« 永村 幸治君 | トップページ | ふくらぎ »

変わり肉じゃが

P1010186w400 じゃが芋を作ると、一本の根から、さまざまな大きさのものが付いている。そのうち一番小さい(2~3cm・・・・くず芋と言っている)物を使用。芋は、皮をむかないで洗うだけなので、手間がかからない。

作り方

  1. 芋を洗い乾かして、油で、皮にしわが出来るくらいゆっくり揚げる。
  2. 挽肉を加え、甘くどく煮る。

|

« 永村 幸治君 | トップページ | ふくらぎ »

料理」カテゴリの記事

コメント

見るからに、美味しそう^o^自家製かな?

投稿: imaichi | 2007年7月29日 (日) 04時53分

 あの後帰ってから作ったの?
 チビちゃん達はどの部分を担当を?

 私も先日、近所からそんなくず芋をもらい泥を落としながら、子供の頃友達と裏の川へジャガイモ洗いに行くのが楽しい日課だった事を思い出しましたよ。

投稿: 清姫 | 2007年7月29日 (日) 09時54分

子供のころ、農家の方から貰った、
小粒なジャガイモを、母親が皮のついたまま甘辛く料理してくれた、シワシワの芋をオヤツ代わりに食べたのが思いだされます。
懐かしい・・・食べてみたいですね・・・
料理に仕方チョット違うかな?・・・
            
             

投稿: 一 歩 | 2007年7月29日 (日) 15時30分

皆さんに懐かしく思い出していただいてよかった。くず芋は、売っていません。作った事のない人は、そろった大きい芋だけが、成ると思っているかも知れませんね。私も、塩茹でが大好きでした。

ちびっこシェフの、仕事ぶりも載せてもいいでしょうか

投稿: 姫 | 2007年7月29日 (日) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431861/7310506

この記事へのトラックバック一覧です: 変わり肉じゃが:

« 永村 幸治君 | トップページ | ふくらぎ »