったことがないので 『0』の数を数えると、『8』個です。たわいもない、この手のパッケージののりが大好きです。

『焼きかま』。中身は、鱈・ホッケのすり身に色々混ぜて紙の様に薄く伸ばした物。甲府産。娘たちが横浜から車で来る時、長野の佐久平下りパーキングで買ってきたものです。作っている所も、売っている所も海のないところというのも面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月の玄関飾り

今年は 『ねずみ年』P1030641w520 。鏡餅にねずみは ぴったりではないでしょうか。

鏡餅は、京都へ行った時自分の土産として買ったものです。御香袋になっていますので、玄関へ入ると香りがします。ねずみは、海浜植物園で、着物祭りがあったとき可愛いので求めました。

注連飾りは、富山で手作りフェアーがあったとき、上手いこと考える人がいるものだと感心してしまいました。

右隅にある繭玉(本当はどういう名前でしょう)は、私の手作りです。『福』が来るように、『フクロウ』も留まっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大晦日は、大忙し

長女の一家(横浜在住)が来て、にぎやかなお正月です。大晦日に、孫と共同作業で作ったお節料理を食べました。

大晦日は、大忙し。孫2人とも幼稚園の時からお手伝い(マイ包丁を持たせています)をしていますので、今では大分役に立つようになりました。

この日、2年生の孫は夕食のみそ汁味噌の量だけアドバイス)を一人で作り、盛り付け(子供にとって熱いので大変なのです)までしてくれました。5年生の孫は、オムライス、9人分

P1030697w520おせち料理として、煮しめ。焼き豆腐・蓮根・こんにゃく・たけのこ・人参・はんぺんなどを切って(切り方は、横で教えます)下準備(孫2人担当)。味付けは、私が担当。その他、黒豆・くわい・豚肉海老のフライを作りました。

既製品も含め、重詰めは孫におまかせ。後で見た母()は、「綺麗に詰まっているけど高さがないよ」と言ったけれど、孫のしてくれたものはよしよしです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

年 賀

      あけまして おめでとう ございますP1030687w520

昨年は お世話になりました

今年もよろしくお願いします

シニアライフの楽しみの一つとして、7月より 『ブログ』-折おりの記ーを始めました。よかったら見てくださいP1030662w520

我家の『門松』です。近所で器用でまめな人がいて、作っていただきました。門がないので、家の角にある「とい」にしばりました。だから、『門松』ではなく『角松』になっています。

昨日、一昨日は、腰が痛くなるほど働きました。だから、おせちを食べたらのんびりしようと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »