« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

ありがとう

今年 7月12日より 『ブログ』を始めました。今では、『今日はどのような話題にしょうか』と考えるのも楽しみな一つとなっています。

つたないブログですが、半年の間に、1道・1都・2府・35県、9,500件のアクセスがあったことも私の励みになりました。

『ブログ』のやり方を教えて下さった方、コメントを書いてくださった方々にも大変感謝しています。P1030654w520「ありがとう」のお菓子を添えて、全国の皆さんに私の気持ちを伝えます。

一度もコメントを書いてくださっていない方も、遠慮なく感想や意見を聞かせてくだされば一層嬉しく思います。

来年も、続けたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

びわの花

城光寺(高岡市)に、一万坪ほどの土地を持っている同級生がいる。広大な土地にはP1030649w520色々な植物がある。そこは同級生のよしみ、言われないことがないくらい仲良くしている。季節のもので欲しいものは、ここで調達することが多い。勿論、正月の花は、毎年貰っている。で、正月だけは生花を生けることができる。P1030652w520 

これは、「びわの花」。冬に花を咲かせ実を結んでから寒い冬を耐えるのかと、少しいとしい気持ちになりました。

柚子もいっぱい貰ったので『柚子味噌』を作ったり、柚子湯でぬくもったり・・・  頂物は、嬉しいね~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒 鰤

26日 朝 空が赤く映えていた。この日は、放射冷却で「けあらし」現象があった。今まで暖かく 氷見漁港に鰤を水揚げ出来なかった。昨夜 気温が下がったので その日は、今年初の大漁だったそうだ。

年末の買い物もあり、氷見の「ハッピータウン」(スーパー)まで出かけた。P1030666w520 さすが本場の氷見、ど~んと体長1mもあろうかと思う寒鰤が並んでいた。一尾 38,000円の値札が・・・   買えないので、写真だけ・・・

6~70㎝だと、ぐっとお値段が下がり 3,800円。これだけなら頑張れば・・・  しかし、これに合うまな板も包丁もない。ハハ・・・・  言い訳言い訳・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たくあんの粕煮

古漬け(昨年)のたくあんを頂いた。

P1030634w520薄く切り、一晩水出しをする。 だし汁、醤油、みりん、砂糖、酒粕を入れ、1時間ほど弱火で煮含める。

昔からある料理だが、若い者は食べない。母(90歳)は食べられない。結局食べるのは、夫と2人。沢山あってもどうしようもないので、近所に配る。

口上は 「若い者は食べないし、オオバは食べられない(歯がないから・・)、チュウバしか食べられないので助けてください」

古漬けを持っている人が少ないし、少しなら懐かしさも手伝って喜んでもらえるのではないかと・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リラクジェーション

まずは、写真を見てください。カラフルな瓶が並んでいます。

P1030565w520 P1030566w520 それぞれが2層になっていて上がオイル、下が香水だそうです。

『カラーボトルをセレクトし、今のあなたの気持ちにあったポマンダー(香水)をお試しください』

面白そうなので選んでみた。写真左 一番下の列 右から3番目。手のひらに一滴取りこすり合わせてオイルを飛ばし、体をなぞるように手を下ろしていく。すると香りが漂ってくる。何の香りかと聞かれても分からない。嫌いではない事は確かなのですが・・・  で、何が分かったかって・・・  これを選ぶ人は少ないとかで、彼女の説明も曖昧・・・  分からずじまいでした。 

イギリスから来たものだそうで、並び方も決まっているそうです。何はともあれ、見た目も香りもいいものでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

動物園

婦中の動物園「ファミリーパーク」へ行ってきました。冬期間 入場料無料に惹かれて友達2人(ヴィッツちゃん)・・・物好きと言う人もいますが、清姫さんは残念がっていました。

外は寒いと思い 着込んで行きましたが、散歩するには最高の陽気。途中で一枚ぬき2枚ぬきでした。P1030628w520 P1030612w520

メインは、キリンの親子。常にお母さんに寄り添っています。時々お父さん(仕切りが違う)所へ行って、首を合わせたりしながら話し合っているようでした。

虎は、ゆったりとして王者の風格。動かないので写真も撮りやすい。 P1030629w520

P1030584w520キツネザルはよく動き、ふさふさな尻尾、くるくるの目がかわいい。(アライグマと似ているが、小ぶり

ペンギン冬場が一番元気かもしれない・・・

午後1時過ぎから閉館間際(4時)まで、動物園を一周、よく歩きました。子供を連れていても自由にならない。暑い時もすぐにバテル。冬ならではの楽しみ方の一つです。それに、動物がいるから~~  飽きないよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クリスマス ランチ

クリスマス 本番の日。日本人としては、やっぱりこれでしょう。

ニューオオタニホテル 14階 『フォーシーズン』のランチ。P1030558w520

太極拳の仲間 4人。そこは、皆主婦。ランチとあいなりました。それぞれに違った料理を取り、研究が始まります。何はともあれ、『ソース』が決め手。さすがプロ。やってみようと気も起こらないくらい、おいしゅうございました。ソース販売してないか尋ねたところ『家のシェフが作っているので・・・・ また、食べに来てください』でした。

写真は、前菜に出されたもの。お正月料理の参考に・・・・P1030557w520

14階から見下ろした『高岡大仏』(22日に前から見た顔を載せました)。大仏を眺めながら、クリスマスランチも一興。(仏教+キリスト教)  

| | コメント (7) | トラックバック (0)

merry X'mas

             Merry X'masP1030571w520

と言うのは、24日?25日?  取り合えず『メリー クリスマス』

サンタさんも来ないし、力 入りませんね~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

冬 至

今年は、22日(土)が冬至。昔から、この日は『かぼちゃ』を食べ、『柚子風呂』に入るという日だそうだ。今は、食料が一年中出回り、考えて食べていれば栄養バランスに事欠かないのだが、昔の人の知恵は伝承していきたいものです。P1030574w520

とは言え、買い忘れたので気持ちだけでも・・・・

かぼちゃを模った和菓子と柚子を用意しました。これで、ご勘弁を・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高岡大仏コロッケ

高岡は、全国に屈指の銅器の町である。そこに、大仏がいてもおかしくない。大仏の名は、『高岡大仏』という。P1030560w520 今年、化粧直しをした。もともと、3大美男(・・後の2つは、何処かは知らない・・)と、言われているが、今年はぐっと男前を上げた。

コロッケは、いかにも庶民的な食べ物だ。昔 歌にもありました。

♪ 今日もコロッケ 明日もコロッケ これじゃ~~~ 

この庶民的なコロッケの消費量 No1 を生かして、町興しに役立てようとしているのが『高岡』。 で、こんなものを作ってしまいました。その名も 『高岡大仏コロッケ』P1030564w520

小さいのが『普通のコロッケ』。大きいのが『高岡大仏コロッケ』。ローソンで 120円。測りましたら、14cm×10cmでした。内緒で1個食べたら、夕飯食べれませんでした。恐るべし、『大仏コロッケ』!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

からす

雨がしとしと降っている日、夕方 古城公園の近くを通った時のことです。P1030349w520 何と! 『からす』が電線にずらぁ~と・・・・・ 写真はほんの一部にすぎません。

公園の中の動物園周辺の木にも、ねぐらとしています。動物の餌があるからです。

家の前の出来事。夫が、「面白いぞ!見とれよ!」  しばらくすると、カラスが餌をくわえてやってきた。それを、地面に落とす。車が通る。実が割れる。様子を伺って取に来る。何と、何と! 何度も繰り返しているのである。唖然として、『からす』が立ち去るまで眺めていました。(これは、晩夏ーこんな言葉ある?ーの出来事でした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

干し柿

南砺市福光( 昨日書いたイオックスアローザのある所 )は、干し柿の産地です。お歳暮時期、中盤~後半にかけて出回ります。姫路にいる先輩に、時々これを贈ります。P1030548w520 P1030554w520

ぽったりして、結構甘いのです。甘いものが苦手( と言いならもたまに食べますが・・・)な私も、これは好きです。

贈り物ばかりにしないで私も食べようと思い、求めました。1個 200円です。めったに飲まない( ので、ティーバックですが・・・)緑茶と一緒に頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メロウ忘年会

イオックスアローザ(福光のスキー場)で(正しくは、北陸電力保養所)、一泊どまりの忘年会がありました。富山から2人、高岡から4人、福井から1人の参加。

さすが、スキー場だけのことはあり、登っていくとうっすらと雪があり、ちらちらと白いものが舞い降りています。P1030546w520

嬉しいサービスは、女性だけ浴衣を選んできることが出来る。ここぞとばかり、なるべく赤いものを着ることにした。 

お決まりの温泉。ジャグジーのところで、寄りかかるように入っているといつの間にか・・・・誰も居なくなっていた。

宴会は、食堂で・・・・P1030544w520  このほか 天ぷらもついている。味もそこそこおいしい。日本酒(最近どこへ行ったも、ビールを飲む人ばかり。ここは、日本酒の人がほとんど)をたらふく飲んで大盛り上がり。(私は、日本酒が好き。ビールを飲んでいる人の中で、一人日本酒を飲むのは何だか気が引ける)   

3年前 此処でした時、来た時は何もなかったが、一晩降り続き、朝、沢山の雪が積もっていて、東京から来た人達には、大変喜ばれた。とか、今までの思い出話に花が咲く。

今回も、エピソードになることを色々しでかしてしまった。持ち込んだ酒を、飲まない先に割ってしまった。カバンを忘れたと、何も持たないで体だけ来た者。帰る時、ロビーにカバンを忘れて出発して行ってしまった者。フランスのセフティボックスに、大金を忘れてきたと話す者など、忘れん坊さんが増えますね。お互いに、気をつけなくっちゃ・・・・

何はともあれ、楽しい忙年会でした。あれぇ~~ここにも「忙」と言う字が・・・

改めて「忘れ物に、気をつけよう・・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手打うどん「大伍」

高岡の人間なら知らない人がいないというほど有名な「大伍」のうどん。156号線(通称いちころ線)戸出にあります。福光へ行く途中、6人で昼食に寄りました。P1030541w520_2

車がぎっしり。スペースがない。空くのを待って入れました。

メニューは、豊富。モツうどん・煮込みうどんなど、思い思いに注文。P1030540w520 私は、『釜揚げうどん』にしました。赤塗りの大きな桶に、たっぷりの湯 太くて腰のある手打ちうどんは、この店の売り。

たっぷりのお湯の風呂に 身をゆだねてゆったりしているうどんは、気持ちよさそうに見える。湯気が立ち昇り、いかにも暖っかそう。柚子が添えられており、柚子湯になっているにも心憎い演出だ。

つゆは、常温。熱いうどんを常温のつゆにつけると、食べ心地がいい。口ざわりのいい温度になる。また、テーブルの上に「天かす」が、どんぶりにいっぱい置いてあるサービスがよい。入れないでスッキリした味を味わい、入れて天ぷらうどん気分で食べるのも一興。

お値段 650円。お奨めの一品だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

里芋の料理

豊富にある『里芋』を使った料理を考えた。P1030531w520

里芋をつぶし、すり鉢でする。

② その中へ、卵・すり身を加える。さらに、つなぎとして お好み焼き用の小麦粉山芋入りなので、小麦粉だけよりおいしい)と、少量の水小麦粉を溶かす程度)を入れ混ぜ合わせる。だしほんだしなど)・後でソースをかける場合は入れなくてもよい)は、好みにより、入れても入れなくてもよい。

③ フライパンに油をたっぷりと入れ、スプーン1~2杯1つ分として、表裏と狐色になるまで焼く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

里芋の冷凍

友達の家から今年も、「里芋のくずだよ」といってたくさん頂いた。もちろん『普通の大きさ』のもいただいたのです。 どれだけかって? 写真をご覧ください。P1030415w520 これは、一部。2,5倍はあります。 

これから寒くなりますので、里芋も風邪をひいて(腐っていく)しまいます。そこで、一大作業が始まります。洗って蒸し、皮をむいて冷凍にします。袋に重ならないように並べ、いくつも作ります。これで冷凍にしても、使いたい分だけ取り出せます。(まとめて入れるときは、一回分づつに小分けする

| | コメント (6) | トラックバック (0)

誘導型商法

あちゃ~ ○○サイトへいってしまった。

トラックバックに 静岡市のヘリ墜落事故 落ちる瞬間が映っていた  墜落したヘリは・・・NHKの・・・   「ペタルの調子が悪く、着陸が乱れるかもしれない」・・・・・・・

機体を立て直そうとする機長の一字一句表情まで・・・・  同情していた整備士の顔は映っていないものの泣き叫ぶ声が録音されていた・・・。

墜落する直前のヘリの内部を見る  再生は <こちら>とあり、動画を見せる画面がある。クリックすると、「見たいですか」 もう一度クリックすると 「同意する」

すると、『登録されました』 2日以内に、46,000円送れ  何と ま~~これが、世に言う 誘導型商法なんですね。びっくりしました。

そのまま放っておけばいいと思ったのですが、一応 生活消費センターへ届けました。P1030536w520 P1030537w520

消費者センターは、富山市と高岡市(本丸会館内)にしかありません。

データーを見ましたら、元年の相談件数の約20倍に膨れ上がっています。事件が多くなったのと、助けてくれる公的機関の存在が、浸透してきたからではないかと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

宝 く じ

年末ジャンボ宝くじを買いました。 たった一セット 3,000円ですが・・・  今まで何度も買いましたがかすりもしません。 P1030527w520

買っても当たりませんが、買わないと絶対当たりませんからね。しかし、今年は密かに期待しています。「善いこと」を吹き出し、「悪いこと」を吸い取るという、ハッピーセット11月29日に書きました)を買いましたからね。

3億円当たったら誰にも言わない・・・・・ d(*^o^*)b                    買ったことも内緒にしておこう・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

酒好きな人へのお歳暮

日ごろお世話になっている人へ贈るお歳暮の季節です。私も 相手の好みに合わせて(いると、思っているのですが・・・)何人かの人へ送ります。その一人にお酒好きな先生います。P1030406w520

先生には清酒「立山」。箱にもお金がかかるので、実用主義(大げさかも・・)の私は、瓶を風呂敷に包んで持って行きます。 中のし です。

箱代として、おつまみを・・・今年は手作りのかぶら寿し・・・をつけました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

12月の玄関飾り

12月も中旬になりました。クリスマスの飾りつけをしなければと思いながら、今になってしまいました。P1030426w520

P1030525w520 我家は浄土真宗であり、キリスト教とは何の関係もないのですが、飾りつけとしては可愛いし、華やかであり、季節感があります。(聖書も読んだ事ありません) 私は、どちらかというと、無宗教です。

こういう所が、日本人の素直な所・・・

節操がないと斜に見る人もいますが・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

映画 「ミッドナイトイーグル」

映画 「ミッドナイトイーグル」を見た。米軍のステル爆撃機・通称 ミッドナイトイーグル。

戦場カメラマン 西崎優二大沢たかお) 義理の妹 写真週刊誌記者 有沢慶子竹内結子) 上司(石黒賢) 優二の後輩 新聞記者 落合信一郎玉木宏) 自衛官 佐伯昭彦 (吉田栄作) 総理大臣 渡良瀬隆文藤達也) 事務官(袴田吉彦P1030439w520

西崎は、戦場にいた時、爆撃に会い一瞬のうちに、子供がなくなったのを目の当たりにしてから、一人息子を義妹に預け、山で過ごし星の写真を撮るようになった。戦場ばかり出かけている間に、妻が癌に侵されていたのも気づかずにいた自分を責めていた。

所は「穂高」、赤い火とともに落ちていく飛行機。後を追うように2機の飛行機。カメラに収めた写真を妹に送り、分析をしてもらう。

総理官邸では 「緊急事態です。”ミッドナイトイーグル”が北アルプス山中に墜落

西崎は、落合と共にアルプスに潜入。雪山で猛吹雪の中、白装束に身を固めた沢山の自衛隊と遭遇し、事件性を確信する。謎の工作員が出現し、自衛官一人を残して殺してしまう。

東京では、義妹が西崎の子供を育てながら、週刊誌の記者をしている。その妹が、工作員と接触し、情報を手入れる。分析と情報で光の正体を割り出す。一方西崎・落合も知ることとなる。

ミッドナイトイーグルに搭載された核爆弾の時限装置が作動している。爆発すれば関東一円、風に乗り日本国全体が汚染されてしまう。手に入れた情報に解除パスワード。解除に成功したものの、執拗に襲い掛かる工作員たち。自衛官の佐伯、民間の西崎・落合の3人のみ。もう、防ぎきれない。自分たちが死ねば、また作動され、爆発し全国が死の海に・・・

爆発すれば酸欠状態になり核爆弾の威力もなくなる爆弾(名前忘れてしまいました)を仕掛けるより方法がない。「もう、誰も失いたくない。愛する人たちを守らせてくれ」という言葉に、総理も苦渋の選択をする。

山岳サスペンス・アクションの中で、3歳くらいの一人息子が何とも可愛い。「パパ」と呼びかける声に涙腺が緩みます。

TV 「徹子の部屋」で 吉田栄作が、アルプスの猛吹雪の中、テントを張る所を探すだけでも大変だったんです。自衛隊の全面協力を得て、撮影しました。自分も自衛隊に入って訓練を受けたと言っていたのです。私は、スカーットするアクション物が好きです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

社交ダンス

友達が、教授をしているダンス教室の発表会に行った。PM5:30~ 文化ホール。P1030475w520 P1030477w520

ワルツ、タンゴ、チャチャチャ、ルンバなど先生と組んでのダンスを披露。長い間やっておられるのか、先生と見劣りしないくらい上手でした。また、衣装も立派(陰から聞いた話ですが、貸衣装で8万円だそうですよ)。P1030484w520 P1030507w520

公民館のシニアサークル、文化センターなどで習っている人たちの発表会も兼ねていました。間違うのも、愛嬌の内、見ていてもとても楽しかった。

途中、誰でもが参加できるコーナーも用意してあり、私も一曲だけ踊りました。見るのも楽しいのですが、参加するともっと楽しかった。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

三船の「椿 三十郎」

織田の「椿 三十郎」を見てから、三船の「椿 三十郎」が気になってならない。TSUTAYAで DVD を借りてきた。P1030445w520 P1030447w520

若侍のリーダーとして、加山雄三、口を尖らせて意見を言うもは、田中邦衛 当たり前のことだが、みんな若い。

森田監督演出は、若侍にユーモラスな味を出させてあるのはいかにも現代風。黒澤監督の演出は、一本気でまじめな青年(今回より少し年上)として描いている。P1030450w520 P1030452w520写真右の碁盤台は、使われていなかったような気がする。

左 茶室であがいている三悪人 西村僑が・・・

右 家老・睦田 藤原鎌足  奥方 入江たか子(お歯黒をしていたP1030448w520 P1030453w520 今回の藤田まことにしても、顔が長い。台詞の中に「乗った人より、馬が丸顔」

室戸半兵衛(仲代達也)と椿三十郎(三船敏郎)が、最後に対決する場面。一太刀で血が噴き出る。これは、白黒映画だからいいが、カラーだと余りに残酷になるのではないかと配慮されたらしく(私感です)、今回は血を見ることはなかった。あらすじは覚えてないが、噴き出た所は鮮明に覚えているのだから、強烈な印象があったのでしょう。

脚本は、そのままに・・・  ト書きの部分の工夫かな。

三船敏郎は、 胡散臭い素浪人役がピターッと納まる。一つ一つの仕草が自然で、安心して見ていられる。やはり大御所。

織田裕二は、一生懸命に役を演じている感がある。胡散臭さもいま一つ。何しろ、初めての時代劇だから・・・  幾つかこなせば・・・

映画の感想は、記憶だけで書いているので、特に名前は、俳優の名前や顔で覚えていたりするので間違ったり、覚えていなかったりします。多々変な所があると思いますが、ご容赦ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月の花(玄関)

12月になって、早1週間たってしまいました。カレンダーの枚数が少なくなるのは、寂しいものです。何時まで、元気に居られるかなと思ったりもします。P1030428w520

玄関の花を変えました。寂しくなる気持ちを吹っ飛ばすために、真っ赤なアマリリスと鮮やかな黄色の花にしてみました。

そろそろ、世の中 クリスマスですね。飾り付けの準備もしなくてはなりません。それは、暖かい日を見計らって・・・・・

P1030430w520_2 ま、その一段として、私流クリスマス花を籠盛りにしてみました。(マッチしてないことは承知ですが、あるもので・・・)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

映画 「椿 三十郎」

映画 「椿 三十郎」を見た。P1030437w520 45年前、黒澤明・三船敏郎のコンビで映画化された脚本そのままで、リメークされたもの。白黒映画で、見たものの、ストーリーは覚えていない。三船の素浪人は、凄みがあり、切るとき血が噴き出た印象がある。

荒れ寺で、上役の汚職を暴こうと相談する若侍9名。若侍達が信頼していた上役に言ったのがあだになり、取り囲まれてしまう。それを率いてきたのが、陰謀主犯・菊井の家来・室戸トヨエツこと豊川悦司)。そばで盗み聞きしていた素浪人が陰謀の真相を見抜き、「この若侍達、危なっかしくて見ていられない」と、味方に付く。彼の奇策により、取り囲んだ連中を引き上げさせてしまう。

陰謀を企てた悪人3人(西岡徳馬(菊井・主犯)・小林稔侍・風間杜夫)が、狭い茶室にこもり怯えている。狭い部屋の設定と風間の演技がいい。

灯台もと暗しと、若侍と素浪人は、菊井屋敷隣に本拠を構える。菊井屋敷は「椿」が満開。そこで名前を聞かれた素浪人「椿・・・三十郎。もうすぐ四十郎だけどな・・・」P1030436w520    椿はすべて造花ですが、見事です。

汚職の罪を擦り付けられ、捕まっている家老(藤田まこと)を、助け出そうと奮闘する若侍と椿。

若侍達は、真剣だが知恵と策略がない。三十郎のしていることに疑いを募らせ、勝手な行動をする。その度に、危機にさらされる。そこは、娯楽時代劇、ヒーローの三十郎が一人で乗り切る。21人殺陣。(血を見ない演出で音声のみで効果をだしている

この若侍達が、まことにいい。何がよかったかと聞かれると、この集団を挙げたい。頼りなげで、どこかおどおどし、真剣さゆえに、その行動はユーモラスでもある。中でも 写真左から2番目の若者がいい。口をとんがらせてつっかり、勝手な行動をする。何時の時代でも若者はいいと思わせてくれる。その子がいて、「椿 三十郎」が光る。

「椿」が一人で、菊井屋敷に乗り込み、機が熟したら「椿の花」を水路を使って流すことになっている。それを合図に・・・   面白いことに3悪人自ら椿の花を流す趣向は、わが意を得たり。

「椿」(織田裕二)主人を失った「室戸」(豊川悦司)は、剣の達人で切れ者同士。惹かれあいながらも、宿命の敵。死闘の戦いをする。仕官の道があったにもかかわらず、「椿」は、浪人生活を続ける。

トヨエツは、現代劇がふさわしい。刀が納まらない気がする。ここで、三船の「椿 三十郎」を、もう一度見てみたいという欲望に駆られる。若い時に見た印象と違った印象を持つに違いない。三船は、最後の時代劇スターだと思っている。里見浩太郎、高橋秀樹は、きれいどころだから・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

欅の木

10月31日に、向かいの勝興寺の「けやきの木」の落ち葉が大変だ。と書きましたが、やっと終盤を迎えました。P1030417w520 ちらほら残っているだけです。明日になれば、なくなっているかもしれません。欅の落ち葉は、菊などの肥料にいいと聞いています。欲しい人、取りに来てくれれば、近所中歓迎します。

この欅の木と並んで、「やぶ椿」が植えられています。もう少ししたら、楽しめます。

時々、カメラを持って写しに来る人がいます。私も写しますが、絵になりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クイズに挑戦

私は、車のラジオを北日本放送(KNB)に固定している。誰かが、私の車に乗って違ったCHにしてあると腹が立つ。

「相本商店」を聞きながら走っていると、米島(一歩さんの近く)のアルビススーパー)で生中継クイズが 2:30と3:30 にあると言っている。P1030409w520

「これは行かずばなるまい」 2:30は無理。 3:30にしよう。一歩さんも隣だから誘ってあげよう と携帯にTELしたが出ない。

島尾の友達の家へ行っていたが、間に合うようにP1030410w520 直行。特別買うものもないのに・・・・

「鍋田恭子の日清食品チュルットいきましょう」のコーナー。先着10名に鈴が渡され、後で、日清食品(ラーメン・スパゲティ)と交換してくれるのです。もちろん、しっかり貰いました。P1030414w520 何時も聞いていて、私の行ける時間帯で近くに来ないかな~と、思っていたのです。アルビスは、姫御用達の店です。

クイズは、3問。 ヒントは、①。 つまり、答えは常に①なのです。名指しされたら、必ずあたる仕組みになっているのです。

写真下、鈴と交換で頂いてきた商品です。とっても、得をした気分です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

笛ちゃんからの贈り物

知らない間に、玄関に置いてあった贈り物。私としたことが、2~3日気がつかなかったのです。というのは、家の誰かが持っていくのに忘れないため、よくこういう事をします。また、誰かが取りに来るものを分かりやすく玄関に置いておきます。~で、 ”また忘れて!” とか ”まだ取りに来ない” とか、思っていました。P1030404w520

何と中に、手作りの「味噌」「柚子ジャム」「かぶら寿し」が入っていました。それも、装丁がきれい。菓子箱のような発砲シチロールに、かぶら寿しを・・  味噌にはラップを掛け、紐で結んであり、分かりやすいようにそれぞれ明記してありました。

かぶら寿しは、私のより少し甘目を利かせてあり、おいしかった。お互いに作ったものを食べ比べするのもいいものです。 柚子ジャムは、取り合えず、暑いお湯を注いで飲みました。韓国の茶房を思い出します。体にいいもの・・・・ チャングムの世界です。「ふ~~と」息をしながら、癒されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画 「オリヲン座からの招待状」

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」の後に書いてある「オリヲン座からの招待状」を映画化したもの。宮沢りえ主演。11月上旬から上映していたが、時間が取れなくていけなかったので最終日21:05からのに行った。P1030357w520_2

昭和30年代、京都。宇崎竜童・宮沢りえ夫妻は「オリヲン座」を経営しているが、夫が病死。若い弟子の加瀬亮があとを継ぎ、宮沢とやっていくことになる。口さがない近所のうわさ、斜陽の映画界のため人が入らず経営が苦しい。それでも、リバイバルを上映しながら必死に守っている。

オリヲン座を遊び場としている男の子と女の子(映写室から映画を見たり、クリスマスもやってもらっていた)は、大人になり夫婦(田口トモロヲ・樋口可南子)となっていた。そこへ「オリヲン座」から招待状が届く。

”・・・・昭和25年の開館以来・・・・閉館することになりました。つきましては謝恩最終興行を・・・・

年を重ね宮沢は、中原ひとみ・加瀬は、原田芳雄に代わる。中原は病状が思わしくなくない中、招待状をだし最後の別れのつもりらしい。よわよわしい体が、映写室から乗り出し一瞬の光を放つ。2人は、映画を愛し、純愛を通した。

一方、夫婦のききだったが、懐かしいオリヲン座へ来ることによって、危機を脱する。

昭和30年代は、高校・大学時代。リバイバルの映画1本70円。ラーメン一杯70円だった。この映画の切符売り場のも、しっかり大人70円、小人35円と書いてあった。この時代は、映画3本立て、2本立てというのが当たり前。1本だと、安いし、時間も短いし、毎週見ていました。

オリヲン座の中にある、「にあんちゃん」「おとうと」も懐かしいし、上映されていた映画もなつかしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落ち葉(前庭)

今朝、夫が「前庭、ほんの一部だけど、京都の庭みたいになっとるぞ!」と、言ったので、どれどれと写してみました。P1030390w520

ほんとに、ちょびっと。これでめい一杯です。横が車庫ですから・・・  高くなっている所が塀の屋根です。残っている葉も、後わずか。枯れ枝になっていくのは、何だか寂しいものがあります。

P1030373w520 P1030374w520

中庭に 紅白の「山茶花」が咲きました。昨年の雪で、松が一本倒れてしまったので日当たりがよくなり、今年はたくさんの花をつけています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

かぶら寿しー3

今日は土曜日。あちこちで、友達と会える楽しみな日でもあります。先日から仕込んでいた「かぶら寿し」を持って出かけました。P1030377w520

少しづつですが、皆さんにおすそ分けをしました。夫が「美味しい!」といって食べました。 と 早速メール来ました。

自分としては、とても嬉しかった。また、3回目の仕込をしなければ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »