« やまぼうしの実 | トップページ | 蓮根・ひじき・茄子の炒め煮 »

ごはんのお好み焼き

P1020656w520 「もったいない」 私たちの世代は、物を捨てられない。どうにかして食べようと思ってしまいます。

残っているものどうし組み合わせて作ったのが「ごはんのお好み焼き」です。

材料は、、残りご飯・ブロッコリーの茎・鮭・小麦粉・調味料です。

 ①ブロッコリーは、粗めのみじん切りにして、炒める

 ②鮭は、焼いて身をほぐす。

 ③小麦粉+水、残飯・①のブロッコリー・②の鮭をいれ、混ぜる。調味料(塩・胡椒・醤油・・・・醤油は、味をよくする)も入れ、まんべんになるようによく混ぜておく

 ④フライパンに油を引き、焦げ目が付くまで両面を焼く

我ながら、結構上手くいったと思う。子供たちの評判も、上々。材料を代えて、何度も挑戦しよう。

 

|

« やまぼうしの実 | トップページ | 蓮根・ひじき・茄子の炒め煮 »

料理」カテゴリの記事

コメント

  これは美味しそうで簡単で、最高ですね。
  手抜きの得意な私にもできるかな?
鮭の代わりにいいものがあったら教えてね。

  アイディアがすこい。史上未発表メニューだね!

投稿: 清姫 | 2007年10月23日 (火) 17時49分

清姫さん あなたにぴったりメニューです。どうしても、少しづつ残るでしょう!それを適当に会わせればいいのです。
無理に言うのだったら、たらこの期限切れ寸前、干しえび、しらすなどはどうでしょう。
野菜は、水気のあまり出ないものがお勧めです。
卵を入れると、もっとおいしくなりますが、入れすぎると卵は焦げやすいです。

投稿: 姫 | 2007年10月24日 (水) 17時32分

姫さま
私のこうした料理好きなんです
残り物には福がある?ちょっと意味合いが違いますか・でもいいのおいしければ。~~~ねぇ~

投稿: りんどう | 2007年10月25日 (木) 13時40分

りんどうさん
素敵な料理は、本が沢山でています。そういうものは、お金も腕も・・・ちょっとね・・・。
安いもので・残り物で何とかする・・・
おいしくできた時は、「やったね」です。

投稿: 姫 | 2007年10月26日 (金) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/8568686

この記事へのトラックバック一覧です: ごはんのお好み焼き:

« やまぼうしの実 | トップページ | 蓮根・ひじき・茄子の炒め煮 »